今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

G:Animation

藪下泰司(1958)『白蛇伝』

製作国: 日本
監督: 藪下泰司
出演(声): 森繁久彌/宮城まり子

【あらすじ】

中国の宋の時代、小さな頃白蛇を助けた許仙は、長じて不思議な胡弓の音色を聞く。その音色に惹かれ、ペット(?)のパンダとミミとともに、音色の主を探しに出かけた許仙は、少青という少女に誘われ、不思議な屋敷にたどり着く。そこには音色の主である美しい女性・白娘がいたが、彼女は昔許仙が助けた白蛇が女性の姿となったものだった。恋に落ちる二人。一方、パンダとミミが屋敷の龍の彫像で遊んでいたところ、龍が動き出し、旧邸の宝物庫に墜落してしまう。宝物庫で美しい宝石を見つけた少青はそれを白娘と許仙に贈る。

あくる日、許仙は宝石泥棒として役人に捕まってしまう。妖怪変化が絡んだ事件だと見抜いた高僧・法海の助言で許仙は蘇州へと追放される。蘇州へ流されても白娘のことが忘れられない許仙は、ついに白娘の住処である古ぼけた塔にたどり着く。しかし、許仙のことを心配する法海が二人の間に割って入り、白娘と法海の妖術勝負の末、破れた白娘は人間になる力を失ってしまう。一方、白娘の幻を追いかけた許仙は崖から墜死してしまう。許仙を哀れに思った法海は、彼を弔おうと、湖に浮かぶ自分の寺へと彼の亡骸を運んでいくのだった。

一方、幻となった白娘は宇宙を飛び、あらゆる妖怪の親玉である龍王の元へ、許仙を救うために向かっていた。龍王の力によって白娘は人間となり、許仙を蘇らせるための命の花を持って法海の寺へと向かう。妖怪変化が再びやってきたと勘違いした法海は白娘を追い返そうとするが、少青やミミ、パンダたちの活躍もあって無事に許仙は生き返る。それによって白娘が人間へと生まれ変わったと気付いた法海は、彼ら二人に祝福を与え、二人は船に乗って旅立っていくのだった。

【感想】

本作は日本最初のカラー長編アニメーション映画とされています。戦前にも『桃太郎の海鷲』(1943)などのアニメーション映画はありましたが、カラーになったのは本作が最初の模様。オープニング、許仙の子供時代は影絵アニメーションにミュージカル仕立てで始まるため、全編そんな感じなのかと思いましたが、すぐに彩色された絵が動く、いわゆる通常のアニメーションに変わり、あとは最後までその技法で描かれます。

いわゆる異類婚姻譚の流れを組む中国の説話が元になった物語で、こういった話は「聊斎志異」なんかにも多く収録されていますが、本作は中国で「四大民間伝説」とされる「白蛇伝」が元になっています。こういった伝説はアンハッピーエンドを迎えるものも多いのですが、本伝承については、何系統か存在し、本作のようにハッピーエンドを迎えるバージョンももともと存在する模様。

白娘と法海の対決シーンや、その後の嵐のシーンなど、迫力あるシーンが多く展開され、いま見てもかなり面白く見られます。また、パンダやミミ(あれは何でしょうね、レッサーパンダ)が蘇州の愚連隊である豚やイタチなんかと戦って子分にするシーンもコミカルな面白さがありました。

演出を務めている藪下泰司はのちに劇場版の『ひょっこりひょうたん島』(1967)の演出にも携わっています。

クリス・ルノー/ピエール・コフィン(2010)『怪盗グルーの月泥棒 3D』

Despicable Me
製作国:アメリカ
上映時間:95分
監督:クリス・ルノー/ピエール・コフィン
出演(声):スティーヴ・カレル/ミランダ・コスグローヴ/デイナ・ゲイアー/エルシー・フィッシャージェイソン・シーゲル

第3作にあたる『ミニオンズ』(2015)の公開を間近に控えているクリス・ルノー、ピエール・コフィン両監督によるCGアニメーション映画。2人ともフランス人のようで、本作のスタッフにも多くのフランス人の名前が見られますが、映画自体はアメリカ映画のようです。

 世紀の大泥棒を目指す男が、ある悪だくみから孤児の三姉妹を利用しようとするものの、思いがけず愛情が芽生えてしまうさまをユーモラスに綴るハートウォーミング・アドベンチャー・コメディ。監督は、共にこれが長編デビューのクリス・ルノーとピエール・コフィン。
 大泥棒グルーの生きがいは、世界をあっと驚かせる物を盗むこと。そのために、バナナから作られた怪盗軍団“ミニオン”を従え、涙ぐましい努力を続けていた。そんなある日、ピラミッドが盗まれ大ニュースに。悔しがるグルーは、負けてなるものかと、月を盗むことを決意する。ところが、宿敵ベクターの横やりで作戦失敗の危機に。そこで、ベクターを陥れるため、養護施設で暮らす三姉妹、マーゴ、イディアス、アグネスを利用することを思いつく。こうして三人を養女に迎え入れたグルーだったが…。

ミニオンってバナナから作られた怪盗軍団だったのかー。特に映画内でそれについて言及されてはいませんでしたが。以前『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)を見に映画館に出かけた際、予告編で流れていたミニオンたちのコミカルな動きに魅了されたのが本作を見てみたきっかけです。

怪盗グルー(スティーヴ・カレル)が、利用するために引き取った3人の子供たちに感化されて、優しい心を取り戻していく、というストーリーは王道ですが、王道だけに心地よく、面白い。そこにコメディアンとしてのミニオンのキャラクターが入ってくるので、常に大笑いしながら見ていられます。

それにしても、この何の説明もなく登場するミニオンというキャラクターが本当に面白い。これは彼らを主人公にした作品(『ミニオンズ』)が作られるのも納得で、公開が非常に楽しみです。

 Despicable Me
(2010) on IMDb

アレクサンドル・ペトロフ(1999)『老人と海』

The Old Man and the Sea
製作国:ロシア/カナダ/日本
上映時間:23分
監督:アレクサンドル・ペトロフ
出演:三國連太郎/松田洋治

ガラス版の上に油絵具を使い指で描く、というガラスペインティングという独特の手法で制作されたアニメーション映画。日本語版の監督は和田敏克が務めています。監督のアレクサンドル・ペトロフはそれまで何度もアカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされていたのですが、本作でついに受賞しました。

 アーネスト・ヘミングウェイによる同名小説の映画化作品で、アカデミー賞の「短編アニメーション賞」を受賞。監督はロシアのアニメ作家、アレクサンドル・ペトロフ。29,000枚ものガラス板に絵を描いて重ねた、迫力の映像が繰り広げられる。老人の声を俳優の三國連太郎が演じたことでも話題になった。キューバの漁村に住むひとりの老いた漁師・サンチャゴの悩みは、84日間何も釣れていないことだった。しかし85日目、ついに巨大なカジキが餌にかかる。彼は強大な力を持つ魚と戦いを続けるが…。

ストーリーはアーネスト・ヘミングウェイの「老人と海」を忠実に踏襲しています。ただし、短編映画であるため、老人と鮫の戦いのシーンが短かったり、最後に旅行者が魚の残骸を見て話すシーンがカットされていたりと、割とあっさりした作りになっています。その一方で、アニメーションならではの表現で老人と魚の仲間意識が表現されていたりと、幻想的なシーンが多めになっています。

本作の見どころは何と言ってもその独特な手法による映像の美しさ。ガラス板に油絵具で絵を描く、という手法は西洋絵画にも見られるものですが、それを動かすという労力は想像するだにものすごいもの。それで描かれた海面の表現、海中の表現、そして特に暗闇での光の表現は本当に美しいものでした。

ウィルフレッド・ジャクソン(1932)『Musical Farmer』

製作国:アメリカ
上映時間:7分
監督:ウィルフレッド・ジャクソン
出演(声):ウォルト・ディズニー/マルセリート・ガーナー

『シンデレラ』(1950)、『わんわん物語』(1955)などのディズニー・アニメーションの共同監督も務めたウィルフレッド・ジャクソンの手になる短編アニメーション。よく知られているとおり、ウォルト・ディズニー自身がミッキーの声をあてています。

ストーリーは他愛のないものです。ミッキーとプルートが畑に種を蒔いていると、蒔いた端から鴉が食べてしまいます。それを追いかけたプルートは案山子と衝突し、案山子の服に潜り込んでしまいます。そのままの格好でミニー(声:マルセリート・ガーナー)を驚かすミッキーとプルートですが、それがバレて逆に笑われてしまうのでした。

その後、ミッキーとミニーが楽器を演奏しだすと、それに合わせて牧場の鶏たちが歌いながら卵を産みますが、一羽の鶏がとても大きな卵を産みました。ミッキーはそれを見て写真に撮ろうと大急ぎで家にもどったのですが……というお話。

7分という短編なので筋や演出にも取り立てて言うべきところはありません。音楽と、それに合わせて歌い踊る鶏たちが愉快な作品です。

加藤久仁生(2008)『つみきのいえ』

製作国:日本
上映時間:12分
監督:加藤久仁生

株式会社ロボット所属の加藤久仁生が監督した短編アニメーション映画。12分というコンパクトな時間に収まったコンパクトなお話が、優しい色調とタッチの映像と、近藤研二によるピアノとギターを中心としたアコースティックな音色で語られます。

 映像作家・加藤久仁生が制作した短編アニメーションで、後にフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で最高賞を受賞、さらにはアカデミー賞の短編アニメ映画賞をも受賞し、一躍世間の話題となった。海面が上昇したことで水没しつつある街に一人残り、まるで塔のようにそびえ立った家で暮らしている老人がいた。彼は家が沈みかけるたびに、積み木のように上へ上へと家を建て増しすることで難をしのぎつつも穏やかに暮らしていた。そんなある日、彼はお気に入りのパイプを海中へと落としてしまう。それを拾うために彼はダイバー姿になって海中へと潜っていくが、やがて彼はかつて共に暮らしていた家族との思い出を回想していく。セリフが無く物語は淡々と進むが、海外で受賞後に日本で上映された際には女優の長澤まさみがナレーションを担当した。

上へ上へと年とともに伸びてゆく家、という舞台装置は、それを逆に下へ下へと辿ることによって、自然に過去を想起させる装置として活用されます。まず、この設定の妙と、押し付けがましくない映像によって、さらりと語られる一人の老人の人生。温かな映画です。

DVDにはオリジナルバージョンと長沢まさみがナレーションを入れたバージョンが収録されています。まず、オリジナルを見てみてください。それから、ナレーション入りバージョンを見る(ぼくはこの順で見ました)、のでも良いのですが、同じ時間を掛けるなら、もう一度、オリジナルを見ることをおすすめします。

長沢まさみのナレーションも、説明的になりすぎることもなく、言葉少なめで淡々と描写していおり好感がもてます。しかし、映像だけで十分に雄弁な物語の前では、観客の想像の幅を狭める蛇足でしかないように感じられます。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ