今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

G:Comedy

エンツォ・バルボーニ(1983)『いけ!いけ!スパイ大作戦』

Nati con la camicia
製作国:イタリア/アメリカ
監督:エンツォ・バルボーニ
出演:テレンス・ヒル/バッド・スペンサー/デヴィッド・ハドルストン/リカルド・ピズッツィ

【あらすじ】

ローラースケートとヒッチハイクで旅をする風来坊ロスコー(テレンス・ヒル)は、刑務所から出所してきたばかりのダグ(バッド・スペンサー)とドライブインで出会う。トラックドライバーたちと大立ち回りを演じた彼らだったが、お互いがお互いのトラックだと勘違いした、実際は自分たちが伸したトラックドライバーのトラックに乗って行ってしまったため、武装トラック強盗犯として指名手配されてしまう。ロスコーの腹話術の特技を活かしてパトロール中の警察官の手から逃れた二人は、スタインバーグとメースンという人物になりすまし、飛行機でマイアミへと逃げるのだった。

飛行機が離陸する直前、政府の捜査官が二人を探しにくる。ついに御用かと観念した二人に、男はショルダーケースを渡して去ってゆく。ショルダーケースの中には100万ドルが入っていた。マイアミに着いた2人は空港で待ち構えていたエージェントに連れられてタイガー長官(デヴィッド・ハドルストン)の元へ。二人が成り済ましたスタインバーグとメースンは、政府の秘密エージェントだったのだ。

成り行き上仕方なく、エージェントとしてテキサスの富豪に化け、任務につく二人。そんな二人をK1(バフィ・ディー)を名乗る男の手下が襲う。二人の任務はK1の居所を突き止め、彼の野望を阻止することであった。二人は、あの手この手で二人を狙うK1の腹心スパイダー(リカルド・ピズッツィ)を撃退し、逆に彼を追ってK1のアジトへとたどり着く。

K1はスペースシャトルにK爆弾を積んだミサイルをぶつけ、この世から数字の概念をなくそうとしていた(言っている意味がわかりませんが、そういうストーリーなんです。仕方ない)。ロスコーは得意の腹話術でミサイルのタイミングをずらし、世界を救う。そして、おなじみの大立ち回りを経て、K1一味は逮捕されるのであった。

【感想】

おなじみ、テレンス・ヒル&バッド・スペンサーのコメディ・アクション。ストーリーは007シリーズのパロディで、Qのような秘密兵器開発者や、吹き付けるだけで女性がメロメロになるスプレー、縦に引っ張ると絶対に千切れないトイレットペーパー、防弾で自爆装置の付いた車など、それっぽいガジェットもちょこちょこ登場してなかなか愉快。

日本で紹介されているヒル&スペンサーの現代コメディ・アクションは9作品あるのですが、そのうち3本が本作の監督であるエンツォ・バルボーニのもの。元々彼らのコメディ・アクション路線の原点とも言うべき『風来坊/花と夕日とライフルと…』(1970)の監督だったということもあり、彼の監督した3本は日本で紹介されている2人のコメディ・アクションの中でも面白い部類と言えます(残り2作品は『笑う大捜査線』(1976)と『笑激のダブル・トラブル』(1985))。

次々に訪れるピンチをヒルの口八丁手八丁ぶりとスペンサーのブルドーザーのようなパワーでしのいで行くのを見ていると、幸せな気分になる映画です。ピンチと言っても、そこはいつものヒル&スペンサー映画。まったく手に汗握るハラハラ、みたいなのはないんですが。

Go for It (1983) on IMDb

スルジャン・ドラゴエヴィッチ(1996)『ボスニア』

Lepa sela lepo gore
製作国:ユーゴスラビア(セルビア)
上映時間:129分
監督:スルジャン・ドラゴエヴィッチ
出演:ドラガン・ビエログルリッチ/ニコラ・コヨ/ドラガン・マクシモヴィッチ

相も変わらず映画自体はそれなりに見ていたんですが、ブログの更新は怠っておりました。なんか、ちょっとブログにまとめることが自分にとって過負荷になってしまっていたもので。今後はのんびりしたペースで、紹介したい映画を紹介していく感じでやっていきたいと思います。

さて、久々にご紹介するのはセルビアの映画監督スルジャン・ドラゴエヴィッチの第1作。ユーゴスラビア紛争を、セルビア軍に入隊した青年ミラン(ドラガン・ビエログルリッチ)の目を通して描いた『ボスニア』です。ぼく自身、ユーゴスラビア紛争についてはあまり知識がないため、ちょっと不正確なのですが、おそらくユーゴ紛争の中でもボスニア紛争が舞台になっているものと思われます。

ユーゴスラビアの田舎町で幼馴染のセルビア人のミランとボスニャク人(ムスリム人)のハリル(ニコラ・ペヤコヴィッチ)は一緒に自動車整備工場をやりながら暮らしていました。ある日、紛争が勃発。ミランはセルビア側に、ハリルはボスニア側にそれぞれ入隊し、お互いに銃を向けあうことに。故郷の村に駐屯していたミランの舞台は、ボスニア側の迫撃砲にやられ、幼い頃巨人が棲んでいる……と言い伝えのあったトンネルの中へと逃げ込みますが、トンネルの出口はボスニア側に包囲されてしまいます。1日後、ブルジ(ゾラン・スヴィヤノヴィッチ)がトラックに乗ってやってきますが、そのトラックに忍び込んでいたアメリカのニュースキャスター、リサ(リサ・モンキュア)ごと包囲に巻き込まれてしまいます。何とか脱出しようと図るミランたちでしたが……というのが大まかなあらすじ。

映画は病院に収容されたミランの回想シーンとして進行していきます。回想の中にさらに回想があったり、ミランが所属している隊の仲間たちの入隊経緯がフラッシュバックのように挟まれたりと、時間軸を自由自在に編集しながら展開していきます。登場人物の顔を見分けるまでは少し混乱するものの、そこまでややこしくはない感じ。

ミランの仲間たちは籠城の中で一人、また一人と倒れて行くのですが、そのシーンで走馬灯のように彼らの過去の日常風景が映し出されるのですが、ベタな編集ながら非常に効果的。

クライマックスのシーンを含め、なぜ内戦が起きてしまったのか、ということが監督を含め、まだ答えを探して苦しんでいる様子が非常に出ています。本作では99年には内戦が終わって平和が戻ってきた……かのような描写があるものの、実際には主要な内戦自体は2000年まで続くことになります。


 Lepa sela lepo gore
(1996) on IMDb

王晶(1992)『チャウ・シンチーの ロイヤル・トランプ2』

鹿鼎記II 神龍教/Royal Tramp 2
製作国:香港
上映時間:97分
監督:王晶
出演:周星馳/林青霞/邱淑貞/任世官

先日ご紹介した『ロイヤル・トランプ』(1992)の続編。と言うより、前後編のような扱いの作品であり、両方を見てはじめて内容がしっかり分かる構成になっているとも言えます。監督や主なキャストは前作同様ですが、前作で既に死んでいる呉孟達は当然登場しなかったり、術で姿を変えていた設定になっている龍児が張敏から林青霞(ブリジット・リン)に交代していたりと、多少の異動はあります。

 「少林サッカー」のチャウ・シンチー主演による、ワイヤー・アクションが盛りだくさんの時代劇ファンタジー。監督は「霊幻道士」などの香港映画界のヒットメーカー、バリー・ウォン。前作の大ヒットを受けて急きょ製作されたという本作は、原作のあった前作と違い、完全オリジナルストーリー。前回計略を阻まれた龍兒は、復讐の機会をうかがっていた。そんなときに皇帝が自分の妹を、平西王一族に嫁に出すと言い出して、相変わらずちゃらんぽらんな韋小寳を道中の護衛に付けるのだが…。

アホらしくも金と力のかかった演出(火薬とかワイヤーアクションとか)は前作同様しっかりとしたクオリティ。さらに物語が佳境に入ったことによって、ストーリーのスケールは大きくなっており、なかなか見応えがあります。一方で、やはりストーリー展開が飛ばし気味なのは致し方ないところか。

登場人物の性格など、原作小説とはだいぶ異なっている部分もあり、忠実な映画化とは言えないものの、周星馳演じる韋小宝はかなり当たり役という印象を受けます。

Royal Tramp II (1992) on IMDb

袁和平(1979)『燃えよデブゴン7』

林世榮/Magnificent Butcher
製作国:香港
上映時間:114分
監督:袁和平
出演:洪金寶/李海生/関徳興/馮克安/樊梅生

香港カンフー映画の武術指導といえばこの人、という感のある袁和平が洪金寶(サモ・ハン・キンポー)を主演に、黄飛鴻の弟子の一人である実在の人物、林世榮の事績を脚色して描いたのが本作です。林世榮を演じるのが洪金寶、彼の師である黄飛鴻には初代黄飛鴻役者である関徳興が扮しているのも、往年のファンには嬉しい見どころでしょう。

肉屋として働いている林世榮は黄飛鴻の高弟の一人として武術の修行にも励んでいました。ある日、弟である世光(蔣金)が妻の張月梅(唐晶)を連れて世榮を訪ねてきますが、そこを黃飛鴻の道場のライバルである五龍堂堂主・高霸天(李海生)の一人息子、大海(馮克安)に見つかり、好色な大海によって月梅は攫われてしまいます。

世榮は謎の武術の達人、福成(樊梅生)の助けもあって月梅の奪回に成功しますが、その際、霸天の養女である蘭心(陳琪琪)も誤って連れ出してしまいます。世榮の住処にたどり着いた大海は、彼の留守を襲って蘭心を襲おうとし、誤って彼女を殺害してしまいます。しかし、それを世榮の仕業に見せかけ、父である霸天に世榮を殺させようとするのでした……というお話。

『燃えよデブゴン7』と、デブゴンシリーズであるかのような邦題が付いていますが、例によって例のごとく、まったく関係ない洪金寶作品をあたかもシリーズもののように見せかけているだけです。ストーリーとしては、愚かなトリックスターである高大海の行動にすべての登場人物がひたすら振り回され続けている、という少々すっきりしない展開ながら、濡れ衣を着せられた世榮がその復讐を果たすシーンにはなかなかカタルシスがあります。その一方で、クライマックスの世榮と霸天の対決については、霸天が悪人であるようにはあまり描かれていないこともあって、やはり少々すっきりしない感じも。

一方の格闘のシーンは序盤の関徳興と李海生の貫禄の対決から、中盤の元彪と林正英の対決、クライマックスの洪金寶と李海生の対決と、さすがに見応えがあります。今のアクションを見慣れた目からすると、少々のんびりしている印象も受けますが、それだけに、「本物っぽい」見応えがあります。

 Lin Shi Rong
(1979) on IMDb

王晶(1992)『ロイヤル・トランプ』

鹿鼎記/Royal Tramp
製作国:香港
上映時間:106分
監督:王晶
出演:周星馳/張敏/邱淑貞/温兆倫/呉孟達

王晶(バリー・ウォン)は1990年代はじめに周星馳(チャウ・シンチー)を主演に据えて何本かコメディ映画を作っているのですが、本作もその1本。原題の「鹿鼎記」からもわかるように、本作は金庸の武侠小説の映画化なのですが、物語の大筋は原作通りながら、細かな部分ではかなり映画独自の脚色を入れ、雰囲気的には完全に別物になっています(このころの香港の金庸原作作品はこんなのばっかりです)。王晶の作風は周星馳をさらに泥臭く、下品に、くだらなくしたイメージであり(そのくせさらっと大作も撮ったりする)、本作も彼の特徴と、周星馳のキャラクターがぴったりと合った作品に仕上がっています。

 「少林サッカー」のチャウ・シンチー主演の時代劇ファンタジー。チャウ・シンチーとの名コンビであるン・マンタも出演している。監督は「霊幻道士」などの香港映画界のヒットメーカー、バリー・ウォン。香港では有名な物語を、ワイヤー・アクション満載で豪華絢爛かつばかばかしく映画化。宮廷にあるという宝を盗み出すために、宦官に化けて宮廷内にもぐりこんだ韋小寳。しかし予定外なことに、後宮の美女たちにもてたうえ出世までしてしまって…。彼の運の良さは、はたしていつまで続くのだろうか?

個人的には1980年代後半から90年代前半が香港ワイヤーアクションの全盛期だと考えているのですが、本作も序盤のオーバイ(徐錦江)の掲げられた旗の上を駆け抜けるアクションから始まり、さすがアクション監督を程小東が務めているだけのことはあるアクションシーンが続きます。それをアクションだけではなくギャグシーンでも使ってくるのは王晶監督らしいというか何というか。

おそらく観客は「鹿鼎記」の大筋を知っているだろうという前提のもとで物語が展開されている節もあり、まったく原作を知らない人が見ると、ところどころ唐突に感じられるストーリー展開もあるような気がしますが、まぁ、あの原作を上下2本の作品(後編は『チャウ・シンチーの ロイヤル・トランプ2』(1992))にまとめる以上、仕方のない面もある気はします。

本作では長年にわたり周星馳の女房役を務めていた呉孟達が白塗りの宦官役に扮してコミカルな演技を見せているところも見どころのひとつです。

 Lu ding ji
(1992) on IMDb

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ