今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

Genre:Drama

野村孝(1967)『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

製作国:日本
上映時間:84分
監督:野村孝
出演:宍戸錠/小林千登勢/ジェリー藤尾/嵐寛寿郎

野村孝監督、宍戸錠主演の日活アクション。長らくDVDソフト化されず、なかなか見ることができなかったのですが、日活100周年を記念した日活GREAT SERIESでついにDVD化されました。

殺し屋の上村(宍戸錠)は大田原組から依頼され、島津組組長(嵐寛寿郎)の暗殺を請け負う。相棒の塩崎(ジェリー藤尾)と共に首尾よく組長の狙撃に成功した上村でしたが、空港から脱出する直前、島津組に捕われてしまいます。塩崎が車に施しておいた改造のおかげで脱出した2人は、大田原の秘書・金子(本郷淳)の指示で津川組組長(内田朝雄)の息のかかったモーテル・渚館に逃げ込みます。

脱出する機会を伺っていた2人は、渚館のウェイトレスである美奈(小林千登勢)と知り合い、彼女が育ったダルマ船を利用した脱出を思いつきます。しかしそのころ、津川の斡旋で大田原組と島津組は手打ち。邪魔になった上村と塩崎を協力して消そうとするのでした。上村と美奈がダルマ船の船長(山田禅二)に脱出の手助けを依頼しに行っている間に島津組幹部・千崎(江角英明)が渚館を襲撃。塩崎を誘拐し、上村を脅します。塩崎の解放を条件に、上村はたった一人で敵の待つ、埋め立て地へと赴くのでした……というお話。

おそらくそこまでの予算は掛かっていない映画だと思われます(その割に車は派手に破壊したりしていますが)。映像も60年代後半という時期にも関わらず白黒です。しかし、このモノトーンの落ち着いた映像が、宍戸錠の醸し出す殺しのプロフェッショナルの落ち着いた風情にマッチしてなかなか趣があります。

映画としては、前半と終盤の宍戸の殺しのプロフェッショナルぶりを見せるシークエンスと、中盤の、小林千登勢の辛い生い立ち、そして宍戸と小林千登勢の不器用な交流を描くシークエンスに大きく別れます。音楽も、前半と終盤はマカロニウエスタンを思わせるハイテンポで勇壮な音楽が、中盤では哀調を帯びた音楽が使われています。ジェリー藤尾の歌う挿入歌も哀調を帯びて聞かせます。

そして、何と言ってもクライマックスの決闘シーン。たった1人で組員たちに立ち向かう宍戸の姿は非常に西部劇的でリリシズムに溢れています。ただ、組員の人数がちょっと少なかったり、組長たちは秘密兵器の防弾カーに頼り切りだったりと、少々物足りない部分があったのも確かです。

内田吐夢(1939)『土』

製作国:日本
上映時間:117分
監督:内田吐夢
出演:小杉勇/風見章子/ドングリ坊や/山本嘉一

先日『限りなき前進』(1937)を紹介した内田吐夢監督の戦前の代表作のひとつ。主演も『限りなき前進』と同じく小杉勇が務めています。本作も完全なバージョン(142分)は残されておらず、今回フィルムセンターで上映されたのは、1968年に東独で発見された93分の短縮版と、1999年にロシアで発見された115分の不完全版を元に、修復が行われた117分の「最長版」。残念なことに、ラストシーンのフィルムはまるまる失われてしまっています。

 長塚節の代表作である同名長編小説を、八木隆一郎と北村勉が脚色し、内田吐夢がメガホンをとった。農村に生きる人々を徹底したリアリズムで描き、内田作品の中でも最高傑作と称される。しかし戦災により内容が欠落しており、現在見ることができるのはドイツで見つかった93分版と、ロシアで発見された115分版のみとされている。
 明治時代。父親が作った多額の借金のため、勘次は娘のおつぎと息子の与吉とともに貧しい生活を送っていた。父親の卯平とは借金が原因で折り合いが悪く、一緒に暮らしていた卯平は、ひとり納屋で暮らすことに。おつぎは亡くなった母親の代わりに農作業を手伝い、勘次にも卯平にも優しく接していた。ところがある日、卯平と与吉が囲炉裏に火をつけようとして、家が炎に包まれてしまう。

非常にリアリズムに徹した描写で、貧しい小作農の生活が描かれます。上の解説では「父親の卯平」となっていますが、実際には「妻の父親の卯平」という非常に距離の取りづらい関係。勘次も悪い人間ではないのですが、精神的にあまり強くなく、無愛想なため、なかなか家族関係がうまく行きません。

中盤までは貧しい農村の生活描写が基本的に淡々と描写されます。田畑を耕し、苗を植え、旱魃には雨乞いをし、村の婚礼があり、刈り入れ、地主への年貢の支払いなどの描写が丁寧に描かれます。登場人物たちの訛りも非常に強いため、はじめは少々聞き取りづらいのですが、この丁寧な描写を観ているうちに、彼らに非常に親近感が沸いてきます。そこから火事、卯平の失踪というショッキングな出来事が畳み掛けるように繰り広げられるので、かなり緊迫感のあるストーリーに仕上がっています。

東独で発見された版もロシアで発見された版もドイツ語字幕入りのフィルムだったらしく、タイトル、キャストもドイツ語で紹介され、台詞にもすべてドイツ語で字幕が入っていました。雨乞いや結婚の風俗など、ドイツでは馴染みが薄いと思われるシーンにも、いちいちドイツ語のインタータイトルが入っているのは興味深かったです。

内田吐夢(1937)『限りなき前進』

製作国:日本
上映時間:78分
監督:内田吐夢
出演:小杉勇/滝花久子/轟夕起子/片山明彦

当時松竹に所属していた小津安二郎が脚本を書き、それを日活の内田吐夢が監督をしたという、所属会社の枠を越えて製作された作品。Allcinema Onlineによると、元々は99分あった作品のようなのですが、戦後、内田吐夢監督が中国に抑留されている間に、悲劇的な結末が改変されてしまい、ハッピーエンド版が作られてしまったようです。現存するのは、ハッピーエンド版に残されていたフィルムを、内田吐夢監督が元々の映画の意図に合わせて再編集し、足りない部分は字幕で補った版となっています。

 小津安二郎の原作「愉しき哉保吉君」を、八木保太郎が脚色し内田吐夢が監督した。小津は当初この作品を喜劇として撮ろうとしたが、内田は深刻かつ不条理にとらえた。作品は内田の抑留中に改変され、本人が帰国後に手を入れた改編版のみが残っているという。
 52歳のサラリーマン野々宮保吉は、建築中の新居が物価高騰のあおりを受けて工事が進まず、大工から追加の費用が必要と言われる。野々宮は65歳の定年までの出費計画を立てていたが、勤務先の定年が55歳に変更となってしまった。大量の酒を飲み倒れ込んだ野々宮は、自分が定年と無関係の部長に昇進し、新居が完成し、娘が無事に結婚する夢を見た。目を覚ました野々宮はいつもどおり出勤するが、部長の席に座り仕事を始めてしまう…。

前半、会社の定年制が発表されるまでの部分はほとんど残っていたらしく、無理矢理な編集の跡はみられません。しかし、その後のシーンはかなり失われてしまっているらしく、定年制の話を聞いた野々宮(小杉勇)がショックを受けて酒を浴びるように飲むシーン、夢から覚めた野々宮が重役室に出勤して執務をとりはじめてしまうシーン、気が狂ってしまった野々宮が娘たちに連れられて家に帰ろうとするシーンなどが、字幕による解説に差し替えられてしまっています。

前半で一男一女をもうけ、それなりに順当に暮らしてきた野々宮家の描写がされ、それが会社の定年制によって一気に壊されてしまう、という不条理劇となっているのですが、壊されたあとの気の狂ってしまった野々宮の描写がほとんどカットされてしまっている(ただし、部長昇進する夢のシーンはほぼ残っている)ため、映画としてはバランスが悪いものになってしまっているのが残念。

ストーリーや演出は非常に面白いものになっていたため、完全なフィルムがどこかに眠っていることを祈るばかりです。

内田吐夢(1936)『人生劇場』

製作国:日本
上映時間:49分
監督:内田吐夢
出演:小杉勇/山本礼三郎/吉田一子

尾崎士郎の「人生劇場」の青春編を内田吐夢監督が映画化した作品。フィルムセンターの「日活映画の100年 日本映画の100年」で鑑賞。上映時のタイトルは『人生劇場[無声版]』。118分あったはずの映画が49分の短縮版となっており、また内田吐夢監督発のトーキー映画だったにも関わらず、残念ながら無声版での上映でした。

辰巳屋の旦那・瓢太郎(小杉勇)は息子・瓢吉(飛田喜美雄)が立派な男になるよう、厳しく育てます。瓢吉が青年となり(青年以降は小杉勇二役)、大学進学を希望するころ、辰巳屋は傾きはじめていました。しかし、屋敷を抵当に入れ、瓢吉の大学進学を応援する瓢太郎。瓢吉は大学に進学するものの、学制改革に関係して退学となってしまいます。そして、借金取りに追われた瓢太郎は、瓢吉が男になってくれることを期待しながら、ピストル自殺を遂げるのでした……というお話。

というお話なのですが、本来118分もあったはずの映画が映画が半分以下の49分になっており、しかも無声映画化されてしまっているため、どうしてもダイジェスト版的な印象は否めません。それでも、小杉勇演じる瓢吉や、辰巳屋に忠実に仕える常(山本礼三郎)は確かに印象に残りました。

この短縮版では、父を愛し、自分の力を試そうとする息子と、その息子を信頼し、彼が立派になれば自分の身代などはどうなっても構わないという父の親子愛が印象的に描かれています。

ドゥッチオ・テッサリ(1965)『夕陽の用心棒』

Una pistola per Ringo
製作国:イタリア
上映時間:98分
監督:ドゥッチオ・テッサリ
出演:ジュリアーノ・ジェンマ/フェルナンド・サンチョ/ロレッラ・デ・ルーカ/アントニオ・カザス

サンダル史劇の時代にジュリアーノ・ジェンマと組んで『タイタンの逆襲』(1962)を作ったドゥッチオ・テッサリ監督が、再びジェンマをモンゴメリー・ウッド名義で起用して放ったマカロニウエスタン。ジェンマのマカロニウエスタン第一作でもあります。日本ではなぜか劇場未公開。面白い映画だし、ジェンマも出ているのに。謎です。

 「荒野の1ドル銀貨」で知られるウェスタン・ヒーロー、ジュリアーノ・ジェンマがモンゴメリー・ウッドのクレジットで出演。彼の出世作となった記念すべきマカロニ・ウェスタン。人質を取り農園に立てこもった銀行強盗たちに挑む早討ちガンマン、リンゴーの活躍を描く。

ジュリアーノ・ジェンマ演じるリンゴが、人質を取って立てこもる盗賊の親玉・サンチョ(フェルナンド・サンチョ)のアジトに保安官(ジョージ・マーティン)の依頼で潜り込みます。人質には保安官の許嫁であるルビー(ロレッラ・デ・ルーカ)も含まれていたのでした、という筋でリンゴの活躍が軽妙なタッチで描かれます。初期のマカロニウエスタンにしてはコミカルな描写が多めで、ジェンマのキャラクターに合った洒脱なマカロニウエスタンです。

本作で盗賊の親玉を演じていたサンチョについてですが、本作のサンチョのキャラクターはマカロニウエスタンにおいてサンチョが演じているキャラクターの典型的な一例(メキシコ人、粗野、単純、人はいい、残酷)となっており、サンチョがマカロニウエスタンにおいてどういう役割を果たしたのかは、本作を見ると一目瞭然になっています。また、サンチョのパートナーでありながら、人質であるブラウン(アントニオ・カザス)に惹かれてゆくドロレスを演じたニエヴェス・ナヴァロも印象に残ります。

本作の続編となるのが同じドゥッチオ・テッサリ監督の『続・荒野の1ドル銀貨』(1965)です。日本ではまるで『荒野の1ドル銀貨』(1965)の続編のようなタイトルが付けられてしまっているので非常にややこしい。ただまぁ、どちらにしろキャラクターが同一であるくらいの関連性しかないので、大した問題ではないのかもしれません。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ