今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

Genre:History

葉偉信(2010)『イップ・マン 葉問』

葉問2
製作国:香港
上映時間:109分
監督:葉偉信
出演:甄子丹/洪金寶/黄暁明/樊少皇/熊黛林

さきほどご紹介した『イップ・マン 序章』(2008)に引き続き、続編の『イップ・マン 葉問』をご紹介します。日本では本作が先に劇場公開されましたが、前作が対日本だったのに比べ、本作は対西洋と、おなじ東洋人である日本人には感情移入しやすい作品になっています。監督は前作同様に葉偉信。

 伝説の映画スター、ブルース・リーにとっての唯一の師匠として知られる中国武術“詠春拳”の達人、イップ・マン(葉問)の壮絶人生を、「HERO」「セブンソード」のドニー・イェン主演で映画化した本格カンフー・ムービー。日中戦争時代を中心に描いた第1作に続き、本作では第二次大戦後の香港を舞台に、ライバルとの間に芽生える熱き絆と中国武術の誇りを懸けた決死の闘いの行方を、リアルかつ迫力のカンフー・アクション満載で描き出す。共演にサモ・ハン・キンポー。監督は「SPL/狼よ静かに死ね」のウィルソン・イップ。
 1950年、イギリスが統治する香港。家族と共に広東省佛山より移住してきた詠春拳の達人、イップ・マン。さっそく詠春拳の武館を開いた彼のもとに、血気にはやる若者ウォンが弟子入りする。そんなイップに、香港武術界を仕切る洪拳の師範ホンは武館開設のための掟を告げる。それは、他流派の師範たちの挑戦を受けるというもの。そしてイップは立ちはだかる挑戦者たちを次々と退け、ついにホンとの一騎打ちを迎えるが…。

Allcinema Onlineに書かれている解説は前半のみ。映画として盛り上がるのは、洪金寶演じる洪震南が中国武術を守るため西洋人ボクサー・ツイスター(ダーレン・シャラヴィ)と戦い、持病もあって敗れ、そのまま死んでしまい、葉問(甄子丹)が彼の復仇のため、そして中国武術界の誇りを守るためにツイスターと戦うクライマックスです。

前作に比べるとストーリーに意外性や新規性はないものの、仇討という物語はやはり単純に盛り上がります。また、前作では武術指導のみだった洪金寶が出演し、重厚な演技を見せてくれるのも楽しさのひとつ。前作では葉問と対立した金山找(樊少皇)が、本作では葉問側の人間として登場するのも、前作から続けて見ている人には嬉しい点です。

あと、本作のクライマックスでラジオの実況者役で出てきた俳優さん、同じ監督の『開心魔法』(2011)にも、十種競技で優勝したい御曹司役で出ててましたね。

葉偉信(2008)『イップ・マン 序章』

葉問
製作国:香港
上映時間:106分
監督:葉偉信
出演:甄子丹/任達華/池内博之/林家棟/熊黛林

詠春拳中興を担った達人として知られる葉問の仏山時代(すなわち日中戦争前から日中戦争期にかけて)の活躍を描いた伝記工夫映画。監督は先日『開心魔法』(2011)をご紹介した葉偉信。あの映画とこの映画の監督が同じというのは少々驚きなのですが、本作のプロデューサーはあの黄百鳴なので、そこからの繋がりなんでしょうね。タイトル・ロールを演じるのは本格派武打星の甄子丹。

 伝説の映画スター、ブルース・リーにとっての唯一の師匠として知られる中国武術“詠春拳”の達人、イップ・マン(葉問)の壮絶人生を、「HERO」「セブンソード」のドニー・イェン主演で映画化した本格カンフー・ムービー。その第1作。日中戦争を背景に、中国人と中国武術の誇りを懸けた決死の闘いを描く。監督は「SPL/狼よ静かに死ね」のウィルソン・イップ。
 1930年代の中国広東省佛山。家族と共に平穏な日々を送る詠春拳の達人、イップ・マン。その実力と人格で人々の尊敬を集める一方、彼を倒して名を挙げようとする武術家たちも多く、心ならずも手合わせをしては、いずれも一ひねりにしてしまうのだった。ところが折しも日中戦争が勃発、佛山を占領した日本軍によって家屋を奪われ、窮乏を強いられる。やがて空手の名手でもある日本軍将校・三浦がイップ・マンの実力に目を付け、日本兵たちに中国武術を教えるよう迫るのだが…。

日本統治前の時代がいかにも理想化された形で描かれるのは、日本でも(今日BSで放送される)『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005)のように「ひと昔前は理想化される」という同じ典型なんでしょうかね。一方、日本統治時代との落差を描くという意味ではわかりやすい演出です。

武打星としては折り紙つきの実力はながら、日本では香港映画ファン以外にはいまいち知名度が低い印象があった甄子丹ですが、本シリーズの2作目(『イップ・マン 葉問』(2010)、日本ではこちらが先に公開されました)と本作で一気に知名度を上げた印象があります。演技自体は控えめなのですが、しっかりした武術の素養があり、ワイヤーアクション(少々使ってはいましたが)や早回しに頼らないアクション・シーンは非常に見応えがあります。演技も下手という訳ではなく、目の使い方で演技に説得力を持たせています。

一方、悪役であるところの占領軍将校・三浦を演じる池内博之も貫禄たっぷり。威厳のある悪役を説得力を持って演じています。ひと昔前の中国映画ではありがちな「典型的日本の悪役」ではなく、自己愛が強いながらもそれなりに筋の通ったキャラクターであり、彼の魅力が映画を引き締まったものにしていました。クライマックスの武術対決では、もう少し頑張って欲しかったですが。

武術では無敵ながらも、時代に押し流されようとする葉問の姿を上手く描いており、続編が作成されるのも当然という感じの素敵な映画でした。

サイモン・カーティス(2011)『マリリン 7日間の恋』

MY WEEK WITH MARILYN
製作国:イギリス/アメリカ
上映時間:100分
監督:サイモン・カーティス
出演:ミシェル・ウィリアムズ/エディ・レッドメイン/ケネス・ブラナー/エマ・ワトソン

マリリン・モンローを描いた映画といえば『ノーマ・ジーンとマリリン』(1996)が思い浮かびます。アカデミー賞の話題で本作でマリリンを演じたミシェル・ウィリアムズが主演女優賞候補になったと聞いて、相変わらずアメリカ人はマリリン・モンローが好きだなぁと思っていました。が、本作の背景となっているのがマリリンがイギリスに渡り、ローレンス・オリヴィエと共演した『王子と踊子』(1957)制作の舞台裏と聞いて、少々興味を持っていたところ、内幕ものとしての出来もなかなか良いと聞き、見てみることにしました。

 1956年、ハリウッドのスーパースター、マリリン・モンローは、単なるセックス・シンボルから演技派への脱皮を図るべくイギリスへと渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画「王子と踊り子」に出演した。本作は、当時駆け出しの助監督だった青年コリン・クラークが、これまで秘密にしてきた撮影の舞台裏を綴った2冊の回顧録を基に、ナーバスなモンローの世話役となったコリンが目の当たりにするモンローの実像と、次第に距離を縮めていく2人の儚いロマンスの行方を描き出す。主演は、本作の演技で数々の映画賞に輝いた「ブロークバック・マウンテン」「ブルーバレンタイン」のミシェル・ウィリアムズ、共演にケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、エマ・ワトソン、ジュディ・デンチ。監督はTV、舞台を中心に活躍し、本作で長編映画デビューを飾ったサイモン・カーティス。
 1956年、マリリン・モンローは、ローレンス・オリヴィエ監督・主演作「王子と踊り子」の撮影のためロンドンに降り立つ。演技派への飛躍を胸に、本作に並々ならぬ意欲を見せていたマリリンだったが、彼女の学んでいた演技法はオリヴィエによって否定されてしまい、様々なプレッシャーから遅刻も常習化していく。おまけに、結婚したばかりの夫アーサー・ミラーは、情緒不安定なマリリンを持て余し、さっさと帰国してしまう。そんな中、撮影がはかどらず苛立つオリヴィエからマリリンの見張り役を命じられる第3助監督のコリン・クラークだったが…。

結果から言うと、『ローマの休日』(1953)式のラヴロマンスものとしても、映画制作の内幕ものとしても、少々淡白ながらも、なかなか無駄のない構成にまとまっており、非常に楽しく見ることが出来ました。映画前半では不安定で自分勝手なマリリン(ミシェル・ウィリアムズ)という外側の描写が多いですが、コリン(エディ・レッドメイン)とマリリンの距離が近づくにつれ、彼女の人間としての葛藤が描かれ、それだけにカメラの前ではパーフェクトに振舞おうとする彼女の強い一面が立ち現れるような構成になっています。そう考えると、やはり少々演出は淡白かも。

マリリンを演じたミシェル・ウィリアムズには、少々細身で、映画冒頭ではあまりマリリン・モンローには似ていないという印象を受けたのですが、私生活面での不安定なマリリンを演じるには、彼女くらいのスタイルが意外と似あっており、だんだんとマリリン・モンローらしく見えてくるところは、さすが。

また、ローレンス・オリヴィエ役にはオリヴィエの再来とも呼ばれる名優ケネス・ブラナーがキャスティングされており、重厚ながら非常にチャーミングな演技を見せてくれています。

スティーヴン・スピルバーグ(2011)『戦火の馬』

WAR HORSE
製作国:アメリカ
上映時間:146分
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ジェレミー・アーヴァイン/ピーター・ミュラン/エミリー・ワトソン/ニエル・アレストリュプ

スティーヴン・スピルバーグ監督の(現在のところ)監督最新作。アメリカではやはり自身が監督したアニメ『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』(2011)とほぼ同時期に公開されたらしく、器用なんだか何なんだか。恐ろしい監督です。

 巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が第一次大戦を舞台に、軍に徴用され最前線に送られた一頭の馬とその飼い主の青年との友情と奇跡の物語を美しい映像とともに描いた感動ドラマ。マイケル・モーパーゴの同名児童文学を映画化。主演はこれがスクリーン・デビューのジェレミー・アーヴァイン、共演にエミリー・ワトソン 、デヴィッド・シューリス、 ベネディクト・カンバーバッチ。
 第一次大戦前夜のイギリス。農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。その仔馬は貧しい農夫テッドによって競り落とされ、少年アルバートの家にやってくる。そしてジョーイと名付けられた仔馬は、アルバートの愛情を一身に受けて、賢く気高い名馬へと成長していく。しかし戦争が始まると、アルバートが知らないうちにイギリス軍へ売られてしまうジョーイ。やがて、ニコルズ大尉の馬としてフランスの前線へと送られたジョーイは、ついにドイツ軍との決戦の時を迎えたのだったが…。

まず、この映画の主人公は馬です。ドリームワークス製作で主人公が馬だというと、アニメ映画『スピリット』(2002)を連想しますが、重い機関車を沢山の馬が曳くシーンが出てきたあの映画のように、本作でも馬のジョーイが重たい大砲を曳くシーンが出てきます。しかし、あのシーン、大砲を曳いた馬はほぼ潰れるという事前情報を観客に提供しておき、士官にジョーイを呼ばせる、観客はジョーイが引っ張るのかと思ってハッとします。しかし、実は士官はジョーイではなく隣の親友である馬・ブラックホーンを呼んでいたことが明かされます。ここで観客はホッとするわけです。しかし、ブラックホーンは大砲を曳けるようなコンディションではなく、ジョーイは自ら大砲を曳くという男気を見せる……というこのシークエンス。観客の心理をうまく弄んでくれて、さすが老練の手腕です。

いきなり中盤の話になってしまいましたが、まずオープニングでイングランド南西部・デヴォンの広々とした風景が映し出されます。これが遠景まで非常に美しく撮影されています。この風景だけでも一見の価値があります。

映画はジョーイが戦場を彷徨い、英国軍士官、独軍脱走兵、仏人の少女と祖父、様々な人と出会い、そしてジョーイを追って戦場に志願したアルバート(ジェレミー・アーヴァイン)と再会するまでが描かれます。アルバートの父・テッド(ピーター・ミュラン)がジョーイを競り落とすオープニングから、再びジョーイが競りに掛けられるクライマックスまで、映画として非常に美しくまとまっています。それこそ出来過ぎなくらいに。

また、『プライベート・ライアン』(1988)では正直ゴア趣味に寄っているのでは、というくらいに戦場描写に力を入れていたスピルバーグでしたが、本作では見せるべき死のシーンと、暗示させるべき死のシーンをしっかりと切り分けており、中盤の激戦もしっかりと映画の中にとけ込んでいます。正直『プライベート・ライアン』は序盤の上陸シーンだけ浮いている感がありましたけれど。特に、ニコルズ大尉(トム・ヒドルストン)の死を、その直前の彼の表情と、だれも乗せずに独陣地に突入するジョーイという映像で表現したシーンはその白眉でしょう。

オープニングとクライマックスのデヴォンの美しい風景の間に、第一次世界大戦の過酷な映像が挟まれるわけなのですが(第一次世界大戦の描写自体も、じょじょに近代兵器が登場する様をしっかりと描いています)、途中で挟まれる病弱なフランス人少女・エミリー(セリーヌ・バッケンズ)と祖父(ニエル・アレストリュプ)のエピソードはほっと一息つける貴重なシークエンス。また、クライマックスに絡んでくる重要なシーンでもあります。

正直、きれいにまとまりすぎている感も少々あるのですが、映画として非常に魅力的な映画でした。ただ、なんで英国軍も独軍も仏人もみんな英語しゃべってるんだろう……。いや、アメリカの観客は字幕苦手っていう話は聞きますがね。やっぱりそれぞれの国の言語で喋ってくれたほうが、臨場感はあった気がします。

スティーヴン・M・マーティン(1993)『テルミン』

THEREMIN
製作国:アメリカ
上映時間:83分
監督:スティーヴン・M・マーティン
出演:レオン・テルミン/クララ・ロックモア

電子楽器の祖とも言えるテルミンを発明したレオン・テルミン博士の生涯を追ったドキュメンタリー。また、テルミンを紹介した映画でもあります。

 ロシアの天才科学者レフ・セルゲイヴィッチ・テルミンによって1920年に発明された奇妙な楽器“テルミン”。この世界初の電子楽器は、演奏者が空間で手を動かすだけで本体に触れることなく音を出す。当時、ロシアの人々からは、その奇抜な演奏形態と同様、かつて耳にしたことのない不思議な調べに、“未来から来た楽器”と驚嘆をもって迎えられた。やがて、テルミンはハリウッド映画やメジャー音楽の世界でも幅広く使われるまでになる。本作は、そんな“テルミン”の発明者であるだけでなく、ロシアという国家において諜報活動などに従事するなど別の顔を持つテルミン博士が歩んできたその数奇な運命をたどる。

日本公開時の宣伝で、テルミン博士を捜索する話、みたいな紹介を読んだ記憶があり、KGBに拉致されてから行方不明になっているテルミン博士を探す話なのかと思って観はじめたのですが、そんなことはなく、既にテルミン博士は見つかっていました。ただし、ソ連邦期の一時期は西側諸国にはその消息は伝えられず、死亡説も出ていたようです。

物語はテルミン博士のアメリカ時代から始まり、著名なテルミン奏者であり、博士の弟子でもあったクララ・ロックモアを中心として、様々な人物の証言により、テルミン博士の人となりや、テルミンそのものについて語られます。

後半はテルミン博士へのインタビューと、彼の久々のアメリカ訪問、そしてクララとの再会が描かれています。演出自体は淡々としているのですが、テルミン博士の生涯自体が非常にドラマチックなため、見ていてとても興味深い。

また、ムーグ・シンセサイザー生みの親である、ムーグ博士にもインタビューをしているため、電子楽器に興味のある人なら必見です。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ