今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

M:VHS

セルジオ・コルブッチ(1972)『J&S/さすらいの逃亡者』

La banda J. & S. - Cronaca criminale del Far West
製作国: イタリア/西ドイツ/スペイン
監督: セルジオ・コルブッチ
出演: トーマス・ミリアン/スーザン・ジョージ/テリー・サヴァラス

【あらすじ】

子ブタと牛を交換してくれる、という話につられ、ある西部の町にやってきたお尋ね者のジェド・トリガード(トーマス・ミリアン)。しかしそれは、過去の因縁から彼を執念深く追いかける保安官フランシスカス(テリー・サヴァラス)の仕掛けた罠だった。間一髪のところで罠に気付き逃げ出すジェド。そんな彼を墓掘り人の姪サニー(スーザン・ジョージ)が助ける。

無法者に憧れる彼女は、ジェドに付きまとう。そんなサニーに、犬のように俺の言うことに従うならば、付いてきても良い、言い放つ。2人はジェドが懇意にしているソミーロのいるメキシコ人の集落を訪れ、歓迎されるが、集落の土地を奪おうとする大地主モレーノの手下が村を襲撃する。サニーが隙をついて一人を撃ち殺したことで、村は救われるが、初めて人を殺してしまったサニーはショックを受ける。

その夜、泥酔したサニーは銃を乱射し、たまたま近くで張っていたフランスシスカスに気づかれてしまう。何とか逃げ出した二人。町にたどり着いたジェドは、馴染みの娼館にサニーを売り飛ばそうとするが、泣いて抵抗するサニーを見て思い直す。そんなジェドに愛を告白するサニー。

教会で結婚式を挙げた二人は、ボニー&クライドよろしく夫婦で強盗を繰り返す。しびれを切らした州政府は、盲目となったフランシスカスの強要もあり、賞金を釣り上げると共に、二人を捕えた者の過去の罪を許す、との布告を出す。

一方、大金を得た二人は町の高級ホテルに泊まるが、そこでジェドはモレーノ夫婦の結婚1周年パーティに出くわす。モレーノ夫人に惹かれたジェドは、「あれが本当の女だ」と言って、サニーが止めるのも聞かずにパーティに潜り込む。怒ったサニーはパーティ会場に強盗に乗り込むが、そこにはフランシスカスも居たのだった。サニーを置いて、モレーノ夫人を人質に逃げ出すジェド。目的地はソミーロの住む村。一方怒りに駆られたサニーは村の場所を追っ手に教えるのだった。

村にたどり着いたジェドだったが、すでにソミーロたちは村を捨てたあとだった。自分がいれば、と悔やむジェド。そこにサニーが追いかけて来る。追っ手に村のことをバラしてしまった、と告げるサニー。ジェドはそんなサニーに怒り、彼女を追いやり、埋めてあったマシンガンを使い、追っ手を一掃する。

ジェドは廃屋に立てこもるが、フランシスカスはそこに手榴弾を投げ込む。その音を聞いたサニーによって、間一髪で救い出されるジェド。ジェドはフランシスカスを殺すようサニーに命令するが、サニーはそれを断り、ジェドを見捨てて出て行く。狼狽したジェドは、彼女に愛を告白しながら、サニーのことを追いかけて行くのだった。

【感想】

セルジオ・コルブッチ監督による後期のマカロニウエスタン。製作年から推測すると、おそらく『ガンマン大連合』(1970)と『進撃0号作戦』(1972)の間に撮られたものと思われますが、もしかすると『進撃0号作戦』(1972)のほうが先なのかな? とにかく西部劇に限っていえば、最後の方の監督作品になります。

ジェドとサニーの関係は、おそらく実在の銀行強盗であるボニー&クライドを基に創作されたものかと思われます。実在の二人の最期は『俺たちに明日はない』(1967)でも有名なところ。60年代であれば、コルブッチもこの映画にそういう結末を用意したのではないかな、とも思いますが、おそらくこの頃のコルブッチは西部劇を通して描きたい物語が60年代の彼とは少しずつ変わって来たのではないかな、と感じられます。それがジェドとサニーの関係性が逆転したかのように見える本作の結末なのだという気がします。

正直本作はアイデアが先行している印象があり、物語の展開もスムーズとは言いたいところもあり、コルブッチの西部劇の中では傑作とは言い難い作品です。ただ、ミリアンとジョージの演じるジェドとサニーのキャラクターは非常に魅力的であり、それを追いかけるフランシスカスもなかなか一筋縄では行かない魅力のあるキャラクターであり、単純な失敗作、とも言えない、魅力のある作品です。

本作は主としてアルメリアのタベルナス近郊の荒野で撮影されたと思われ、見覚えのある稜線や特徴ある岩がちらほら見えるのも面白い。ミニハリウッドも数シーンで使われているみたいですね。

エンツォ・バルボーニ(1983)『いけ!いけ!スパイ大作戦』

Nati con la camicia
製作国:イタリア/アメリカ
監督:エンツォ・バルボーニ
出演:テレンス・ヒル/バッド・スペンサー/デヴィッド・ハドルストン/リカルド・ピズッツィ

【あらすじ】

ローラースケートとヒッチハイクで旅をする風来坊ロスコー(テレンス・ヒル)は、刑務所から出所してきたばかりのダグ(バッド・スペンサー)とドライブインで出会う。トラックドライバーたちと大立ち回りを演じた彼らだったが、お互いがお互いのトラックだと勘違いした、実際は自分たちが伸したトラックドライバーのトラックに乗って行ってしまったため、武装トラック強盗犯として指名手配されてしまう。ロスコーの腹話術の特技を活かしてパトロール中の警察官の手から逃れた二人は、スタインバーグとメースンという人物になりすまし、飛行機でマイアミへと逃げるのだった。

飛行機が離陸する直前、政府の捜査官が二人を探しにくる。ついに御用かと観念した二人に、男はショルダーケースを渡して去ってゆく。ショルダーケースの中には100万ドルが入っていた。マイアミに着いた2人は空港で待ち構えていたエージェントに連れられてタイガー長官(デヴィッド・ハドルストン)の元へ。二人が成り済ましたスタインバーグとメースンは、政府の秘密エージェントだったのだ。

成り行き上仕方なく、エージェントとしてテキサスの富豪に化け、任務につく二人。そんな二人をK1(バフィ・ディー)を名乗る男の手下が襲う。二人の任務はK1の居所を突き止め、彼の野望を阻止することであった。二人は、あの手この手で二人を狙うK1の腹心スパイダー(リカルド・ピズッツィ)を撃退し、逆に彼を追ってK1のアジトへとたどり着く。

K1はスペースシャトルにK爆弾を積んだミサイルをぶつけ、この世から数字の概念をなくそうとしていた(言っている意味がわかりませんが、そういうストーリーなんです。仕方ない)。ロスコーは得意の腹話術でミサイルのタイミングをずらし、世界を救う。そして、おなじみの大立ち回りを経て、K1一味は逮捕されるのであった。

【感想】

おなじみ、テレンス・ヒル&バッド・スペンサーのコメディ・アクション。ストーリーは007シリーズのパロディで、Qのような秘密兵器開発者や、吹き付けるだけで女性がメロメロになるスプレー、縦に引っ張ると絶対に千切れないトイレットペーパー、防弾で自爆装置の付いた車など、それっぽいガジェットもちょこちょこ登場してなかなか愉快。

日本で紹介されているヒル&スペンサーの現代コメディ・アクションは9作品あるのですが、そのうち3本が本作の監督であるエンツォ・バルボーニのもの。元々彼らのコメディ・アクション路線の原点とも言うべき『風来坊/花と夕日とライフルと…』(1970)の監督だったということもあり、彼の監督した3本は日本で紹介されている2人のコメディ・アクションの中でも面白い部類と言えます(残り2作品は『笑う大捜査線』(1976)と『笑激のダブル・トラブル』(1985))。

次々に訪れるピンチをヒルの口八丁手八丁ぶりとスペンサーのブルドーザーのようなパワーでしのいで行くのを見ていると、幸せな気分になる映画です。ピンチと言っても、そこはいつものヒル&スペンサー映画。まったく手に汗握るハラハラ、みたいなのはないんですが。

Go for It (1983) on IMDb

マリオ・コスタ(1970)『ザ・ビースト』

La belva
製作国:イタリア
監督:マリオ・コスタ
出演:クラウス・キンスキー/ジュゼッペ・カルディーロ(スティーヴン・テッド)/ガブリエラ・ジョルジェーリ/パオロ・カセーラ(ポール・サリヴァン)

【あらすじ】

クレイジー・ジョニーの通称を持つジョニー(クラウス・キンスキー)は、ある日町の酒場でオーナーのボーエンズ(グイド・ロロブリジーダ)から声を掛けられる。地所を売払い引退する町の名士パワーズ氏(アントニオ・アネッリ)を襲い、彼が受け取った10万ドルを強奪しようと言うのだ。彼らは帰り道でパワーズ氏を襲い、撃ち殺すが、10万ドルはすでに銀行に預けられたあとだった。しかもボーエンズが殺害現場に嗅ぎたばこ入れを落としてしまう。保安官(レモ・カピターニ)から疑いを掛けられたボーエンズをジョニーは撃ち殺し、町から姿を消した。

メキシコの酒場。ジョニーは旧知のメキシコ人グレン(パオロ・カセーラ)からリカルド(ジュゼッペ・カルディーロ)とホワニータ(ガブリエラ・ジョルジェーリ)のカップルを紹介される。彼らと組んで、銀行に預けられた10万ドルを奪い取ろうと言うのだ。折しもパワーズ氏の娘ナンシー(ルイーサ・リヴェッリ)が遺産を相続するため、町に向かっていた。ジョニーの作戦は、ホワニータがナンシーと入れ替わり、遺産を横取りしようというものだった。

計画は当たり、リカルドとホワニータはダラスの銀行に入っている分を除いた5万ドルを手にするが、ここで間違いが起こる。ジョニーがナンシーをレイプしようとし、逃げた彼女を射殺してしまったのである。この事件をきっかけにジョニーとリカルド達3人は袂を別つこととし、3人はジョニーに分前の1万2千ドルを渡し、追放する。

とある町に流れ着いたジョニーだったが、ここで追っ手に見つかってしまう。自分がお尋ね者であると知った彼は、グレンから残りの金を奪おうとメキシコにやってくるが、山賊のマシェティ(ジョヴァンニ・パラヴィシーノ)一味に捕らえられる。ジョニーは彼らと取引をし、ホワニータをさらわせる。

ホワニータがマシェティ一味にさらわれたことを知ったリカルドはグレンや仲間たちを集めてアジトを襲撃するが、ジョニーとホワニータはすでに逃げたあとだった。ジョニーを追うリカルドとグレン。一方のジョニーはホワニータから残りの金の隠し場所を聴きだすと彼女を殺し、隠し場所であるリカルドの養父の牧場に向かおうとする。しかし、ジョニーは先回りしていたリカルドに殺されるのだった。

牧場に戻ったリカルドだったが、そこはすでにマシェティ一味によって略奪を受けている真っ最中だった。マシェティを撃ち殺したリカルドだったが、金は焼け、養父母や義弟をも失った彼は、ただ立ち尽くすのだった。

【感想】

ストーリーだけ見ればそれなりに悪くなく、入れ替わりの犯行計画などなかなか面白い趣向も凝らされています。ただ、主人公がジョニーなのかリカルドなのかいまいち判然としません。リカルドに焦点をしぼり、犯行計画に乗るなど欠点はあるものの、それが原因で全てを失う人物として描けば、それなりの作品になった気がします。が、本作ではキンスキー演じるジョニーにかなりの比重が置かれており、また彼がただただ性欲だけで動いているような異常な人物で、これがまた如何ともしがたい。まあそれが、本作を本作たらしめている要因ではあるのですが。

このジョニーという人物、クレイジー・ジョニーというあだ名で呼ばれているだけのことはあり、綺麗な女を見ると、後先を考えず、見境なく襲おうとする異常な人物。衝動的で、ただただ本能にしたがって生きているような人間です。ただ、一方で単純なところもあり、ナンシーに言いくるめられて、ニコニコと別室で洋服を脱いでいる間に逃げられるなど、何というか、そういう人物です。

このジョニーのキャラクターが良くも悪くも強烈なため、ストーリー的には主人公的な立ち位置にいるリカルドの影が非常に薄くなってしまっているのが、バランスの悪いところ。ステルビオ・チプリアーニの音楽はなかなか悪くないんですが。

マカロニウエスタンにしては緑が目立つ本作ですが、スペインではなくイタリアのローマ近郊及びローマにあったエリオス・スタジオで撮影されたようです。

The Beast (1970) on IMDb

アントニオ・マルゲリーティ(1985)『ジャングル・レイダース 黄金のレジェンド』

La leggenda del rubino malese
監督:アントニオ・マルゲリーティ(アンソニー・M・ドーソン)
出演:クリストファー・コネリー、マリナ・コスタ、リー・ヴァン・クリーフ、ルチアーノ・ピゴッツィ(アラン・コリンズ)

【あらすじ】

 舞台は第二次大戦少し前のマレーシア。ガイドのハワード(クリストファー・コネリー)、通称キャプテン・ヤンキーは、原住民の仲間と組んで、観光客の金持ちに詐欺まがいの冒険イベントを体験させ、金を稼いでいた。そんな彼の元に旧知のアメリカ政府関係者ウォーレン(リー・ヴァン・クリーフ)から、博物館長のマリア(マリナ・コスタ)が伝説のルビーを探しにやってくるので案内してほしい、というガイドの依頼が入る。渋るハワードだが、ウォーレンの脅迫まがいの依頼にしぶしぶ引き受けることに。

 マリアと同行者のランスキー教授(マイク・モンティ)、それに相棒のフィズ(ルチアーノ・ピゴッツィ)と一緒に島に渡ったハワードは、先住民の仲間たちとともにルビーが隠されているという火山の麓に向かうが、そこに、伝説を信じてルビーを守る狂信者たちや、火山の麓に埋蔵されている石油を抑えることを狙う地元実力者タイガーの邪魔が入る。何とかルビーを手に入れたハワードたちだったが、ランスキー教授が仲間たちを裏切り、ルビーを持ち逃げしてしまう……が、結局彼はすぐにタイガーに殺され、ルビーはタイガーの手に渡る。タイガー一味から逃げるハワードとマリア。火山の噴火にも助けられ、何とか2人は逃げ延び、別行動していたフィズと合流する。

 そして、タイガーの手下のブルドーザーを奪ったハワードは、タイガーが支配する石油プラントに突撃し、それを散々に破壊し、そこに囚われていた村の人々をも救出するのだった。一方、石油プラントから逃げ出したタイガーは、かねてから協力関係にあった密輸業者ダ・シルバのもとを訪れるものの仲間割れし、彼を殺してしまう。そこに追いついてきたハワードと対決し、ハワードはついにタイガーを倒すのだった。

【感想】

 海外版のDVDや日本版のVHSでもリー・ヴァン・クリーフがばーんとジャケットに描かれているし、マルゲリーティ監督作ではクリーフが主演の作品も何本かあるため、本作もクリーフがインディ・ジョーンズばりの活躍をするのかと思いきや、クリーフは特別出演的な立ち位置でほとんど出てきません。インディ・ジョーンズ的立ち位置の主人公を演じているのはクリストファー・コネリー。マカロニウエスタン関係でいうと『ジャンゴ/灼熱の戦場』(1987)では悪役を演じていた方です。

 それこそ『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)ばりの冒険シーンが唐突に始まったかと思ったら、それが全部お芝居だったというのが分かる導入シーンや、街中でさらわれそうになったマリアを、彼女とは気づかず助けるためのカーチェイスシーンなど、前半は意表をつく展開やなかなか見所のあるシーンが連続します。

 ハワード一行が島に渡ってからの後半部分は、まあ、何というか、普通のB級インディ・ジョーンズ フォロワー映画という印象。燃え盛る石油の海の上を、ターザンロープで飛び越えるなど、なかなか魅せるシーンもありますが。

 クライマックスは爆発につぐ爆発です。マルゲリーティ監督お得意のミニチュアワークだと思うのですが、安っぽい感じはせず、なかなか見ごたえのあるシーンに仕上がっていました。

 気が強く、初めは反発しつつもだんだんと惹かれあう、という、いわばお決まりの関係を演じたヒロイン、マリナ・コスタはなかなかチャーミングな女優さんだと思うのですが、IMDbによると本作を含めて2本の作品に出演したのみのようです(ちなみにもう1本はもう1本で、ありがちな核兵器後の世界ものっぽい)。

 La leggenda del rubino malese
(1985) on IMDb

スルジャン・ドラゴエヴィッチ(1996)『ボスニア』

Lepa sela lepo gore
製作国:ユーゴスラビア(セルビア)
上映時間:129分
監督:スルジャン・ドラゴエヴィッチ
出演:ドラガン・ビエログルリッチ/ニコラ・コヨ/ドラガン・マクシモヴィッチ

相も変わらず映画自体はそれなりに見ていたんですが、ブログの更新は怠っておりました。なんか、ちょっとブログにまとめることが自分にとって過負荷になってしまっていたもので。今後はのんびりしたペースで、紹介したい映画を紹介していく感じでやっていきたいと思います。

さて、久々にご紹介するのはセルビアの映画監督スルジャン・ドラゴエヴィッチの第1作。ユーゴスラビア紛争を、セルビア軍に入隊した青年ミラン(ドラガン・ビエログルリッチ)の目を通して描いた『ボスニア』です。ぼく自身、ユーゴスラビア紛争についてはあまり知識がないため、ちょっと不正確なのですが、おそらくユーゴ紛争の中でもボスニア紛争が舞台になっているものと思われます。

ユーゴスラビアの田舎町で幼馴染のセルビア人のミランとボスニャク人(ムスリム人)のハリル(ニコラ・ペヤコヴィッチ)は一緒に自動車整備工場をやりながら暮らしていました。ある日、紛争が勃発。ミランはセルビア側に、ハリルはボスニア側にそれぞれ入隊し、お互いに銃を向けあうことに。故郷の村に駐屯していたミランの舞台は、ボスニア側の迫撃砲にやられ、幼い頃巨人が棲んでいる……と言い伝えのあったトンネルの中へと逃げ込みますが、トンネルの出口はボスニア側に包囲されてしまいます。1日後、ブルジ(ゾラン・スヴィヤノヴィッチ)がトラックに乗ってやってきますが、そのトラックに忍び込んでいたアメリカのニュースキャスター、リサ(リサ・モンキュア)ごと包囲に巻き込まれてしまいます。何とか脱出しようと図るミランたちでしたが……というのが大まかなあらすじ。

映画は病院に収容されたミランの回想シーンとして進行していきます。回想の中にさらに回想があったり、ミランが所属している隊の仲間たちの入隊経緯がフラッシュバックのように挟まれたりと、時間軸を自由自在に編集しながら展開していきます。登場人物の顔を見分けるまでは少し混乱するものの、そこまでややこしくはない感じ。

ミランの仲間たちは籠城の中で一人、また一人と倒れて行くのですが、そのシーンで走馬灯のように彼らの過去の日常風景が映し出されるのですが、ベタな編集ながら非常に効果的。

クライマックスのシーンを含め、なぜ内戦が起きてしまったのか、ということが監督を含め、まだ答えを探して苦しんでいる様子が非常に出ています。本作では99年には内戦が終わって平和が戻ってきた……かのような描写があるものの、実際には主要な内戦自体は2000年まで続くことになります。


 Lepa sela lepo gore
(1996) on IMDb

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ