今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

C:West_Germany

ヴェルナー・ヘルツォーク(1972)『アギーレ/神の怒り』

Aguirre, der Zorn Gottes
製作国: 西ドイツ
監督: ヴェルナー・ヘルツォーク
出演: クラウス・キンスキー/デル・ネグロ/ペーター・ベルリング/ルイ・グエッラ

【あらすじ】

1560年末、南アメリカに進出したコンキスタドーレスの一人、ゴンサロ・ピサロ(アレハンドロ・レプエス)は幻のエル・ドラドを求めてアンデス山脈を越え、山中を彷徨っていた。前進は困難と見たピサロは、ドン・ペドロ・デ・ウルスラ(ルイ・グエッラ)率いる分遣隊に周囲の調査を命じ、本隊には引き上げの命令を出す。

ウルスラ率いる分遣隊は筏で河を下るが、途中渦に巻き込まれた筏が先住民の襲撃を受ける。ウルスラたちは対岸に退避するものの、河の増水で筏を流されてしまう。ウルスラは本隊に戻ることを決定するが、副官のアギーレ(クラウス・キンスキー)が叛逆を起こす。ウルスラを撃って負傷させた彼は、高位の貴族であるドン・フェルナンド・デ・グスマン(ペーター・ベルリング)をエル・ドラド皇帝に即位させる。宣教師カルバハル(デル・ネグロ)を裁判長に据えた法廷はウルスラに死刑を宣告するが、グスマンは減刑してエル・ドラド市民権の剥奪に止める。

筏を作りなおしたグスマン皇帝一行はさらに河を下る。先住民の襲撃を受けたり、人食いの村に辿り着いたりしながらもエル・ドラドを求めて河を下ってゆく。途中、グスマン皇帝は死に、それを契機として護送されていたウルスラも殺される。黄金と権力に取り憑かれたアギーレは「神の怒り」を自称してエル・ドラドを目指すが、ついには腹心のペルーチョ(ダニエル・アデス)もカルバハルも、さらには娘のフローレス(セシリア・リヴェーラ)も先住民の放った毒矢に倒れるのだった。アギーレはそれでもなお、諦めずに南アメリカ、メキシコ征服の野望を語りながら、筏と共に消えてゆくのだった。

【感想】

クラウス・キンスキーの代表作の一つ。ペルーのワイナ・ピチュで撮影された本作は、実際のアンデスの険峻な山並みをとらえたショットや、増水する河を筏で下っていくショットなど、過酷な撮影が窺い知れる場面の連続で、なんかほんとに物凄い映画です。過度な演出もなく、淡々とドキュメンタリー・タッチで描かれる物語の中で、やはりクラウス・キンスキーの存在感というか、一人で不穏な気配を出し続ける佇まいはさすが。

いわゆる文明人であるウルスラやグスマンたちが、ほとんど手付かずの自然や正体を表さない原住民たちに悩まされるうちに、次第に正気を失ってゆく様が丁寧に描かれています。キンスキー演じるアギーレについては、もともと比較的狂気に近い人物造形なのであれですが、皇帝就任以降だんだんと壊れてゆくグスマンの描写は興味深い。

本作では最後に矢に倒れる宣教師のカルバハルですが、実在の彼はアマゾン川を下りきり、生還している模様です。

ダミアーノ・ダミアーニ(1975)『ミスター・ノーボディ2』

Un genio, due compari, un pollo
製作国: イタリア/フランス/西ドイツ
監督: ダミアーノ・ダミアーニ
出演: テレンス・ヒル/ロベール・シャルルボア/ミュウ=ミュウ/パトリック・マッグーハン

【あらすじ】

白人によるインディアンの迫害が続いていた西部開拓時代、ジョー・サンクス(テレンス・ヒル)という凄腕だが怠け者のガンマンがトゥーカムケアリの町にやって来る。町の顔役であるドク・フォスター(クラウス・キンスキー)をからかって小金をせしめていた彼だったが、アメリカ軍のペンブロック大佐(ジャン・マルタン)がクリストバル砦に向かっているという話を聞き、儲け話を思い付く。

旧知の相棒ビル(ロベール・シャルルボア)とルーシー(ミュウ=ミュウ)と再開したジョーは、ビルを大佐に変装させてクリストバル砦に送り込む。狙いは砦にある30万ドル。しかし、カボット少佐(パトリック・マッグーハン)はすぐにビルの正体に気づく。牢屋に入れられるビルとルーシー。砦に忍び込んだジョーはカボットと面会し、訳の分からないことを言って捕らえられるが、その際、わざと椅子に金粉をつけておくのだった。その後ジョーは砦の牢から脱出する。

金粉に気づいたカボットは、山に金鉱があると思い、インディアンに対し、豊かな狩場と金鉱のある荒れ野を交換することを提案する。交換は成立するが、そこにあるのは金鉱ではなく黄鉄鉱だと教えられたカボットは、騙されていたことに気づく。

依然30万ドルを狙っているジョーの裏をかこうと、ジョーに騙されたと怒っているビルを巻き込み、カボットは偽の紙幣と本物の紙幣を入れ替え、護送中にジョーに襲撃させる。しかし、ビルはその隙をついて30万ドルを持ち逃げする。それに気づいて追いかけるジョー。彼らは30万ドルの入った鞄を奪い合ううち、発破中の岩山に入り込んでしまう。爆発によって、彼ら二人もろとも30万ドルは塵となったのだった……と思いきや、実は発破すらジョーの仕込んでいた仕掛けだった。30万ドルを手にしたジョーは、それをインディアンの酋長に渡し、アメリカと戦うための資金にするのだった。

【感想】

この映画、明らかにタイトルで損しているところありますよね。普通のマカロニウエスタンとか、風来坊系統のタイトルだったら、ああ、テレンス・ヒル主演の後期コメディ・マカロニウエスタンの一作か。でもなんでモニュメント・バレーで撮影なんて豪華なことを……くらいの感じなんですが、『ミスター・ノーボディ』(1973)の続編か何かだと思って、期待して見るとハードルが上がっている分残念な気持ちに。

本作のオープニングシーンはセルジオ・レオーネが演出していることが知られていますが、明らかに他の部分とテイストが違うのが面白い。もちろん、ほかのパートが面白くないということではないのですが、カラーがだいぶ異なっています。そして、このオープニングはあまりストーリーとは直接的な関係はなさそうな感じ。

ストーリーは筋金入りの左派であるダミアーノ・ダミアーニらしい骨格があると言えばあるのですが、彼のスタイルとこういったタイプのコメディはしっくり来ているとは言いづらく、『群盗荒野を裂く』(1966)ほどの冴えは感じられません。

例によってクラウス・キンスキーはなんか一人でキンスキーっぽさというか異彩を放っているのですが、序盤に顔見せで登場して以降、一切登場しません。おそらくアメリカロケには同行していないと思われます。

トニーノ・ヴァレリ(1972)『ダーティ・セブン』

Una ragione per vivere e una per morire
製作国: イタリア/フランス/西ドイツ/スペイン
監督: トニーノ・ヴァレリ
出演: ジェームズ・コバーン/バッド・スペンサー/テリー・サヴァラス/ラインハルト・コルデホフ

【あらすじ】

南北戦争中、食い詰め者のイーライ(バッド・スペンサー)は、盗みをしたところを北軍兵に見つかり、もう一人の男とともに逮捕され、護送される。もう一人の男こそ、南軍に砦を明け渡し、降伏したペンブローク(ジェームズ・コバーン)大佐だった。北軍の砦に着いたペンブロークはバラード少佐(ホセ・スアレス)に面会し、砦の奪回のために数人の男たちを貸して欲しいと頼む。そんなペンブロークに与えられたのは、イーライを始めとする6人の曲者揃いの死刑囚、それに、ペンブロークを護送する際、彼の十字架を盗んだブレンド(ラインハルト・コルデホフ)軍曹だった。

反抗的な男たちに対し、ペンブロークは砦の地下には50万ドルの黄金が埋めてある、という秘密を明かす。途中、食料調達に訪れた民家でマクアイバース(ガイ・メーレス)が殺されたり、仲間割れの危機を迎えたりと色々ありつつも、残った7人は砦のそばまでたどり着く。

南軍兵に成りすましたイーライが砦に入り、彼の手引きによってペンブロークたちは砦へと潜り込む。その際、ある南軍軍曹から、なぜペンブロークが砦を南軍のワード(テリー・サヴァラス)に明け渡したのかが語られる。ワードはペンブロークの息子を人質に取って開城を迫った。そしてペンブロークが降伏したにも関わらず、その息子を銃殺していたのである。

砦での銃撃戦によって南軍兵もペンブロークの仲間たちも一人また一人と死んでゆき、ついにはペンブローク、イーライ、ワード、そしてブレンド軍曹だけが生き残った。ワードに歩み寄るペンブロークだったが、金の話が嘘だと気付いたブレンドはペンブロークを殺そうとする。が、既のところでイーライがブレンドに機関銃を発砲。一方、ワードは「降伏兵は正当に処遇しなければならない」という規則を盾に降伏しようとするが、ペンブロークは息子の仇である彼を許すはずもなく、ワードはペンブロークによって刺し殺されるのだった。

【感想】

師匠筋にあたる(なにかとこう書かれてしまうのが、まずもってヴァレリの可哀想なところだとは思う)セルジオ・レオーネの『夕陽のギャングたち』(1971)にも出演したジェームズ・コバーンを主演に据えて、南北戦争を真正面から描こうとしたような、別にそんなこともなく、単なる復讐劇に南北戦争が絡んだだけ、といういつものマカロニウエスタンを作ろうとしたような、そんな作品。

面白くないわけではない(特にスペンサーが南軍の砦に忍び込んだあたりからはなかなかテンポ良く見せてくれる)のだけれど、いかんせんそれまでの段取りでもたついている感がなくもありません。上記のスペンサーが砦に忍び込む時点で映画の3/4は終わっているので、大半がなんというかもたついている印象があります。

さすらいの一匹狼』(1966)や『怒りの荒野』(1967)、『復讐のダラス』(1969)みたいな割とシンプルなマカロニウエスタンは(粗はありつつも)上手にまとめて素晴らしい作品に作り上げるヴァレリですが、本作はちょっとテイストが合わなかったのかな、という印象もあり。

砦のロケに使われたセットは『盲目ガンマン』(1972)なんかでもちょこっと出てきた砦と同じものですかね。

セルジオ・コルブッチ(1972)『J&S/さすらいの逃亡者』

La banda J. & S. - Cronaca criminale del Far West
製作国: イタリア/西ドイツ/スペイン
監督: セルジオ・コルブッチ
出演: トーマス・ミリアン/スーザン・ジョージ/テリー・サヴァラス

【あらすじ】

子ブタと牛を交換してくれる、という話につられ、ある西部の町にやってきたお尋ね者のジェド・トリガード(トーマス・ミリアン)。しかしそれは、過去の因縁から彼を執念深く追いかける保安官フランシスカス(テリー・サヴァラス)の仕掛けた罠だった。間一髪のところで罠に気付き逃げ出すジェド。そんな彼を墓掘り人の姪サニー(スーザン・ジョージ)が助ける。

無法者に憧れる彼女は、ジェドに付きまとう。そんなサニーに、犬のように俺の言うことに従うならば、付いてきても良い、言い放つ。2人はジェドが懇意にしているソミーロのいるメキシコ人の集落を訪れ、歓迎されるが、集落の土地を奪おうとする大地主モレーノの手下が村を襲撃する。サニーが隙をついて一人を撃ち殺したことで、村は救われるが、初めて人を殺してしまったサニーはショックを受ける。

その夜、泥酔したサニーは銃を乱射し、たまたま近くで張っていたフランスシスカスに気づかれてしまう。何とか逃げ出した二人。町にたどり着いたジェドは、馴染みの娼館にサニーを売り飛ばそうとするが、泣いて抵抗するサニーを見て思い直す。そんなジェドに愛を告白するサニー。

教会で結婚式を挙げた二人は、ボニー&クライドよろしく夫婦で強盗を繰り返す。しびれを切らした州政府は、盲目となったフランシスカスの強要もあり、賞金を釣り上げると共に、二人を捕えた者の過去の罪を許す、との布告を出す。

一方、大金を得た二人は町の高級ホテルに泊まるが、そこでジェドはモレーノ夫婦の結婚1周年パーティに出くわす。モレーノ夫人に惹かれたジェドは、「あれが本当の女だ」と言って、サニーが止めるのも聞かずにパーティに潜り込む。怒ったサニーはパーティ会場に強盗に乗り込むが、そこにはフランシスカスも居たのだった。サニーを置いて、モレーノ夫人を人質に逃げ出すジェド。目的地はソミーロの住む村。一方怒りに駆られたサニーは村の場所を追っ手に教えるのだった。

村にたどり着いたジェドだったが、すでにソミーロたちは村を捨てたあとだった。自分がいれば、と悔やむジェド。そこにサニーが追いかけて来る。追っ手に村のことをバラしてしまった、と告げるサニー。ジェドはそんなサニーに怒り、彼女を追いやり、埋めてあったマシンガンを使い、追っ手を一掃する。

ジェドは廃屋に立てこもるが、フランシスカスはそこに手榴弾を投げ込む。その音を聞いたサニーによって、間一髪で救い出されるジェド。ジェドはフランシスカスを殺すようサニーに命令するが、サニーはそれを断り、ジェドを見捨てて出て行く。狼狽したジェドは、彼女に愛を告白しながら、サニーのことを追いかけて行くのだった。

【感想】

セルジオ・コルブッチ監督による後期のマカロニウエスタン。製作年から推測すると、おそらく『ガンマン大連合』(1970)と『進撃0号作戦』(1972)の間に撮られたものと思われますが、もしかすると『進撃0号作戦』(1972)のほうが先なのかな? とにかく西部劇に限っていえば、最後の方の監督作品になります。

ジェドとサニーの関係は、おそらく実在の銀行強盗であるボニー&クライドを基に創作されたものかと思われます。実在の二人の最期は『俺たちに明日はない』(1967)でも有名なところ。60年代であれば、コルブッチもこの映画にそういう結末を用意したのではないかな、とも思いますが、おそらくこの頃のコルブッチは西部劇を通して描きたい物語が60年代の彼とは少しずつ変わって来たのではないかな、と感じられます。それがジェドとサニーの関係性が逆転したかのように見える本作の結末なのだという気がします。

正直本作はアイデアが先行している印象があり、物語の展開もスムーズとは言いたいところもあり、コルブッチの西部劇の中では傑作とは言い難い作品です。ただ、ミリアンとジョージの演じるジェドとサニーのキャラクターは非常に魅力的であり、それを追いかけるフランシスカスもなかなか一筋縄では行かない魅力のあるキャラクターであり、単純な失敗作、とも言えない、魅力のある作品です。

本作は主としてアルメリアのタベルナス近郊の荒野で撮影されたと思われ、見覚えのある稜線や特徴ある岩がちらほら見えるのも面白い。ミニハリウッドも数シーンで使われているみたいですね。

ルイジ・バッツォーニ(1968)『裏切りの荒野』

L'uomo, l'orgoglio, la vendetta
製作国:イタリア
上映時間:97分
監督:ルイジ・バッツォーニ
出演:フランコ・ネロ/ティナ・オーモン/クラウス・キンスキー/アルベルト・デッラアクア/グイド・ロロブリジーダ

フランスの作家プロスペル・メリメの小説「カルメン」をマカロニウエスタンに翻案した映画……とよく紹介されるのですが、マカロニウエスタンなのかどうか、非常に意見の分かれる映画です。詳しくは後述。監督のルイジ・バッツォーニは本作のほかに、ジャック・パランス主演の『明日なき夕陽』(1974)という遅れてきたマカロニウエスタンを監督しているほか、日本公開作としては、本作同様フランコ・ネロを主演に据えた『新・殺しのテクニック/次はお前だ!』(1970)でもメガホンを取っています。フランク・ネロとクラウス・キンスキーに関しては、このブログをご覧の皆さまには説明不要ですよね?

 『カルメン』を下敷きに、舞台もメキシコに設定されて製作された異色マカロニ・ウェスタン。町にふらりとやってきた非情のガンマン、ホセ。彼は、多情で奔放なジプシーの女、カルメンに惚れ込む。だが、カルメンはホセをいいように振りまわす。彼女が自分になびかないことを知ったホセは、逆上して彼女を殺してしまうのだった……。クレジットに「メリメ原作の『カルメン』を自由に脚色した」とうたっていることからも、マカロニの形をしたメロドラマとなっている。

さて、まず上で書いた本作がマカロニウエスタンなのかどうか、という話。Allcinemaでは『カルメン』を下敷きに、舞台もメキシコに設定されて製作された異色マカロニ・ウェスタン。とあります。また、アネックから発売されたDVDのパッケージにも『カルメン』をマカロニウエスタンに脚色した異色作とあります。一方で、Spaghetti Western DatabaseにはTHIS FILS IS NOT A WESTERN, IT IS LISTED BECAUSE IT IS BEING SOLD AS A WESTERN IN COUNTRIES LIKE GERMANY(この映画は西部劇ではないが、ドイツのような国では西部劇として売り出されたので、リストアップされている)とあります。

上の3つの引用の中で、まず間違いなく正しいのはSpaghetti Western Databaseの説明で、確実に間違いなのはAllcinemaの説明です。映画を見ればわかりますが、本作は(少なくともイタリア語版では)部隊を原作同様スペインの都市セビリアを舞台にしています。メキシコではありません。劇中でも、ホセ(フランク・ネロ)が度々新大陸に逃れたいという願望を語っているため、これがメキシコが舞台だとすると、訳が分からないことになります。

また、Allcinemaについて言えば、上の解説はほとんどデタラメです。町にふらりとやってきた非情のガンマン、ホセ。とか書いてありますが、ホセは原作同様、タバコ工場の警備を担当する軍人です。また、後半の書きっぷりも、確かにストーリーはそうなんですが、ちょっと雑な感じもします。この解説書いた人、映画どころか資料も見てないんじゃないかな……。なんだ非情のガンマンって。

話を戻して。一方、マカロニウエスタンかそうでないか、という話になると、ややこしい話になります。西部劇じゃなければマカロニウエスタンじゃないじゃないか、と言われれば、一見確かにそうなのですが、本作も前半はセビリア市街(おそらく、ロケ地は違う街だと思いますが)が舞台ではあるものの、中盤以降はマカロニウエスタンでもお馴染みの、アンダルシアの荒野が舞台(マカロニウエスタンは多く、スペイン西部のタベルナス砂漠で撮影されています)ですし、馬車強盗というお馴染みのモチーフも登場します。また、舞台がアメリカ西部じゃない、という話にしても、一般的にソビエトウエスタンと呼ばれる作品は、ソ連東部が舞台だったりするので、まぁ、その辺はマカロニウエスタンをどう定義するのか、という話になってきますね。

映画のほうに目を向けると、フランク・ネロ、脱獄してきたカルメン(ティナ・オーモン)の夫ガルシアにクラウス・キンスキー。また、チョイ役ながらホセ転落のきっかけとなる上官役でフランコ・レッセルなど、マカロニウエスタンでお馴染みの面々が随所に顔を出しています。ダンカイロ役のグイド・ロロブリジーダもリー・バートン名義で多くのマカロニウエスタンに登場しています。

ストーリーは、実はほぼ「カルメン」を踏襲しており、原作を大きく逸脱している部分は、中盤、軍隊を脱走したホセがカルメン一味と組んで馬車強盗に手を染めるシーンぐらい。そして、このシーンがなければ本作は間違いなくマカロニウエスタンではないので、このシーンがマカロニ的には非常に重要な独自性と言えます。その他は、もともと原作がかなり面白いため、それを手堅く演出しているという印象。特徴としては、太陽のショットや逆光をなかなか効果的に使っている感じがします。

一応舞台がスペインというのを意識してか、ネロを始めとする登場人物のファッションがいわゆるマカロニウエスタンとは少々異なっていたり、スペイン南部に多く残っているアラブ風の城塞(アルカサル)を写したショットがあったり、闘牛場が出てきたり(これは原作にもありますし、また、闘牛場はなぜか南米が舞台のはずの『豹/ジャガー』(1968)でも出てきますが)しています。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ