今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

Genre:Short

バスター・キートン/エドワード・F・クライン(1920)『キートンのマイホーム』

One Week
製作国:アメリカ
上映時間:25分
監督:バスター・キートン/エドワード・F・クライン
出演:バスター・キートン/シビル・シーリー/ジョー・ロバーツ

今回は予定だとD・W・グリフィスの『散り行く花』(1919)をご紹介するつもりだったのですが、ちょっと疲労がたまっていてヘビーな長編に体が耐えられなさそうだったので、代わりにバスター・キートンによる抱腹絶倒の短編喜劇をご紹介します。

 新婚のキートンは、新居建築を約束し求婚したため、低予算の組立住宅を購入。自力で組み立てようとするが、恋敵が建材の番号を3を8、1を4というように書き変えてしまい、妙ちきりんな多角形の家ができ上がってしまう。床は傾き、洗面台が外壁についた暮らしにくい家だが、とりあえず、新築祝いのパーティを開く。しかし、常軌を逸した家に客たちは大混乱。そのうち暴風雨が襲って家は回転しだし、哀れ遠くに吹き飛んでしまう。これを荷車で引いて元の場所に戻そうとしたキートンだが、線路で立ち往生して、突進してくる汽車に木っ端みじんにされてしまう。そのアナーキーな結末において永遠に記憶されるべき、キートン初期短編の傑作。

「文化生活一週間」という別タイトルのとおり、月曜日に結婚したバスター・キートンが、次の日曜日までに経験するドタバタが、日めくりカレンダーをめくるシーンを挟み込んで1日ごとに紹介される作りの映画です。

ストーリーとか見所はAllcinemaの解説にほぼ全部書かれているため、ぼくから付け加える内容は正直あまりありません。ただ、上の解説には事実誤認があり、家について哀れ遠くに吹き飛んでしまうとあるのは誤り。元々キートンは叔父から99番の土地を貰ったのですが、看板が上下逆さまになっていたために、間違って66番の土地に家を建ててしまっていました。それが土曜日に分かり、日曜日に一生懸命移動させようとした、というのが本当のところ。また、洗面台が外側についたとありますが、一応その後に壁を回転させているので洗面台は内側に移動してます。

キートンの体張りっぷりは相変わらずものすごく、見ていて腹を抱えて笑いながらもハラハラしてきます。本作ではキートンの他にも妻役のシビル・シーリーもなかなか体を張ったシーンがあり、その辺も見所のひとつ。

途中、シビル・シーリーの入浴シーンがあるのですが、彼女が浴槽の外に石鹸を落とし、それを取るためにあわやヌードが……というタイミングでどこからともなく手が出てきて、カメラのレンズを覆ってしまう……という展開もメタメタしくて愉快です。

田中与志(1934)『忍術火の玉小僧 江戸の巻』

製作国:日本
上映時間:10分
監督:田中与志

フィルムセンターの「日活映画の100年 日本映画の100年」にて、マキノ正博監督の『血煙高田の馬場』(1937)と同時上映されていたので見てきました。トーキーのアニメーション映画です。本作に作画として参加している酒井七馬はその後、手塚治虫の「新宝島」の原作者としても知られるようになった人物です。

主人公の少年剣士・火の玉小僧が、殿さまに追われる町娘を、忍術を駆使して助けるコメディタッチのアニメ。製作は日活京都漫画部。キャラクターが次々に変身し、テンポの良いギャグを繰り広げていく。作画担当の1人、酒井七馬は、元々はマンガ雑誌「大阪パック」「大阪新聞」などで作品を発表していたマンガ家で、1935年に日活に入社し、アニメーターに転身している。ただし、日活京都漫画部が1935年6月に解散したため、すぐにマンガ家に戻ることとなる。その後の酒井は、戦後に手塚治虫と組んで『新宝島』を上梓したことで名を残す。

10分という短編ながら、アニメーションならではの非常に自由な発想で、思いも寄らぬ展開が次々に繰り出されます。江戸の町を大名行列が練り歩くシーンから始まるのですが、大名が乗った駕篭が放り投げられたり、馬が2足歩行で駆け出したりと、とても実写ではできない表現のオンパレード。

殿様が町娘に投げるハートマークを馬が食べてしまったり、ハートマークを追いかけた馬の首が結ばれてしまったり。怪力の捕り手が、町娘を捕えるために五重塔をだるま落としのように破壊したりと、非常に愉快なシーンがたっぷり。主人公の火の玉小僧は、忍術を駆使して町娘を助け出しますが、腕っ節はからっきし弱いという設定も面白い。キャラクターの表情などは非常にシンプルで、往年のミッキーマウスのアニメを彷彿とさせるような雰囲気もありました。

記録を確認すると、この「江戸の巻」の他にも、少なくとも3作品はこの火の玉小僧シリーズは作られているようです。

(1897)『LE SQUELETTE JOYEUX』

製作国:フランス
上映時間:1分

「愉快な骸骨」とのタイトルが付けられた本作は、IMDbでも製作国とタイトルなどの情報しか記載されておらず、監督の名前は残っていません。ただ、どうやらリュミエール兄弟の製作所で製作された作品らしく、おそらくは兄弟のどちらかが監督をしたものかとも思われます。

「愉快な骸骨」のタイトル通り、操り糸で操られた骸骨が、バラバラになったりくっついたりしながら踊るという、ただそれだけの1分にも満たないフィルムです。ただ、まぁ、作品として見た場合、先ほどご紹介した『L'ARRIVÉE D'UN TRAIN À LA CIOTAT』(1896)よりも本作の方が面白いです。

オーギュスト・リュミエール/ルイ・リュミエール(1896)『L'ARRIVÉE D'UN TRAIN À LA CIOTAT』

製作国:フランス
上映時間:1分
監督:オーギュスト・リュミエール/ルイ・リュミエール

日本では「ラ・シオタ駅への列車の到着」あるいは「列車の到着」として知られる50秒間のドキュメンタリー映画。俗説では「世界最古の映画」と言われることも多いのですが、本作が最古の映画である、という証拠は特にないようです。ただ、映画史の概説書などでは必ずと言っていいほど取り上げられる映画であり、当時のフィルムではもっとも有名な作品のひとつ、と言えるでしょう。

映画史を描いた映画でも取り上げられることは多く、最近では『ヒューゴの不思議な発明』(2011)などでも取り上げられていました。

と、言うくらいで、映画自体については正直あまり書くことがありません……。うーん、お母さんに連れられて駅を歩いてる女の子が可愛い、とか、当時の女性の帽子っておっきいんだなぁ、とか、そういうことくらいですかね。映画ファンとして「見た」というために見たというか、そんなところです。

エドワード・F・クライン/バスター・キートン(1922)『キートンの北極無宿』

THE FROZEN NORTH
製作国:アメリカ
上映時間:17分
監督:エドワード・F・クライン/バスター・キートン
出演:バスター・キートン/ジョー・ロバーツ

日本では劇場未公開のようで、Allcinema Onlineにも記載されていないのですが、ぼくが見たDVDには『キートンの北極無宿』のタイトルで収録されていました。西部劇テイストの本作にはなかなかピッタリのタイトルですが、「北極」ってまたすごいですね。監督はキートンと、彼と多くの作品で組んだエドワード・クライン。

雪深い北国に住むキートン。繁盛している酒場を見つけた彼は、ある方法で強盗を働こうとします。しかし、そのカラクリを見破られ、這々の体で酒場を逃げ出すキートン。彼が家に辿り着いてみると、そこには妻と浮気相手の姿が……。怒りに駆られたキートンは、妻と浮気相手を後ろから撃ち殺してしまいます。しかし、よく確かめるとそれは妻ではありませんでした。実は彼は家を間違えてしまったのです。

今度こそ家に辿り着いたキートンですが、妻と言い争いになった上、妻は高いところに置いてあった瓶で頭を強打して死んでしまいます。なんとか保安官をごまかしたキートン、今度はお隣の美しい夫人にちょっかいを出すのですが……というお話。

西部劇テイストの作品なのですが、キートンが雪国の町に戻ってくるのに地下鉄を使い、オープニングはキートンが地下鉄の出口を出てきたところ、というのが面白い。

また、他の作品と比べ、本作のキートンは一味違います。多くの作品での彼は、善人とは言えないまでも根っからの悪人ではない、どちらかと言えば小市民的な役柄が多いのですが、本作のキートンは強盗はするわ人を躊躇いもなく撃ち殺すわ、妻が死んだのを放っておいてお隣さんに言い寄るわで根っからの悪人です。

一方で、細かなギャグは他の作品と動揺のスラップスティックなものなので、ブラックなストーリーとは少々乖離している感じもしてしまいます。

ラスト・シーンは、キートンにしてはあまりにブラックなストーリーにしてしまったので、こうするのも致し方ないかなと思うところです。これを見た当時の観客は怒りだしたのか、それとも安心して劇場を後にしたのか気になるところですね。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ