今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

Genre:Crime

野村孝(1967)『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

製作国:日本
上映時間:84分
監督:野村孝
出演:宍戸錠/小林千登勢/ジェリー藤尾/嵐寛寿郎

野村孝監督、宍戸錠主演の日活アクション。長らくDVDソフト化されず、なかなか見ることができなかったのですが、日活100周年を記念した日活GREAT SERIESでついにDVD化されました。

殺し屋の上村(宍戸錠)は大田原組から依頼され、島津組組長(嵐寛寿郎)の暗殺を請け負う。相棒の塩崎(ジェリー藤尾)と共に首尾よく組長の狙撃に成功した上村でしたが、空港から脱出する直前、島津組に捕われてしまいます。塩崎が車に施しておいた改造のおかげで脱出した2人は、大田原の秘書・金子(本郷淳)の指示で津川組組長(内田朝雄)の息のかかったモーテル・渚館に逃げ込みます。

脱出する機会を伺っていた2人は、渚館のウェイトレスである美奈(小林千登勢)と知り合い、彼女が育ったダルマ船を利用した脱出を思いつきます。しかしそのころ、津川の斡旋で大田原組と島津組は手打ち。邪魔になった上村と塩崎を協力して消そうとするのでした。上村と美奈がダルマ船の船長(山田禅二)に脱出の手助けを依頼しに行っている間に島津組幹部・千崎(江角英明)が渚館を襲撃。塩崎を誘拐し、上村を脅します。塩崎の解放を条件に、上村はたった一人で敵の待つ、埋め立て地へと赴くのでした……というお話。

おそらくそこまでの予算は掛かっていない映画だと思われます(その割に車は派手に破壊したりしていますが)。映像も60年代後半という時期にも関わらず白黒です。しかし、このモノトーンの落ち着いた映像が、宍戸錠の醸し出す殺しのプロフェッショナルの落ち着いた風情にマッチしてなかなか趣があります。

映画としては、前半と終盤の宍戸の殺しのプロフェッショナルぶりを見せるシークエンスと、中盤の、小林千登勢の辛い生い立ち、そして宍戸と小林千登勢の不器用な交流を描くシークエンスに大きく別れます。音楽も、前半と終盤はマカロニウエスタンを思わせるハイテンポで勇壮な音楽が、中盤では哀調を帯びた音楽が使われています。ジェリー藤尾の歌う挿入歌も哀調を帯びて聞かせます。

そして、何と言ってもクライマックスの決闘シーン。たった1人で組員たちに立ち向かう宍戸の姿は非常に西部劇的でリリシズムに溢れています。ただ、組員の人数がちょっと少なかったり、組長たちは秘密兵器の防弾カーに頼り切りだったりと、少々物足りない部分があったのも確かです。

アダム・マッケイ(2010)『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』

The Other Guys
製作国:アメリカ
上映時間:110分
監督:アダム・マッケイ
出演:ウィル・フェレル/マーク・ウォールバーグ/スティーヴ・クーガン/エヴァ・メンデス

主にコメディを手がけ続けているアダム・マッケイ監督のポリス・コメディ。監督作が日本で劇場公開されたのって、意外にもこれが初めてなんですね。『俺たちニュースキャスター』(2004)など、ソフト化されている作品は何作かあるようです。主演はウィル・フェレルとマーク・ウォールバーグという少々地味ながら実力派のベテラン二人。

 「俺たちニュースキャスター」「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・フェレルと「ディパーテッド」「ザ・ファイター」のマーク・ウォールバーグという異色の顔合わせで贈る痛快アクション・コメディ。安全志向でデスクワーク好きの引きこもり刑事と熱血漢の空回り刑事の凸凹コンビが、ひょんなことから金融業界に巣くう巨悪に立ち向かっていく姿をコミカルに描く。共演はサミュエル・L・ジャクソンとドウェイン・ジョンソン。監督は「俺たちニュースキャスター」「俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-」のアダム・マッケイ。
 ニューヨーク市警のハイスミスとダンソンはド派手な逮捕劇で人々の注目を集めるヒーロー刑事。一方、そんな彼らの活躍に焦りを隠せないのが熱血刑事のテリー。しかし、危険な現場に出たがらず書類仕事ばかりしている相棒アレンのせいで、いつまでたってもその他大勢(アザー・ガイズ)のまま。ところがある日、ハイスミスとダンソンがあっけなく殉職してしまう。そんな中、ついに重い腰を上げたアレンが取りかかったのはビル建設の申請に関わる不正事件。銃撃戦など期待できない地味な事件にまるでテンションの上がらないテリーだったが…。

オープニング、サミュエル・L・ジャクソンとドウェイン・ジョンソンがいかにもハリウッド・バディ・ムービーのイケイケコップを熱演。街を破壊しながら犯人を追いつめるものの、逃げ出した犯人を追って二人して地上20階のビルの屋上からダイブ。当然死にます。

のこされたのはテリー(マーク・ウォールバーグ)とアレン(ウィル・フェレル)をはじめとするいまいちパッとしない奴ら。ハイスミスとダンソンの死で空いたヒーロー刑事の座を巡ってのドタバタ争いが繰り広げられます……

この金融不況に悪徳ディーラーと巨大企業という分かりやすい悪役を持ってきており、また、テリーのバレエやハープ(近所のゲイをいじめるために覚えた)だとか、一見真面目なアレンのポン引きでヒモという意外な過去など、一歩間違えると悪趣味になりそうなネタをこれでもかと突っ込みながらギリギリのところでカラッと流せるレベルに落ち着けているバランス感覚は見事。ただ、これ、人によってはたぶん不快だと思います。

てっきり低予算のアイディア映画だと思っていたのですが、後半のNYPDから大企業に雇われた犯罪組織からチェチェン独立派からナイジェリア・マフィアまで絡めた一連のカーチェイスからヘリ撃墜から何やらのシーンはしっかりと作られており、そういった点も見所たっぷり。更に現代の資本主義への風刺も入れつつ……と、少々盛り込みすぎて散漫になっている印象はあるものの、なかなか面白いアクション・コメディです。

セルジオ・ソリーマ(1966)『見知らぬ追跡者』

Agente 3S3, massacro al sole
製作国:イタリア
上映時間:92分
監督:セルジオ・ソリーマ
出演:ジョージ・アーディソン/フランク・ウォルフ/エヴィ・マランディ/フェルナンド・サンチョ

007シリーズのヒット後、雨後の竹の子のようにポコポコと製作された一連のスパイアクションもののうちのひとつ。CIAの3S3ことウォルター・ロス(ジョージ・アーディソン)を主人公にした3S3シリーズの第2作。第一作は同じくセルジオ・ソリーマ監督の『地獄のパスポート』(1965)で、こちらは日本でも劇場公開されたようです。また、本作、前作ともにソリーマはサイモン・スターリングという変名でクレジットされています。

本シリーズについては現時点では日本でソフト化はされていません。ぼくが手に入れたのはドイツで2004年にMAGIC VIDEOから出されたものなのですが、ドイツ語音声、字幕なしというソフトのため、ストーリーの細かな内容がまったく把握できていません。ですので、内容については誤りがあるかと思いますが、ご容赦ください。

マッドサイエンティストであるカールトン教授(エドゥアルド・ファヤルド)は有毒ガスを搭載した小型のミサイルを発明し、カリブ海の小さな島の独裁者として君臨しようとしていました。CIAのエージェントである3S3ことウォルター・ロスは、現地工作員であるメンドーサ(フランク・ウォルフ)と共に内偵を進めますが、実はメンドーサは既に殺され、彼になりかわっていたのはKGBのエージェント・テレスコフだったのでした。

一進一退の攻防を続けるロスとテレスコフでしたが、やがてカールトン教授の狙いが世界征服にあることが明らかになります。そこにイギリスのエージェント・メリッサ(エヴィ・マランディ)や島のレジスタンスたちも加わり、最終的には全員が協力してカールトン教授の野望を阻止すべく戦いを挑むのでした……というお話……だと思います。多分。

お色気あり、謀略ありのなかなか洒落たスパイアクションです。ただ、上にも書いたようにぼくはセリフが全く理解できていないので、残念ながら恐らく内容の半分ほどしか楽しめていません。そんな中でも印象に残ったシーンをいくつか上げておきましょう。

まず、序盤のロスが飛行機に乗って島に向かうシーン。何者かの妨害で飛行機の落とし穴(?)が開けられ、エージェントたちがポコポコと飛行機から落ちていきます。あとは旧市街の階段道でのカー・チェイスや、その後のドラム缶を使った戦い、まるで西部劇の登場人物のようなレジスタンスたちとそのアジト(マカロニウエスタンで使われていたセットを流用したような感じです)。

また、主人公のロスは空手を習得している、という設定が前作からあるらしく、本作でも手刀で相手の首筋を打ち付けたりといったアクションを見ることができます。あと棒術がやたらと登場しましたね。

本作にはマカロニウエスタンでも馴染みの面々が顔を出しています。その筆頭がフェルナンド・サンチョなのですが、本作では善人というか、傀儡の将軍のような役どころで、登場シーンも2シーンほど。シャワールームでお姉ちゃんに迫っているところを、あっさりと殺されてしまいます。一方のフランク・ウォルフがKGBのエージェントを楽しげに演じているのが印象的ですね。結構登場シーンも多いです。黒幕であるカールトンを演じるファヤルドも、登場シーンは少ないものの、それなりに印象りました。

ソリーマの後年の作品のようなテーマ性はさほど感じられず、気軽なスパイアクションという印象の映画です。

呉宇森(1986)『男たちの挽歌』

英雄本色
製作国:香港
上映時間:95分
監督:呉宇森
出演:狄龍/周潤發/張國榮/李子雄/朱寳意

先日ご紹介した『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(1987)同様、徐克率いる電影工作室(フィルム・ワークショップ)が制作し、香港のみならず台湾、そして日本でも大ヒットを記録したいわゆる「香港ノワール」の火付け役となった作品。『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』にも出演していた張國榮が、本作でも重要な役所として出演しています。監督は後にハリウッドに渡り、『M:I-2』(2000)などを監督することになる呉宇森。

 ブルース・リーかジャッキー・チェンしか語られる事のなかった香港映画に一条の光を差し、いわゆる“香港ノワール”の火付け役となった傑作アクション。本国公開時には大ヒットとなり、歴代興収記録を塗り替えた。偽札製造を行う組織の元幹部の兄ロンと、香港警察の刑事となった弟チャン。そして兄の親友であり兄弟分であるユンファ。物語は偽札製造組織の陰謀を軸としながら、彼ら3人の兄弟愛と友情を、ド肝抜くガン・アクションに託して見せる。それぞれの事情と背景を背負った登場人物も皆、鮮烈だが、やはり楊枝を咥え二挺拳銃を撃ちまくるユンファの姿がいい。

大仰な音楽、こてこての演出、そして男たちの反目と熱い友情。非常にベタな展開であり、意外性はほとんどないものの、やはりこういう映画を見ていると血が滾らずにはいられません。

本作では周潤發の二丁拳銃の格好よさがよく語られます(実際、狄龍演じる宋子豪の復讐のため、台湾に乗り込んで二丁拳銃をぶっ放しまくるシーンは、スローモーションの映像も相俟って非常にかっこいい。このシーンは、例えばタイのオキサイド・パン、ダニー・パン兄弟の映画『レイン』(2000)なんかでも、結構わかりやすくオマージュされています)が、ぼくとしてはスターとは言えない燻銀の俳優・狄龍の熱演を推したいところ。この映画は宋子豪と李馬克(周潤發)の関係性が非常に熱い映画なわけです。

ヒロインとして、宋子豪の弟で刑事である宋子杰(張國榮)の彼女・ジャッキー(朱寳意)は登場し、兄弟の間を取り持とうとする緩衝材としての役割は果たしているものの、やはり男と男の関係性を描いた非常に泥臭く、それでいてスタイリッシュな映画です。

しかし張國榮が若いなー(当たり前です)。ちなみに、呉宇森監督自身も台湾警察の呉署長役で出演しています。

徐克(2010)『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』

狄仁傑之通天帝國
製作国:中国/香港
上映時間:128分
監督:徐克
出演:劉徳華/李冰冰/鄧超/梁家輝/劉嘉玲

香港のスピルバーグとも言われたこともあった徐克監督の『セブンソード』(2005)以来5年振り(日本公開という意味では7年振り)となる日本公開作が本作。公式サイトある「ツイ・ハーク完全復活!」という惹句に恥じないエンターテインメント作品に仕上がっています。

 「ワンス・アポン・ア・タイム/天地大乱」のツイ・ハーク監督が、中国の唐王朝時代に実在し、オランダ人外交官ロバート・ファン・ヒューリックの手による探偵小説シリーズで中国のみならず欧米でも知られる人気キャラクター“ディー判事”を主人公に描くエンタテインメント・ミステリー・アクション大作。主演は「墨攻」「ウォーロード/男たちの誓い」のアンディ・ラウ、共演にカリーナ・ラウ、リー・ビンビン、レオン・カーフェイ。
 紀元689年、唐王朝の時代。則天武后による中国史上初の女帝即位を目前に、その権力を象徴する巨大な仏塔“通天仏”の建立が進んでいた。そんな中、巷では人体が発火し、焼き尽くされるという不可解な事件が連続して発生する。犠牲者がいずれも政権に関わる重要人物だったことから、武后は事件解決の切り札に判事ディーを指名する。かつて武后を非難して獄中の身となっていたディーだったが、その類い希な知性と超人的な武術の能力を有する彼をおいて他に、この難事件に挑める者はいなかった。さっそくディーは、彼の監視役となる武后の側近チンアルと補佐役のペイ司法官を伴い、真相究明へと乗り出すのだったが…。

ディー判事こと中国の唐朝から則天武后の時代にかけて活躍した政治家である狄仁傑を主人公に据えた本作ですが、ストーリー自体は完全にオリジナルであり、特に史実から題材を取ったわけではないようです。冒頭、隆盛を極めた洛陽がCGで描かれ、そこに巨大な通天仏が描きこまれます。そしてそこで発生する賈大人の人体発火現象……と、なかなかスピード感のある展開が気持ちいい。CGはハリウッドほど緻密ではなく、CGだとまるわかりのCGですが、そこは目を瞑りましょう。

人体発火事件が続くことから、監獄から呼び戻された狄仁傑が捜査に乗り出すわけなのですが、そこは徐克監督、まっとうな捜査ものにはならず、アクションからラヴロマンスから何から何までとにかく盛り込みます。少々詰め込み過ぎで、展開が早く、一歩間違えると観客を置いていきそうにもなりますが、そこがまた徐克らしいところ。前の日本公開作であった『セブンソード』も劇場で見ましたが、当時よりも往時の勢いを取り戻している印象があります。

アクションシーンも、あのデブゴンこと洪金寶の武術指導が入っており、しっかりと見応えのあるシーンに仕上がっています。細かいカット割りの編集もスピード感を増すことに貢献しています。

主演は『インファナル・アフェア』(2002)の劉徳華、則天武后は香港の劉嘉玲が演じ、重厚な演技を見せてくれています。ヒロインである上官静児を演じるのは大陸出身の李冰冰。この人はぼくは今回初めて見たのですが、クール・ビューティーといった感じの女優さんですね。あるシーンのツンデレっぷりにはちょっと笑いました(が、その直後笑いが凍りましたが)。また、狄仁傑の片腕となる裴東来を大陸出身の若手・鄧超が演じているのですが、眉毛まで白く染めて奇抜な扮装でしたが、映画には非常に合っていました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ