今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

Genre:Fantasy

マリオ・バーヴァ(1967)『黄金の眼』

Diabolik
製作国:イタリア/フランス
上映時間:99分
監督:マリオ・バーヴァ
出演:ジョン・フィリップ・ロー/マリーザ・メル/ミシェル・ピッコリ/アドルフォ・チェリ

日本では『血ぬられた墓標』(1960)や『血みどろの入江』(1970)などのホラー、スプラッターで有名なマリオ・バーヴァが監督したピカレスク・ロマン。息子のランベルト・バーヴァも助監督としてクレジットされています。マリオ・バーヴァという人のフィルモグラフィーを見てみると、実はホラー意外にもSFやら史劇やら西部劇やら、非常に多くのジャンルに渡って映画を撮っているのですが、日本ではホラー以外の作品があまりソフト化されていません。本作も今回はイギリスで発売されたDVDで見ました。

 怪盗ディアボリックが活躍するアクション活劇。司法当局を向こうにまわし、鮮やかな手口で盗みまくる。イタリアの人気コミックの映画化。オリジナル105分。

映画冒頭、怪盗ディアボリック(ジョン・フィリップ・ロー)は輸送中の大金をまんまと盗み出します。その大金を使うでもなく、(あの、雑誌の裏表紙とかによくある広告みたいに)ベッドに敷き詰めてパートナーであり恋人でもあるエヴァ(マリーザ・メル)とお楽しみ、というそういう奇想天外な展開をさらっとやるのがバーヴァであり、また、コミックの映画化ならではの表現。

その後も、イギリス高官夫人のエメラルドのネックレスをエヴァの誕生日プレゼントのために盗み出すわ、アドルフォ・チェリ演じる組織のボス・ラルフに攫われたエヴァを救い出すために、彼もろともスカイダイビングするわ、ジンコ警部(ミシェル・ピッコリ)に捕まりそうになると、エメラルドを銃弾に込めてラルフの土手っ腹にぶっ放すわ、チベットの秘薬で仮死状態になり、まんまと警察のモルグから脱出するわとやりたい放題。最後の最後には20トンの金塊を盗み出し、それがもとでアジトをジンコ警部率いる警察隊に踏み込まれます。そして、金を溶かしていた装置が破裂、ディアボリックは、まるで『情無用のジャンゴ』(1966)のあの人みたいに、全身にどろどろに溶けた金をかぶってしまいますが……

と、全編にわたってさすがコミックが元となっているという感じの少々荒唐無稽な展開。まぁ、見ているほうはそういう映画だと分かって見ているわけで、ディアボリックが警官隊の裏を欠くさまをワクワク見ていることになります。

さすがにバーヴァは卒のない演出で画面をだらけさせません。また、ナイトクラブのシーンの照明や色彩の使い方にはバーヴァらしさを見て取ることができます。その他にも、ラルフがエヴァの似顔絵を描かせるシーンなどにもサイケでポップな画作りを見ることができます。

主演のジョン・フィリップ・ローはマカロニウエスタン『新・夕陽のガンマン/復讐の旅』(1967)ではリー・ヴァン・クリーフと共演していた俳優。あまり器用なタイプではありませんが、ハンサムで目力があり、基本的にいつも余裕そうな顔をしていればいいディアボリックはなかなかのはまり役と言えます。フランス出身のミシェル・ピッコリはブリジット・バルドーと共演した『軽蔑』(1963)あたりが有名ですが、本作では『軽蔑』と比べるとかなり老けたメイクで、ベテランの警部を演じています。アドルフォ・チェリは何と言っても『007/サンダーボール作戦』(1965)が有名でしょう。

そんな感じで意外と豪華な出演者がそろったなかなかの快作です。一言で言うならば、不二子ちゃんがルパンにべた惚れな、イタリア版ルパン三世って感じですかね。やってることは本家よりちょっとハードな気もしますが。いや、そんなこともないかな。

フレッド・F・シアーズ(1956)『世紀の謎・空飛ぶ円盤地球を襲撃す』

Earth vs. the Flying Saucers
製作国:アメリカ
上映時間:83分
監督:フレッド・F・シアーズ
出演:ヒュー・マーロウ/ジョーン・テイラー/ドナルド・カーティス/モリス・アンクラム

日本では西部劇映画の監督しても知られるフレッド・F・シアーズが監督したSF映画。UFOなどの特撮は『原子怪獣現わる』(1953)で一躍その名を知られるようになった巨匠レイ・ハリーハウゼン。主演のヒュー・マーロウは『地球の静止する日』(1951)にも出演しています。

 宇宙からの侵略者によって、人工衛星を搭載したロケットが撃墜された。科学者マーヴィン博士と妻のキャロルの前に現れたエイリアンは、地球の無条件降伏を要求するが……。レイ・ハリーハウゼンの特撮が見どころのSF映画。

当時のSF映画らしく、筋立てはシンプルであっさりしています。アメリカ(つまるところ世界)の宇宙開発の責任者であるマーヴィン博士(ヒュー・マーロウ)の元に宇宙人が現れ、研究所を壊滅させたあと、無条件降伏を迫ります。宇宙人の物証がないため、はじめは上層部に発言を採用されないマーヴィン博士でしたが、やがて宇宙人からの最後通告が来るに至り、協力して新兵器を開発、宇宙人との決戦に挑む……というもの。

この映画の大きな見所は2つ。ひとつはマーヴィン博士の妻キャロルを演じるジョーン・テイラーの美しさ。彼女は『荒野の待伏せ』(1955)など西部劇にも多く出演しているようです。もう一つは何と言ってもレイ・ハリーハウゼンの特撮。UFOが回転しながら移動するシーンなど、気の遠くなるような手間が掛けられています。CGもない時代にこの質感は本当にすごい。

また、クライマックスのアメリカ軍(つまるところ地球)対宇宙人の攻防戦もなかなか面白い。全世界に散らばっていたはずのUFOがいつの間にかワシントンに集結しているのはご愛嬌。国会議事堂やホワイトハウスにがんがん降ってくるUFOはなかなか迫力があり、面白い。ワシントンの観光名所を把握していたら、もっと楽しめたかもしれません。

程小東(1987)『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』

倩女幽魂
製作国:香港
上映時間:93分
監督:程小東
出演:張國榮/王祖賢/午馬/劉兆銘

多くの香港映画でアクション監督を務めた程小東の代表的な監督作にして、ヒロインの小倩を演じた王祖賢の出世作にして、不世出のスター・張國榮の代表作の一本にして、80年代香港映画を代表する作品のひとつでもある、何かこう並べてみるとすごい映画です。ぼくは本作を中学生の頃見たときに非常に衝撃を受け、この作品がぼくが香港映画好きになったきっかけのひとつでもあります。今まで徐克監督作とばかり思っていたのですが、彼は本作ではプロデューサーに専念しているんですね。

 台湾出身の美人女優ジョイ・ウォンを一気にメジャーに押し上げた「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」の第一作目。監督としての実績はもとより、製作者としても敏腕ぶりを発揮するツイ・ハークがTV分野で活躍していたチン・シウトンを監督に抜擢、旅の青年と美しい女幽霊との愛の姿を、コミカル、アクション、官能など様々な要素を盛り込み描きあげる。
 自らの道を極めるべく旅を続ける青年ニンは、その途中、古ぼけた寺で夜を過ごしていると一人の妖艶な美女と出会い瞬く間に恋に落ちる。が、その背後には彼女を利用して人間を襲う妖怪の一味が控えており、その脅威はニンにも襲いかかる……。電影工作室の十八番技ともいえるワイヤー・ワークを使い、たなびく白い衣をまとったジョイ・ウォンが闇の中を自由に飛び回る描写はただひたすらに美しく印象的。香港映画界の新しい方向性を打ち出した。

本作は実は1959年の香港映画『真説チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(李翰祥監督)のリメイクなのですが、日本はもとより香港を始めとする中華圏でも本作のほうが圧倒的知名度を誇っています。また、2011年にはお馴染み葉偉信監督によって『倩女幽魂』としてリメイクされています(日本未公開・未ソフト化。ちなみに3作とも原題は同一)。

しかし、10年以上ぶりに見てみたらすごい映画でした。聊斎志異の1エピソードを映画化しているのですが、前半のラブロマンスから後半の異次元アクションものへ雪崩れ込むパワーというか、勢いがこれぞ80年代香港映画という印象です。ストーリー自体は荒唐無稽なのですが、映画内では大きく破綻しておらず、またアクションと特撮の勢いで見せきってしまう手腕はさすがというところ。

そして、ストーリーもさることながら、本作を魅力的にしているのは、やはり小倩を演じた王祖賢の美しさと、どこか抜けていながらも善人である寧采臣を演じた張國榮の可愛らしさでしょう(本作の張國榮は格好良いというより、可愛らしいといったほうが的確な気がします)。また、脇を固める燕道士を演じる午馬もさすが。ふだんはもっと飄々とした役柄が多いですが、こういった役も演じられる人だとは驚きでした(以前見たときには午馬だと気付かなかった)。

葉偉信(2011)『開心魔法』

MAGIC TO WIN
製作国:香港/中国
上映時間:100分
監督:葉偉信
出演:呉尊/黄百鳴/呉千語/呉京/閆妮/古天樂

1980年代から90年代初頭にかけての香港コメディ映画界で活躍し、近年では『イップ・マン 葉問』(2010)などの製作も務めている黄百鳴が製作・出演したコメディ・SF映画。監督は『イップ・マン 葉問』でも監督を務めていた葉偉信。

水の魔法使いで大学教授でもある康森貴(黄百鳴)はある雨の夜、教え子の程美斯(呉千語)と衝突してしまい、その衝撃で彼の魔法は程美斯に移転してしまいます。時を同じくして木の魔法使いであり、作家でもある古新月(古天樂)のところに火の魔法使いである畢野武(呉京)が現れます。魔法対決の末古新月を封じ込めた畢野武は、続いて土の魔法使いであり植物学者である凌楓(呉尊)を狙います。

魔法対決の末、やはり破れてしまった凌楓でしたが、古新月に貰っていた魔法の石のお陰で、精神だけは抜け出すことに成功します。しかし、精神だけの彼の姿は同じ魔法使いにしか見えません。彼はひょんなことから程美斯と出会い、協力を要請するのでした。一方、金の魔法使いであり手品師である査理(松明)をも封じ込めた畢野武は、最後の魔法使いである康森貴を狙います。彼は、5人の魔法使いの力を結集することにより、過去に戻ろうとしていたのでした……というお話。

黄百鳴が主演・製作していることからもわかるように(とは言え、最近はシリアスものも製作していますが)、本作は軽いタッチでコメディ色の強い作品です。しかし、魔法対決のCGやアクションは結構凝っており、あまり泥臭さを感じさせない、ファンタジー色の強い作品に仕上がっていました。

また、本作は黄百鳴が主演した『ハッピー・キョンシー/女子高生てんこもり』(1984)(原題は『開心鬼』)のセルフ・パロディ的な要素も非常に強い作品です。特に程美斯が友人たちと組んで落ちこぼれの体操選手を十種競技で勝たせようとするシーンは、「ハッピー・キョンシー」の同様のシーンを現在のCGでリメイクしたかのような印象さえありました。

クライマックスも春節映画のような全方面的ハッピー・エンドで、まぁ、薄っぺらいと言えば否定は出来ませんが、肩の力を抜いて見られる映画です。

しかし、黄百鳴を久しぶりに見ましたが、結構いい感じに胡散臭いおっちゃん(褒めている)になっていて驚きました。若いころはひょろっとしていた印象だったのですが。谷徳昭も、程美斯が所属するバレーボール・チームのライバルチームのコーチ役で出てくるのですが、何だか最近こうゆう役ばかり見ている気がします。

ジョルジュ・メリエス(1902)『月世界旅行』

LE VOYAGE DANS LA LUNE
製作国:フランス
上映時間:16分
監督:ジョルジュ・メリエス
出演:ジョルジュ・メリエス/ブリュエット・ベルノン/ジュアンヌ・ダルシー

劇映画の祖と言われるフランスのジョルジュ・メリエス監督の言わずと知れた代表作。本作を始めとするメリエスの監督作はすべて著作物保護期間を過ぎており、YouTubeなどの動画サイトで見ることができます。ぼくが見たのもYouTubeにあるこちらのヴァージョン (Le Voyage Dans la Lune - YouTube) でした。

 幾つかの、映画の“始まりの中の始まり”の代表作。大砲で撃ち出されたロケットは、顔が描かれた月の目玉に命中。月には原住民がいて、戦闘の後、探検隊はあっけなく囚われるが、やがて脱出。地球の大海に落下(この場面のトリップ感は中々のもの)するも、無事に帰国し群衆の大歓迎を受ける。スラップスティックな面白さに充ちた、このごく短い作品に、映画の未来がぎっしり詰まっている。史上初めての劇的構成を持った映画と言われる、魔術師メリエスの予言的傑作。

劇映画とは言え、基本的には舞台を正面から撮影しているという体裁の映画。それでも本作は観客を楽しませようという純粋な見世物としてのエンターテインメントの楽しさに満ち満ちています。有名な、砲弾型ロケットが突き刺さり、お月さまが顰め面をするシーンをはじめ、博士が突き刺した傘が巨大なキノコに変わったり、月世界人を傘で叩くと煙と共に消え失せたり……。

最後にロケットが海に落ちてくるシーン。本物の魚が泳ぎ回っているのですが、ここの撮影トリックはスコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』(2011)で再現されていました。

いまから見ると他愛のないトリック撮影なのですが、当時の新鮮な驚きが画面の中に封じ込められているようで、また何より非常に可愛らしく、楽しんで見ることができます。100年以上も昔の映画が今尚輝きを失わない、というのは、考えてみると本当に凄いことです。

ぼくが見たバージョンには、あとから付け足された音楽と、投稿者なのでしょうか、非常にフランス語なまりの強い英語ナレーションが入っていました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ