今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

G:Adventure

安田公義(1964)『座頭市関所破り』

製作国: 日本
監督: 安田公義
出演: 勝新太郎/高田美和/滝瑛子/平幹二朗/伊井友三郎

【あらすじ】

座頭市(勝新太郎)は幼い頃はぐれた父親の面影を追い求め、かつて初日の出を見に行った妙義山でご来光を拝もうと、笠間の宿に向かっていた。宿外れで一人の男から手紙を預かった市は、笠間宿の旅籠、武蔵屋で女中を勤めるお仙(滝瑛子)にそれを届ける。正月稼ぎを目当ての旅芸人たちでいっぱいの武蔵屋に宿をとった市は、行方知れずとなった名主の父を探し求める娘お咲(高田美和)と相部屋になる。

一方、土地の顔役である甚兵衛(上田吉二郎)は、旅芸人たちに高額の場所代を要求する。文句を言う芸人たちだったが、代官加島五郎太(河野秋武)の後ろ盾のある甚兵衛には逆らえない。そんな武蔵屋に、市に手紙を託した男、新助(千波丈太郎)が訪ねてくる。彼はお仙の兄で、江戸に強訴に向かった、お咲の父である名主を、甚兵衛たちにそそのかされて殺したが、甚兵衛たちに裏切られ、島流しになっていたが、復讐のため、島抜けして舞い戻ってきたのだった。二人の話を聞く市。

その夜、甚兵衛の賭場に出向いた市は、文無しの老人儀十(伊井友三郎)と、代官の用心棒をしている沖剛之助(平幹二朗)と出会う。儀十からは父の面影を感じ、一方で剛之助とは一瞬で互いの技量を認め合った。

ある夜、新助の隠れ家を尋ねるお仙について行った市だったが、甚兵衛の手下に後をつけられ、新助は殺されてしまう。今際の際に、名主殺しの経緯を聞いた市だったが、それをお先には話せなかった。しかし、父の死を知ったお咲は、知っていながらそれを告げなかった市を責める。市はお咲を村に送り返すため、儀十に道案内を頼む。しかし、儀十は酒代欲しさにお咲を甚兵衛に売ってしまう。関所に監禁されるお咲。市に懐いていた角兵衛獅子の兄弟からそのことを知らされた市は関所に向かう。

助け出したお咲を角兵衛獅子の兄弟に預けた市は、そのまま関所に殴り込みをかける。ついに対決することになった市と剛之助。数合の打ち合いの末、市の刀の前に剛之助は倒れる。市はそのまま加島、甚兵衛らを打ち滅ぼし、ご来光を拝むために妙義山に向かうのだった。

【感想】

昨日ご紹介した『座頭市血笑旅』(1964)に続く、シリーズ9作目が本作。監督の安田公義は本作の他には第5作『座頭市喧嘩旅』(1963)、第15作『座頭市鉄火旅』(1967)、第18作『座頭市果し状』(1968)、第22作『新座頭市 破れ!唐人剣』(1971)、第25作『新座頭市物語 笠間の血祭り』(1973)の、合わせて6作品で監督を務めています。

前作と比べると、流れ者の主人公が、旅先で権力者によって苦しめられている被害者を助ける、という、何というかTV時代劇のテンプレート感の強い作品なのですが、市が父の面影を見出す儀十や、市の好敵手として登場する剛之助など、なかなか魅力的なキャラクターが多数登場しており、そういった部分を見るのは非常に面白い。また、殺陣のシーンについては前作よりも力が入っており、迫力がある印象があります。

序盤、旅芸人たちの中に中田ダイマル・ラケットが混じっているのが賑やかで面白い。また、平幹二朗は出演当時30歳前後だったと思われますが、息子の平岳大と非常によく似ていて驚きました。

三隅研次(1964)『座頭市血笑旅』

製作国: 日本
監督: 三隅研次
出演: 勝新太郎/高千穂ひづる/石黒達也/金子信雄

【あらすじ】

文珠の和平次(石黒達也)率いる追っ手に追われつつ甲州路を行く市(勝新太郎)。道中で籠を雇うが途中で、赤ん坊を抱えながら差し込みに苦しんでいるおとよ(川口のぶ)に気づいた市は、自分の駕籠を彼女に譲ってやる。しかし、おとよは待ち伏せしていた和平次たちに人違いで殺されてしまう。それを知った市は、駕籠かきの土平(沖時男)と馬助(越川一)と共に、信州宮本村のおとよの亭主宇之助(金子信雄)の元まで赤ん坊を連れてゆくことにする。

四人連れで旅を始めた市たちだったが、そんな市を和平次たちが襲う。一人を返り討ちにした市だったが、土平と馬助は和平次たちを恐れ、逃げ出してしまっていた。赤ん坊と二人で旅を続ける市。一方の和平次は、土地の顔役である半五郎(杉山昌三九)を抱き込み、市を付け狙う。

賭場で大立ち回りを演じた市は、その翌日、侍に追われる掏摸お香(高千穂ひづる)を助け、赤ん坊の世話をしてもらう為に彼女を雇う。和平次の襲撃をかわしながら三人は宮本村にたどり着く。市は宇之助のもとに向かうが、堅気だったはずの宇之助はやくざの頭になっていた。宇之助にはおとよも赤ん坊も知らないと言われ、市は屋敷から追い返される。

おとよの遺髪を弔うため、寺を訪れた市だったが、和尚(加藤嘉)から、赤ん坊は寺に置いていくよう諭される。赤ん坊に愛情を感じていた市は当初渋るが、彼のためを思い、和尚に託すことにする。そこに宇之助からの呼び出しが入る。和平次から市のことを聞いた彼は、自分の名を上げるため、市を騙し討ちにしようとしていたのだ。得意の聴力を封じる、松明を使った宇之助たちの作戦に苦戦する市だったが、結局は和平次も宇之助も市の仕込み杖の前に倒れた。和尚に別れの挨拶をすると、彼は子守唄を口ずさみながら、どこかへの去っていくのだった。

【感想】

本作は「座頭市」シリーズの第8作にあたる作品なのですが、実はこのシリーズを見るのは本作が初めてだったりします。勝新太郎の出演作は「座頭市」シリーズといい、「兵隊やくざ」シリーズといい、ものすごく長いシリーズ作品が多く、ちょっと手が出しづらい印象があったんですよね。なんか、見るならやっぱり第1作からじゃないとダメかなあ、とか。まあ、この時代のこういうシリーズ作品は、大抵そんなことはないんですが。本作も、市が基本的に善人で、仕込み杖を使った抜刀術がものすごい強い盲人、ということだけ把握しておけば、まあ、ほぼ問題はない感じ。

三隅研次監督は本作のほかには、第1作の『座頭市物語』(1862)、第12作『座頭市地獄旅』(1965)、第17作『座頭市血煙り街道』(1967)、第19作『座頭市喧嘩太鼓』(1968)、第21作『座頭市あばれ火祭り』(1970)と、全部で6作品で監督を務めている模様。74年のTV版でも監督に名を連ねているようです。

子連れの勝新ということで、ユーモラスな演出も比較的多く見られる本作ですが、殺陣は地味ながら、市の人間味が色濃くにじみ出ていたり、勝新のキャラクター性の明るい部分が印象に残ります。初めて見た「座頭市」が甲州路を舞台にしているというのも、山梨在住のぼくとしては何かの縁でしょうか。と言っても、韮崎から信州の方に抜ける部分が舞台になっているので、あまり生活圏とは重なっていませんが。

殺陣は全体的に地味なのですが、クライマックスの燃える裾を翻しながら戦うシーンは迫力があり、また絵的にも非常に鮮やかで印象的です。

しかし、以前たまたま観た『兵隊やくざ強奪』(1968)といい、なぜか勝新映画は彼が赤ん坊を拾う映画ばかり観ているような気がします。

ヴェルナー・ヘルツォーク(1972)『アギーレ/神の怒り』

Aguirre, der Zorn Gottes
製作国: 西ドイツ
監督: ヴェルナー・ヘルツォーク
出演: クラウス・キンスキー/デル・ネグロ/ペーター・ベルリング/ルイ・グエッラ

【あらすじ】

1560年末、南アメリカに進出したコンキスタドーレスの一人、ゴンサロ・ピサロ(アレハンドロ・レプエス)は幻のエル・ドラドを求めてアンデス山脈を越え、山中を彷徨っていた。前進は困難と見たピサロは、ドン・ペドロ・デ・ウルスラ(ルイ・グエッラ)率いる分遣隊に周囲の調査を命じ、本隊には引き上げの命令を出す。

ウルスラ率いる分遣隊は筏で河を下るが、途中渦に巻き込まれた筏が先住民の襲撃を受ける。ウルスラたちは対岸に退避するものの、河の増水で筏を流されてしまう。ウルスラは本隊に戻ることを決定するが、副官のアギーレ(クラウス・キンスキー)が叛逆を起こす。ウルスラを撃って負傷させた彼は、高位の貴族であるドン・フェルナンド・デ・グスマン(ペーター・ベルリング)をエル・ドラド皇帝に即位させる。宣教師カルバハル(デル・ネグロ)を裁判長に据えた法廷はウルスラに死刑を宣告するが、グスマンは減刑してエル・ドラド市民権の剥奪に止める。

筏を作りなおしたグスマン皇帝一行はさらに河を下る。先住民の襲撃を受けたり、人食いの村に辿り着いたりしながらもエル・ドラドを求めて河を下ってゆく。途中、グスマン皇帝は死に、それを契機として護送されていたウルスラも殺される。黄金と権力に取り憑かれたアギーレは「神の怒り」を自称してエル・ドラドを目指すが、ついには腹心のペルーチョ(ダニエル・アデス)もカルバハルも、さらには娘のフローレス(セシリア・リヴェーラ)も先住民の放った毒矢に倒れるのだった。アギーレはそれでもなお、諦めずに南アメリカ、メキシコ征服の野望を語りながら、筏と共に消えてゆくのだった。

【感想】

クラウス・キンスキーの代表作の一つ。ペルーのワイナ・ピチュで撮影された本作は、実際のアンデスの険峻な山並みをとらえたショットや、増水する河を筏で下っていくショットなど、過酷な撮影が窺い知れる場面の連続で、なんかほんとに物凄い映画です。過度な演出もなく、淡々とドキュメンタリー・タッチで描かれる物語の中で、やはりクラウス・キンスキーの存在感というか、一人で不穏な気配を出し続ける佇まいはさすが。

いわゆる文明人であるウルスラやグスマンたちが、ほとんど手付かずの自然や正体を表さない原住民たちに悩まされるうちに、次第に正気を失ってゆく様が丁寧に描かれています。キンスキー演じるアギーレについては、もともと比較的狂気に近い人物造形なのであれですが、皇帝就任以降だんだんと壊れてゆくグスマンの描写は興味深い。

本作では最後に矢に倒れる宣教師のカルバハルですが、実在の彼はアマゾン川を下りきり、生還している模様です。

エンツォ・バルボーニ(1983)『いけ!いけ!スパイ大作戦』

Nati con la camicia
製作国:イタリア/アメリカ
監督:エンツォ・バルボーニ
出演:テレンス・ヒル/バッド・スペンサー/デヴィッド・ハドルストン/リカルド・ピズッツィ

【あらすじ】

ローラースケートとヒッチハイクで旅をする風来坊ロスコー(テレンス・ヒル)は、刑務所から出所してきたばかりのダグ(バッド・スペンサー)とドライブインで出会う。トラックドライバーたちと大立ち回りを演じた彼らだったが、お互いがお互いのトラックだと勘違いした、実際は自分たちが伸したトラックドライバーのトラックに乗って行ってしまったため、武装トラック強盗犯として指名手配されてしまう。ロスコーの腹話術の特技を活かしてパトロール中の警察官の手から逃れた二人は、スタインバーグとメースンという人物になりすまし、飛行機でマイアミへと逃げるのだった。

飛行機が離陸する直前、政府の捜査官が二人を探しにくる。ついに御用かと観念した二人に、男はショルダーケースを渡して去ってゆく。ショルダーケースの中には100万ドルが入っていた。マイアミに着いた2人は空港で待ち構えていたエージェントに連れられてタイガー長官(デヴィッド・ハドルストン)の元へ。二人が成り済ましたスタインバーグとメースンは、政府の秘密エージェントだったのだ。

成り行き上仕方なく、エージェントとしてテキサスの富豪に化け、任務につく二人。そんな二人をK1(バフィ・ディー)を名乗る男の手下が襲う。二人の任務はK1の居所を突き止め、彼の野望を阻止することであった。二人は、あの手この手で二人を狙うK1の腹心スパイダー(リカルド・ピズッツィ)を撃退し、逆に彼を追ってK1のアジトへとたどり着く。

K1はスペースシャトルにK爆弾を積んだミサイルをぶつけ、この世から数字の概念をなくそうとしていた(言っている意味がわかりませんが、そういうストーリーなんです。仕方ない)。ロスコーは得意の腹話術でミサイルのタイミングをずらし、世界を救う。そして、おなじみの大立ち回りを経て、K1一味は逮捕されるのであった。

【感想】

おなじみ、テレンス・ヒル&バッド・スペンサーのコメディ・アクション。ストーリーは007シリーズのパロディで、Qのような秘密兵器開発者や、吹き付けるだけで女性がメロメロになるスプレー、縦に引っ張ると絶対に千切れないトイレットペーパー、防弾で自爆装置の付いた車など、それっぽいガジェットもちょこちょこ登場してなかなか愉快。

日本で紹介されているヒル&スペンサーの現代コメディ・アクションは9作品あるのですが、そのうち3本が本作の監督であるエンツォ・バルボーニのもの。元々彼らのコメディ・アクション路線の原点とも言うべき『風来坊/花と夕日とライフルと…』(1970)の監督だったということもあり、彼の監督した3本は日本で紹介されている2人のコメディ・アクションの中でも面白い部類と言えます(残り2作品は『笑う大捜査線』(1976)と『笑激のダブル・トラブル』(1985))。

次々に訪れるピンチをヒルの口八丁手八丁ぶりとスペンサーのブルドーザーのようなパワーでしのいで行くのを見ていると、幸せな気分になる映画です。ピンチと言っても、そこはいつものヒル&スペンサー映画。まったく手に汗握るハラハラ、みたいなのはないんですが。

Go for It (1983) on IMDb

ビクトル・トレグボヴィチ(1972)『バイカルの夜明け』

Dauriya
監督:ビクトル・トレグボヴィチ
出演:ヴィタリ・ソローミン、イェフィム・コペリャン、ミハイル・ココシェノフ、スヴェトラーナ・ゴロヴィナ、ピョートル・シェロホーノフ

【あらすじ】

第一部

1914年夏、ロシア東方のバイカル湖近くのダウリヤ地方にある小さなオルロフスキー村では、コサックのアタマン(隊長)であるエリセイ(イェフィム・コペリャン)の指導のもと、村人たちは日々の暮らしを送っていた。村にはロマン(ヴィタリ・ソロミン)という若者が暮らしていたが、彼の家族からは政治犯ワシーリー(ワシーリー・シェクシーン)が出ていたため、村の一部の者からは軽んじられていた。

狼狩りや隣村との草刈場をめぐる小競り合い、そして収容所からの脱走犯の捕獲騒動などの小さな騒動がありながらも、村では淡々と日常が送られていく。

ロマンにはダリヤ(スヴェトラーナ・ゴロヴィナ)という恋人がいたが、村で裕福な雑貨屋の息子アレクセイ(ウラジミール・ロセフ)も彼女に惚れていて、何かとロマンと敵対していた。麦の刈り入れが終わる頃、アレクセイの父はアタマンのエリセイを仲人に立て、ダリヤの父エピファン(ヒョードル・アジノコフ)に結婚を申し込む。それを受けるエピファン。

それを知ったロマンはダリヤに駆け落ちを提案するが、ダリヤはその提案を拒み、両親の言いつけに従い、アレクセイとの結婚を決めるのだった。村の教会で行われる結婚式の当日、村は祝福に湧いていたが、ロマンは一人物思いにふけっていた。そこにエリセイがロシアとドイツが開戦した、との知らせを持って帰ってくるのだった。

第二部

4年後、ロマンのおじで政治犯として収容されていたワシーリーは赤軍の極東方面司令官となり、村を出たロマンも彼の下で指揮官となっていた。折しも赤軍はセミョーノフ率いる反革命軍に対して劣勢に立っていた。ワシーリーは4年前オルロフスキー村で鍛冶屋として潜伏していたセミョーン(ユーリ・ソロミン)の進言を聞き入れ、セミョーノフ軍の機関車に対し、爆弾を積んだ列車を激突させる作戦を実行する。列車にはセミョーンとオルロフスキー村出身のフェドット(ミハイル・ココシェノフ)が乗り込んだ。セミョーンの犠牲によって作戦は成功するが、セミョーノフ軍の進撃は止まらない。

形勢不利と見たワシーリーは撤退を検討し、ロマンにチタの財政部にある軍資金を後方に移すよう命じる。しかし、前線から逃げ戻ってきた司令官が反乱を起こし、チタの財政部を襲撃。ロマンはフェドットの助けもあって、なんとか逃げ延びる。森に潜伏していたロマンをはじめとする赤軍部隊だったが、あるとき反革命派のコサックによって捕えられてしまう。ロマンは拘留された鉱山の収容所で同郷のミーシュカと再会。ダリヤと結婚したアレクセイの死を知らされる。

処刑されかけるフェドットとロマンだったが、間一髪のところで脱走に成功。ロマンはフェドットと逸れてしまうものの、ダリヤの住む家にたどり着き、介抱を受ける。回復を待ち、故郷の家に戻ったロマンだったが、アタマンのエリセイが逮捕にやってくる。何とか逃げ延びたロマンは、赤軍残党のコミューンでフェドットにも再会。残党を立て直し、鉱山を襲撃。白軍将校を捕縛し、軍勢を整える。

一方その頃オルロフスキー村に白軍の懲罰部隊が訪れ、革命軍に同情的だったかどでエリセイをむち打ちにし、ダリヤを逮捕して連れ去ろうとする。彼女の逮捕に抗議したロマンの父セベリヤン(ピョートル・シェロホーノフ)は殺されてしまう。そこにロマン率いる赤軍部隊進軍の知らせが届き、懲罰部隊は一目散に逃げ出してゆく。

村に着いたロマンは、ダリヤとの再会を喜ぶものの、父の死を目の当たりにし、部隊を率いて懲罰部隊を追って村を飛び出すのだった。

【感想】

監督のビクトル・トレグボヴィチの作品で日本で劇場公開されたのは本作のみ。というか、今回ブログを書くために調べるまで、本作が日本公開されていたのは知りませんでした。1935年に生まれ、ソビエト崩壊直後の1992年に亡くなった、ほぼ全生涯をソビエト時代に送った世代の映画監督です。

本作はソビエトウエスタンとしてしばしば紹介されるのですが、西部劇というより戦争映画という印象が強いです。まあ、ソビエトウエスタンの中でもいわゆる「東部劇」は赤軍の東方進出を描いた作品が中心なので、戦争映画との区分けがなかなか難しい、というか、そもそもあまり区分けに意味がない、という感じもあります。主人公のロマンが率いているのが騎兵隊だったり、馬で馳け廻るシーンが多いのはウエスタン的という感じはします。

本作は大きく第一部と第二部に分かれ、それぞれ1時間半ほど。全部で3時間の大作です。前半では古いコサック集落の生活が描かれ、封建主義的ながら牧歌的な生活がのんびりと描かれる中に、ロマンのおじワシーリーの存在や、政治犯の逃走と射殺などの不穏を感じさせる要素が散りばめられています。

一方の第二部は映画冒頭から大規模な銃撃戦あり、少人数の部隊による司令部襲撃ありの、最初っから最後までクライマックス状態の中で、アタマンの家父長的権威の崩壊や、コサック集落の変容、そして何より社会主義的正義に目覚めていくロマンの姿が描かれます。

正直、第二部だけでも十分映画として成立はしており、アクションやウエスタン要素はほぼ全て第二部に存在しています。と言って、第一部は蛇足かというとそんなこともなく、ここを丁寧に描いていることで第二部が活きてくる、というか、そういう存在です。また、単純に第一部で描かれる農村の風景はなかなかに美しい。

一方で第二部は第二部で、大規模な銃撃戦や爆弾を積んだ列車による突撃など、大規模なアクションシーンが目白押しで、こっちはこっちでそういう面白さもある、一粒で二度美味しい的な映画でもあります。まあ、当時の一般的な映画に比べると2倍の上映時間なので、どちらも描けたということもあるでしょうが。

本作は日本で劇場公開されているものの、今に至るまで日本ではVHSやDVDなどのソフト化は行われていません。しかし、幸いにもRUSCICO(ロシア映画カウンシル)から出ている海外版DVDに日本語字幕が収録されており、それが入手できれば全く問題なく日本語環境で見ることが可能です。

Dauriya (1972) on IMDb

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ