今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

Genre:Romance

マイク・ミルズ(2010)『人生はビギナーズ』

Beginners
製作国:アメリカ
上映時間:105分
監督 :マイク・ミルズ
出演:ユアン・マクレガー/クリストファー・プラマー/メラニー・ロラン/ゴラン・ヴィシュニック

『サムサッカー』(2005)のマイク・ミルズ監督の手になるハートフルなコメディ。75歳にしてゲイをカミングアウトした主人公(ユアン・マクレガー)の父・ハル役をクリストファー・プラマーが演じ、2011年のアカデミー助演男優賞、ゴールデン・グローブ助演男優賞などを総なめにしました。

 「サムサッカー」で監督デビューを飾った世界的アーティスト、マイク・ミルズ監督が、自身の父親との関係を基に脚本を書き上げ映画化したハートフル・ヒューマン・ストーリー。長年連れ添った母の死後、突然ゲイであることをカミングアウトし、新たな人生を謳歌しはじめた父の姿に戸惑いを抱きながらも、自分の気持ちに正直に生きることの大切さを学んでいく主人公の葛藤と新たな恋の行方を描く。主演は「ゴーストライター」のユアン・マクレガー、共演に「終着駅 トルストイ最後の旅」のクリストファー・プラマー、「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロラン。
 アートディレクターのオリヴァーは、愛に臆病な内向的で真面目な38歳独身男。ある日、44年連れ添った妻に先立たれ、自らもガンを宣告された父ハルから、ゲイであることを告白される。厳格だった父の突然のカミングアウトに戸惑いつつも、病に立ち向かいながら新たな人生を謳歌し始めた父と語り合い、少しずつ距離を縮めていくオリヴァー。やがて父との永遠の別れを経て、大いなる喪失感を抱えたままの彼の前に、フランス出身の女優アナが現われる。互いに人と距離を置きながら生きてきた似たもの同士の2人は、ほどなく恋に落ちるのだったが…。

オープニングから落ち着いた雰囲気の本作。何となく全体的にアメリカ映画っぽくないんですよね。主演ふたりがスコットランド(マクレガー)とフランス(ロラン)だからかとも思ったのですが、抑制された演出や、少々ブラックなユーモア、そしてピンポイントで挟まるショットがどこか非常にイギリス映画っぽい。

クリストファー・プラマーに期待して見たのですが、その点は大満足。思ったよりも登場しており、嬉しい驚きでした。70年代のゲイ・カルチャーについても、予想以上に詳しく触れていました。映画はそれら父親世代と、30代の息子世代を対比させて描いてはいるのですが、そのふたつの物語が噛み合っているかというと微妙なところ。ただ、この曖昧な感じは居心地のよいものでした。

ジャジーな音楽も本作の雰囲気にはぴったりとあっていました。ピアノを主体とした静かな音楽はどことはなくベルナール・ラップ監督の『私家版』(1996)を彷彿とさせます。そういえば、あちらの主演もイギリス出身のテレンス・スタンプでした。

ジョナサン・カプラン(1976)『Mr.ビリオン』

Mr. Billion
製作国:アメリカ
上映時間:94分
監督:ジョナサン・カプラン
出演:テレンス・ヒル/ヴァレリー・ペリン/ジャッキー・グリーソン/スリム・ピケンズ

ミスター・ノーボディ』(1974)でアメリカでも人気者となったテレンス・ヒルがアメリカに渡って主演したアクション・コメディ。監督はフランス出身のジョナサン・カプラン

 自動車修理工のグイドの元に、金融会社を経営している叔父の遺産が転がり込む事になった。ただし期日までにサンフランシスコへ赴き書類にサインをしなければならない。だが遺産の横取りを狙う重役は女私立探偵を雇い、グイドの妨害を開始する。「爆走トラック'76」でイイとこ見せたJ・カプランのアクション映画。主演がマカロニ・ウェスタンやバッド・スペンサーとのコンビでコミカル演技を見せたT・ヒルだけに、全体的にノーテンキなコメディ・タッチで展開される。カー・チェイスが主軸のアクション・シーンも好調で、安心して観られる気楽な作品。

この映画のあと、『笑激のギャンブルマン』(1978)、『レッドオメガ追撃作戦 』(1980)など、アメリカを舞台にした映画への出演が増えていくテレンス・ヒルですが、本作のような完全アメリカ資本の映画への出演は意外に珍しいようです。

イタリアの若者が遺産相続のためにアメリカ大陸を東から西へ、列車、車、ヘリコプター、飛行機を駆使して横断してゆくというスケールのかなり大きい物語なのですが、何故か非常に牧歌的でのんびりとした雰囲気。ノーテンキでゴキゲンと言えばそうなんですが、少々演出が間延びしている感もなきにしもあらずです。

ただ、カーチェイスはなかなか見所があり、広大な荒野をアメ車を使って繰り広げられるカーチェイスシーンはそれなりに楽しめます。ただ、やっぱりあまり緊迫感はないんですよね。

ジョン・ウェインの西部劇とマックィーンが大好きでアメリカに憧れていたイタリアの青年、というテレンス・ヒル演じるグイドの設定はなかなか面白い。「英語をどこで学んだんだ?」「ジョン・ウェインさ」、「ドライビングテクニックはどこで?」「マックィーンだよ」みたいな会話もまぁ、面白いかな。ただ、マカロニウエスタン後のアメリカ映画でジョン・ウェインを押し出されてもなぁ、みたいな感も少々あります。

ただ、大陸横断中にグイドを助けた田舎のおっさんやらお婆さんが、お礼にサンフランシスコの金融会社の重役に迎えられる、というエンディングはバカバカしくて素晴らしいです。やっぱりエンターテインメントはこれくらいはっちゃけてくれたほうが面白い。

コッホ・メディアから出ているドイツ版のDVDで視聴しました。

程小東(1987)『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』

倩女幽魂
製作国:香港
上映時間:93分
監督:程小東
出演:張國榮/王祖賢/午馬/劉兆銘

多くの香港映画でアクション監督を務めた程小東の代表的な監督作にして、ヒロインの小倩を演じた王祖賢の出世作にして、不世出のスター・張國榮の代表作の一本にして、80年代香港映画を代表する作品のひとつでもある、何かこう並べてみるとすごい映画です。ぼくは本作を中学生の頃見たときに非常に衝撃を受け、この作品がぼくが香港映画好きになったきっかけのひとつでもあります。今まで徐克監督作とばかり思っていたのですが、彼は本作ではプロデューサーに専念しているんですね。

 台湾出身の美人女優ジョイ・ウォンを一気にメジャーに押し上げた「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」の第一作目。監督としての実績はもとより、製作者としても敏腕ぶりを発揮するツイ・ハークがTV分野で活躍していたチン・シウトンを監督に抜擢、旅の青年と美しい女幽霊との愛の姿を、コミカル、アクション、官能など様々な要素を盛り込み描きあげる。
 自らの道を極めるべく旅を続ける青年ニンは、その途中、古ぼけた寺で夜を過ごしていると一人の妖艶な美女と出会い瞬く間に恋に落ちる。が、その背後には彼女を利用して人間を襲う妖怪の一味が控えており、その脅威はニンにも襲いかかる……。電影工作室の十八番技ともいえるワイヤー・ワークを使い、たなびく白い衣をまとったジョイ・ウォンが闇の中を自由に飛び回る描写はただひたすらに美しく印象的。香港映画界の新しい方向性を打ち出した。

本作は実は1959年の香港映画『真説チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(李翰祥監督)のリメイクなのですが、日本はもとより香港を始めとする中華圏でも本作のほうが圧倒的知名度を誇っています。また、2011年にはお馴染み葉偉信監督によって『倩女幽魂』としてリメイクされています(日本未公開・未ソフト化。ちなみに3作とも原題は同一)。

しかし、10年以上ぶりに見てみたらすごい映画でした。聊斎志異の1エピソードを映画化しているのですが、前半のラブロマンスから後半の異次元アクションものへ雪崩れ込むパワーというか、勢いがこれぞ80年代香港映画という印象です。ストーリー自体は荒唐無稽なのですが、映画内では大きく破綻しておらず、またアクションと特撮の勢いで見せきってしまう手腕はさすがというところ。

そして、ストーリーもさることながら、本作を魅力的にしているのは、やはり小倩を演じた王祖賢の美しさと、どこか抜けていながらも善人である寧采臣を演じた張國榮の可愛らしさでしょう(本作の張國榮は格好良いというより、可愛らしいといったほうが的確な気がします)。また、脇を固める燕道士を演じる午馬もさすが。ふだんはもっと飄々とした役柄が多いですが、こういった役も演じられる人だとは驚きでした(以前見たときには午馬だと気付かなかった)。

ミシェル・アザナヴィシウス(2011)『アーティスト』

THE ARTIST
製作国:フランス
上映時間:101分
監督:ミシェル・アザナヴィシウス
出演:ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジェームズ・クロムウェル/ジョン・グッドマン

第84回アカデミー賞作品賞・主演男優賞などを受賞した、ハリウッドを舞台にしたフランス映画。監督のミシェル・アザナヴィシウスの作品が日本で劇場公開されるのは本作が初めて。前々作である『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』(2006)のDVDはリリースされているようなので、こちらも見てみたいところ。

 フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズのミシェル・アザナヴィシウス監督と主演のジャン・デュジャルダンのコンビが、ハリウッド黄金期を舞台に白黒&サイレントのスタイルで描き、みごと2012年のアカデミー賞作品賞に輝いた異色のロマンティック・ストーリー。共演はベレニス・ベジョ。また、劇中で主人公のチャーミングな愛犬を演じたタレント犬アギーの名演も大きな話題となった。
 1927年、ハリウッド。サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、彼に憧れる女優の卵ペピーと出会い、自身の主演作でエキストラの役を手にした彼女に優しくアドバイスをおくる。そんな中、時代はセリフのあるトーキー映画へと大きく変わっていく。しかしジョージは、自分は芸術家だと主張してサイレント映画に固執、瞬く間にスターの座から滑り落ちることに。そんなジョージとは対照的に、時代の波に乗ってスターの階段を駆け上っていくペピーだったが…。

ヒューゴの不思議な発明』(2011)、『マリリン 7日間の恋』(2011)と、最近「映画を描いた映画」を劇場で立て続けに見ています。『ヒューゴ〜』は1910年代の映画創世記、舞台を写していただけの映画がロケ撮影やカメラの移動などの「映画らしさ」を持ち始めたころの話、『マリリン〜』はオリヴィエに象徴される古い「役者」とマリリンが象徴する「スター」の話、そして本作はサイレントがトーキーに取って代わられた1930年代のお話。2Dから3Dへの過渡期であるいま、こういった映画が制作されるのも、わかるような気がします。ただ、まぁ、こういった懐古的な映画ばかりアカデミー賞界隈で持て囃されるのもどうかとも思いますが。

とは言ったものの、本作は本当に素晴らしい。フランク・ボーゼージ監督の『第七天国』(1927)をはじめとするサイレントの古典へのオマージュを入れつつも、そういった古い映画をほとんど知らない観客でも楽しめるしっかりとした物語になっています。このあたりは『ヒューゴ〜』は少々弱かった。また、本作はフィクションながら、時代背景は現実同様であり、当時ジョージのような境遇に陥った映画俳優はそれこそ大勢いたため、ストーリーにも説得力があります。

キャラクターの不安感を表現するために画面を斜めにしたり、感情の高ぶりを表現するために急激にパンしたり、逆に途方に暮れるさまを表すのにカメラを引いたりと、今では少々古臭い表現が、サイレントには非常にマッチしているのも素晴らしい。本作はもともとカラー映画として撮影されたらしいのですが、モノクロにしたのは非常に正しい判断でした。

その他にも、階段の話とか、デュジャルダンの衣装の色合いの話など、いろいろと唸らされたところはあるのですが、その辺りを書いていると長くなるので少々割愛。トーキーの時代になって、落ち目になったサイレントのスターを、旧友が再び映画に出す、という筋書きは、チャップリンが『ライムライト』にキートンを呼んだエピソードを思い出させます。撮影された映画は『ザッツ・エンタテインメント』(1974)みたいな映画になるんでしょうかね。

ジョージの実直な運転手・クリフトンを演じたジェームズ・クロムウェルや、映画会社社長を演じたジョン・グッドマンなど、脇を固める役者も非常に安定しており、安心して見ていられます。

しかし、ペピーはジョージにとって、まさしく「守護天使」だったのだなぁ。

ルイ・マル(1965)『ビバ!マリア』

VIVA MARIA!
製作国:フランス
上映時間:122分
監督:ルイ・マル
出演:ブリジット・バルドー/ジャンヌ・モロー/クラウディオ・ブルック/ジョージ・ハミルトン

『死刑台のエレベーター』(1957)、『地下鉄のザジ』(1960)などで知られるフランスのルイ・マル監督がブリジット・バルドー、ジャンヌ・モローという二人の女性スターを主演に迎えて作り上げたコメディ・ウエスタン。ジャンヌ・モローは『鬼火』(1963)などでもルイ・マル監督の映画に出演しています。バルドーも『私生活』(1962)に主演していますね。

 フランスを代表する二人の大女優が同じマリアという名を持つ歌手兼踊り子に扮し、革命のメキシコを舞台に大暴れするミュージカル調コメディ。父親仕込みのはえぬきのアナーキストのマリア(バルドー)は、流浪の果てにたどり着いたメキシコで警官に追われ、旅の一座に紛れ込む。ちょうど一座の歌手が自殺してひと騒動の時で、彼女は身代わりに花形女優のマリア(モロー)とコンビで舞台に出ることになった。“マリアとマリア”で売り出して大人気の二人。が、アナーキスト・マリアが保守派の暴行略奪を目撃し怒り心頭、相方をしり目に派手にやった。そして、革命派の指導者(ハミルトン)に互いに惚れてしまったことで、退くに退けない恋と農奴解放の大闘争に参入していく……。マルが「地下鉄のザジ」で試みたスラップスティックを西部劇風に展開。コミック的には消化不良だが、二大女優のキャラクターの違うお色気はうまく出せていたし、ノスタルジックな雰囲気作りにも成功している。

ウエスタンとして見た場合、前半の旅回りのサーカス一座のレビュー・シーンがやたらと長く、後半の革命劇との親和性もいまいちで、少々焦点が定まっていない印象を受けます。一方、ドタバタコメディとして見た場合、バルドーの性質とは非常にあっており、楽しんでみることができます。モローについては、コミカルなシーンとの親和性はバルドーと比べてしまうと少々落ちるという印象。

しかし、『荒野の用心棒』(1964)でマカロニウエスタンが大流行しはじめた直後に西部劇という話題を扱うルイ・マル監督のフットワークは非常に見るべきものがあります。というか、彼はいわゆるシネマトグラファーロ・タイプの監督ではない気がするのですが、そういった(しかもイタリア国外の)監督までが西部劇を扱ったということからも、当時の西部劇人気が見て取れます。

更に、アイルランドの革命の闘士の娘だったバルドーがメキシコ革命に参加するという筋書きはレオーネの『夕陽のギャングたち』(1971)を彷彿とさせます。また、クラウディオ・ブルックが研究している銃身が曲がった銃など、後のジャンフランコ・パロリーニ監督やジュリアーノ・カルニメーオ監督の映画を彷彿とさせるなど、(恐らく偶然でしょうが)後のマカロニウエスタンのルーツにもなり得た要素が豊富にあり、そういった観点からも見ていて楽しめます。

マカロニウエスタンでお馴染みの俳優はあまり見かけることができないのですが、サーカス一座の怪力男を演じたポルド・ベンダンディは『七匹のプロファイター』(1966)や『夕陽のギャングたち』でもその姿を見ることができます。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ