今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

Genre:Animation

田中与志(1934)『忍術火の玉小僧 江戸の巻』

製作国:日本
上映時間:10分
監督:田中与志

フィルムセンターの「日活映画の100年 日本映画の100年」にて、マキノ正博監督の『血煙高田の馬場』(1937)と同時上映されていたので見てきました。トーキーのアニメーション映画です。本作に作画として参加している酒井七馬はその後、手塚治虫の「新宝島」の原作者としても知られるようになった人物です。

主人公の少年剣士・火の玉小僧が、殿さまに追われる町娘を、忍術を駆使して助けるコメディタッチのアニメ。製作は日活京都漫画部。キャラクターが次々に変身し、テンポの良いギャグを繰り広げていく。作画担当の1人、酒井七馬は、元々はマンガ雑誌「大阪パック」「大阪新聞」などで作品を発表していたマンガ家で、1935年に日活に入社し、アニメーターに転身している。ただし、日活京都漫画部が1935年6月に解散したため、すぐにマンガ家に戻ることとなる。その後の酒井は、戦後に手塚治虫と組んで『新宝島』を上梓したことで名を残す。

10分という短編ながら、アニメーションならではの非常に自由な発想で、思いも寄らぬ展開が次々に繰り出されます。江戸の町を大名行列が練り歩くシーンから始まるのですが、大名が乗った駕篭が放り投げられたり、馬が2足歩行で駆け出したりと、とても実写ではできない表現のオンパレード。

殿様が町娘に投げるハートマークを馬が食べてしまったり、ハートマークを追いかけた馬の首が結ばれてしまったり。怪力の捕り手が、町娘を捕えるために五重塔をだるま落としのように破壊したりと、非常に愉快なシーンがたっぷり。主人公の火の玉小僧は、忍術を駆使して町娘を助け出しますが、腕っ節はからっきし弱いという設定も面白い。キャラクターの表情などは非常にシンプルで、往年のミッキーマウスのアニメを彷彿とさせるような雰囲気もありました。

記録を確認すると、この「江戸の巻」の他にも、少なくとも3作品はこの火の玉小僧シリーズは作られているようです。

ゴア・ヴァービンスキー(2011)『ランゴ』

RANGO
製作国:アメリカ
上映時間:107分
監督:ゴア・ヴァービンスキー
出演(声):ジョニー・デップ/アイラ・フィッシャー/アビゲイル・ブレスリン/ネッド・ビーティ

「ジャンゴ 」「チャマンゴ」「シャンゴ」と来て『ランゴ』。日本公開時ぼくの周りのマカロニ・ウエスタン・ファンの間でちょっとした話題になったアニメーション西部劇。監督は『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003)などの「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのゴア・ヴァービンスキー。

 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのゴア・ヴァービンスキー監督とジョニー・デップが再びタッグを組み、お調子者のカメレオンを主人公に描くコメディ・アニメ。ひょんなことから砂漠のど真ん中に置き去りにされてしまったペットのカメレオン“ランゴ”が、動物たちが暮らす無法の町でヒーローに祭り上げられ、思わぬ大冒険を繰り広げるさまを往年の西部劇テイストをふんだんにコミカルに綴る。ジョニー・デップは主人公ランゴの声のみならず、アニメの基となる動きもモーション・キャプチャー技術を使って自ら演じている。
 TV番組のヒーローに憧れるペットのカメレオン。飼い主と車で移動中に事故に遭い、入っていた水槽ごと砂漠の中に放り出されてしまう。狭い水槽の中しか知らずすっかり途方に暮れる彼は、やがて寂れた荒野の町“ダートタウン”にたどり着く。酒場に立ち寄った彼は、町の住人を前に自らをランゴと名乗り、ありもしない武勇伝を得意げに語ると、いつの間にか町の保安官に任命されてしまう。思いがけない大役に戸惑いつつも、まんざらでもないランゴだったが…。

タイトルと(ぼくの周囲の)前評判にマカロニ・ウエスタン臭さを期待してみると、少々肩透かしを食らうことになります。特に序盤。主人公であるカメレオン・ランゴのキャラクターがあまりに軽く、軽薄なのはあまりいい気持ちはしません。まぁ、こちらがマカロニ・ウエスタンを期待しすぎてしまっていたのが最大の原因だとは思います。

そういう点を抜きにして見てみると、小さな世界しか知らなかった主人公が外の世界に放り出され、挫折し、そしてとある切欠で立ち直り、ヒーローになる、というジュヴナイル・エンターテインメントの王道的展開。そして確かにクライマックスの15分は映画的にも西部劇的にも燃える展開なのは確かです。

クライマックス、町の至る所から水が吹き出すシーン、どこかで見たことがあるような気がしていたのですが、アルフォンソ・バルカザール監督のマカロニ・ウエスタン『I BANDOLEROS DELLA DODICESIMA ORA』(1972)のクライマックスで地面から石油が吹き出してくるシーンに非常に似ていました。まぁ、本作のほうがきちんとストーリーに組み込まれていますし、またアニメーションの利点を最大限に活かした素敵なシーンに仕上がっていました。

しかし、こういう「主人公・ヒロインが造形的に可愛らしくないアニメ」は日本よりもアメリカのほうが作るのがうまいなぁ、という印象です。

ケリー・アズベリー/ローナ・クック(2002)『スピリット』

SPIRIT: STALLION OF THE CIMARRON
制作国:アメリカ
上映時間:84分
監督:ケリー・アズベリー/ローナ・クック
出演(声): マット・デイモン/ジェームズ・クロムウェル/ダニエル・スタディ

天国にいちばん近い島』でも書いたように、一週間ほどニューカレドニアに滞在していたのですが、その間にホテルのTVで本作が放映されていました。当然音声はフランス語吹き替え、そして字幕なしという鑑賞環境だったのですが、主人公が馬であり、また子ども向けのアニメーション映画ということもあり、さほど困難なく内容を理解して鑑賞することができました。

監督としてはケリー・アズベリー、ローナ・クックの二人がクレジットされています。アズベリーのほうは日本公開作としては本作の後に『シュレック2』(2004)がある模様。ただ、こちらも共同監督のようですね。声の出演であるマッド・デイモンを始めとする俳優陣は、ぼくが観たのがフランス語吹き替えであるため、当然違う俳優に変わっていました。音楽を担当したのはハンス・ジマーです。

 伝説の野生馬“スピリット”が数々の苦難を乗り越えて雄々しく生きる姿を描いたドリームワークス製作の壮大なアドベンチャー・アニメ。主人公スピリットの内面心理がナレーションにより語られる以外は、動物たちに一切セリフはなく、鳴き声、あるいは動きや表情の繊細な描写で感情を表現する意欲的な試みがされている。監督は共に本作で劇場映画デビューのケリー・アスバリーとローナ・クック。ブライアン・アダムスが本作のために新作6曲を提供している。
 西部開拓前のシマロンの大地。野生馬の群に生まれたスピリットは母の愛情に包まれ、大自然の中でのびのびと育つ。やがて、勇敢で立派な雄馬に成長したスピリットは、群れを率いる頼もしいリーダーとなっていた。ある日、彼は生まれて初めて人間に遭遇する。彼らは野生馬を捕らえ、シマロンの地を荒らしているカウボーイたち。スピリットは自分を身代わりに仲間を逃がした。捕まったスピリットだったが、人間たちの調教に決して屈しようとはしなかった。そんなある日、スピリットはそれまでの人間とは違う顔をした若者、コタ族のリトル・クリークと出会うのだった…。

以前はアメリカの西部劇と言えば保安官を始めとする白人は正義の象徴、インディアンたちは悪の象徴でした。時代は変わり現在ではインディアンが正義であり、白人が不正を行っている、というような単純に裏返したような描写の映画も散見されます。しかし、どうもぼくはそういう映画が好きではないんです。何となく、虐殺を行った白人のエクスキューズな感じがしてしまって。

本作も主人公であるスピリットを無理矢理捕えたカウボーイたち、またインディアンであるリトル・クリークを無理矢理捕えてきた砦(フォート)の白人たちは基本的には悪人側として描かれます。しかし、本作が単純な逆転構造になっている訳ではないことは、フォートの長である大佐を見ればわかります。威厳と実力を兼ね備えた彼の存在が、映画自体を締まったものにしています。

クライマックスの展開なども考えると、やはり基本的には子ども向けに作られたアニメーションであるという感じがします。ただ、上にも書きましたが、大佐を中心として見ると、大人でも楽しめる作品に仕上がっていると感じました。あと、個人的には大佐の造形が非常にジャック・パランスに似ている気がしており、その点も楽しめました。

ロマン・カチャーノフ(1970)『レター』

ПИСЬМО
製作国:ソ連
上映時間:10分
監督:ロマン・カチャーノフ

チェブラーシカ』(1969)のロマン・カチャーノフ監督による短編アニメーション。日本では『ミトン』(1967)、『ママ』(1972)と同時上映されました。

 日本でも「チェブラーシカ」が大ヒットしたロシアのアニメ作家ロマン・カチャーノフ監督が70年に製作したファンタジックな短編人形アニメ。戦地に赴いた父からの手紙が突然送られてこなくなり、手紙を楽しみにしていた少年と母親は不安を募らせ…。2003年、本邦初公開に際し、同監督の「ミトン」「ママ」と同時上映。

本作も人形の作りは『ママ』と同様。少年の造形が『ミトン』の愛らしさと異なり、そばかすがあったり少々リアルな感じ。

心配のあまりノイローゼ気味になってしまった母親を心配する少年の姿がファンタジックに描かれています。

ロマン・カチャーノフ(1972)『ママ』

МАМА
製作国:ソ連
上映時間:10分
監督:ロマン・カチャーノフ

チェブラーシカ』(1969)のロマン・カチャーノフ監督による短編アニメーション。日本では『ミトン』(1967)、『レター』(1970)と同時上映されました。

 日本でも「チェブラーシカ」が大ヒットしたロシアのアニメ作家ロマン・カチャーノフ監督が72年に製作した短編人形アニメ。モノに乏しく行列しないと商品が買えない当時の社会情勢を反映したシリアスな問題を背景に、母親の子どもに対する無上の愛情を表現。原作のセルゲイ・ミハルコフは、「黒い瞳」などで知られるロシアを代表する映画監督ニキータ・ミハルコフの父。2003年、本邦初公開に際し、カチャーノフ監督作「ミトン」「レター」と同時上映。

人形の作りが『ミトン』とは少々異なり、比べると少しリアルな雰囲気になっています。お母さんの顔色が青白く、ちょっと怖いです。

内容は買い物に出たお母さんが家で留守番している幼い息子を心配していろいろ悪い想像をしてしまう……というもの。始めは想像だということが明かされないため、見ているほうもハラハラします。可愛らしい短編です。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ