今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

C:Spain

ジョルジオ・ステガーニ・カゾラーティ(1967)『Gentleman Jo... uccidi』

製作国:イタリア/スペイン
上映時間:97分
監督:ジョルジオ・ステガーニ・カゾラーティ
出演:アンソニー・ステファン/エドゥアルド・ファヤルド/シルヴィア・ソーラー/ヴィダル・モリナ

久しぶりに日本未公開・未ソフト化のマカロニウエスタンをご紹介します。監督のジョージ・フィンレイことジョルジオ・ステガーニは日本公開作としては『続・さすらいの一匹狼』(1965)や『風の無法者』(1967)が知られている監督。主演のアンソニー・ステファンは今更紹介するまでもないマカロニウエスタンのスター俳優です。敵役のエドゥアルド・ファヤルドは『皆殺しのガンファイター』(1969)でもステファンの敵役を演じていますね。

米墨の国境未確定地域にある街ダグラス。その町からリーヴス大尉(ヴィダル・モリナ)を除いた米騎兵隊が撤退してしまうと、フェレラス大佐(エデゥアルド・ファヤルド)をリーダーとするならず者一味が町の支配に乗り出します。そんなところに一人の流れ者・ジョー(アンソニー・ステファン)がやってきます。ポーカーのいかさまが切欠でフェレラス一味と諍いになるジョーでしたが、リーヴスは町の帰属が決まるまで、いざこざは許さないと言い渡します。実はジョーとリーヴスは旧知の間柄だったのです。

その夜、フェレラス一味がリーヴスの事務所を襲い、町を支配する権利を譲り渡すよう拷問に掛けます。ジョーは敵の隙を突き、リーヴスを助け出しますが、彼は隠れ家で死んでしまいます。ジョーはリーヴスの仇を討つため、彼の変装をし、物陰に隠れながらフェレラス一味の手下を一人また一人と葬ってゆきます。

一方、ダグラスの銀行家モリソン氏は銀行の資金をエル・パソに移そうとしますが、その途中をフェレラス一味に待ち伏せされ、金を奪われてしまいます。ジョーはその金を利用し、フェレラス一味を仲間割れさせることに成功しますが、彼の存在がフェレラスにばれ、捕らえられてしまいます。テキーラを3瓶無理やり飲まされ、バーの地下室に監禁されていた彼を助けたのはバーの踊り子であるヴィッキー(シルヴィア・ソーラー)でした。

ジョーを逃したことからヴィッキーは町の中心に吊るされてしまいますが、ジョーは彼女を吊るしている縄を撃ち、彼女を助け出します。しかし、家の2階から地面に飛び降りた際、拳銃を落としてしまい、フェレラス一味に捕まったジョーは、町の中心で見せしめのための銃殺刑に掛けられようとするのですが……というお話。

たいていちょっとした無精髭を生やして画面に現れるアンソニー・ステファンですが、本作の役どころは「ジェントルマン・ジョー」という、賭博師ということもあり、本作ではツルツルのあごをして白づくめの服装で画面に登場するので非常に新鮮。髭が生えてないステファンもやっぱりスラッとしていて格好いい。まぁ、その後は騎兵隊の紛争をしたり、黒っぽい上着を着ていたりといつものステファンっぽい格好になりますが、髭は最後までツルツルです。

本作は、町にふらっとやってくる流れ者、前半から中盤にかけてのスムーズな展開、中盤で悪役に捕らえられて私刑に掛けられる主人公、といった基本的にはよくあるマカロニウエスタン的なストーリーテリングに則っていながら、要所要所でセオリーを微妙に外してくるなかなかの異色作。とくにクライマックスの決着のつけ方は、ある意味で『殺しが静かにやって来る』(1968)レベルの衝撃的な展開というか、マカロニウエスタンでそういう決着のつけ方ってありなんだ……と少々唖然とする結末でした。拍子抜けとも言う。

今回は『アリゾナ無宿・レッドリバーの決闘』(1970)同様、韓国で発売された日本語字幕付きのDVDソフトで視聴したのですが、これは映像はフランス版、音声はイタリア語というちょっと不思議な組み合わせの素材が使われていました。また、ところどころ音声に抜けがみられます。また、映画冒頭、日本語タイトルとして(だと思う)「荒野の口笛奏者」という字幕が表示されるんですが、本作がそのタイトルで上映・放送された形跡は見られないし、おそらくそんな邦題のマカロニウエスタンも存在しないし、何のミスなんでしょう。これを除いても、日本語字幕の質は『アリゾナ無宿・レッドリバーの決闘』のほうが良かったです。

 Gentleman Jo... uccidi
(1967) on IMDb

セルジオ・マルチーノ(1970)『アリゾナ無宿・レッドリバーの決闘』

Arizona si scatenò... e li fece fuori tutti!
製作国:イタリア/スペイン
上映時間:90分
監督:セルジオ・マルチーノ
出演:アンソニー・ステファン/アルド・サンブレル/マルチェラ・ミケランジェリ/ロザルバ・ネリ/ロベルト・カマルディエル

ジュリアーノ・ジェンマの『南から来た用心棒』(1966)からキャラクターを拝借したと思われるアンソニー・ステファンの「アリゾナ・コルト」もの。といっても、ジェンマとステファンではだいぶイメージが異なります。ロベルト・カマルディエルが同じダブル・ウィスキー役で出演しているのが数少ないシリーズ物らしさと言えます。監督は本作のほかに『ハチェット無頼』(1977)も撮っているセルジオ・マルチーノ。

アリゾナ(アンソニー・ステファン)とダブル・ウィスキー(ロベルト・カマルディエル)が郊外で休んでいると、モレノ氏(ホセ・マヌエル・マルティン)の使いの少年がやって来て、チコ(アルド・サンブレル)の出所を告げます。モレノ氏がアリゾナに守って欲しいと言っていると伝える少年に対し、彼は「考えておく」とだけ答えます。その直後、町の男たちの銃弾がアリゾナを襲います。一人の男を除いて返り討ちにしたアリゾナでしたが、その男から、彼に懸賞金が懸けられているとの話を聞きます。

真相を探るためにブラックストーンの町にやってきたアリゾナとダブル・ウィスキーでしたが、チコと酒場で乱闘しているところを保安官に捕まってしまいます。実はチコ一味の策略により、アリゾナは放火の下手人の濡れ衣を着せられてしまっていたのでした。翌朝、アリゾナの絞首刑が執行されます。ちょうどそのタイミングでチコ一味はモレノ氏の屋敷を襲い、彼の金を奪って逃走します。それを聞いて自警団を率いて駆けつける保安官。一方、ぶら下がっていたアリゾナでしたが、トリックを使い無事に生き延びます。酒場の娘・シエラ(マルチェラ・ミケランジェリ)を口説いていたアリゾナの元に、モレノ氏の使いがやってきますが、「俺はこの娘の旦那に転職したんだ」と断るアリゾナ。しかし、前金をモレノ氏に返しに行ったダブル・ウィスキーがチコ一味にさらわれてしまいます。

ダブル・ウィスキーはなんとか自力で逃げ出しますが、重傷を負ってしまいます。アリゾナは、川にドル札を流す奇策によってチコの部下たちの気を逸らし、金の奪取とモレノ氏の娘・パロマ(ロザルバ・ネリ)の救出に成功しますが、実はチコとグルだったパロマの通報によってチコ一味に捕らえられてしまうのでした。チコはアリゾナに金のありかを吐かせるため、シエラを人質としてさらってくるのでしたが……というお話。

割とマカロニウエスタンとしてスタンダードなストーリーで、演出も手堅く、なかなか飽きずに見られるマカロニウエスタンです。ただ、まぁ、『南から来た用心棒』とはほとんどつながりがないので、これをアリゾナ・コルトものとして作った理由はいまいちわかりませんね。

監督のセルジオ・マルチーノのマカロニウエスタン監督作は本作と『ハチェット無頼』の2本だけなのですが、その両方とも、誘拐されたと思われていた女性が、実は誘拐犯とグルになっていて、そのせいで主人公が窮地に陥る、という筋立てが共通しています。マルチーノ監督、どんだけそのシチュエーションが好きなのか。ちなみにロモロ・グェッリエリ監督の『二匹の流れ星』(1967)にも同様のシーンがありますが、こちらは『ハチェット無頼』で脚本を務めているサウロ・スカヴォリーニが共通したスタッフです。これ、スカヴォリーニの趣味なのか、マルチーノの趣味なのか。

 Arizona si scatenò... e li fece fuori tutti!
(1970) on IMDb

ヌンツィオ・マラソンマ(1967)『情無用のならず者』

15 forche per un assassino
製作国:イタリア/スペイン
上映時間:104分
監督:ヌンツィオ・マラソンマ
出演:クレイグ・ヒル/ジョージ・マーティン/スージー・アンダーソン/アルド・サンブレル

毎年参加させて頂いている、マカロニウエスタンファンミーティング、マカロニ大会に今年も参加してきました。今回は第15回ということで、それに因んで本作(原題が「虐殺のための15人の極悪人」)が上映されました。監督であるヌンツィオ・マラソンマは戦前から映画監督として活躍している人で、日本でもマカロニ史劇ものである『ローマの奴隷市場』(1961)などが公開されています。本作は彼のおそらく唯一のマカロニウエスタン作品であり、最後の監督作でもあるようです。

カッセル(ジョージ・マーティン)を首領とする無法者の一団が牧場から馬を盗み出し、その馬を売りに行く途中、クック一家の農場の納屋を借り、宿泊します。その農場は結婚式を翌日に控えた娘をもつ、気の強い寡婦によって守られていました。一方、馬を盗まれた牧場主は、ビリー(クレイグ・ヒル)に馬を取り返すよう依頼します。農場でカッセル一味を見つけた彼は、一旦馬を持ち主に返し、その後、彼の手引きでもう一度馬を盗むという企みを提案、二人は協力して芝居を打つことに合意しました。

翌朝、農場の娘を迎えに来た婚約者スティーブによって、農場に住む女3人が虐殺されているのが発見されます。納屋で眠りこけているビリーとカッセル一味を見つけた彼は、彼らが下手人に違いないと判断し、町に戻ってファーガソン神父をリーダーとする自警団を結成し、彼らを私刑に掛けようと農場を目指します。一方、ビリーたちも女たちが殺されているのを発見し、このままでは犯人の濡れ衣を着せられてしまうと逃げ出します。彼らは自警団に追われながらも町に逃げ込み、ファーガソンの妻バーバラ(スージー・アンダーソン)と酒場の主人を人質にして、メキシコ国境を目指します。

ひとまず南北戦争で使われていた国境近くの砦に逃げ込んだビリーたちでしたが、酒場の主人が逃げ出し、自警団に居場所を伝えたことにより、自警団によって包囲されてしまいます。立てこもるビリーたちと自警団の間で籠城戦となり、双方多くの死者を出します。一方、クック家に戻ったスティーブは、何者かに襲われ、肩を撃たれます。

籠城は長期化し、ビリーとカッセルの協力関係にも綻びが出てきたころ、業を煮やした自警団は砦に火を放ちます。一方、スティーブはクック家の隣人の男に介抱され、回復。この事件には裏があると考え、犯人を探しはじめますが……というお話。

日本では劇場公開されながら、VHS、DVDは残念ながら未発売となっている本作ですが、ストーリーもしっかりと練られており、なかなか面白い作品です。主人公が濡れ衣を着せられる、という筋書きはマカロニウエスタンではしばしば見かけられますが、本作では主人公たちも馬泥棒と半分詐欺師みたいな男、という、叩けばいくらでも埃が出そうなキャラクター設定なのが面白い。そうすると、彼らに感情移入することが難しくなりそうな気もしますが、本作では自警団の話の聞かなさと残虐性(殺した一味を砦から見える位置に縛首にしてぶら下げておく、など)が強調されるため、だんだんとビリーたちに親しみが持ててきます。自警団側でも保安官は比較的穏健派なんですがね。

一味を殺しまくった自警団の人々に対する解決がうやむやにされているとか、ビリーとカッセルの確執もさらっと流されているとか、もうちょっとその辺すっきりできなかったかな、という部分もありつつも、一転、二転するストーリーが面白く、楽しく見られる映画でした。ただ、暗闇のシーンや逆光のシーンが妙に多く、特に序盤で誰が誰かよく分からないシーンがあるのは何なんでしょうね、あれ。

クリスチャン=ジャック(1971)『華麗なる対決』

Les pétroleuses
製作国:フランス/イタリア/スペイン
上映時間:95分
監督:クリスチャン=ジャック
出演:ブリジット・バルドー/クラウディア・カルディナーレ/マイケル・J・ポラード

ブリジット・バルドーとクラウディア・カルディナーレの共演が見どころのユーロ・ウエスタン。一応イタリアの資本も入っているので広い意味ではマカロニウエスタンと言えるのですが、これをマカロニウエスタンに含めるかどうかは難しいところです。監督のクリスチャン=ジャックはかなり多作の映画監督であり、本作以外にも多くの作品が日本で紹介されています。

 五人姉妹の列車強盗団が、とある牧場の契約書を手に入れた。一方、四人の弟達を持つ女が、その牧場のそばにある油田の地図を手に入れる。彼らは牧場をめぐって、激しく争うが……。19世紀末のニューメキシコを舞台に展開する、“BB”と“CC”の顔合わせも楽しい、軽快なヨーロッパ製ウェスタン・コメディ。

石油が出てくるマカロニウエスタンを含めたユーロウエスタンは意外と少なく、本作以外にぱっと思いつくのはクライマックスで石油が噴き出した『I bandoleros della dodicesima ora』(1972)くらい。まぁ、他にもあるとは思うんですが。

ほとんどのユーロウエスタンでは、当然ながらイギリス映画では英語、フランス映画ではフランス語、イタリア映画ではイタリア語、と登場人物は当然のように自国の言語でしゃべっているのですが、どうしてアメリカにいるのにその言語を話しているのか、という説明は当然のようにありません(まぁ、イギリスはいいんですが)。が、本作では舞台となるブージヴァルの町がフランスからの移民によって開拓された、という説明があり、フランス語は実際にそこで話されている言語という設定なのが面白い。マイケル・J・ポラード演じるモーガン保安官は当初フランス語が話せず、マリア(クラウディア・カルディナーレ)からもそれをからかわれるのですが、その後がんばって勉強して、最後のほうにはかなり流暢なフランス語をしゃべれるようになったりしています。

牧場を巡る争いを背景に、バルドーとカルディナーレの演技合戦を楽しむのがメインの割と気軽な映画です。バルドーは『ビバ!マリア』(1965)ではジャンヌ・モローと共演して西部劇に出演しており、その際は6歳年長のモローと比べて小娘感のある役どころでしたが、今回は4歳年下のカルディナーレとの共演ということもあり、堂々とした西部の女ぶりを見せています。『ビバ!マリア』からのバルドーのキャラクターの変遷を比べてみるのも面白いです。

それにしても、『ビバ!マリア』といい、本作といい、また、言いくわえるならば『エロチカ・ウェスタン/色情狂の館』(1975)もそうなんですが、フランス産の西部劇って、制作数に比して、何だか女性が主役のものが多い気がします。『レッド・サン』(1971)みたいな作品もあるんですけれど。当時のフランスの制作者は、どちらかというと、西部劇に関してはパロディ的な捉え方をしていたんですかね。

アルベルト・デ・マルチーノ(1973)『Ci risiamo, vero Provvidenza?』

製作国:スペイン/イタリア/フランス
上映時間:95分
監督:アルベルト・デ・マルチーノ
出演:トーマス・ミリアン/グレッグ・パーマー/キャロル・アンドレ/マヌエル・ガラルド

昨日ご紹介した『La vita, a volte, è molto dura, vero Provvidenza?』(1972)の続編。トーマス・ミリアンとグレッグ・パーマーの主演コンビは続投していますが、監督はジュリオ・ペトローニから『荒野の10万ドル』(1966)、『復讐のジャンゴ・岩山の決闘』(1966)などのアルベルト・デ・マルチーノに交代しています。

中国人の助手兼運転手を従え、蒸気機関者もどきの車で旅をするプロヴィデンツァ(トーマス・ミリアン)。電信を傍受してハリケーン・キッド(グレッグ・パーマー)が裁判に掛けられることを知った彼は、絞首刑に掛けられる寸前のキッドを助け出します。その後、海水浴場で溺れていた女性パメラ(キャロル・アンドレ)を助けたプロヴィデンツァは、可憐な彼女に恋をします。

パメラの父親(ルチアーノ・カテナッチ)がバートン大佐(マヌエル・ガラルド)に50万ドルの大金を借りており、返済代わりにパメラがバートン大佐の妻になるときいたプロヴィデンツァは、バートン大佐と決闘し、また、パメラの父の借金を肩代わりすることを約束するのでした。

50万ドルという大金を稼ぐため、キッドと組んでカジノのルーレット詐欺、新銀行設立詐欺などを企てますがどれも失敗。最終的には鉄道で輸送中の金塊を盗み出すことに成功します。バートン大佐の追跡もかわし、パメラの屋敷に辿り着いた2人でしたが、実はパメラとその父の正体は……というお話。

コメディとしてのスケール(とお話の荒唐無稽さ)は前作を遥かに上回る出来。また、エンニオ・モリコーネによる明るい音楽が映画と非常に合っており、かなり愉快に楽しめる作品。一方でマカロニウエスタンらしいアクションシーンはほぼ皆無と言ってよく、「マカロニウエスタン」を期待して見るとがっかりするでしょう。

ミリアン演じるプロヴィデンツァが操る秘密兵器いっぱいの乗り物も、前回の改造馬車から本作では改造機関車にグレードアップし、まるでボンドカーのようなからくりが愉快な作品でした。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ