今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

Genre:Adventure

ジャック・カーディフ(1968)『戦争プロフェッショナル』

The Mercenaries
製作国:イギリス
上映時間:103分
監督:ジャック・カーディフ
出演:ロッド・テイラー/イヴェット・ミミュー/ジム・ブラウン/ペーター・カルステン

数々の映画で撮影監督としても活躍したジャック・カーディフの監督作品。この他にも長編劇映画では13本ほど監督しているようです。主演はオーストラリア出身の二枚目俳優ロッド・テイラー。

 アフリカの某国政府軍に、4人の戦争のプロが雇われた。任務は、反乱軍に襲われつつある町から住民を脱出させること。彼らは早速、現地へ飛ぶが、反乱軍も時を同じくして町へ襲いかかってきた……。傭兵の活躍を描いた冒険アクション。

上の解説にある4人の戦争のプロ、はおそらくアメリカ人傭兵カリー大尉(ロッド・テイラー)、ドイツ人のヘンライン大尉(ペーター・カルステン)、医師のドク・リード(ケネス・ムーア)、コンゴ人兵士のルーホー軍曹(ジム・ブラウン)だと思われます。ただ、ストーリー上明確に雇われ兵なのはカリーだけで、他の人々はもともと現地に駐在しているような描写もあります。

本作はジャック・カーディフ監督の代表作と推す人もいるようなのですが、ぼくには少々合わない部分もある映画でした。ヘンライン大尉はナチス支持者の悪役という設定なので共感できないキャラ設定なのはともかく、ドク、カリーともにいまいち感情移入できないキャラクターなのが、ぼくにとっては少々難点でした。

Allcinemaの解説では「反乱軍に襲われつつある町から住民を脱出させること」とありますが、実際の主眼はその街に置いてあるダイアモンドを無事に政府のもとに持ってゆくこと。そのため、避難民の脱出が遅れ、結局反乱軍に追いつかれ、避難民の半数以上は結局殺されてしまいます。この辺り、戦争プロの傭兵としては正しい判断なのでしょうが、どうにも後味がよくありません。

その他にも、自分が無理やり連れて行ったドクへの報酬を勝手に捨てたり、無理やり妊婦のもとに連れて行った上、手術に時間がかかるとなると彼を置いてゆくなど、どうにもカリーのキャラクターが……

ただ、ダイアモンドが反乱軍に奪われてからの展開はなかなか面白いです。ルーホー軍曹と協力し、カリーが敵中に潜入してゆく作戦などもなかなか見所です。この調子で全編やってくれれば、かなり面白い映画になったのですが……

というより、B級活劇タイプの筋書きの中に、植民地支配に対するメッセージを過剰に盛り込んでしまったため、少々バランスの悪い映画になってしまったように感じられました。はじめからメッセージ性の高い映画なのだと思っていていたら、また違う楽しみ方ができたのかもしれません。

ダニエル・ネットハイム(2011)『ハンター』

The Hunter
製作国:オーストラリア
上映時間:100分
監督:ダニエル・ネットハイム
出演:ウィレム・デフォー/フランシス・オコナー/サム・ニール/モーガナ・デイヴィーズ/フィン・ウッドロック

オーストラリアのダニエル・ネットハイム監督がタスマニアの原生林を舞台に、希少動物であるタスマニアタイガー(フクロネズミ)の密猟を依頼された男の闘いを描いたサスペンス。ネットハイム監督はもともとテレビ畑の人物のようで、いまのところ劇場作品としては本作以外には『Angst』(2000)というコメディ映画があるだけのようです。

 原生の深い森が広がるオーストラリアのタスマニア島を舞台に、絶滅したといわれるタスマニアタイガーを求めて訪れた孤高のハンターの運命を描くサスペンス・ドラマ。「スリーピング ビューティー/禁断の悦び」で監督デビューも飾ったオーストラリア期待の女流作家ジュリア・リーの同名小説を映画化。主演は「プラトーン」「アンチクライスト」のウィレム・デフォー。監督はオーストラリアのTVドラマを中心に活躍するダニエル・ネットハイム。
 フリーランスの傭兵であり、凄腕のハンターでもあるマーティン・デヴィッドは、雄大な自然が残るオーストラリアのタスマニア島に降り立つ。彼の目的は、70年以上前に絶滅したはずの幻の野生動物、タスマニアタイガーを捕獲し、その生態サンプルを採取すること。最近になって目撃情報が寄せられたのを機に、バイオ企業レッドリーフ社が彼に依頼したのだった。マーティンは現地ガイドのジャック・ミンディに紹介されたアームストロング家をベースキャンプに、捜索活動を開始する。しかし現地では、環境保護派と森林伐採業者が激しく対立し、不穏な状態が続いていた。

マーティン(ウィレム・デフォー)が紹介されたベースキャンプにはルーシー(フランシス・オコナー)と彼女の二人の子供たちサス(モーガナ・デイヴィーズ)とバイク(フィン・ウッドロック)が暮らしていました。次第に彼らと親しくなってゆくマーティン。この辺りの描写がなかなか丁寧で、後半の展開に説得力を持たせます。特にサスを演じたモーガナ・デイヴィーズの演技がとても可愛らしい。あんな賢くて可愛らしい少女に懐かれたら、強面のウィレム・デフォーでも叶わないだろう、という説得力があります。

映画の1/3ほどはタスマニアの森をタスマニアタイガーを探して歩き回るウィレム・デフォーの描写に費やされます。彼が黙々と罠を仕掛けたり、捕まえた獲物を捌いたりというシーンが非常に素敵。淡々としているのですが、ウィレム・デフォーの醸し出す雰囲気が画面を引き締めています。そう言った意味では、ウィレム・デフォーあっての本作と言うこともできるでしょう。

ルーシーの夫ジャラ(マーク・ワトソン=ポール)の死の真相が明らかになってからの展開には意外性はなく、また、マーティンの行動はプロフェッショナルとしてはセンチメンタルすぎる気もしますが、前半にある程度丁寧な描写を入れているため、映画の決定的な瑕疵にはなっていない、という感じですね。

森林保護の必要性が叫ばれる中、主要産業が林業しかないタスマニアの状況も描かれており、森林資源に頼る土地、というのは今はどこもそういった問題から自由ではいられないのだろうなぁ。

ジェス・フランコ(1977)『マリア 尼僧の匂ひ』

Die Liebesbriefe einer portugiesischen Nonne
製作国:西ドイツ/スイス
上映時間:82分
監督:ジェス・フランコ
出演:スーザン・ヘミングウェイ/ウィリアム・バーガー/アナ・ザナティ/ハーバート・フックス

ユーロ・トラッシュの王ジェス・フランコ監督作品。ジェス・フランコに手を出したらそろそろおしまいかな(後戻り出来ない的な意味で)、という意識があり、なかなか手を出せなかったのですが遂に手を出してしまいました。

ポルトガルの片田舎の少女マリア(スーザン・ヘミングウェイ)は恋人のクリストバルと戯れているところをヴィンセント神父(ウィリアム・バーガー)に見られてしまい、半ば強制的に彼の修道院に入れられてしまいます。しかし、その修道院はヴィンセント神父とアルマ院長(アナ・ザナティ)に支配された悪魔崇拝者の巣窟でした。

ヴィンセントとアルマはマリアを悪魔崇拝者に仕立てあげようと様々な拷問を課しますが、隙を見て逃げ出したアルマは村長(ヴィター・メンデス)に助けを求めますが、神父派の市長の手で修道院に戻されてしまうのでした。マリアを危険人物と認識したヴィンセントとアルマは、彼女を悪魔憑きとして火あぶりに掛けようとするのですが……というお話。

面白いかというとまぁ、そこまで面白くはないのですが、詰まらないかというと、そんなこともない、なんとも言えない作品。これを詰まらないと感じない程度にはぼくがもっとダメな映画を見てしまっているのか、そもそも巷で言われるほどこの時期のジェス・フランコの作品がダメなわけではないのかはぼくにはもはや判断できませんが。

ただ、もっとソフトな感じの作品かと思っていたのですが、拷問シーンなどで少々グロテスクなシーンもありました。最近あまりそういった作品(たとえば『徳川女刑罰史』(1968)とか)を見ていなかったので少々辛かったです。

ストーリーはあってなきが如し(クライマックスの取って付けたようなハッピーエンドとか)なのですが、幻想的な映像はなかなか美しい。特に引きで風景を映すショットはなかなか好きです。

主演のスーザン・ヘミングウェイは可憐な美しさがあって、こういう薄幸の役にはなかなかハマっている印象。そして『西部悪人伝』(1970)など数々のマカロニウエスタンで名演を見せていたウィリアム・バーガーが本作では悪魔崇拝者のセクハラ神父を演じています。何やってるのあなた、という感じもするのですが、『十字架の長い列』(1969)でも聖職者を演じていたように、宗教家が似合うんですよね、彼。

修道院長役のアナ・ザナティはポルトガルの女優さんのようです。

エンツォ・G・カステラッリ(1997)『デザート・オブ・ファイアー』

Deserto di fuoco
製作国:イタリア/フランス/ドイツ
上映時間:113分
監督:エンツォ・G・カステラッリ
出演:アントニー・ドロン/ジュリアーノ・ジェンマ/クラウディア・カルディナーレ/ステファーヌ・フレス

アラン・ドロンの息子であるアントニー・ドロンを主演に迎え、エンツォ・G・カステラッリ監督がメガホンを取ったアラブの砂漠とモナコを舞台にしたTV映画。もともとは270分の映画だったものを、日本では113分にまとめてDVDが発売されました。

鉱石会社の技師マルセル(フランコ・ネロ)は、アラブの砂漠で見つかった鉱石を調査するため、息子のルネを連れてヘリコプターで調査に向かったのですが、そのヘリコプターには細工がされており、砂漠で墜落。ルネ一人を残し、全員が死んでしまいます。

20数年後アラブの首長・タフー(ジュリアーノ・ジェンマ)に拾われたルネ(アントニー・ドロン)は王子として立派に成長していました。しかし、彼にはある悩みがありました。それは、妹であるアミナ(マンダラ・タイド)に恋をしてしまったこと。アミナもまた彼を愛していました。そんなルネに育ての母であるレイラ(クラウディア・カルディナーレ)は出生の秘密を告げます。それを聞いたルネは自分の正体を知るため、旅に出ることにします。

旅先で知り合った詐欺師ジャコ(ステファーヌ・フレス)と協力し、自らの母親がその鉱石会社の社長であるクリスティーヌ(ヴィルナ・リージ)であることを突き止め、親子の再会を果たす2人。しかし、時期社長の座を狙うフランソワ(マチュー・カリエール)は、ルネの命を狙います。そして、彼の父が見つけた鉱石の在り処を巡り、アラブをも巻き込んだ一大紛争が繰り広げられるのでした……というお話。

ストーリーも非常にまとまっており、あまり意外性はないものの楽しめる映画です。しかし、それ以上にマカロニ・ウエスタン・ファンならばこの映画を楽しめるはずです。まず、監督のエンツォ・G・カステラッリ。彼は『荒野のお尋ね者』(1966)、『ジョニー・ハムレット』(1968)、『ケオマ・ザ・リベンジャー』(1977)と、数多くのマカロニ・ウエスタンを送り出してきた名監督。そんな彼の演出でジュリアーノ・ジェンマとフランコ・ネロが共演しているのです(DVD版では直接同じ画面にいるシーンはありませんでしたが……)。そして、上には書いていませんが、ファビオ・テスティ。彼はクリスティーヌの忠実な秘書役で登場しています。彼についてはDVD版ではかなり登場シーンがカットされてしまっているようで、わずか3シーンほどの登場なのですが、ジェンマとの共演シーンもあります。更に更に、脚本の一人としてマカロニ・ウエスタンに出演していたり、脚本を書いていたりしたジョージ・イーストマンの名前もクレジットされています。そういった視点からも非常に楽しめる映画でした。

もちろん、マカロニ・ウエスタン陣だけではなく、ルネの友人になる詐欺師を演じたステファーヌ・フレスや、フランソワの愛人を演じていたアリエル・ドンバールも印象に残ります。全長版だと彼らの演技ももっと楽しめるわけで。全長版も見てみたい気がします。

リカルド・フレーダ(1959)『カルティキ/悪魔の人喰い生物』

Caltiki - il mostro immortale
製作国:イタリア/アメリカ
上映時間:76分
監督:リカルド・フレーダ
出演:ジョン・メリヴェール/ディディ・ベレゴ/ジェラルド・ハーター/ダニエラ・ロッカ

戦後イタリア映画界でもっとも早くホラー映画『I vampiri』(1956)を製作したリカルド・フレーダ監督が、撮影監督を務めた後の巨匠マリオ・バーヴァと組んで作り上げたモンスター・ホラー映画。

マヤ文明の謎を解明するためにジャングルに分け入っていたジョン・フィールディング教授(ジョン・メリヴェール)を隊長とする調査隊。ある日、二人の研究者が遺跡に隠された洞窟を見つけますが、何者かに襲われ、一人は行方不明となり、もう一人も何とかキャンプに戻ったものの、ショック状態となってしまいます。

翌日、ジョンにマックス(ジェラルド・ハーター)、ボブ(ダニエル・ヴァルガス)の3人は洞窟の調査に出かけます。そこにはマヤの唯一神カルティキの像が隠されていました。生贄を沈めた泉を調査する3人でしたが、潜水していたボブが謎の生物に襲われ死亡、財宝を回収しようとしたマックスの右腕に謎のモンスターが絡みついてしまいます。ジョンの助けにより何とか脱出した2人でしたが、マックスの右腕には怪物が絡み付いていたのでした。

メキシコシティに戻り、手術を受けたマックスでしたが、右腕は完全に侵食され、このままでは早晩毒が脳まで回ってしまいます。マックスを助けようと、ジョンはロドリゲス教授(ヴィットリオ・アンドレ)と共に調査をすすめると、どうやら放射線に反応して怪物は動いているということが判明します。しかしその時、ちょうど放射性の彗星が地球に近づいてきており、そして自暴自棄になったマックスは看護婦を殺し、病院を抜けだしてしまうのでした……

という、ストーリー的にも演出的にもなかなかまとまりがあって面白い作品です。単なるB級モンスター映画だと思って見ていると、思わぬ拾い物をした気分になりますね。同時期のロジャー・コーマンの『金星人地球を征服』(1956)と比べても、費用もこちらのほうがかかっているし、ストーリーも練られている感じがします。

また、本作には後のマカロニウエスタンに欠かせない俳優が数人登場しているのも見どころのひとつ。まずは『Le due facce del dollaro』(1967)や『黄金無頼』(1967)のジェラルド・ハーター。本作では歩くフラグ製造機であるマックスを演じていますが、何というかこう、『金星人地球を征服』のリー・ヴァン・クリーフを思い出しますね。あの貫禄ある名優がこんなことを、的な意味で。

もう一人は登場シーンは少ないながら、ロドリゲス教授の助手を演じていたジャコモ・ロッシ=スチュアート。『荒野のみな殺し』(1966)などの低予算マカロニウエスタンで主役を多く演じた俳優です。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ