今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

G:Sci-Fi

M・ナイト・シャマラン(2002)『サイン』

Sign
製作国:アメリカ
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:メル・ギブソン/ホアキン・フェニックス/ロリー・カルキン/アビゲイル・ブレスリン

【あらすじ】

フィラデルフィア近郊に住むヘス一家。父親のグラハム(メル・ギブソン)は事故で妻を失ったあと牧師の仕事をやめ、今では自宅近くの農場でトウモロコシを育てながら息子モーガン(ロリー・カルキン)、娘ボー(アビゲイル・ブレスリン)、そして離れに住む弟メリル(ホアキン・フェニックス)と共に暮らしていた。

ある日、不思議な出来事が一家を襲う。早朝、子供たちの姿が見えないのを探しに出たグラハムとメリルは、トウモロコシ畑の一部がまるでミステリー・サークルのように折り倒されているのを見つける。それと同じころ、2匹の飼い犬もまるで何かに怯えるように凶暴になり始める。その夜、不審者に気づいた2人は外に出るが、それはものすごい跳躍力を発揮して2人から逃げていった。

TVをつけた彼らは、インドを始めとする世界中で、同じような現象が起きていることを知る。旧知の警察官の勧めで気晴らしに街に出た一家だったが、街は宇宙人の話で持ちきりだった。家に戻った彼らは、モーガンの持つおもちゃの無線機に、なにやら不思議な更新音が入っていることに気づく。

グラハムはある男から電話を受ける。その男レイ(M・ナイト・シャマラン)こそ、グラハムの妻コリーン(パトリシア・カレンバー)の死の原因となった自動車事故において、車を運転していた男だった。レイの家に向かうグラハム。彼はグラハムに改めて謝罪し、食料庫に宇宙人を捕まえているから、決して開けないように、と言い残し、湖に向かう。彼らは水を恐れているらしい、との言葉を残して。レイの家に入ったグラハムは、食料庫の扉の隙間から出る宇宙人の手、らしきものを目撃し、動転のあまり手に持っていたナイフでその指を切断し、家へと逃げ帰るのだった。

窓に板を打ち付け、立て篭りの準備をするグラハムとメリル。しかし、板を打ち付けるのを忘れていた屋根裏から彼らの侵入を許してしまう。彼らは地下室に逃げ込む。疲れから眠ってしまったグラハムは、妻を失った自動車事故の夢を見る。

翌日、目を覚ました彼は、ラジオ放送で宇宙人が撤退しつつあることを知る。発作を起こしたモーガンの喘息の薬を手に入れるため、1階に上がった彼らだったが、逃げ遅れたと思われる宇宙人にモーガンが捕まってしまう。メリルはバットで宇宙人に打ちかかり、モーガンを取り返す。そして、コップの水がかかった宇宙人はあっけなく倒されるのだった。

死に際の妻の言葉、そして喘息で気管が閉じていたことにより、モーガンが宇宙人の毒ガスから助かったことなどを思い出したグラハムは、妻の死以来失っていた信仰を取り戻した。

【感想】

監督のM・ナイト・シャマランは日本で初めて劇場公開された作品『シックス・センス』(1999)の印象があまりに強すぎて、どうもそのあとパッとしない印象もある(とはいえ、ぼくはその後の作品を追っているわけではないので、あまり偉そうなことは言えない)のだけれど、本作も悪くないし、なかなか面白いんだけどなあ……という感じはあります。まあ、単に彼に『シックス・センス』っぽさを求めすぎなだけなのかも知れません。

大規模な特撮を使用した作品になりがちな宇宙戦争ものを、ほとんどいち家族、一つの家の中での密室劇として描こうという試みはなかなか面白く、また、グラハムが失った信仰を取り戻す物語と、それによる家族の再生の物語としても描こうとしている意欲は分かるのですが、どうにもちょっと中途半端な印象は受けます。また、メリルが元マイナーリーグのホームラン記録保持者、という伏線や、ボーの水に潔癖な癖を描くことで観客の意識に水を印象付ける手法なども、まあ、B級SFとしてはアリなんですが、この人の場合、サスペンス性を盛り上げる演出がやたら上手いので、逆にチグハグになっている印象もあります。まあ、この辺は好みでしょうけれど。

最後の、水。それでもって雪が降り始めるから撤退した、ってのはなあ。なんか釈然としない気はします。こんな大作(?)で、そんな『エル・ゾンビ II 死霊復活祭』(1973)みたいなオチを持ってきてしまっていいものなのか。

Signs (2002) on IMDb

ジョージ・ミラー(2015)『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

Mad Max: Fury Road
製作国:オーストラリア/アメリカ
監督:ジョージ・ミラー
出演:トム・ハーディ/シャーリーズ・セロン/ニコラス・ホルト/ヒュー・キース=バーン

あの『マッドマックス』(1979)シリーズの最新作、という認識でいいんでしょうか。前作『マッドマックス/サンダードーム』(1985)からなんと30年ぶりにシリーズ作品が作られました。

 これまでにメル・ギブソン主演で3本が製作された傑作アクション・シリーズの30年ぶりとなる第4弾。ジョージ・ミラー監督が2代目マックスにトム・ハーディを迎え、満を持して贈るハイテンション・バトル・アクション大作。資源も水も尽きかけ荒廃した未来を舞台に、独裁者ジョー率いる殺戮暴走軍団と、マックスが助太刀する反逆の女戦士フュリオサのノンストップ・チェイスが、3Dによるアドレナリン全開のド迫力アクション&バイオレンスで描かれていく。共演はシャーリーズ・セロン、ヒュー・キース=バーン、ニコラス・ホルト、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー。
 石油も水も尽きかけ荒廃した世界。愛する家族を守れなかったトラウマを抱え、本能だけで生き長らえている元警官、マックス。ある日、資源を独占し、一帯を支配する独裁者イモータン・ジョー率いるカルト的戦闘軍団に捕まり、彼らの“輸血袋”として利用される。そんな中、ジョーの右腕だった女戦士フュリオサが反旗を翻し、ジョーに囚われていた5人の妻を助け出すと、彼女たちを引き連れ逃亡を企てたのだった。裏切りに怒り狂うジョーは、大量の車両と武器を従え、容赦ない追跡を開始する。いまだ囚われの身のマックスもまた、この狂気の追跡劇に否応なく巻き込まれていくのだったが…。

マックス役こそメル・ギブソンからトム・ハーディに交代したものの、監督は引き続きジョージ・ミラーが務めています。この人、『マッドマックス』のあと何やってたんだろう、と思って調べてみたら、『ベイブ』(1995)の製作なんかも務めていたんですね。また、第1作でトーカッターを演じたヒュー・キース=バーンが本作にも出演しているところもファンには嬉しい配役でしょう。

内容は、ただただひたすらカーチェイスしながら爆発したりぶつかったりバーンってなったりという、なんというかもう非常に頭悪い感じでとても楽しい。

前提としてどんな映画でも映画館で見たほうが面白い、ということはあるのですが、とりわけ本作については、ちょっとでも見ようかな、と思っている方は映画館で見たほうが絶対に数十倍くらい面白いです。

Mad Max: Fury Road (2015) on IMDb

王晶/葉偉民(1995)『ミラクル・マスクマン/恋の大変身』

百變星君 / Sixty Million Dollar Man
製作国:香港
上映時間:90分
監督:王晶/葉偉民
出演:周星馳/梁詠琪/吳孟達/徐錦江/孫佳君

以前このブログでは『未来警察 Future X-cops』(2010)を紹介したこともある、香港でくだらないコメディを撮らせたら右に出るものがいない巨匠(?)バリー・ウォンこと王晶が、現在では世界的なコメディアン・映画製作者になった感のある周星馳(チャウ・シンチー)を主演にして製作した、やっぱりくだらないけどお腹を抱えて笑えるコメディ映画です。

なお、本作は日本では王晶の単独監督作品とされることもあり、媒体によっては王晶と葉偉民の共同監督とされることもありますが、映画のクレジット上は葉偉民の単独監督作品であり、王晶はプロデューサーとしてクレジットされています。

 ヤクザに殺された、金持ちのドラ息子シン。彼はマッド・サイエンティストの力によって、変身能力を持つ改造人間として甦った。だけど手術費用を値切ったたため、その能力には欠陥があって……。教師になったシンの活躍を描くコメディ映画。

なんというかもう、Allcinemaから解説を引用してくる意味もあんまりないかなぁ、と感じる今日この頃です。金持ちのドラ息子・李澤星(周星馳)はハワイの大学に留学中、お付きの阿達(ン・マンタ/吳孟達)と組んで好き放題をしていました。大学の医学教授である姜司(徐錦江)とその姪・蟲蟲(ジジ・リョン/梁詠琪)をもバカにしていた彼でしたが、日本ヤクザのボス・富田(鄭祖)の情婦・ボニー(孫佳君)に手を出してしまったことから、殺し屋マーク(チャールズ・シェン)に爆殺されてしまいます。

なんとか口と脳だけ生き残った李澤星は、姜司の改造手術によりサイボーグとして生まれ変わります。香港に戻った李澤星は高校教師となりますが、その高校は非常に荒れた問題校。生徒にもバカにされた李澤星は自殺を図りますが、そこに間一髪間に合った姜司は李澤星に最後のパーツを取り付けます。それによって、彼は家電とスーパーマーケットにあるのになら、なんでも変身できるスーパーサイボーグとして生まれ変わったのでした……! という、割と訳のわからないストーリーですが、実際に見ていてもこんな感じなので仕方ありません。

こういう限りなくしょーもないコメディ映画なのですが、それが王晶監督の手にかかると、真面目にしょーもなく作っているので、見ていてかなり面白い。周星馳の芸達者ぶりと、くだらない小ネタの連打で終始笑いっぱなしで見ていられました。

本作でヒロインを演じている梁詠琪は非常にスタイルがよく、モデル、歌手としても活躍していた人なのですが、本作の前半では厚底メガネに歯の矯正具というひどい格好で登場させられています(後半は可愛らしいシーンも多いですが)。『食神』(1996)、『少林サッカー』(2001)など、周星馳の監督作品ではきれいな女優がひどい格好で登場させられることも多いですが、これって王晶の影響もあるのかなぁ。

クライマックス、スーパーマーケットで最強のものに変身するんだ、という前振りのあと、李澤星がなぜかおばちゃんに変身するシーンがあります。あぁ、スーパーによく行く人で最強なのはおばちゃんだよね、という納得の仕方も可能ですが、実はちゃんと元ネタがあります。これ、当時香港で放映されていた、百佳というスーパーマーケットチェーンのCMに登場する、黃老太(黃おばあちゃん)というキャラクターが元ネタになっています。この香港人にしか分からないネタをクライマックスに入れてくるあたり、香港以外のマーケットをほとんど考えていなくていっそ清々しさがあります。

Youtubeでいくつか黃老太のCM動画を見つけたので、貼っておきますね。
經典廣告-百佳黃老太系列 - YouTube

スチュアート・ペイトン(1916)『海底六万哩』

20,000 Leagues Under the Sea
製作国:アメリカ
上映時間:105分
監督:スチュアート・ペイトン
出演:アレン・ホルバー/マット・ムーア/ジェーン・ゲイル

ジュール・ヴェルヌの「海底二万里」、および「神秘の島」からエッセンスを抜き出して映画化したもの。ダン・ハンロン演じるアロナックス教授は「海底二万里」から。気球を奪取して神秘の島に不時着する一行は「神秘の島」からの登場人物です。

今から50年ほど前の話。謎の海難事故が多発。フランスの海洋学者アロナックス教授(ダン・ハンロン)はアメリカ政府の要請を受け、調査に出向いたところ、ネモ船長(アレン・ホルバー)の潜水艦ノーチラス号と遭遇。一行は囚われの身となります。一方そのころ、気球を奪って逃走していた一行は神秘の島に不時着。その島にはひとりの野生児(ジェーン・ゲイル)の他には誰もいませんでした。

ノーチラス号では気球の一行のうち一人を救助。彼を島へと送ってやります。一方そのころ、デンバー(ウィリアム・ウェルシュ)という男が自分の過去の仕打ちを後悔し、島に棄てた少女を捜すためにヨットに乗って航海に出ますが、水平たちの反乱に遭い、島に置き去りにされてしまいます。ヨットには島にいた気球の一行のうちの悪人が乗り込み、掌握。彼は野生児をさらおうとしますが、気球の一行の別メンバーに阻止されます。2人がヨットで殴り合っているところで、そのヨットが長年追い求めてきた仇のものであることを知ったネモ船長がヨットを砲撃。野生児と男を助けたネモ船長は、その野生児が生き別れた自分の娘であることに気づくのでした……というお話。

原作に忠実な映画化ではなく、2つの物語を混ぜ合わせ、さらに独自のストーリーを混ぜ込んでいるため、ストーリーが非常に入り組んでいる割に、説明が淡白なので見ていて混乱することがしばしば。そもそも気球の一行が何で気球に乗って逃げたのか(それも追っ手を銃で撃ち殺してまで)、というのが映画の中だけではさっぱり解りません。

このようにストーリーには難点はあるのですが、本作の売りである映画史上初の本格的海中撮影、海底撮影は当時としては画期的だったはずで、潜水服を着て海底を歩く俳優や、泳ぎ回る魚たちの姿は当時の観客には非常に面白いものだったことでしょう。さすがに今の目から見ると取り立てて珍しいものではなくなっているのは少々残念ですが……

王晶(2010)『未来警察 Future X-cops』

未來警察 / FUTURE X-COPS
製作国:香港/台湾
上映時間:100分
監督:王晶
出演:劉徳華/徐熙媛/徐嬌/范冰冰

バリー・ウォンこと王晶が監督したハイクオリティのVFXが売りのSFアクション映画。というか、王晶というと90年代前半の『ゴッド・ギャンブラー II』(1990)とか、周星馳と組んだ『ロイヤル・トランプ』(1992)とか『ファイト・バック・トゥ・スクール3 秘密指令は氷の微笑』(1993)といった、良くも悪くもしょうもないコメディ映画のイメージが強いんで、どんな映画に仕上がっているのかと思って見てみたら、やっぱりところどころ王晶テイストの何とも言えない感じの映画に仕上がっていました。

 「インファナル・アフェア」「マッスルモンク」のアンディ・ラウが、超人サイボーグ警官となり時空を超えて強大な悪と死闘を演じる奇想天外SFアクション。共演にバービー・スー、ファン・ビンビン、ルイス・ファン。監督は「ゴッド・ギャンブラー」シリーズのバリー・ウォン。
 時は2080年。石油に代わる新エネルギーを開発したマー博士が、石油企業が送り込んだ暗殺団の襲撃に遭うが、警察官ジーハオの同僚で妻のメイリーが自らの命と引き替えにこれを阻止する。すると暗殺団は、政府が極秘に開発したタイムスリップ技術を盗み出し、少年時代の博士を暗殺するべく60年前の世界に飛ぶ。復讐に燃えるジーハオは、自らサイボーグとなることを志願し、12歳の博士を探し出すため、娘のチチとともに2020年へと向かうのだが…。

まず、VFXは売りというだけあってさすがに凄かったです。ただ、所々日本の特撮ヒーローっぽい感じもあったりして、予算が掛かってるところと手を抜いてるところとありそうな感じ。クライマックスの周志豪(劉徳華)と卡龍(樊少皇)の一騎打ちのシーンの背景の謎演出は何だったのでしょう、あれ。

一方でストーリーは周志豪が過去に戻った、という点は変わっているものの、2020年でのストーリー自体は香港映画で割とよくある軽めのポリス・アクションとあまり変わらないので、新味はあまりありません。何というか、VFXにやたら金をかけてちょっと変わったB級ポリス・アクションを撮った、という感じがします。

唐突に演出される2020年の署長である馬金祥(賀軍翔)と霍章淑儀(張儷)のロマンチックなプロポーズシーンとか、劉徳華の歌を使った楽屋落ちとか、周志豪の娘である淇淇のクライマックスでのあれとか、良くも悪くも王晶変わってないなぁ、感があるので、当時彼の映画を観ていた方は観てみてもいいかもしれません。多少洗練はされていますが、ね。

俳優陣は劉徳華は香港、徐熙媛は台湾、そして特別出演的に大陸の范冰冰が出ていたりと、中華圏総出演な感じで割と豪華。徐嬌は『ミラクル7号』(2008)で周星馳の「息子」役を演じていた少女ですね。確かその後周星馳の養女になったという話があったような……

ところで、日本版のDVDでは役名が中国語(普通話)発音を片仮名表記にしたものになってたんですが、音声は広東語。何でなんですかね。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ