今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

Genre:Comedy

バスター・キートン/エドワード・F・クライン(1920)『キートンのマイホーム』

One Week
製作国:アメリカ
上映時間:25分
監督:バスター・キートン/エドワード・F・クライン
出演:バスター・キートン/シビル・シーリー/ジョー・ロバーツ

今回は予定だとD・W・グリフィスの『散り行く花』(1919)をご紹介するつもりだったのですが、ちょっと疲労がたまっていてヘビーな長編に体が耐えられなさそうだったので、代わりにバスター・キートンによる抱腹絶倒の短編喜劇をご紹介します。

 新婚のキートンは、新居建築を約束し求婚したため、低予算の組立住宅を購入。自力で組み立てようとするが、恋敵が建材の番号を3を8、1を4というように書き変えてしまい、妙ちきりんな多角形の家ができ上がってしまう。床は傾き、洗面台が外壁についた暮らしにくい家だが、とりあえず、新築祝いのパーティを開く。しかし、常軌を逸した家に客たちは大混乱。そのうち暴風雨が襲って家は回転しだし、哀れ遠くに吹き飛んでしまう。これを荷車で引いて元の場所に戻そうとしたキートンだが、線路で立ち往生して、突進してくる汽車に木っ端みじんにされてしまう。そのアナーキーな結末において永遠に記憶されるべき、キートン初期短編の傑作。

「文化生活一週間」という別タイトルのとおり、月曜日に結婚したバスター・キートンが、次の日曜日までに経験するドタバタが、日めくりカレンダーをめくるシーンを挟み込んで1日ごとに紹介される作りの映画です。

ストーリーとか見所はAllcinemaの解説にほぼ全部書かれているため、ぼくから付け加える内容は正直あまりありません。ただ、上の解説には事実誤認があり、家について哀れ遠くに吹き飛んでしまうとあるのは誤り。元々キートンは叔父から99番の土地を貰ったのですが、看板が上下逆さまになっていたために、間違って66番の土地に家を建ててしまっていました。それが土曜日に分かり、日曜日に一生懸命移動させようとした、というのが本当のところ。また、洗面台が外側についたとありますが、一応その後に壁を回転させているので洗面台は内側に移動してます。

キートンの体張りっぷりは相変わらずものすごく、見ていて腹を抱えて笑いながらもハラハラしてきます。本作ではキートンの他にも妻役のシビル・シーリーもなかなか体を張ったシーンがあり、その辺も見所のひとつ。

途中、シビル・シーリーの入浴シーンがあるのですが、彼女が浴槽の外に石鹸を落とし、それを取るためにあわやヌードが……というタイミングでどこからともなく手が出てきて、カメラのレンズを覆ってしまう……という展開もメタメタしくて愉快です。

マリオ・バーヴァ(1967)『黄金の眼』

Diabolik
製作国:イタリア/フランス
上映時間:99分
監督:マリオ・バーヴァ
出演:ジョン・フィリップ・ロー/マリーザ・メル/ミシェル・ピッコリ/アドルフォ・チェリ

日本では『血ぬられた墓標』(1960)や『血みどろの入江』(1970)などのホラー、スプラッターで有名なマリオ・バーヴァが監督したピカレスク・ロマン。息子のランベルト・バーヴァも助監督としてクレジットされています。マリオ・バーヴァという人のフィルモグラフィーを見てみると、実はホラー意外にもSFやら史劇やら西部劇やら、非常に多くのジャンルに渡って映画を撮っているのですが、日本ではホラー以外の作品があまりソフト化されていません。本作も今回はイギリスで発売されたDVDで見ました。

 怪盗ディアボリックが活躍するアクション活劇。司法当局を向こうにまわし、鮮やかな手口で盗みまくる。イタリアの人気コミックの映画化。オリジナル105分。

映画冒頭、怪盗ディアボリック(ジョン・フィリップ・ロー)は輸送中の大金をまんまと盗み出します。その大金を使うでもなく、(あの、雑誌の裏表紙とかによくある広告みたいに)ベッドに敷き詰めてパートナーであり恋人でもあるエヴァ(マリーザ・メル)とお楽しみ、というそういう奇想天外な展開をさらっとやるのがバーヴァであり、また、コミックの映画化ならではの表現。

その後も、イギリス高官夫人のエメラルドのネックレスをエヴァの誕生日プレゼントのために盗み出すわ、アドルフォ・チェリ演じる組織のボス・ラルフに攫われたエヴァを救い出すために、彼もろともスカイダイビングするわ、ジンコ警部(ミシェル・ピッコリ)に捕まりそうになると、エメラルドを銃弾に込めてラルフの土手っ腹にぶっ放すわ、チベットの秘薬で仮死状態になり、まんまと警察のモルグから脱出するわとやりたい放題。最後の最後には20トンの金塊を盗み出し、それがもとでアジトをジンコ警部率いる警察隊に踏み込まれます。そして、金を溶かしていた装置が破裂、ディアボリックは、まるで『情無用のジャンゴ』(1966)のあの人みたいに、全身にどろどろに溶けた金をかぶってしまいますが……

と、全編にわたってさすがコミックが元となっているという感じの少々荒唐無稽な展開。まぁ、見ているほうはそういう映画だと分かって見ているわけで、ディアボリックが警官隊の裏を欠くさまをワクワク見ていることになります。

さすがにバーヴァは卒のない演出で画面をだらけさせません。また、ナイトクラブのシーンの照明や色彩の使い方にはバーヴァらしさを見て取ることができます。その他にも、ラルフがエヴァの似顔絵を描かせるシーンなどにもサイケでポップな画作りを見ることができます。

主演のジョン・フィリップ・ローはマカロニウエスタン『新・夕陽のガンマン/復讐の旅』(1967)ではリー・ヴァン・クリーフと共演していた俳優。あまり器用なタイプではありませんが、ハンサムで目力があり、基本的にいつも余裕そうな顔をしていればいいディアボリックはなかなかのはまり役と言えます。フランス出身のミシェル・ピッコリはブリジット・バルドーと共演した『軽蔑』(1963)あたりが有名ですが、本作では『軽蔑』と比べるとかなり老けたメイクで、ベテランの警部を演じています。アドルフォ・チェリは何と言っても『007/サンダーボール作戦』(1965)が有名でしょう。

そんな感じで意外と豪華な出演者がそろったなかなかの快作です。一言で言うならば、不二子ちゃんがルパンにべた惚れな、イタリア版ルパン三世って感じですかね。やってることは本家よりちょっとハードな気もしますが。いや、そんなこともないかな。

ドゥッチオ・テッサリ(1969)『荒野の大活劇』

Vivi o, preferibilmente, morti
製作国:イタリア/スペイン
上映時間:102分
監督:ドゥッチオ・テッサリ
出演:ジュリアーノ・ジェンマ/ニーノ・ベンヴェヌーティ/シドニー・ローム/アントニオ・カザス

さて、今日はクリスマスイヴ。ということで、クリスマスイヴの場面から始まるこの映画をご紹介します。マカロニウエスタンでは『夕陽の用心棒』(1965)から、それ以外の映画も含めればそれ以前からジュリアーノ・ジェンマとタッグを組んで快作を送り出してきたドゥッチオ・テッサリ監督と、ジュリアーノ・ジェンマによる軽快なコメディ・マカロニウエスタン。ジェンマのマカロニウエスタンとしては、本作が最後の日本劇場公開作でもあります。

 東部に暮らす伊達男が、遺産相続のため、西部の町にやってくる。ただし、相続の条件として、弟と6ヶ月間暮らさなければならないと言われ……。ジェンマ主演、テッサリ演出のコミカルな冒険活劇。

トーマス・ミリアンとジャン・マリア・ヴォロンテが共演した『血斗のジャンゴ』(1967)でも東部の人間と西部の人間の出会いが描かれましたが、本作では『血斗のジャンゴ』とは逆に、東部に暮らすモンティ(ジュリアーノ・ジェンマ)のほうがはちゃめちゃで、西部の男・テッド(ニーノ・ベンヴェヌーティ)のほうが純朴、という取り合わせがなかなか面白いところ。

ジェンマの弟役を演じたベンヴェヌーティは当時現役の世界ミドル級チャンピオンのボクサー。ジェンマと兵役で知り合い、それがきっかけで本作に出演したとか。本作の他にも2作ほど映画には出演しているようですが、残念ながらマカロニウエスタンはこれ1本です。

脇を固めるクリス・ウエルタやアントニオ・カサスなどはマカロニウエスタンでもよく見かける、お馴染みの顔ぶれですね。

本作は『風来坊/花と夕日とライフルと…』(1970)を思わせる、でこぼこ兄弟によるコミカルな西部劇なのですが、ジェンマの軽快な身のこなしが本作のような軽快な物語に合っているところや、またベンヴェヌーティのさすがに切れのあるアクションなど、非常にメリハリがきいており、100分を越える、マカロニウエスタンとしては長尺に属する上映時間ですが、途中まったく飽きることなく見続けることができます。

銀行強盗、馬車強盗、列車強盗といろいろな悪事に手を出すものの、結局うまくいかない2人を翻弄する馬車強盗の人質であり、銀行家の令嬢、じゃじゃ馬娘を演じたシドニー・ロームも大きな目とコロコロ変わる非常が非常に魅力的で、映画に華やかさを添えています。

マキノ正博/稲垣浩(1937)『血煙高田の馬場』

製作国:日本
上映時間:50分
監督:マキノ雅広/稲垣浩
出演:阪東妻三郎/香川良介/原駒子/市川百々之助/志村喬

マキノ雅広監督が、まだマキノ正博を名乗っていた時代に監督した時代劇。以前紹介した『鴛鴦(おしどり)歌合戦』(1939)の2年前の作品です。一応、稲垣浩監督との共同監督ということになっていますが、実際はほとんどマキノ監督が監督したという話しもあります。今回はフィルムセンターで上映された「決闘高田の馬場」と改題された短縮版を観てきました。

 牧陶三の原作・脚本をマキノ正博と稲垣浩が共同監督した時代劇。主演の阪東妻三郎による韋駄天走りと十八人斬りは特に有名。1928年に伊藤大輔監督、大河内伝次郎主演で製作された同名作品と同じモチーフ。再公開時にタイトルが「決闘高田の馬場」と改められた。
 飲んだくれては喧嘩に明け暮れる浪人の安兵衛。おじの萱野六郎左衛門は説教をするが、安兵衛はまったく聞く耳を持たない。トラブルから高田の馬場で果たし合いをすることになった六郎左衛門は、そのことを話そうと長屋を訪れるが、安兵衛は仲間と飲んだくれて帰ってこない。六郎左衛門は書き置きを残して高田の馬場へと向かった。事情を知った安兵衛は二日酔いのまま長屋を飛び出した。

短縮版と言っても、Allcinemaに記載されている上映時間は57分なので、削られてしまっているシーンは7分ほどだとは思われます。そのため、筋が分かりにくいとか、展開が不自然といったところは特になく、集中して見ることができました。

ストーリーは有名な中山安兵衛(堀部安兵衛)の高田の馬場での決闘を描いたもの。おじの萱野六郎左衛門が安兵衛に加勢を頼みにいった際、安兵衛は酔いつぶれて寝ていたという俗説を採用しています。短い映画ながら、しっかりと安兵衛と六郎左衛門の絆を描いており、起きた安兵衛がすわ一大事と長屋を飛び出していく描写に説得力を持たせることに成功しています。

そしてその後の有名な安兵衛の韋駄天走りのシーン。町中の長屋から郊外の高田馬場までの安兵衛の疾走を早回しとモンタージュを駆使して躍動感豊かに表現しています。また、面白いのが走っているのが安兵衛ばかりではなく、普段から親しくしている長屋の隣人たちや、たまたま父・堀部弥兵衛(藤川三之祐)に安兵衛を紹介しようとしていたお妙(大倉千代子)まで走り出すところ。本当にこのマキノ監督は観ている人を愉快な気分にさせてくれる監督です。

その後の高田馬場での村上兄弟との決闘シーンでの阪東妻三郎の殺陣も非常に見応えがありました。また、中盤、酔いつぶれた安兵衛が刺客を星に見立てて斬ってゆく殺陣のシーンもまた、見応えがあります。

マキノ正博(1939)『鴛鴦(おしどり)歌合戦』

製作国:日本
上映時間:69分
監督:マキノ正博
出演:片岡千恵蔵/市川春代/志村喬/ディック・ミネ/服部富子

このブログでも以前『純情部隊』(1957)をご紹介したマキノ正博(後にマキノ雅広と改名)監督による時代劇オペレッタ。マキノ正博監督31歳のときの作品であり初期の監督作……と言いたいところですが、彼は18歳で監督デビューしてから短編を合わせるとすでに100本以上の映画を撮っていたというのだから恐ろしい。

貧乏浪人、浅井礼三郎は長屋の隣に住むお春と恋仲だったが、礼三郎に思いを寄せる娘、藤尾とおとみ、皆が集まると喧嘩ばかり。そのうち、陽気な殿様、峯沢丹波守がお春に一目惚れ、お屋敷に差し出すようにと申し付ける…。

今回はgoo映画からの引用です。モテモテの貧乏浪人・浅井礼三郎(片岡千恵蔵)とお春(市川春代)との関係に、浅井に惚れた商家の娘・おとみ(服部富子)や武家の娘・藤尾(深水藤子)らの痴話喧嘩を縦糸に、骨董狂いのお春の父・狂斎(志村喬)と同じく骨董狂いの殿様・峰沢丹波守(ディック・ミネ)との関係を横糸にして描かれる陽気な時代劇オペレッタ。

時代劇オペレッタというと非常に異質の映画のように感じられますが、トーキーが流行し始めたばかりのこの時代はオペレッタ映画がかなり数多く作られたらしく、その中には本作のような時代劇を部隊にしたオペレッタも数本存在しているようです。

本作は主演の片岡千恵蔵の急病によって非常な短時間で撮られたらしい。確かにセットは3個所程度、登場人物もそれほど多くはないのですが、そんなことを微塵も感じさせないパワーと楽しさが素晴らしい。殿様の家来たちに法螺貝やドラを叩かせ、そこにオーケストラの音を載せてしまうような、自由な発想が非常に楽しい。

こういった底抜けに楽しい映画をみると、こっちまで非常に楽しい気分になりますね。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ