今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

Genre:Action

マリオ・バーヴァ(1967)『黄金の眼』

Diabolik
製作国:イタリア/フランス
上映時間:99分
監督:マリオ・バーヴァ
出演:ジョン・フィリップ・ロー/マリーザ・メル/ミシェル・ピッコリ/アドルフォ・チェリ

日本では『血ぬられた墓標』(1960)や『血みどろの入江』(1970)などのホラー、スプラッターで有名なマリオ・バーヴァが監督したピカレスク・ロマン。息子のランベルト・バーヴァも助監督としてクレジットされています。マリオ・バーヴァという人のフィルモグラフィーを見てみると、実はホラー意外にもSFやら史劇やら西部劇やら、非常に多くのジャンルに渡って映画を撮っているのですが、日本ではホラー以外の作品があまりソフト化されていません。本作も今回はイギリスで発売されたDVDで見ました。

 怪盗ディアボリックが活躍するアクション活劇。司法当局を向こうにまわし、鮮やかな手口で盗みまくる。イタリアの人気コミックの映画化。オリジナル105分。

映画冒頭、怪盗ディアボリック(ジョン・フィリップ・ロー)は輸送中の大金をまんまと盗み出します。その大金を使うでもなく、(あの、雑誌の裏表紙とかによくある広告みたいに)ベッドに敷き詰めてパートナーであり恋人でもあるエヴァ(マリーザ・メル)とお楽しみ、というそういう奇想天外な展開をさらっとやるのがバーヴァであり、また、コミックの映画化ならではの表現。

その後も、イギリス高官夫人のエメラルドのネックレスをエヴァの誕生日プレゼントのために盗み出すわ、アドルフォ・チェリ演じる組織のボス・ラルフに攫われたエヴァを救い出すために、彼もろともスカイダイビングするわ、ジンコ警部(ミシェル・ピッコリ)に捕まりそうになると、エメラルドを銃弾に込めてラルフの土手っ腹にぶっ放すわ、チベットの秘薬で仮死状態になり、まんまと警察のモルグから脱出するわとやりたい放題。最後の最後には20トンの金塊を盗み出し、それがもとでアジトをジンコ警部率いる警察隊に踏み込まれます。そして、金を溶かしていた装置が破裂、ディアボリックは、まるで『情無用のジャンゴ』(1966)のあの人みたいに、全身にどろどろに溶けた金をかぶってしまいますが……

と、全編にわたってさすがコミックが元となっているという感じの少々荒唐無稽な展開。まぁ、見ているほうはそういう映画だと分かって見ているわけで、ディアボリックが警官隊の裏を欠くさまをワクワク見ていることになります。

さすがにバーヴァは卒のない演出で画面をだらけさせません。また、ナイトクラブのシーンの照明や色彩の使い方にはバーヴァらしさを見て取ることができます。その他にも、ラルフがエヴァの似顔絵を描かせるシーンなどにもサイケでポップな画作りを見ることができます。

主演のジョン・フィリップ・ローはマカロニウエスタン『新・夕陽のガンマン/復讐の旅』(1967)ではリー・ヴァン・クリーフと共演していた俳優。あまり器用なタイプではありませんが、ハンサムで目力があり、基本的にいつも余裕そうな顔をしていればいいディアボリックはなかなかのはまり役と言えます。フランス出身のミシェル・ピッコリはブリジット・バルドーと共演した『軽蔑』(1963)あたりが有名ですが、本作では『軽蔑』と比べるとかなり老けたメイクで、ベテランの警部を演じています。アドルフォ・チェリは何と言っても『007/サンダーボール作戦』(1965)が有名でしょう。

そんな感じで意外と豪華な出演者がそろったなかなかの快作です。一言で言うならば、不二子ちゃんがルパンにべた惚れな、イタリア版ルパン三世って感じですかね。やってることは本家よりちょっとハードな気もしますが。いや、そんなこともないかな。

野村孝(1967)『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

製作国:日本
上映時間:84分
監督:野村孝
出演:宍戸錠/小林千登勢/ジェリー藤尾/嵐寛寿郎

野村孝監督、宍戸錠主演の日活アクション。長らくDVDソフト化されず、なかなか見ることができなかったのですが、日活100周年を記念した日活GREAT SERIESでついにDVD化されました。

殺し屋の上村(宍戸錠)は大田原組から依頼され、島津組組長(嵐寛寿郎)の暗殺を請け負う。相棒の塩崎(ジェリー藤尾)と共に首尾よく組長の狙撃に成功した上村でしたが、空港から脱出する直前、島津組に捕われてしまいます。塩崎が車に施しておいた改造のおかげで脱出した2人は、大田原の秘書・金子(本郷淳)の指示で津川組組長(内田朝雄)の息のかかったモーテル・渚館に逃げ込みます。

脱出する機会を伺っていた2人は、渚館のウェイトレスである美奈(小林千登勢)と知り合い、彼女が育ったダルマ船を利用した脱出を思いつきます。しかしそのころ、津川の斡旋で大田原組と島津組は手打ち。邪魔になった上村と塩崎を協力して消そうとするのでした。上村と美奈がダルマ船の船長(山田禅二)に脱出の手助けを依頼しに行っている間に島津組幹部・千崎(江角英明)が渚館を襲撃。塩崎を誘拐し、上村を脅します。塩崎の解放を条件に、上村はたった一人で敵の待つ、埋め立て地へと赴くのでした……というお話。

おそらくそこまでの予算は掛かっていない映画だと思われます(その割に車は派手に破壊したりしていますが)。映像も60年代後半という時期にも関わらず白黒です。しかし、このモノトーンの落ち着いた映像が、宍戸錠の醸し出す殺しのプロフェッショナルの落ち着いた風情にマッチしてなかなか趣があります。

映画としては、前半と終盤の宍戸の殺しのプロフェッショナルぶりを見せるシークエンスと、中盤の、小林千登勢の辛い生い立ち、そして宍戸と小林千登勢の不器用な交流を描くシークエンスに大きく別れます。音楽も、前半と終盤はマカロニウエスタンを思わせるハイテンポで勇壮な音楽が、中盤では哀調を帯びた音楽が使われています。ジェリー藤尾の歌う挿入歌も哀調を帯びて聞かせます。

そして、何と言ってもクライマックスの決闘シーン。たった1人で組員たちに立ち向かう宍戸の姿は非常に西部劇的でリリシズムに溢れています。ただ、組員の人数がちょっと少なかったり、組長たちは秘密兵器の防弾カーに頼り切りだったりと、少々物足りない部分があったのも確かです。

池田富保(1927-28)『地雷火組』

製作国:日本
上映時間:31分
監督:池田富保
出演:河部五郎/大河内伝次郎/喜多次郎/尾上多見太郎

本日よりフィルムセンターではじまった、「日活映画の100年 日本映画の100年」という特集上映で観てきました。同じタイトルの映画は石田民三監督の31年、志波西果監督の35年、西原孝監督の38年、並木鏡太郎監督の53年、井沢雅彦監督の60年と、何度もリメイクされているようなのですが、恐らく本作がもっとも古い作品。

実際には『地雷火組 第一篇』(1927)、『地雷火組 第二篇』(1927)、『地雷火組 完結篇』(1928)と、3回に分けられて上映された連続活劇だったようなのですが、今回の上映では「チャンバラや乱闘場面を中心にした短縮版」(紹介文より)で、1本にまとめられています。

蛤午門の変において、城戸重蔵(喜多次郎)の裏切りによって敗れた長州藩。桂小五郎(河部五郎)と佐橋与四郎(大河内伝次郎)は城戸の命を狙いますが、彼らもまた、幕府や新撰組から命を付け狙われているのでした……というお話です。

27年という製作年からも想像できるように、白黒の無声映画です。アクション場面を中心とした短縮版ということで、非常にテンポよく物語が進んでいきます。また、巻が切り替わるごとにいちいちタイトルロゴが入るので、非常に慌ただしい感じも受けます。何と言うか、連続活劇があったころの映画はこんな感じだったのかなぁ、という感想を持ちました。

ストーリーはそこまで複雑ではありません。特に、今回はアクションを中心にした短縮版なので、枝葉の部分はばっさりとカットされているのかもしれません。本作の見所は当時のスターである河部五郎と大河内伝次郎の共演でしょう。役者の顔をたっぷりと見せるクローズアップや、美しい立ち回りも見所のひとつ。特に河部と大河内は甲乙付け難い迫力ある演技を見せてくれます。特にクライマックスの大河内伝次郎の新撰組相手の大立ち回りから、鐘撞堂での河部五郎との再会、そして自刃までのシークエンスは必見です。

この映画の情報ですが、IMDbには採録されているのに、Allcinema ONLINEやGoo映画なんかにはないってのはどういうことなんでしょ。

アダム・マッケイ(2010)『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』

The Other Guys
製作国:アメリカ
上映時間:110分
監督:アダム・マッケイ
出演:ウィル・フェレル/マーク・ウォールバーグ/スティーヴ・クーガン/エヴァ・メンデス

主にコメディを手がけ続けているアダム・マッケイ監督のポリス・コメディ。監督作が日本で劇場公開されたのって、意外にもこれが初めてなんですね。『俺たちニュースキャスター』(2004)など、ソフト化されている作品は何作かあるようです。主演はウィル・フェレルとマーク・ウォールバーグという少々地味ながら実力派のベテラン二人。

 「俺たちニュースキャスター」「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・フェレルと「ディパーテッド」「ザ・ファイター」のマーク・ウォールバーグという異色の顔合わせで贈る痛快アクション・コメディ。安全志向でデスクワーク好きの引きこもり刑事と熱血漢の空回り刑事の凸凹コンビが、ひょんなことから金融業界に巣くう巨悪に立ち向かっていく姿をコミカルに描く。共演はサミュエル・L・ジャクソンとドウェイン・ジョンソン。監督は「俺たちニュースキャスター」「俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-」のアダム・マッケイ。
 ニューヨーク市警のハイスミスとダンソンはド派手な逮捕劇で人々の注目を集めるヒーロー刑事。一方、そんな彼らの活躍に焦りを隠せないのが熱血刑事のテリー。しかし、危険な現場に出たがらず書類仕事ばかりしている相棒アレンのせいで、いつまでたってもその他大勢(アザー・ガイズ)のまま。ところがある日、ハイスミスとダンソンがあっけなく殉職してしまう。そんな中、ついに重い腰を上げたアレンが取りかかったのはビル建設の申請に関わる不正事件。銃撃戦など期待できない地味な事件にまるでテンションの上がらないテリーだったが…。

オープニング、サミュエル・L・ジャクソンとドウェイン・ジョンソンがいかにもハリウッド・バディ・ムービーのイケイケコップを熱演。街を破壊しながら犯人を追いつめるものの、逃げ出した犯人を追って二人して地上20階のビルの屋上からダイブ。当然死にます。

のこされたのはテリー(マーク・ウォールバーグ)とアレン(ウィル・フェレル)をはじめとするいまいちパッとしない奴ら。ハイスミスとダンソンの死で空いたヒーロー刑事の座を巡ってのドタバタ争いが繰り広げられます……

この金融不況に悪徳ディーラーと巨大企業という分かりやすい悪役を持ってきており、また、テリーのバレエやハープ(近所のゲイをいじめるために覚えた)だとか、一見真面目なアレンのポン引きでヒモという意外な過去など、一歩間違えると悪趣味になりそうなネタをこれでもかと突っ込みながらギリギリのところでカラッと流せるレベルに落ち着けているバランス感覚は見事。ただ、これ、人によってはたぶん不快だと思います。

てっきり低予算のアイディア映画だと思っていたのですが、後半のNYPDから大企業に雇われた犯罪組織からチェチェン独立派からナイジェリア・マフィアまで絡めた一連のカーチェイスからヘリ撃墜から何やらのシーンはしっかりと作られており、そういった点も見所たっぷり。更に現代の資本主義への風刺も入れつつ……と、少々盛り込みすぎて散漫になっている印象はあるものの、なかなか面白いアクション・コメディです。

デモフィーロ・フィターニ(1967)『Straniero... fatti il segno della croce!』

製作国:イタリア
上映時間:87分
監督:デモフィーロ・フィターニ
出演:チャールズ・サウスウッド/エットレ・マンニ/カリスト・カリスチ/クリスティーナ・ペンツ

何作ものマカロニウエスタン(ただしその全てが低予算のB級作品)を手がけたデモフィーロ・フィターニ監督の監督第一作となるマカロニウエスタン。主演のチャールズ・サウスウッドもこの作品が初出演のようです。

西部のとある町ではドノヴァン(メル・ゲインズ)率いる盗賊団が猛威を振るっていました。その手口は銀行を襲い、女子供ですら容赦なく虐殺するという苛烈なものでした。時を同じくして、バウンティ・キラー(チャールズ・サウスウッド)がホワイト・シティにやって来ます。この街はドノヴァンの兄弟であるカールソン(カリスト・カリスチ)によって牛耳られていました。街に入ってそうそう、カールソンの息子・ルーカス(ジェフ・キャメロン)と揉め事を起こすバウンティ・キラー。

一方、ドノヴァンは強盗の際に負傷し、カールソンを通して医者に視てもらおうとします。そんなドノヴァン一味の賞金を狙うバウンティ・キラーと、彼らを父(?)の仇として恨みを持つ足の悪い男・ブレイク(エットレ・マンニ)は協力して彼ら兄弟を迎え撃とうとしますが……というお話、だと思われます。イタリア語音声イタリア語字幕で視聴したため、少々自身がありません。

ストーリーはシンプルながら、撮影時のアングルがなかなか凝っいたりと丁寧に撮られている作品だと思います。主演のサウスウッドも、後年の『荒野の無頼漢』(1970)などと異なり、いたって普通のマカロニウエスタンの登場人物を演じています。その分、彼独特の味というのは少々薄まっている嫌いもありますが。

基本的にはシリアスなマカロニウエスタンなのですが、水筒を改造した水筒ガンや、松葉杖を改造した松葉杖ライフルが出てくるのは、まるでジャンフランコ・パロリーニやジュリアーノ・カルニメーオの作品を彷彿とさせます。本作の場合、しっかりと拳銃やライフルが中に仕込まれている、という正統派ではあるのですがね。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ