今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

CS

J・R・マーチェント(1963)『墓標には墓標を』

El sabor de la venganza
製作国:イタリア
上映時間:80分
監督:J・R・マーチェント(ホアキン・ルイス・ロメロ・マルチェント)
出演:リチャート・ハリソン/クラウディオ・アンダリ/ミゲル・パレンスエラ/グロリア・ミランド

先日亡くなられたスペインのホアキン・ルイス・ロメロ・マルチェント監督がメガホンをとったマカロニウエスタン。イタリア、スペイン合作の初期の西部劇です。主演は『赤い砂の決闘』(1963)でも主演していたリチャード・ハリソン。この時期の伊=西西部劇界では引っ張りだこだったようです。

ブラッド(ミゲル・パレンスエラ)、チェット(クラウディオ・アンダリ)そしてジェフ(リチャード・ハリソン)の3兄弟は幼い頃無法者に父親を殺され、母親・ルイザ(グロリア・ミランド)からその仇を討ってもらいたいと言われながら育ちました。長兄のブラッドは落ち着いた牧場主に、次兄のチェットは血の気の多いガンマンに、そして三男のジェフは法によって街に秩序をもたらそうという理想主義者に育ちます。チェットはそんなジェフが気に入らず、喧嘩を繰り返していました。

そんなある日、酒場での諍いからチェットが殺人を犯してしまいます。兄弟たちはチェットを逃し、チェットはさすらいの旅に出るのでした。時が経ち、ブラッドは結婚して農場を管理し、ジェフは警察に入り署長にまで昇進していました。ジェフは父親の仇がメキシコ国境の街に隠れていると、保安官からの知らせを受け、街に向かいます。しかし、彼が街に着く前に保安官は殺されてしまっていたのでした。

一方、独自に父親の仇を狙っていたジェフも、仇の片割れを見つけ、拷問の末もう一人の行方を吐かせます。彼はブラッドを誘って仇のいる街へと向かうのでした……というお話です。

『赤い砂の決闘』と同時期の西部劇ですが、こちらは劇場未公開。しかし、映画の完成度としてはこの『墓標には墓標を』が優っているように思えます。今回CSのスター・チャンネルで放送されたので、字幕付きで見ることができました。

ハリソンは『赤い砂の決闘』同様法の力を信じる男を演じていますが、『赤い砂の決闘』では最後には力に訴えていたのにたいし、本作はチェットがその役割を担っているため、役柄が一貫している印象。まぁ、そのせいで特に終盤、クラウディオ・アンダリが全てを持っていった感がありますが。

基本的にアメリカ西部劇の模倣色が強かった時代の作品ではありますが、三兄弟の反目と協力、そして深いところでの信頼関係をしっかりと描いており、好感がもてます(イタリア語タイトルは「容赦のない3人」)。

また、本作にはフェルナンド・サンチョも顔を出しており、料理に惹かれて三兄弟と母親の家に転がり込み、そのまま下男として住み込む気のいい男をコミカルに演じています。こういうサンチョはマカロニウエスタンでは珍しいのですが、ぼくは冷酷な山賊よりもこういったコミカルなサンチョのほうが好きです。

アダム・マッケイ(2010)『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』

The Other Guys
製作国:アメリカ
上映時間:110分
監督:アダム・マッケイ
出演:ウィル・フェレル/マーク・ウォールバーグ/スティーヴ・クーガン/エヴァ・メンデス

主にコメディを手がけ続けているアダム・マッケイ監督のポリス・コメディ。監督作が日本で劇場公開されたのって、意外にもこれが初めてなんですね。『俺たちニュースキャスター』(2004)など、ソフト化されている作品は何作かあるようです。主演はウィル・フェレルとマーク・ウォールバーグという少々地味ながら実力派のベテラン二人。

 「俺たちニュースキャスター」「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・フェレルと「ディパーテッド」「ザ・ファイター」のマーク・ウォールバーグという異色の顔合わせで贈る痛快アクション・コメディ。安全志向でデスクワーク好きの引きこもり刑事と熱血漢の空回り刑事の凸凹コンビが、ひょんなことから金融業界に巣くう巨悪に立ち向かっていく姿をコミカルに描く。共演はサミュエル・L・ジャクソンとドウェイン・ジョンソン。監督は「俺たちニュースキャスター」「俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-」のアダム・マッケイ。
 ニューヨーク市警のハイスミスとダンソンはド派手な逮捕劇で人々の注目を集めるヒーロー刑事。一方、そんな彼らの活躍に焦りを隠せないのが熱血刑事のテリー。しかし、危険な現場に出たがらず書類仕事ばかりしている相棒アレンのせいで、いつまでたってもその他大勢(アザー・ガイズ)のまま。ところがある日、ハイスミスとダンソンがあっけなく殉職してしまう。そんな中、ついに重い腰を上げたアレンが取りかかったのはビル建設の申請に関わる不正事件。銃撃戦など期待できない地味な事件にまるでテンションの上がらないテリーだったが…。

オープニング、サミュエル・L・ジャクソンとドウェイン・ジョンソンがいかにもハリウッド・バディ・ムービーのイケイケコップを熱演。街を破壊しながら犯人を追いつめるものの、逃げ出した犯人を追って二人して地上20階のビルの屋上からダイブ。当然死にます。

のこされたのはテリー(マーク・ウォールバーグ)とアレン(ウィル・フェレル)をはじめとするいまいちパッとしない奴ら。ハイスミスとダンソンの死で空いたヒーロー刑事の座を巡ってのドタバタ争いが繰り広げられます……

この金融不況に悪徳ディーラーと巨大企業という分かりやすい悪役を持ってきており、また、テリーのバレエやハープ(近所のゲイをいじめるために覚えた)だとか、一見真面目なアレンのポン引きでヒモという意外な過去など、一歩間違えると悪趣味になりそうなネタをこれでもかと突っ込みながらギリギリのところでカラッと流せるレベルに落ち着けているバランス感覚は見事。ただ、これ、人によってはたぶん不快だと思います。

てっきり低予算のアイディア映画だと思っていたのですが、後半のNYPDから大企業に雇われた犯罪組織からチェチェン独立派からナイジェリア・マフィアまで絡めた一連のカーチェイスからヘリ撃墜から何やらのシーンはしっかりと作られており、そういった点も見所たっぷり。更に現代の資本主義への風刺も入れつつ……と、少々盛り込みすぎて散漫になっている印象はあるものの、なかなか面白いアクション・コメディです。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
プロフィール

todaysmovie

  • ライブドアブログ