今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

G:Crime

バート・ケネディ(1971)『女ガンマン・皆殺しのメロディ』

Hannie Caulder
製作国: イギリス
監督: バート・ケネディ
出演: ラクエル・ウェルチ/アーネスト・ボーグナイン/ロバート・カルプ/ストローザー・マーティン

【あらすじ】

無法者のエメット(アーネスト・ボーグナイン)、フランク(ジャック・イーラム)、ルーファス(ストローザー・マーティン)のクレメンス兄弟は、ある町の銀行を襲い、その逃走中にコールダー氏の牧場から馬を盗もうとする。ルーファスは止めに入ったコールダー氏を射殺。家の中にいた妻ハニー(ラクエル・ウェルチ)を見つけると、3人で代わる代わる犯し、家に放火して馬を奪って去って行くのだった。

翌日、ハニーは通りかかったバウンティ・キラーのトーマス(ロバート・カルプ)に対し、自分に銃を教えてくれるよう頼む。初めは断ったトーマスだったが、ハニーの動機を知ると気を変えて協力することにする。町で服装を整えたハニーは、腕のいい鉄砲鍛冶のベイリー(クリストファー・リー)に自分用の銃を作ってもらうため、トーマスと共にメキシコに向かう。ベイリーの家でトーマスから銃の手ほどきを受けるハニーだったが、そこに一人の牧師(スティーヴン・ボイド)が現れ、ベイリーに弾倉の修理を依頼する。

ハニーはベイリーから引鉄が2つある特製の銃を受け取る。下の引鉄を引くと、撃鉄が起きて、上の引鉄を引いて撃つことができる、という変わった銃だ。ハニーの特訓が終わったころ、ベイリーの家を無法者たちが襲う。ベイリー、トーマスと共に立ち向かうハニーだったが、怪我を負わせた無法者に留めを刺すことを躊躇しているところをトーマスに助けられるのだった。

アメリカの街に戻るトーマスとハニー。トーマスはフランクを見つけ、保安官事務所に連行しようとするが、それを見たエメットが放った投げナイフを腹に受けてしまう。ホテルに運ばれたトーマスは、ハニーの前で事切れるのだった。ハニーはサルーンにいたフランクを決闘の末殺し、ルーファスも始末する。そして、旧刑務所で待つと、エメットに言付けるのだった。

旧刑務所で対決するハニーとエメット。エメットは物陰から投げナイフでハニーを刺そうとするが、そこに居合わせた牧師によって防がれる。そして決闘の末、ついにエメットは斃れるのだった。

【感想】

ラクエル・ウェルチを起用したお色気系西部劇、と思いきや、意外にも(?)内容は真っ当な復讐劇です。夫を殺された(ガンマンではないという意味で)一般人が、銃の達人の手ほどきを受け、自らの手で仇を打っていく、という筋書きは意外なほどに真っ当というか、スタンダード。一方で、多少コミカルなシーンも入っているのですが、その辺が全体のテイストとうまく合っているかと言われると、ちょっと判断が分かれるところ。

上半身は裸にポンチョを羽織っているだけ、というウェルチのスタイルは、西部劇基準では割と露出度高め。彼女が銃を抜こうとするたびに、ちらっちらっと見える脇腹が、チラリズム的な意味で逆に色っぽい。

ハニーがベイリーに作ってもらう銃をはじめ、なんか面白かったり、あまり見たことがない銃がちらほら登場しているのも見所の一つといえば一つですかね。ハニーの特製銃は、あまりストーリーの上で活かされていた気はしないのですが。

本作はイギリス映画なので、マカロニウエスタンの範疇には含まれないのですが、ほとんどのシーンのロケ地がマカロニウエスタンでお馴染みのアルメリア、タベルナスの荒野ということもあって、非常にマカロニウエスタン感が強いです。最序盤のコールダー家の牧場はフォート・ブラボー付近の荒野、序盤に出てくる街はフォート・ブラボーで撮影されていますし、後半の街はレオーネが建てたミニ・ハリウッドのセットで撮影されています。『夕陽のガンマン』(1965)ではエル・パソ銀行として使われていた建物が、本作ではホテルとして使われているのですが、この建物がホテルとして使われているケースってかなり珍しい気がします。だいたい、銀行とか、あとカジノとか。最後の旧刑務所のセットは、あれはどこだろう。

ロケ地がスペインの割には、マカロニ俳優はそんなに目につかないのですが、謎の牧師役で『増える賞金、死体の山』(1973)にも出ているスティーヴン・ボイドが出ていたり、ベイリーを襲うメキシコのならず者役でアルド・サンブレルが顔を出していたりはします。ボイドはスペイン人ではないですが。

斎藤武市(1960)『錆びた鎖』

製作国: 日本
監督: 斎藤武市
出演: 赤木圭一郎/小高雄二/笹森礼子/轟夕起子/大坂志郎

【あらすじ】

裸一貫から横浜港の荷役を扱う長岡企業の社長まで上り詰めた康三郎(小沢栄太郎)。彼には秀才の長男・健一(小高雄二)と、まだ学生だが荷役を担う沖仲仕たちと親しく付き合う少々荒っぽい次男・英二(赤木圭一郎)がいた。

ある日、彼は健一に2千万の手形を任せるが、彼がパクリ屋に騙されて手形を奪われてしまう。翌日、康三郎の元に手形を手に入れたという三田村(藤村有弘)から電話が掛かってくる。指定された料亭に向かった康三郎だったが、酒に薬を入れられ、挙げ句の果てには心臓麻痺に偽装されて殺されてしまう。

数日後の株主会議では健一が新社長に選ばれるが、水原(大坂志郎)という男が手形を持って現れ、強引に専務に就任してしまう。水原は沖仲仕たちの労働環境を顧みない、利益重視の経営を行う。沖仲仕たちの間に不満が高まっていたある日、英二とも仲が良かった政吉(杉山俊夫)が梯子を踏み外して転落死してしまう。

沖仲仕たちに懇請された英二は、水原を追い出すよう健一を説得するが、それには2千万の金が要る。健一は持参金を目当てに従妹の美枝(笹森礼子)と結婚しようとする。当初は賛成していた英二だったが、健一と関係のあった秘書・加奈子(白木マリ)から彼の狙いを聞き、健一を諌める。兄弟喧嘩のさなか、健一は英二に彼の出生の秘密をバラしてしまう。英二は実は康三郎の妻・時子(轟夕起子)の実子ではなく、キャバレーのママを務める妾の子だったのだ。家を飛び出す英二。彼は深夜、美枝の部屋に忍び込むと、彼女に健一との結婚を思い止まるよう忠告し、彼女への恋心を明かして去るのだった。

翌朝、英二の姿はドヤの風太郎たちの中にあった。風太郎の平太(西村晃)と親しくなった英二は、彼らと一緒に日雇いとして長岡企業の船に潜り込む。平太の助力もあって、手形事件の実行犯は松井組の身内だと明らかになる。そんなある日、騙された健一が危険なペトロリウムの仕事を請け負ってしまう。遂にストを起こす沖仲仕たちだったが、英二の機転と男気で、健一に協力し、危険な仕事を受けてくれることになる。

一方、英二の実母であるキャバレー・スタンキーのママが2千万を融通してくれることになり、健一はスタンキーに向かう。しかし、それを知った水原と松井組によって、2千万を受け取った直後拉致されてしまう。それを知った英二は水原を脅し、健一の監禁場所を吐かせる。英二は平太をはじめとする風太郎仲間とともに松井組の立てこもる倉庫を襲撃し、健一を助け出し、兄弟の絆を再確認するのだった。

松井組と水原は逮捕されたが、彼らに金を出していたのは、かつて康三郎に世話になった同業者の馬場(三島雅夫)だった。英二と健一は馬場企業に乗り込むが、水原の自白によって馬場も逮捕される。スタンキーに向かった英二だったが、ママはすでに故郷の福岡に帰ってしまった後だった……

【感想】

時間的に『幌馬車は行く』(1960)の後、『拳銃無頼帖 明日なき男』(1960)の前に撮影されているようなのですが、赤木圭一郎はこの時期には珍しい、まだ大学生の身分を演じています。と言っても、まだ実年齢は二十歳そこそこなので、大学生にぴったりの年齢ではあるのですが。影を背負っていることの多いこの時期の他作品と比べると、出生の秘密はあるものの、基本的には屈託のないキャラクターという印象。

「拳銃無頼帖」シリーズも、赤木と宍戸錠の関係性に重点が置かれ(この辺はシリーズの後の作品ほど顕著)、ヒロインはあくまで添え物、という印象が強いのですが、本作もそういった傾向が強く、赤木と小高雄二の関係性が修復に向かい始めるクライマックスになると、完全に笹森礼子は置いてきぼりにされ、自分の気持ちが分からない、と言ってフェードアウトしていった彼女の問題は映画の最後まで解決されません。

白木マリはこの時期の日活にはよくあるお色気担当ではありつつも、珍しく堅い会社員であり、健一のことも心配はしている、という善人の役柄。また、「拳銃無頼帖」シリーズでは頼りなくてしょっちゅう殺されている杉山俊夫は、本作のような陽気なキャラクターが意外と似合うのは発見でした。

野田幸男(1974)『0課の女 赤い手錠(ワッパ)』

製作国: 日本
監督: 野田幸男
出演: 杉本美樹/郷鍈治/室田日出男/丹波哲郎

【あらすじ】

女刑事の零(杉本美樹)は友人エミイ(柿沢エミ)を殺した大使館職員リチャードを殺し、留置所に入れられる。一方そのころ神奈川刑務所から出所した仲原(郷鍈治)は仲間たちとともにカップルを襲い、男は殺し、女をさらう。馴染みのスナック、マンハッタンの加律子(三原葉子)の元に女を連れてきた仲原たちは、その女が大物政治家、南雲善悟(丹波哲郎)の娘、杏子(岸ひろみ)だと気づく。彼女を人質に南雲に3千万円を要求する仲原。

要求を受けた南雲は、警察の日下(室田日出男)に事件を内々に処理するよう依頼する。日下は留置所の零を訪れ、釈放と職務復帰と引き換えに、誘拐犯を始末し、杏子を救出するように命じるのだった。

新宿駅での身代金受渡に現れた仲原は、刑事たちに追跡されるが、零によって助けられる。仲間たちは警察の犬ではないかと零を疑うが、零は自分の正体を知っている加律子を殺すことで、逆に彼らから信頼される。零は南雲に再び身代金を要求するよう仲原を促す。身代金を受け取りに現れた野呂(菅原直行)は日下によって殺される。

日下たちはマンハッタンを囲むが、それに気づいた仲原、関(荒木一郎)、稲葉(遠藤征慈)の3人は杏子と零を連れて逃走を図るが、仲原の弟、アキ(小原秀明)が杏子を逃がそうとする。怒りに駆られて仲原はアキを撲殺する。半ば狂気に陥りつつも仲間たちとともに逃走する仲原。彼らは横浜のアメリカ人の家に立て籠もる。仲原に怯えて逃げ出す稲葉だったが、日下たちに捕まり、拷問を受ける。零への連絡係として仲原の元に戻された稲葉だったが、それが仲原にばれ、稲葉は殺される。

家に火を付け、零と杏子を人質に再び逃走する仲原と関。麻薬を打たれて朦朧とした娘の姿を見た南雲は、娘もろとも全員を始末するよう、日下に指示を出すのだった。カーチェイスと銃撃戦の末、生まれ故郷のドヤに逃げ込んだ仲原と関だったが、日下との銃撃戦によって関は死に、仲原も隙を突かれて零に殺される。重傷を負いながらも零と杏子を殺そうとする日下も、逆に零によってとどめを刺されるのだった。

零は杏子を無事に東京に連れ戻し、マスコミにリークの末、警察署に駆け込ませる。政治生命を絶たれた南雲をよそに、零はタクシーに乗って去っていくのだった。

【感想】

東映が製作した女性アクション映画の傑作と言われる作品です。序盤から杉本美樹の裸が登場したり、三原葉子や岸ひろみもヌードがあったりと、セクスプロイテーション映画の側面も非常に強い作品。というか、この映画に登場した女性ほとんど全員脱いでる気がする。男も割と脱いでますが。

中盤で弟を殺して以降、どんどん狂気に陥っていく仲原を演じる郷鍈治がとても良い。常に何を考えているのかわからない荒木一郎もいい感じ。そして権力欲に突き動かされて零すらも始末しようとする室田日出男もぎとぎととしていてやっぱりいいです。杉本美樹については演技力はいまいちわかりませんが、この辺、マカロニウエスタンの主役と同じで、アクションが良くて雰囲気があればそレデ十分な感じです。

アメリカ人の邸宅を襲撃して以降、仲原は水平二連の散弾銃を持ち歩くのですが、ファッションも微妙にマカロニウエスタン感があって、マカロニファンとしてはその辺も面白い。クライマックスの銃撃戦シーンも、エンツォ・G・カステラッリばりの高低差を活かした銃撃戦があったり、ナイフと銃の対決があったりと、スタイリッシュなアクションが堪能できます。

反面、あんまり血が吹き出しすぎというか、スプラッターよりの演出は本作には必要だったのだろうか、という思いもあります。が、まあ、この時代の東映映画なのでその辺は仕方ないですか。

エンツォ・バルボーニ(1974)『縄張はもらった!』

Anche gli angeli tirano di destro
製作国: イタリア
監督: エンツォ・バルボーニ(E・B・クラッチャー)
出演: ジュリアーノ・ジェンマ/リッキー・ブルック/ラウラ・ベチェレッリ/ドミニク・バルト

【あらすじ】

チンピラのソニー(ジュリアーノ・ジェンマ)はある紳士からニューヨーク行きの切符をくすねてニューヨークに向かいますが、その紳士は脱獄したばかりのマフィア、タイガー(エドアルド・ファイエタ)の部下でした。列車の中でタイガーと遭遇したソニーは、口八丁で彼を丸め込み、マルベリー通りの権利を譲り受けることになります。しかし、マルベリー通りは今まで、メローネ、ニック、タイガーという3人のマフィアたちの間での中立地帯となっていたのでした。

マルベリー通りに着いたソニーは、彼の鞄を盗もうとしたバラバ(ドミニク・バルト)を手下にし、通りの店にみかじめ料を集めに向かいます。しかし商店主たちは、ロッキーという謎の人物に既に保護料を払っていると言って彼の要求を断ります。教会にも集金に行くソニーでしたが、謎の怪力牧師(リッキー・ブルック)に追い返されてしまいます。

そんな時、ソニーは街で出会った美女ヴァージニア(ラウラ・ベチェレッリ)に一目惚れ。集金のかたわら、自分を警察署長と偽り、彼女を追いかけ始めます。ヴァージニアもソニーにゾッコンの様子。

ソニーの執拗な集金攻勢を発端としてメローネとニックのファミリーの間で全面戦争が勃発し、彼らは共倒れに終わります。命の危険を感じたソニーは深夜、街を抜け出そうとしますが、怪しい動きをする牧師の姿を目に留めます。実は牧師こそがロッキーであり、彼は街の商店からジャガイモや穀物を盗み、それを密造酒にして販売し、その金で多くの孤児を養っていたのでした。そして、ロッキーはヴァージニアの兄でもありました。

ソニーを警察署長だと信じるヴァージニアの勘違いもあり、そしてソニーのロッキーを見逃す、という芝居もあって和解する二人。しかし、メローネとニックのファミリーが共倒れしたことを知り、タイガーが街に戻ってきます。タイガー一味はソニーを街から追い出そうとしますが、ソニーとロッキーの二人にこてんぱんにやられ、最後は警察に連行されて行くのでした。

【感想】

原題を見ると『くたばれカポネ』(1973)の続編か何かのように思われますが、主演がジェンマであることと、監督がバルボーニであること、あとは禁酒法時代のニューヨークを舞台にしたギャング・コメディである、くらいの共通点はあるものの、物語に繋がりはありません。言うなれば姉妹編のようなもの。

『くたばれカポネ』ではバッド・スペンサーがジェンマの相棒役でしたが、本作で登場するリッキー・ブルックは相棒とはちょっと言い難い立ち位置(最後の乱闘シーンではバッド・スペンサー的な活躍を見せるけれど)だし、終盤までジェンマの部下として動き回るドミニク・バルトも相棒というよりは、単なる手下(しかも最後のシーンには参加しない)という感じで、基本的にはジェンマの単独主演ものという印象。

そんなこともあり、本作は『くたばれカポネ』やヒル&スペンサーもののようなバディ・コメディ映画とは少々経路が異なります。

劇場公開時は『縄張はもらった!』と書いて「シマはもらった!」と読ませるタイトルだったようですが、DVDでは「シマはもらった」とカタカナ書きになり、なぜかついでに感嘆符も外れています。

エンツォ・バルボーニ(1973)『くたばれカポネ』

Anche gli angeli mangiano fagioli
製作国: イタリア/フランス/スペイン
監督:エンツォ・バルボーニ(E・B・クラッチャー)
出演:ジュリアーノ・ジェンマ/バッド・スペンサー/ロバート・ミドルトン/ビル・ヴァンダース

【あらすじ】

1920年代のニューヨーク、覆面レスラーのチャーリー(バッド・スペンサー)はマフィアのボス、アンジェロ(ロバート・ミドルトン)から試合での八百長を命じられる。しかし、試合中、頭に血が上ったチャーリーは対戦相手を倒してしまう。ソニー(ジュリアーノ・ジェンマ)の助けもあり、チャーリーは試合会場から脱出する。

一方ソニーはチャーリーの度胸と腕っ節を見込み、相棒になろうとまとわりつく。チャーリーの顔が割れていないことをいいことに、アンジェロの部下になることに成功する2人だったが、バーの用心棒をやれば上院議員をノシてしまい、みかじめ料の取り立てに行けば生来の人の良さが災いして、逆に貧しいイタリア人一家に金を恵んでやる始末。ボスへの上納金に困った2人は、敵対するコロシモ・ファミリーのギャングから金を巻き上げてしまう。

彼らがコロシモ・ファミリーにちょっかいを出したことにより、アンジェロのファミリーとコロシモ・ファミリーは戦争状態に入ってしまう。ソニーは金を巻き上げた相手のギャングの暗殺を、チャーリーは上院議員を暗殺し、コロシモ・ファミリーの仕業に見せかける仕事をボスから言い渡される。しかし、根っからの悪人ではない2人が悩んでいるうちに、何者かによってギャングは殺され、上院議員も死んでしまう。

そこに凄腕の刑事マッキントッシュ(ビル・ヴァンダース)が登場し、2人は捕まってしまうが、潜入捜査官だと嘘をつき、2人は釈放される。アンジェロのところに戻った2人だったが、イカサマがばれ、ほうほうのところで逃げだすが、助けてやったイタリア人家族の元を訪れたチャーリーがアンジェロに捕まってしまう。

埠頭でリンチにかけられそうになるチャーリーだったが、間一髪のところでソニーが助けに入る。あとはいつもの殴り合いからの目出度しめでたし。

【感想】

原題の「Anche gli angeli mangiano fagioli」は、日本語にすると「天使たちですら豆を食べる」となります。直接的には映画序盤に登場する救世軍の女性のセリフなのですが、本作のマフィアのボスも天使を意味するアンジェロという名前です。一方で、マカロニウエスタン・ファンならばジェンマが出演している本作でエンジェルと言われて真っ先に思い出すのは彼が『夕陽の用心棒』(1965)で演じたエンジェル・フェイスでしょう。そのエンジェルですら豆を食べる、となると、本作はジェンマをスペンサーと組ませて作った、ヒル&スペンサー映画みたいな映画だよ、というバルボーニからのメッセージを読み取るのは考えすぎでしょうか。

本作は基本的には、バルボーニ監督がいわば生みの親であり、その後も何作品かに携わっているヒル&スペンサー映画の派生というか、亜流として考えると分かりやすい作品です。一方で、ヒル&スペンサー映画では基本的には人は死なないのに対し、本作は20年代のニューヨークという舞台設定のせいか、前年に公開された『ゴッドファーザー』(1972)から影響を受けたと思われる暗殺シーンも一応は存在しており、ほんの少しカラーが異なる印象も受けます。本当にほんの少しですが……

映画序盤、ジェンマがカラテ道場のようなところで掃除夫をしているシーンがあるのですが、この時代のイタリア映画のこういうシーンって、なんでこう日本と中国が清々しいまでにごっちゃになっているんでしょうね…… 面白いけど。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ