今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

D:Sergio_Leone

セルジオ・レオーネ(1961)『ロード島の要塞』

Il colosso di Rodi
製作国:イタリア/スペイン/フランス
監督:セルジオ・レオーネ
出演:ロリー・カルホーン/レア・マッセリ/ジョルジュ・マルシャル/コンラード・サン・マルティン

本作は、『荒野の用心棒』(1964)、『夕陽のガンマン』(1965)などの作品で知られるマカロニウエスタンの代表的監督であるセルジオ・レオーネの初監督作です。日本でも劇場公開され、VHSも発売されていたのですが、長らくDVD化されていませんでした。今回HDリマスター版としてDVD化されたことにより、巨匠の初監督作に気軽に接することができるようになったことは非常に嬉しいことです。

 ロード島に実在する巨像要塞をテーマにした歴史スペクタクル。レオーネの単独監督としてのデビュー作。戦斗シーンからラストの天変地異まで彼の監督としての確かなセンスをうかがい知ることのできる貴重な一本。

前284年に建てられたロード(ロドスとも)島の巨像と、前226年の地震によるその倒壊という史実を経糸に、島に休暇で訪れていたアテネの英雄ダリオ(ロリー・カルホーン)が、ロード島のセルセ王(ロベルト・カマルディエル)の重臣ティレオがフェニキアと組んで王位を簒奪しようとする陰謀に巻き込まれる、という物語を緯糸にストーリーが展開されていきます。実際には巨像は建てられてから倒壊まで50年以上の時間経過があるわけなのですが、本作では長く見積もっても1ヶ月程度ってところになっていますね。

ジャンルとしては当時イタリアで盛んに制作された史劇、いわゆるソード&サンダルものになるわけなのですが、ジャンルが合わなかったのか、後に西部劇で見られるような特徴的な演出はまだほとんど見られません。ただ、その中でも、巨像のギミックや、中盤の処刑場からの脱走シーンの音楽と演出など、面白いシーンも多く、全体としては水準以上の娯楽作に仕上がっています。クライマックスの地震のシーンも、これでもかというほどのスペクタクルシーンとして仕上がっており、なかなかの見せ場になっていました。

コンラード・サン・マルティン、ロベルト・カマルディエルなど、後のマカロニウエスタンでもたまに見かけることのできる俳優さんも出ており、そういった部分でも楽しめます。

セルジオ・レオーネ(1971)『夕陽のギャングたち』

Giù la testa
製作国:イタリア
上映時間:156分
監督:セルジオ・レオーネ
出演:ロッド・スタイガー/ジェームズ・コバーン/ロモロ・ヴァリ/アントニー・セント・ジョン

最近レオーネの映画を観直そうと思い、立て続けに観直しています。本作は彼が『ウエスタン』(1968)に続いて監督した西部劇であり、彼の最後の西部劇でもあります。この後は『ミスター・ノーボディ』(1974)の製作を務めたあと、最後の監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(1984)を監督しました。

 メキシコに流れ着いたアイルランド革命の闘士マロリー。彼はそこで、山賊のミランダという男と知り合う。やがて二人はメキシコ革命に巻き込まれ、反政府軍のために戦うことになるが……。「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」の巨匠S・レオーネが、20世紀初頭のメキシコを舞台に、二人の男の活躍を描いたマカロニ・ウェスタン。R・スタイガーとJ・コバーンという二大スターの存在感、豪快と哀愁の緩急を見事に操る演出、それにかぶさるE・モリコーネの美しくも切ないメロディ……。戦場における男同士の友情をドライに、そしてしんみりと描く傑作アクション。これぞ男泣きの映画!
 革命の動乱が続く1913年のメキシコ。陽気な山賊のフアンはある日、オートバイを駆りダイナマイトを武器にしているアイルランド革命の闘士ジョンと出会う。彼らは手を組んで銀行を襲おうと列車に乗り込み、車中出会った博士と共に現地に到着。しかし、襲撃した銀行には金ではなく政治犯が監禁されており、博士も実は革命軍のひとりだった。彼らを解放したことから英雄として祭り上げられる一方、政府軍に追われる身となってしまったフアンとジョン。やがて2人はアメリカへ向かおうとするも、今度は政府軍を乗せた列車を襲撃する先鋒役を命じられるハメになるのだが…。

メキシコ革命ものが流行っていたマカロニウエスタンに対するレオーネなりの回答が本作なのでしょう。無教養なメキシコ人と教養のあるヨーロッパ人というコンビは、セルジオ・コルブッチ監督の『豹/ジャガー』(1968)や『ガンマン大連合』(1970)を彷彿とさせます。一方で、コルブッチとは異なり、ジョン(ジェームズ・コバーン)をアイルランド革命の闘士に設定したことにより、革命に熱心な部外者と自分の家族にしか関心のない粗野な男という独特の関係が成立しました。

また、コルブッチの映画ではほとんど描かれることのなかった、ヨーロッパ人側の人物の過去の経歴が丹念に描かれます。そのせいで「マカロニウエスタンらしさ」という点ではあまりマカロニウエスタンらくない映画に仕上がってはいるものの、クライマックスのジョンの行動に説得力を持たせることに成功しています。

その他のB級C級のマカロニウエスタンと比べると破格の予算で製作されており、石橋の爆破シーンや、大勢のエキストラを動員しての戦闘シーン、そして機関車同士の激突のシーンなど、迫力あるシーンも多く盛り込まれており、2時間半という長尺がそこまで気にならない作品に仕上がっています。

セルジオ・レオーネ(1968)『ウエスタン』

C'era una volta il West
製作国:イタリア/アメリカ
上映時間:141分
監督:セルジオ・レオーネ
出演:クラウディア・カルディナーレ/チャールズ・ブロンソン/ヘンリー・フォンダ/ジェイソン・ロバーズ

セルジオ・レオーネが『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(1966)に続いて監督したのが本作。「昔々西部で」という原題が示すとおり、クラウディア・カルディナーレ演じる未亡人ジルを中心に、無法者たち、町の人々、資本家、そして西へと伸びる鉄道という数々の要素を取り入れた大河ドラマ的西部劇です。

 殺された農場主の妻が、流れ者のガンマンの手を借りて、鉄道会社の陰謀と戦う。H・フォンダが冷酷なガンマンを演じる西部劇。兄の敵を追う主人公にC・ブロンソン。
 いよいよ鉄道が敷かれようとしていたアメリカ西部の砂漠。その土地を買った移住者のマクベインを、鉄道局の悪徳役人と冷酷なガンマン、フランクが付け狙う。やがてそこへ、マクベインの婚約者ジルやハーモニカが得意なひとりの凄腕ガンマンがやって来ると、マクベインは何者かに銃殺されていた。彼を密かに殺していたフランク一味は、今度は土地の所有権を引き継いだジルを執拗に狙い始める。だが、そこに立ちはだかるハーモニカの男。彼はある恨みを晴らすため、復讐の機会を窺っていたのだった…。

レオーネの映画にしては珍しく、女性を主役に据え、西部開拓時代末期の鉄道の延伸という出来事を物語の中心に据え、そこにブロンソン演じる兄の仇を付け狙う男と、フォンダ演じる冷酷な殺し屋との戦いを絡ませた作品です。

『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』でも書きましたが、このころのレオーネの西部劇は大作化、そしてそれに伴う上映時間の長大化が発生しており、マカロニウエスタンとしては例外的な存在になってはいます。しかし、さすがに潤沢な費用をつぎ込んで製作された西部の町のセット(荒野に鉄道まで通してしまった!)や、そこで生活する人種も階級も異なる多くの人々の描写は見応えがあり、また、本筋も整理されており、無駄のない展開ではあるので、あまり長い感じはしません。

子供まで殺してしまう冷酷な殺人鬼を演じたフォンダも、ハーモニカを持つ謎の男を演じたブロンソンも非常に素晴らしいのですが、やはり西部で自立してゆく女性を演じたカルディナーレと、彼女に惹かれながらも去ってゆく無法者を演じたジェイソン・ロバーズの姿が非常に印象に残ります。特にロバーズはコミカルな演技とシリアスな演技を使い分け、非常に印象に残るキャラクターになっています。

必ずしもマカロニウエスタン的ではない映画ではありますが、西部劇としては非常に面白い、必見の映画だと思います。

セルジオ・レオーネ(1966)『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』

Il buono, il brutto, il cattivo.
製作国:イタリア
上映時間:179分
監督:セルジオ・レオーネ
出演:クリント・イーストウッド/リー・ヴァン・クリーフ/イーライ・ウォラック/アルド・ジュフレ/ ルイジ・ピスティッリ

セルジオ・レオーネが監督した『荒野の用心棒』(1964)、『夕陽のガンマン』(1965)に続く「ドル三部作」の最後の作品にして、スケールも制作費も上映時間も最大となったのが本作です。南北戦争を背景に、3人の悪党が南軍の財宝を巡って虚々実々の駆け引きを繰り広げます。

 コンビを組んでお尋ね者の懸賞金をだまし取っていたジョーとテュコ。二人はある日、逃走中の強奪犯から、20万ドルもの大金を奪う。だがその金をねらって、セテンサという凄腕のガンマンがやってきた……。三人の男たちの、虚虚実実の駆け引きをユーモラスに描いた痛快ウェスタン。騙しだまされ合いながら、コンビを組むC・イーストウッドとE・ウォラックの絶妙の台詞回しがおもしろい。オリジナルは170分。

前2作には明確な時代背景は存在しませんでしたが、本作では「背景」というには少々前面に出過ぎているくらいに南北戦争という背景が描き込まれます。そのために製作費用も、映画の上映時間も非常に長いものになっており、(特に後者が理由で)ファンの中でも評価が分かれる作品です。もちろん、名作なのは誰もが認めるところではありますが、例えば『夕陽のガンマン』と本作ではどちらが面白いか、という部分で意見が分かれたりしています。

確かに3人の魅力的な登場人物の駆け引きを描くだけならば、ここまで背景である南北戦争に時間を割く必要もないような気もしますが、「名無し」のロマンティックでセンチメンタルな一面が色濃く現れるのが、この南北戦争絡みのシーンであり、また、トレードマークのポンチョを身に着けるシーンも南北戦争絡みのシーンであることを考えると、やはり必要な演出である気はします。それでも上映時間が長いという意見には賛成しますが。

冒頭、イーストウッドが「いい奴」、クリーフが「悪い奴」、ウォラックが「ずるい奴」と紹介されますが、映画を観ていると、イーストウッドが「いい奴」にはどうしても見えないんですよね。どっちかと言うとウォラックのほうが「いい奴」に見えてきます。本作に対する論評として、善玉と悪玉を字幕で表示するような分かりやすい作品、という文章を見たことがあるのですが、一概にそんなことはなく、これはレオーネ一流の皮肉であるような気もします。

また、ドル三部作の一部であることを考えると、本作の主人公は当然、イーストウッド演じる「名無し」になるわけなのですが、マカロニウエスタンの作法に照らし合わせると、ここでもやはりウォラックが主人公にも見えます。

いずれにしろ、イーストウッドとウォラックのやりとり、橋爆破のシーン、そして語り継がれる三角決闘のシーンと、これを見ずしてマカロニウエスタンは語れない作品のひとつであることは間違いありません。

セルジオ・レオーネ(1965)『夕陽のガンマン』

Per qualche dollaro in più
製作国:イタリア/スペイン
上映時間:132分
監督:セルジオ・レオーネ
出演:クリント・イーストウッド/リー・ヴァン・クリーフ/ジャン・マリア・ヴォロンテ/クラウス・キンスキー/アルド・サンブレル

荒野の用心棒』(1964)が大ヒットしたセルジオ・レオーネが前作にも出演したイーストウッドとヴォロンテに加え、アメリカで悪役俳優として少しは知られていたものの、交通事故の後遺症で半引退状態だったリー・ヴァン・クリーフを迎えて作り上げたマカロニウエスタン。前作よりもスケールも制作費も(あと上映時間も)スケールアップした作品です。

 「荒野の用心棒」に続いてイーストウッドが主演した、セルジオ・レオーネ監督によるウェスタン。殺人強盗犯と、彼をめぐって衝突しあうふたりの賞金稼ぎを描く。主題歌もヒットしたE・モリコーネの音楽も絶好調で、リー・ヴァン・クリーフが渋い役どころをこなす佳篇。

このブログで紹介するマカロニウエスタンは、本作で98本目になるのですが、実はレオーネの作品を紹介するのは2本目だったりします。もちろん、今まで見たことがなかったわけもなく、何度も見返した作品なのですが、ブログを書きはじめてから、しっかり通して見直してなかったことと、まぁ、今さら紹介しなくても皆さんご存知だろうということで、未紹介でした。今回3年ぶりくらいにしっかり通して観たのですが、やっぱり面白いですね。

ストーリーやレオーネに特徴的な演出(アップが多いとか、時間が長いとか)、それにモリコーネの音楽の素晴らしさは散々語り尽くされていますので、もうここではあまり語りません。今回は、(マカロニ的に)豪華なインディオ(ヴォロンテ)の手下たちを見ていきます。

まず、クリーフに絡んで殺されるワイルド役にはあのクラウス・キンスキー。本作でも凶暴な演技を見せてくれます。そして、インディオに濡衣を着せられて殺されるクチーヨ役にはアルド・サンブレル。本作ではそこまで目立ちませんが、数多くのマカロニウエスタンで重要な悪役を演じた名バイプレイヤー。その他にもルイジ・ピスティッリやベニート・ステファネッリなど、B級マカロニウエスタンでならメインの悪役も張れる濃い男たちが勢揃いしたインディオ一味は、マカロニファンならば見ているだけで非常に愉快です。

序盤から中盤にかけての銀行強盗の舞台になるエル・パソはスペインの南東部、アルメリア郊外の荒野のセットで撮影されました。そこは、現在はミニ・ハリウッドというテーマパークになっています。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ