今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

D:Stephen_Chow

周星馳(2013)『西遊記~はじまりのはじまり~』

西游·降魔篇
製作国:中国
上映時間:110分
監督:周星馳
出演:文章/舒淇/黄渤/羅志祥

『ミラクル7号』(2008)以来5年ぶりとなる周星馳(チャウ・シンチー)の監督作。彼は実は以前にも『チャイニーズ・オデッセイ』(1995)二部作という、西遊記を題材にした作品を作っているのですが、今回の作品とは直接の関係はなく、『チャイニーズ・オデッセイ』を見ていたほうが面白い、というシーンは(たぶん)特になかったと思うので、『少林サッカー』(2001)以来の周星馳ファンも安心して楽しめる作品です。

本作は2013年の春節に香港、台湾で、その後中国本土で公開されたのですが、日本では一向に公開されるという話が出てこず、日本未公開になっちゃうかな、と思っていたタイミングで日活の新レーベル「GOLDEN ASIA」での公開が決定して、『食神』(1996)あたりから、欠かさず劇場で観ている周星馳ファンとしては非常にありがたかったです。

 「少林サッカー」「カンフーハッスル」のチャウ・シンチー監督が“西遊記”をモチーフに描く奇想天外ファンタジー・アドベンチャー・コメディ大作。主演は「トランスポーター」「クローサー」のスー・チーと「海洋天堂」「ドラゴン・コップス -微笑(ほほえみ)捜査線-」のウェン・ジャン。
 これは、三蔵法師が孫悟空たちと天竺目指して旅に出る前のおはなし。彼がまだ玄奘という名の冴えない妖怪ハンターの若者だった頃。玄奘は川に出没する謎の妖怪(後の沙悟浄)を退治しようと悪戦苦闘中。そこへ、美人の妖怪ハンター段が現われ、妖怪を鮮やかに退治する。山奥の料理屋にやって来た玄奘は、またしても謎の妖怪(後の猪八戒)相手に苦戦しているところを、突然現われた段に救われる。しかし一度は生け捕りにしたものの、豚から巨大なイノシシに姿を変え逃げられてしまう。やがて師匠から“あの妖怪を倒せるのは、五指山のふもとに閉じ込められた孫悟空だけ”と教えられ、五指山へと向かう玄奘だったが…。

前作の『ミラクル7号』は割とマイルドな人情ものだったので、星爺(周星馳の愛称)も落ち着いてきて、こういう路線で行くのかなぁ、と思っていたのですが、そんなことはなかった。むしろ『少林サッカー』とか『カンフーハッスル』(2004)よりやりたい放題でした。感覚的には、『食神』のクライマックスのハイテンションとんでも展開が最初から最後までフルスピードで展開される感じです。

Allcinemaのあらすじを見てもわかるとおり、本作は主人公である玄奘(文章)が自らの力と役割に目覚め、孫悟空(黄渤)、沙悟浄(李尚正)、猪八戒(陳炳強)を仲間にし、天竺へと旅立つまでが描かれる作品です。妖怪ハンター、という玄奘の職業が割合のっけからぶっ飛んでいる感じがしますが、周星馳作品なので、というか、ワイヤーアクションの伝統と伝奇物語の伝統がある香港なので(どうやら本作は完全に中国作品のようですが)、そこまで突拍子もない印象はありません。というか、そこで引っかかると話が先に進まないので……。そこはあっさり受け入れましょう。

振り返ってみると、ストーリー展開自体はそこそこ王道です。が、例によってどんなシーンでもお構いなしにギャグや小ネタを挟んでくるので、それで話が長くなっているというか、そこが見どころというか。制作費は大きくなって、CG使いまくって、音声が中国語(普通話)になったりしていますが、やりたいことは結局『食神』や『喜劇王』(1999)で完成されているという印象を受けました。ベースストーリーとしては、ダメな男(でもどこか見所がある)が一旦ボロボロになって、自分の眠っていた才能を開花させる……というのが基本パターン。毎回結末は一捻りしてあったりしますが。

また、周星馳は日本の漫画ファンだったり、武侠小説ファンだったりというのが有名ですが、本作の満月を見ると孫悟空や妖怪たちがパワーアップする、というのはおそらく「ドラゴンボール」のパロディでしょう。『DRAGONBALL EVOLUTION』(2009)で全然やりたいことをやらせてもらえなかったらしいので……ここで鬱憤ばらししたのかもしれません。武侠要素としては、今回分かりやすい金庸や古龍のパロディは(たぶん)ありませんでしたが、空虛公子(羅志祥)や北斗五形拳使い(行宇)、天残足(張超理)のキャラクターは非常に金庸の武侠小説的でしたね(突然現れる、人の話を聞かない、すぐ喧嘩する、など)。武術の造形は古龍っぽいかな。

今回監督作としては初めて周星馳は出演していないのですが、文章の役どころは15年くらい前だったらおそらく周星馳自身が演じただろうな、という役どころです。演出の仕方も周星馳主演映画に近い感じなので、従来の周星馳作品ファンも楽しめる作品に仕上がっています。ただ、文章は周星馳よりも少し真面目そうというか、根っから善人そうな感じですね。

今回、主演の文章は大陸出身の俳優ですが、段小姐役の舒淇は香港の女優です。また、空虛公子を演じた羅志祥は台湾で有名なポップ歌手でもあり、中香台の映画界の交流がますます盛んになっていることが伺えます。

周星馳/李力持(1999)『喜劇王』

喜劇之王 / King of Comedy
製作国:香港
上映時間:90分
監督:周星馳/李力持
出演:周星馳/張柏芝/莫文蔚/呉孟達

『少林サッカー』(2001)以降日本でもかなり有名になった周星馳(チャウ・シンチー)監督、主演による人情コメディ。共同監督の李力持(リー・リクチー)は『食神』(1999)や『少林サッカー』でも周星馳と共同で監督をしており、ファンにはおなじみの監督です。

 99年の香港映画の興行成績1位となったチャウ・シンチー監督・主演の恋愛活劇コメディ。演劇への思いは人一倍だが、理論ばかり先立ってエキストラにさえなれない役者ワン。それでもめげないワンは、管理人をしている公民館の横に手作りの舞台を作り、公演をすることに。近所をうろつく不良少年たちを誘ってみたが、誰も相手にしてくれない。そんな折、ぶっきらぼうで客をとれない女子高生パブのホステス、ピュウピュウが、演技を習いにワンの許へやってくる……。

『食神』あたりまでの周星馳映画と比べると、シリアスシーンというか、少々「泣かせにきている」シーンが多い印象があり、その辺が周星馳ファンからすると評価が分かれるところ。ただ、周星馳はこの後『ミラクル7号』(2008)など人情路線の映画も撮影するようになっており、本作もそうした路線の一作と言えるでしょう。

『食神』や『少林サッカー』で見られた美人女優いじりは本作では特になく、ヒロインの張柏芝(セシリア・チャン)もとても可愛らしい。まぁ、先の2作のせいで周星馳は女優をいじる、という印象がありますが、実際は別にそういうこともないんですが。『食神』ではその犠牲となった莫文蔚(カレン・モク)も本作では非常にかっこうよい役どころ。

笑い一辺倒ではないものの、きれいに起承転結がまとまっており、家族で見ても楽しめる安心な映画に仕上がっているといえます。

成龍(ジャッキー・チェン)が意外なところでカメオ出演しているのですが、これは同時期に撮影された成龍主演の『ゴージャス』(1999)に周星馳がカメオ出演しているので、そのお返し、という感じなんでしょうね。どちらが先なのかはわかりませんが。

李力持/周星馳(1994)『0061/北京より愛をこめて!?』

國産凌凌漆 / From Beijing with Love
製作国:香港
上映時間:83分
監督:李力持/周星馳
出演:周星馳/袁詠儀/羅家英/陳寶蓮

本作はこのブログでも何度も紹介している周星馳が初めて正式に監督した映画です。共同監督を務めた李力持とは、本作の後も『食神』(1996)、『喜劇王』(1999)など、特に1990年代は何本も共作しています。『少林サッカー』(2001)で世界的にも(日本でも)知られるようになった周星馳ですが、このころの香港特有のベタなコメディがぼくは一番好きです。

 日本では今二つ知名度がないが、香港ではジャッキーより人気者のシンチー。これまで、昔のボブ・ホープみたいなぼやきギャグのおかしさが伝わってこなかったが、パロディ満載の本作は、007もどきはお飾りで、それより最近の香港映画に多少とも通じている方が一層楽しめる快作(でも、一番笑えたのはシルエットを駆使したオープニング・タイトル。これはもろ007)。北京で貴重な恐竜の化石が強奪され(「ジュラシック・パーク」の冒頭に雰囲気がそっくり)、事態を重くみた中国諜報部は、長らく停職状態にあった、今は市場で肉屋を営むステファンを呼び戻し、化石密売の情報が流れた香港に派遣する。同じくかつて彼の上司だった兵器開発担当も復帰するが、この御仁の考えつく秘密兵器が超くだらなくて笑える。また、現地で彼の手助けをする美人諜報員に人気急上昇中のA・ユンが扮するもの魅力で、自身の出世作「つきせぬ想い」のパロディなどを愉しげに演じている。本家007のような大冒険活劇にはなりようのない後半は少々ツラいが(「ロボコップ」風の鎧を着た“黄金銃”を持つ謎の男が最大の敵だ)、銃は使えなくとも包丁さばきは見事な(もちろん武器として使用)シンチーはズッコケもほどほどでなかなかカッコ良い。

タイトルからも分かるように、本作は先日紹介した『008(ゼロ・ゼロ・パー)皇帝ミッション』(1996)同様、007のパロディ映画。ただ、『008〜』が時代もので非常にぶっ飛んでいたのに対し、本作は現代の深セン、香港を舞台にし、なかなかしっかりとした物語展開で魅せてくれます。もちろん、周星馳の映画なので笑いどころもたっぷりですが、『悪漢探偵2』(1983)のようなガジェット・アクション的趣向もあり、そういった面からもなかなか楽しめる映画です。

もちろん、オープニングや黄金銃、そしてまるでジョーズのようなキャラクターなど、パロディシーンもてんこ盛り。また、本作にはまだ20代前半だった袁詠儀も出演しており、彼女のかわいらしさも楽しめる作品になっています。

周星馳/谷徳昭(1996)『008(ゼロ・ゼロ・パー)皇帝ミッション』

大内密探零零發 / Forbidden City Cop
製作国:香港
上映時間:90分
監督:周星馳/谷徳昭
出演:周星馳/劉嘉玲/李若彤/羅家英

周星馳が主演した007パロディものは本作のほかに少なくとも『0061/北京より愛をこめて!?』(1994)が存在しています。正直映画としての出来は本作よりも『0061〜』のほうがまとまっているのですが、星爺特有のナンセンスギャグを楽しみたいなら本作もおすすめです。共同監督は星爺の一番のヒット作である『少林サッカー』(2001)にもカメオ出演していた谷徳昭。

 今から数百年前、中国紫禁城には皇帝陛下直属の秘密警備隊があり、彼らは皇帝を守るべく日頃から武術に修行に専念していた。そんなある日、皇帝はそれぞれの修行の成果を見るため警備役達を呼び出し、彼らが習得した武術を披露するように命じる。その結果に皇帝は大満足だったが、ただ1人修行もせず、下らない発明ばかりをしている008に腹を立てた皇帝は彼をクビにしてしまう。やがて彼は産婦人科になり、愛する妻と平凡な日々を過ごしていたが、ある時何者かが皇帝の命を狙っているという情報を入手する……。主人公のチャウ・シンチーを含めた出演者達の体を張ってのドタバタギャグ、笑いの中にも時折見せるカンフーアクション&剣術アクションで描くアクション・コメディ。

実は本作は香港で発売されていたVCD版(音声は広東語で字幕は中国語のもの)も所持しており、10年くらい前に見たときにはすごく面白かった記憶があるんですよ。そこで今回日本版のDVDを見直してみたのですが、さすがに1回目ほどの衝撃はありませんでしたが、やはりそれなりに面白かったです。それでもやっぱりVCD版ほどじゃなかったのは、字幕の問題か、ぼくの感性が変わってきたのか……。

ストーリーは明国皇帝の暗殺を狙う金国皇帝の陰謀から、星爺演じる秘密警備隊員が発明を活かして守るというもの。そこに宇宙人やら女装の麗人やら何やらかんやら要素を詰め込むと本作になります。全体のストーリーはかなり強引ですし、つながりに無理はあるものの、一つ一つのギャグは非常に面白いため、圧倒されて見ているうちにいつの間にかエンディング、という……。

周星馳と劉嘉玲の鴛鴦夫婦ぶりは、見ていて恥ずかしくなるくらいですが、本家007には存在しようのない微笑ましい要素です。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
プロフィール

todaysmovie

  • ライブドアブログ