今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

Genre:Horror

フアン・ロペス・モクテズマ(1973)『ター博士の拷問地下牢』

The Mansion of Madness
製作国:メキシコ
上映時間:82分
監督:フアン・ロペス・モクテズマ
出演:アーサー・ハンセル/クラウディオ・ブルック/エレン・シャーマン/マーティン・ラサール

放送業界出身で『エル・トポ』(1969)をはじめとする異端作を生み出し続けたアレハンドロ・ホドロフスキー監督とも交友のあったフアン・ロペス・モクテズマ監督の初監督作。ジャンルはホラーとはなっているものの、ホドロフスキー同様前衛的な演出が多々見られ、非常にジャンルの枠にはめづらい作品となっています。このモクテズマ監督、日本では劇場公開作品は1本もないのですが、ビデオバブルの波の乗ったのか、本作意外にも3作品がVHS化されています。

アメリカでジャーナリストの修行を積んだガストン(アーサー・ハンセル)は故郷フランスの村に帰ってきます。彼は高名な精神医メイヤール博士(アーサー・ハンセル)の独特の治療院を取材しに来たのでした。同行するのは幼少時代の級友であるジュリアン(マーティン・ラサール)と共に治療院を訪れますが、そこには昔の面影はなく、メイヤール博士の唱える治療法もおかしなものばかり。ガストンと別れ先に帰ったジュリアンも狂人たちに馬車を襲われてしまいます。

一方、ガストンはメイヤールの姪という美しい少女・ユージェニー(エレン・シャーマン)に紹介されます。ユージェニーに惹かれるガストン。しかし深夜、ガストンが寝ているとユージェニーの叫び声が。メイヤールの正体は一体何なのか、そして彼の目的は……というお話。

WHDジャパン制作の日本版で視聴したのですが、VHS起こしではないかという感じで画質は非常にあ悪いです。また、アメリカ公開版からのDVD化のようで、セリフはすべて英語吹き替えになっています。『ター博士の拷問地下牢』というタイトルも、アメリカ公開時の「DR. TARR'S TORTURE DUNGEON」の直訳でしょう。

筋書きは上に書いたとおりなのですが、映画には様々な狂人が次々に登場し、観客は困惑させられます。そして意外なクライマックス……意外というかもう何が何やら。不思議な魅力があるのは確かなんですが、中盤あたりから少々辛くなってくることも確かです。ただ、トリップしたような映像世界は保証できますので、一度くらいはご覧になっても損はしないのではないかと。

また、ところどころにコミカルな音楽が入るのですが、そこだけあまりにコミカルで、他のシーンとの乖離がものすごいです。恐らく意図的だとは思うのですが、ここまでジャンルがぐちゃぐちゃなのも凄いなぁ、と。

ヒロインの名前がユージェニーとなっており、ジェス・フランコの『悪徳の快楽』(1969)をはじめとする一連のユージェニーものを連想させますが、おそらくはどちらもマルキ・ド・サドからの引用でしょうね。

アントニオ・マルゲリーティ(1970)『E Dio disse a Caino』

製作国:イタリア/西ドイツ
上映時間:93分
監督:アンソニー・M・ドーソン
出演:クラウス・キンスキー/ペーター・カルステン/マルチェラ・ミケランジェリ/アントニオ・カンタフォラ

前回『ジェーン・バーキン in ヴェルヴェットの森』(1973)をご紹介したイタリアの職人監督アンソニー・M・ドーソンことアントニオ・マルゲリーティが監督した何本かのマカロニウエスタンの一本。主演は数多くのマカロニウエスタンに出演していますが、主演作品はほとんどないクラウス・キンスキー。

収容所で強制労働をさせられていたゲイリー・ハミルトン(クラウス・キンスキー)。ある日彼は釈放され、馬車に乗ってとある町を目指します。馬車で同席した青年ディック(アントニオ・カンタフォラ)が旧知のアコンバー(ペーター・カルステン)の息子だと知ると、彼に「ゲイリー・ハミルトンが帰ってきたと伝えてくれ」と言って馬車を途中下車するゲイリー。

実はアコンバーこそがゲイリーが10年間も服役していた原因でした。ゲイリーとアコンバーは北軍で同じ部隊にいたのですが、軍の金が横領されるという事件が起き、ゲイリーは犯人として捕まっていたのでした。しかし、真犯人はアコンバーであり、彼は金ばかりか、ゲイリーの恋人であったマリア(マルチェラ・ミケランジェリ)まで奪っていたのでした。

真相を知らないディックは、父にゲイリーの伝言を伝えます。顔を強ばらせる父と母(マリアはどうやらディックにとって継母のようです)。アコンバーは部下たちに、ゲイリーを町に入れずに始末するようにとの指示を出しますが、ゲイリーは地下道を巧みに使って町に侵入します。嵐の夜、ゲイリーは一人また一人とアコンバーの部下たちを葬ってゆくのでした……というお話。

ミルクリークから出ている廉価版DVDで見ました。英語音声なのはよいのですが、画質が悪く、しかも本作は夜間戦闘などのくらいシーンが非常に多いため、何をやっているのか分からないシーンがしばしば。もう少しいい画質の映像で見たかったところです。

タイトルを直訳すると「そして神はカインに語った」となります。恐らく旧約聖書のカインとアベルの逸話を指しているのだと思われますが、映画のストーリー自体は比較的単純な復讐劇であり、あまり聖書に馴染みのないぼくには関連性はいまいちわかりませんでした。

ストーリー自体は比較的ありきたりなものですが、本作はホラー映画も監督するマルゲリーティ監督らしい演出でなかなか楽しめます。地下道の水滴の音や、嵐の風の音、そして嵐で揺れる鐘の音といった自然音を上手く使った効果音。そして鐘を効果的な小道具にしたふたつのホラーチックなシーンなど。また、クライマックスのアコンバー家の悲劇の演出もなかなか魅せてくれます。鏡と炎を効果的に使ったラストの決闘シーンもいいですね。マルゲリーティ監督らしさが良い方に出た佳作です。

クラウス・キンスキーはもう説明不要なくらい様々なマカロニウエスタンに出演した名優です。一方のペーター・カルステンはマカロニウエスタンの出演作はあまりないようです。先日ご紹介した『戦争プロフェッショナル』(1968)でもドイツ人将校役で出演していました。

アントニオ・マルゲリーティ(1973)『ジェーン・バーキン in ヴェルヴェットの森』

La morte negli occhi del gatto
製作国:イタリア/フランス/西ドイツ
上映時間:87分
監督:アンソニー・M・ドーソン
出演:ジェーン・バーキン/ハイラム・ケラー/ヴェナンチーノ・ヴェナンチーニ/セルジュ・ゲンズブール

多作な職人監督であるアンソニー・M・ドーソンことアントニオ・マルゲリーティが監督したサスペンス・ホラー映画。おそらくジャッロ映画の一本として分類されるのだと思います。主演はジェーン・バーキン、そして脇役ながらセルジュ・ゲンズブールも出演しているなど、配役に商業監督らしいソツのなさが感じられます。それにしても、「ヴェルヴェットの森」という邦題はなんなんでしょうね。原題は「猫の目の中の死」で、こちらは話の内容に合っています。

寄宿学校を退学になったコリンガ(ジェーン・バーキン)は、伯母マリー(フランソワーズ・クリストフ)の暮らす古城を訪れます。そこには彼女の母アリーシャ(ダナ・ギア)も来ており、彼女たちは城で夏を過ごすつもりでした。夕食時、3人の女性のほかに、城付き司祭のロバートソン(ヴェナンチーノ・ヴェナンチーニ)や、住み込みでマリーの息子、ジェームズの治療をしている医師のフランツ(アントン・ディフリング)、ジェームズにフランス語を教えているというスザンヌ(ドリス・クンシュトマン)も一同に会し、和やかに会食が始まります。と、思いきや、そこにジェームズ(ハイラム・ケラー)が現れ、アリーシャとコリンガに暴言を吐きます。怒って席を立つアリーシャ、それを追うコリンガ。

二人は翌日には城を立とうと考えていましたが、その夜、アリーシャは寝室で何者かに殺害されてしまいます。そして、地下道に迷い込んだコリンガは、腐乱し、ネズミに食い荒らされた男の死体を発見するのでした……というのが物語のはじまり。

登場人物も少なく、いかにも低予算な映画なのですが、そこはマルゲリーティ。それなりに卒なく、破綻のない作品にまとめあげています。一方で、面白いかと言われると、まぁ、それなりに……という感じなのがまたマルゲリーティらしい。

一応フーダニット的要素はあるものの、ヒントは少なく、これで犯人を当てるのは至難の業。どちらかというと、ジャッロらしくハウダニットに焦点が当てられている映画だと言えるかもしれません。クライマックスは少々唐突な感もありましたが、どうやら日本版のDVDはオリジナルと比べるとところどころカットされているようです。オリジナルを見ると、そこまで唐突な感じはしないのかもしれません。

マカロニウエスタン俳優陣としては、ヴェナンチーノ・ヴェナンチーニが結構重要な役柄で出演している他に、『西部悪人伝』(1970)などのフランコ・レッセルも出演しています。ただし、彼の方はほんの少しのみの出演でした。

ジェス・フランコ(1976)『女体調教人ドリアナ・グレイ』

Die Marquise von Sade
製作国:西ドイツ/スイス
上映時間:75分
監督:ジェス・フランコ
出演:リナ・ロマイ/モニカ・スウィン/レイモンド・ハーディー

マリア 尼僧の匂ひ』(1977)に引き続きジェス・フランコ監督作品をご紹介します。制作年的にはこちらのほうが1年古い作品です。『マリア 尼僧の匂ひ』のほうはウィリアム・バーガーのようなしっかりした俳優も出演しており、それなりの作品に仕上がっていましたが、こちらは正直少々辛い……

給仕のゼロス(レイモンド・ハーディー)と共に古城に引きこもる富豪のドリアナ(リナ・ロマイ)。彼女には色情狂として精神病院のオルロフ博士のもとに隔離されている双子の姉(リナ・ロマイ)がいました。そんな彼女のもとに、彼女の秘密を探るため、一人のジャーナリスト(モニカ・スウィン)がやって来ます。ドリアナは彼女に対し、ある秘密を語り始めるのでした……みたいな話です。

オスカー・ワイルドの小説、『ドリアン・グレイの肖像』に着想を得ているらしいのですが、いつまでたっても美貌が衰えないドリアナ、という部分以外にはそこまで共通点は見られない気がします。古城に引きこもる女性と、彼女に瓜二つであり、感覚共有をしている双子の姉、という基本軸に、ジェス・フランコ自身の作品である『吸血処女イレーナ・鮮血のエクスタシー』(1973)でも使われた、「他人の命を吸い取らなくては生きていけない呪われた女性」という要素をプラスし、作品に仕上げています。

こういうと、それなりに面白い作品にも聞こえますが、映画はというと、始終裸のリナ・ロマイ(リナ・ロメイとも)が暴れまわるだけ、というもの凄いもの。しかし、リナ・ロマイは当時はまだ若く、結構きれいですね。

ジェス・フランコ作品を見てみたい、というジェス・フランコ入門者の方には、あまりおすすめできない作品ではあります。

ジェス・フランコ(1977)『マリア 尼僧の匂ひ』

Die Liebesbriefe einer portugiesischen Nonne
製作国:西ドイツ/スイス
上映時間:82分
監督:ジェス・フランコ
出演:スーザン・ヘミングウェイ/ウィリアム・バーガー/アナ・ザナティ/ハーバート・フックス

ユーロ・トラッシュの王ジェス・フランコ監督作品。ジェス・フランコに手を出したらそろそろおしまいかな(後戻り出来ない的な意味で)、という意識があり、なかなか手を出せなかったのですが遂に手を出してしまいました。

ポルトガルの片田舎の少女マリア(スーザン・ヘミングウェイ)は恋人のクリストバルと戯れているところをヴィンセント神父(ウィリアム・バーガー)に見られてしまい、半ば強制的に彼の修道院に入れられてしまいます。しかし、その修道院はヴィンセント神父とアルマ院長(アナ・ザナティ)に支配された悪魔崇拝者の巣窟でした。

ヴィンセントとアルマはマリアを悪魔崇拝者に仕立てあげようと様々な拷問を課しますが、隙を見て逃げ出したアルマは村長(ヴィター・メンデス)に助けを求めますが、神父派の市長の手で修道院に戻されてしまうのでした。マリアを危険人物と認識したヴィンセントとアルマは、彼女を悪魔憑きとして火あぶりに掛けようとするのですが……というお話。

面白いかというとまぁ、そこまで面白くはないのですが、詰まらないかというと、そんなこともない、なんとも言えない作品。これを詰まらないと感じない程度にはぼくがもっとダメな映画を見てしまっているのか、そもそも巷で言われるほどこの時期のジェス・フランコの作品がダメなわけではないのかはぼくにはもはや判断できませんが。

ただ、もっとソフトな感じの作品かと思っていたのですが、拷問シーンなどで少々グロテスクなシーンもありました。最近あまりそういった作品(たとえば『徳川女刑罰史』(1968)とか)を見ていなかったので少々辛かったです。

ストーリーはあってなきが如し(クライマックスの取って付けたようなハッピーエンドとか)なのですが、幻想的な映像はなかなか美しい。特に引きで風景を映すショットはなかなか好きです。

主演のスーザン・ヘミングウェイは可憐な美しさがあって、こういう薄幸の役にはなかなかハマっている印象。そして『西部悪人伝』(1970)など数々のマカロニウエスタンで名演を見せていたウィリアム・バーガーが本作では悪魔崇拝者のセクハラ神父を演じています。何やってるのあなた、という感じもするのですが、『十字架の長い列』(1969)でも聖職者を演じていたように、宗教家が似合うんですよね、彼。

修道院長役のアナ・ザナティはポルトガルの女優さんのようです。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ