今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

M:Web

ジョン・フランケンハイマー(1977)『ブラック・サンデー』

Black Sunday
製作国: アメリカ
監督: ジョン・フランケンハイマー
出演: ロバート・ショウ/ブルース・ダーン/マルト・ケラー/フリッツ・ウィーヴァー

【あらすじ】

過激派組織「黒い九月」のベイルートのアジトではダーリア(マルト・ケラー)が飛行船パイロットのアメリカ人ベトナム帰還兵マイケル・ランダー(ブルース・ダーン)を使ったテロ計画について仲間に提案していた。その夜、カバコフ少佐(ロバート・ショウ)率いるイスラエル軍部隊がアジトを急襲する。辛くも難を逃れたダーリアだったが、犯行声明テープをカバコフに奪われてしまう。

アメリカに渡ったカバコフはテロの危険をFBIのコーリー(フリッツ・ウィーヴァー)に知らせ、協力して調査に当たることとする。一方、アメリカに渡ったダーリアは、ランダーと共にスーパーボウルでの爆弾テロ計画を進めていた。日本船を使いプラスチック爆弾を密輸入した二人だったが、カバコフと相棒のロバートがそれに気付き、調査を進める。ランダーは電話爆弾で日本人船長を爆殺し、その際近くにいたカバコフは負傷する。ダーリアは看護婦に化け、カバコフの入院している病院に潜入する。それに気づいたロバートだったが、ダーリアに毒殺される。

爆弾の準備をし、マイアミのホテルに到着したダーリアだったが、そこに組織の上司であるファジル(ベキム・フェーミュ)が現れる。ダーリアの素性が当局にバレたことを告げ、計画の中止を命じるファジル。しかし、ダーリアは計画の実行を主張する。コーリーとカバコフはホテルを襲撃し、多くの犠牲を出した末、ファジルを射殺する。しかし、すでにダーリアは逃げたあとだった。

ランダーの家に戻ったダーリアだったが、そこでランダーから驚くべき事実を知らされる。スーパーボウルでの報道用飛行船のパイロットから外されたというのだ。しかし、諦めないダーリアは、ランダーを説得し、二人はマイアミに。そしてダーリアが新しい飛行船パイロットを射殺し、ランダーが飛行船に乗組むことになるのだった。

厳重な警戒を固めるコーリーとカバコフ。一方、飛行船で飛び立ったランダーは、故障を装い、再び飛行場へと飛行船を向かわせる。その頃、ホテルで本来のパイロットが殺されているとの知らせがカバコフに入る。飛行場へと急ぐカバコフ。しかし、カバコフが到着する直前、ダーリアと爆弾を乗せた飛行船は再び飛び立ってしまう。ヘリコプターで追いかけるカバコフ。カバコフはダーリアを撃ち殺し、ランダーに重傷を負わせる。しかし飛行船はスタジアムに向けて飛び続ける。導火線に点火するランダー。カバコフは必死に飛行船とヘリコプターをフックで繋ぎ、飛行船をスタジアムから離そうとする。やがて爆弾に点火。爆薬によって数多のダーツの矢が飛び出していくが、その頃には飛行船は誰もいない海上へと運ばれていたのだった。

【感想】

当時のアメリカ映画ではテロ組織といえばアラブとか、パレスチナが定番でしたが、本作もそんな一本。一応パレスチナの過激派は君たちイスラエルが作ったんだ、みたいな批判も作中では登場するものの、基本的にはアクション・エンターテインメントといったところです。しかし、FBIやCIAではなく、イスラエル特殊部隊の軍人が主人公のアメリカ映画、っていうのはそこそこ珍しいのではないか、という気はします。また、プラスチック爆弾を密輸するのが、リビア船籍の日本船、というのが日本人としては色々と興味深い。当時の貿易摩擦とか、なんか、そういうあれがあったんですかね。

映画自体は当時よくあった刑事ものというか、アメリカのTVドラマっぽいノリで、そこまでの迫力はない印象。ただ、爆発シーンはなかなか迫力があり、特に最後、飛行船とヘリコプターのチェイスシーンから、飛行船がスタジアムに突入してくシーンは、合成と実写をうまく組み合わせて緊迫感のある映像に仕上がっていました。

オープニング、映画内ではレバノンのベイルートだとされているシーンがありますが、映画内に思いっきりモロッコの人の民族衣装であるジュラバを着たおっさんが映り込んだりしており、見ていてものすごく違和感を覚えていたのですが、やはりモロッコのタンジェなどで撮影されていた模様。そのへん、もうちょっと気を使えばいいのに、という気がしますが、当時のアメリカの一般大衆にとってはモロッコもレバノンもそんなに区別なかったのかもしれません。

スコット・ダウ(2015)『ウォーキング・ゾンビランド』

Walking with the Dead
製作国: アメリカ
監督: スコット・ダウ
出演: ティム・オグレトゥリー/ジャクイ・ホーランド/デイヴ・シェリダン/トロイ・オグレトゥリー

【あらすじ】

息子のファウルボールを頭に食らい昏倒していた保安官リンカーン(デイヴ・シェリダン)が病院で目をさますと、そこはゾンビ・アポカリプス後の世界だった。妻バービー(ナタリー・マッケンナ)、息子クリス(メイソン・ダコタ・ギャリオン)と、彼女の勤め先だったストリップ・バーで再会したリンカーンだったが、その直後、バービーはゾンビに胸を噛まれてしまう。躊躇なくバービーを撃ち殺すクリス。

リンカーンはクリスを連れ、病院で出会ったシカゴ(ジョーイ・オーグルズビー)とグリーンベイ(ティム・オグレトゥリー)が立て籠もっているというモールに向かう。モールには彼らの他に、おもちゃのボーガンを使うドーネル(アンドリュー・ポッツァ)に、ブルックリン(ソフィア・テイラー・アリ)とハーレム(ダニエレ・ガルシア)の姉妹もいた。その夜、モールはゾンビの襲撃を受けるが、そのゾンビの中にいたロミオ(トロイ・オグレトゥリー)はブルックリンを守る。リンカーンは彼らを連れて平和だという噂を聞いた農場を目指すことに。

農場にはアブラハム(リチャード・ルーケンス)とサラ(マーサ・プレンティス)の老夫婦と、彼らの娘であるアイザック(ジャクイ・ホーランド)がいた。アイザックは彼らの年齢を心配し、ゾンビ・アポカリプスのことを伏せていた。歓待を受ける一行。だが翌日、アイザックと共にマリファナ・パーティーを開いたグリーンベイがラリって花火を打ち上げてしまったことで、ゾンビを呼び寄せてしまう。

必死にゾンビを撃退する一行だったが、そこにラジオを通して政府からの発表が届く。解毒薬を水道に混ぜたので、ゾンビを見つけ次第水をかけろというのだ。襲い来るゾンビを水で正気に返して行く一行。その夜、正気に戻った生存者達と共にパーティーを行う。しかし、ラジオが今度はテキサス大の小惑星が地球に墜落しつつあることを告げるのだった……

【感想】

真面目にあらすじを書く意味はあるのだろうか、というタイプの映画ですね。最後の小惑星云々はいわゆる「オチ」の部分。ベースとしてあるのはTVドラマ「ウォーキング・デッド」のパロディ。直接的なシーンやシチュエーションのパロディはほぼ全てこの作品からのものなので、少なくともシーズン2あたりまで見てないとパロディ的な面白さはほとんど味わえない気がします。そして、パロディネタが分からないと、はっきり言ってあまり面白くない作品です。

シカゴ、ブルックリン、ハーレムあたりのキャラクターは『ゾンビランド』(2009)のパロディ。その他『28日後…』(2002)や『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)からのパロディもあるようなのですが、ぼくはこの2本は未見なのでなんとも言えないところ。

バカバカしいところの多い、気楽なパロディ・コメディ映画ですね。

野田幸男(1974)『0課の女 赤い手錠(ワッパ)』

製作国: 日本
監督: 野田幸男
出演: 杉本美樹/郷鍈治/室田日出男/丹波哲郎

【あらすじ】

女刑事の零(杉本美樹)は友人エミイ(柿沢エミ)を殺した大使館職員リチャードを殺し、留置所に入れられる。一方そのころ神奈川刑務所から出所した仲原(郷鍈治)は仲間たちとともにカップルを襲い、男は殺し、女をさらう。馴染みのスナック、マンハッタンの加律子(三原葉子)の元に女を連れてきた仲原たちは、その女が大物政治家、南雲善悟(丹波哲郎)の娘、杏子(岸ひろみ)だと気づく。彼女を人質に南雲に3千万円を要求する仲原。

要求を受けた南雲は、警察の日下(室田日出男)に事件を内々に処理するよう依頼する。日下は留置所の零を訪れ、釈放と職務復帰と引き換えに、誘拐犯を始末し、杏子を救出するように命じるのだった。

新宿駅での身代金受渡に現れた仲原は、刑事たちに追跡されるが、零によって助けられる。仲間たちは警察の犬ではないかと零を疑うが、零は自分の正体を知っている加律子を殺すことで、逆に彼らから信頼される。零は南雲に再び身代金を要求するよう仲原を促す。身代金を受け取りに現れた野呂(菅原直行)は日下によって殺される。

日下たちはマンハッタンを囲むが、それに気づいた仲原、関(荒木一郎)、稲葉(遠藤征慈)の3人は杏子と零を連れて逃走を図るが、仲原の弟、アキ(小原秀明)が杏子を逃がそうとする。怒りに駆られて仲原はアキを撲殺する。半ば狂気に陥りつつも仲間たちとともに逃走する仲原。彼らは横浜のアメリカ人の家に立て籠もる。仲原に怯えて逃げ出す稲葉だったが、日下たちに捕まり、拷問を受ける。零への連絡係として仲原の元に戻された稲葉だったが、それが仲原にばれ、稲葉は殺される。

家に火を付け、零と杏子を人質に再び逃走する仲原と関。麻薬を打たれて朦朧とした娘の姿を見た南雲は、娘もろとも全員を始末するよう、日下に指示を出すのだった。カーチェイスと銃撃戦の末、生まれ故郷のドヤに逃げ込んだ仲原と関だったが、日下との銃撃戦によって関は死に、仲原も隙を突かれて零に殺される。重傷を負いながらも零と杏子を殺そうとする日下も、逆に零によってとどめを刺されるのだった。

零は杏子を無事に東京に連れ戻し、マスコミにリークの末、警察署に駆け込ませる。政治生命を絶たれた南雲をよそに、零はタクシーに乗って去っていくのだった。

【感想】

東映が製作した女性アクション映画の傑作と言われる作品です。序盤から杉本美樹の裸が登場したり、三原葉子や岸ひろみもヌードがあったりと、セクスプロイテーション映画の側面も非常に強い作品。というか、この映画に登場した女性ほとんど全員脱いでる気がする。男も割と脱いでますが。

中盤で弟を殺して以降、どんどん狂気に陥っていく仲原を演じる郷鍈治がとても良い。常に何を考えているのかわからない荒木一郎もいい感じ。そして権力欲に突き動かされて零すらも始末しようとする室田日出男もぎとぎととしていてやっぱりいいです。杉本美樹については演技力はいまいちわかりませんが、この辺、マカロニウエスタンの主役と同じで、アクションが良くて雰囲気があればそレデ十分な感じです。

アメリカ人の邸宅を襲撃して以降、仲原は水平二連の散弾銃を持ち歩くのですが、ファッションも微妙にマカロニウエスタン感があって、マカロニファンとしてはその辺も面白い。クライマックスの銃撃戦シーンも、エンツォ・G・カステラッリばりの高低差を活かした銃撃戦があったり、ナイフと銃の対決があったりと、スタイリッシュなアクションが堪能できます。

反面、あんまり血が吹き出しすぎというか、スプラッターよりの演出は本作には必要だったのだろうか、という思いもあります。が、まあ、この時代の東映映画なのでその辺は仕方ないですか。

天願大介(2011)『デンデラ』

製作国: 日本
監督: 天願大介
出演: 浅丘ルリ子/草笛光子/倍賞美津子/山本洋子

【あらすじ】

東北地方の寒村、その村では70歳になった老人はお山送りといって山へ捨てられるしきたりがあった。カユ(浅丘ルリ子)もある冬の日に掟に従って山に捨てられ、寒さに気を失う。しかし、彼女は謎の老婆たちによって助けられ、デンデラと呼ばれる村に運ばれる。そこは30年前に捨てられ、100歳になる老婆、メイ(草笛光子)が作り上げた、老婆だけの村だった。

状況が飲み込めないカユに向かい、共に村に復讐しようと語るメイ。一方、デンデラに暮らす老婆の一人であるマサリ(倍賞美津子)は、村より豊かになることこそが村への復讐になる、と説く。カユがデンデラに来たことで、デンデラの住民は50人になった。ついに時は来たとして、メイは次の満月に村を襲うと宣言する。

カユはデンデラで1年前にお山送りとなった親友クラ(赤座美代子)に再会する。デンデラはいいところだ、と語るクラ。その夜、30年で初めて熊がデンデラを襲った。多くの死傷者を出し、クラも足を失う重傷を追う。メイたちは熊を仕留めるため、クラを囮にして熊を誘き寄せることにする。反対し、怒るカユだったが、クラも納得している以上、どうしようもなかった。熊がクラを襲撃した際、老婆たちは総出で反撃に出るが、親熊はメイの一撃によって目を負傷するものの逃げてゆき、結局子熊を一頭殺すだけに終わってしまう。

しかし、親熊の再襲撃がなかったことで、メイは熊に勝ったと判断。デンデラでは祭りが行われる。翌日、メイとカユを始めとする一行は村を襲撃するため山を降りるが、その途中、雪崩にあってメイやマクラ(角替和枝)を始めとする多くが死んでしまう。なんとかデンデラに戻ったカユたちは、マサリの指導のもと、デンデラを建て直そうとするが、その矢先、再び負傷した熊がデンデラを襲う。マサリの犠牲もあって、熊を家に閉じ込め、家ごと焼き殺そうとしたカユたちだったが、熊は家を突き破って逃げていってしまう。

翌日、カユとヒカリ(山本洋子)の二人は、熊を殺し、新しい土地を見つけるために出発する。二人は熊と遭遇するが、ヒカリは熊に食い殺されてしまう。無我夢中で逃げるカユは、いつしか麓の村に出てしまっていた。カユを追いかけてきた熊は、一頭の雄熊も呼び寄せており、二頭の熊は村の人々に襲い掛かるのだった……

【感想】

宣伝文句やあらすじを見て、姥捨山に捨てられた老婆たちが、その知識を活かして自分を捨てた人々に復讐する、的なストーリーかと思いきや、まさかの老婆と熊のバトルものというのが本作。しかも基本的には一方的に蹂躙される。熊の襲撃シーンでは70年代の日本映画のようなスプラッターシーンも多用されており、そういった点もなかなか面白い。

また、本作は浅丘ルリ子、倍賞美津子、草笛光子、山本洋子といった、戦後日本映画を支えてきた名女優のオールスター映画という側面もあり、そういった意味でものすごく豪華な女優陣が見られる映画でもあります。日活ロマンポルノで一斉を風靡した白川和子や、同じくロマンポルノ出身女優である山口美也子などが出ているのも嬉しい。

実際に過酷な環境の雪山で撮影が敢行されており、そこで実年齢70を越えたりそれに迫る女優さんたちが出演しているわけで、そういった迫力も物凄いものがあります。

ストーリーは、特に結末にぶん投げ感はあるものの、撮りたいものを撮った、みたいな勢いのある映画で、ぼくは結構好きです。監督を勤めた天願大介監督は『楢山節考』(1983)の今村昌平監督の息子、というのも面白い。

ピーター・ボグダノヴィッチ(1968)『殺人者はライフルを持っている!』

Targets
製作国: アメリカ
監督: ピーター・ボグダノヴィッチ
出演: ボリス・カーロフ/ティム・オケリー/アーサー・ピーターソン/ナンシー・スー

【あらすじ】

試写室ではバイロン・オーロック(ボリス・カーロフ)の新作怪奇映画「古城の亡霊」の試写が行われていた。オーロックは「古城の亡霊」の監督でもあるエド(アーサー・ピーターソン)の新作への出演を請われるが、もう引退する、と言って断る。一方、試写室近くの銃砲店では、どこにでもいるような青年、ボブ(ティム・オケリー)がライフルを購入していた。

イギリスに戻ることにしたバイロンだったが、その夜、秘書のジェニー(ナンシー・スー)に咎められたり、泥酔したエドが彼の部屋にやってきて愚痴るのを見て気を変え、リシーダのドライブイン・シアターで行われる「古城の亡霊」の舞台挨拶には出演することにする。

舞台挨拶の日の朝、ボブは妻と母を射殺、ガス会社のタンクに登り、そこから幹線道路を走る車を狙撃し始める。パトカーが駆けつけると、彼はタンクから逃走し、ドライブイン・シアターに紛れ込む。舞台挨拶に先立ち、映画の上映が始まると、ボブはスクリーンの裏から観客を一人、また一人と狙撃してゆく。

バイロンとジェニーがドライブイン・シアターに着いてしばらくすると、狙撃犯に気づいた観客たちがパニックになりながら劇場から逃げようとし始める。スタッフの通報によって警察も駆けつけ、追い詰められたボブは銃を乱射しはじめ、ジェニーも負傷してしまう。

ボブの姿を見かけたバイロンは彼に向かってゆく。スクリーンの中のバイロンと向かってくるバイロンの両方を見たボブはパニックを起こし、バイロンを撃とうとするが、間一髪、バイロンのステッキがボブの拳銃を叩き落とすのであった。「百発百中だったろ」と言い残し、ボブは警官に連行されていった。

【感想】

ピーター・ボグダノヴィッチの代表作というと『ペーパー・ムーン』(1973)あたりになるんですかね。それはともかく、今も現役の映画監督である彼の監督デビュー作が本作。日本では劇場で公開されず、長らくソフトも出ていませんでしたが、数年前にDVD化されているようです。ボグダノヴィッチはあのロジャー・コーマンに見出された一人で、本作でもノンクレジットながら、コーマンがプロデューサーとして関わっていもいる模様。

映画の冒頭、唐突に古城を舞台にした怪奇映画がはじまり、「あれ、映画間違えたかな」と思いますが、実は映画内映画の試写だった、という構成は面白い。本作で上映されている映画内映画は実際にボリス・カーロフが出演したロジャー・コーマン監督の『古城の亡霊』(1963)が使われています。

ストーリー立ては非常にシンプルですが、ティム・オケリー演じる青年ボブの人生が破綻を迎えるまでの不穏なパートと、ボリス・カーロフ演じる斜陽の映画俳優のパートの転換が非常にスムーズに行われているのには目を見張ります。

また、本作ではボリス・カーロフが自身の俳優人生そのままの役を演じているところも見どころ。そう考えると、本作中でエドが構想していた、バイロン自身を描いた新作こそが本作で、エドはピーター・ボグダノヴィッチ監督自身の分身なのかもしれません。

作中ではボブの動機は明確に描かれません。銃砲店の店主に「狩りの獲物は?」と聞かれて「豚さ」と返す場面や、ドライブイン・シアターの遊具で遊ぶ子供たちを眺める彼の表情から何となくうかがい知れるのみ。しかし、そこが逆に本作の魅力の一つであり、作られた年代ならではの空気感を伝えています。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ