今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

C:China

周星馳(2013)『西遊記~はじまりのはじまり~』

西游·降魔篇
製作国:中国
上映時間:110分
監督:周星馳
出演:文章/舒淇/黄渤/羅志祥

『ミラクル7号』(2008)以来5年ぶりとなる周星馳(チャウ・シンチー)の監督作。彼は実は以前にも『チャイニーズ・オデッセイ』(1995)二部作という、西遊記を題材にした作品を作っているのですが、今回の作品とは直接の関係はなく、『チャイニーズ・オデッセイ』を見ていたほうが面白い、というシーンは(たぶん)特になかったと思うので、『少林サッカー』(2001)以来の周星馳ファンも安心して楽しめる作品です。

本作は2013年の春節に香港、台湾で、その後中国本土で公開されたのですが、日本では一向に公開されるという話が出てこず、日本未公開になっちゃうかな、と思っていたタイミングで日活の新レーベル「GOLDEN ASIA」での公開が決定して、『食神』(1996)あたりから、欠かさず劇場で観ている周星馳ファンとしては非常にありがたかったです。

 「少林サッカー」「カンフーハッスル」のチャウ・シンチー監督が“西遊記”をモチーフに描く奇想天外ファンタジー・アドベンチャー・コメディ大作。主演は「トランスポーター」「クローサー」のスー・チーと「海洋天堂」「ドラゴン・コップス -微笑(ほほえみ)捜査線-」のウェン・ジャン。
 これは、三蔵法師が孫悟空たちと天竺目指して旅に出る前のおはなし。彼がまだ玄奘という名の冴えない妖怪ハンターの若者だった頃。玄奘は川に出没する謎の妖怪(後の沙悟浄)を退治しようと悪戦苦闘中。そこへ、美人の妖怪ハンター段が現われ、妖怪を鮮やかに退治する。山奥の料理屋にやって来た玄奘は、またしても謎の妖怪(後の猪八戒)相手に苦戦しているところを、突然現われた段に救われる。しかし一度は生け捕りにしたものの、豚から巨大なイノシシに姿を変え逃げられてしまう。やがて師匠から“あの妖怪を倒せるのは、五指山のふもとに閉じ込められた孫悟空だけ”と教えられ、五指山へと向かう玄奘だったが…。

前作の『ミラクル7号』は割とマイルドな人情ものだったので、星爺(周星馳の愛称)も落ち着いてきて、こういう路線で行くのかなぁ、と思っていたのですが、そんなことはなかった。むしろ『少林サッカー』とか『カンフーハッスル』(2004)よりやりたい放題でした。感覚的には、『食神』のクライマックスのハイテンションとんでも展開が最初から最後までフルスピードで展開される感じです。

Allcinemaのあらすじを見てもわかるとおり、本作は主人公である玄奘(文章)が自らの力と役割に目覚め、孫悟空(黄渤)、沙悟浄(李尚正)、猪八戒(陳炳強)を仲間にし、天竺へと旅立つまでが描かれる作品です。妖怪ハンター、という玄奘の職業が割合のっけからぶっ飛んでいる感じがしますが、周星馳作品なので、というか、ワイヤーアクションの伝統と伝奇物語の伝統がある香港なので(どうやら本作は完全に中国作品のようですが)、そこまで突拍子もない印象はありません。というか、そこで引っかかると話が先に進まないので……。そこはあっさり受け入れましょう。

振り返ってみると、ストーリー展開自体はそこそこ王道です。が、例によってどんなシーンでもお構いなしにギャグや小ネタを挟んでくるので、それで話が長くなっているというか、そこが見どころというか。制作費は大きくなって、CG使いまくって、音声が中国語(普通話)になったりしていますが、やりたいことは結局『食神』や『喜劇王』(1999)で完成されているという印象を受けました。ベースストーリーとしては、ダメな男(でもどこか見所がある)が一旦ボロボロになって、自分の眠っていた才能を開花させる……というのが基本パターン。毎回結末は一捻りしてあったりしますが。

また、周星馳は日本の漫画ファンだったり、武侠小説ファンだったりというのが有名ですが、本作の満月を見ると孫悟空や妖怪たちがパワーアップする、というのはおそらく「ドラゴンボール」のパロディでしょう。『DRAGONBALL EVOLUTION』(2009)で全然やりたいことをやらせてもらえなかったらしいので……ここで鬱憤ばらししたのかもしれません。武侠要素としては、今回分かりやすい金庸や古龍のパロディは(たぶん)ありませんでしたが、空虛公子(羅志祥)や北斗五形拳使い(行宇)、天残足(張超理)のキャラクターは非常に金庸の武侠小説的でしたね(突然現れる、人の話を聞かない、すぐ喧嘩する、など)。武術の造形は古龍っぽいかな。

今回監督作としては初めて周星馳は出演していないのですが、文章の役どころは15年くらい前だったらおそらく周星馳自身が演じただろうな、という役どころです。演出の仕方も周星馳主演映画に近い感じなので、従来の周星馳作品ファンも楽しめる作品に仕上がっています。ただ、文章は周星馳よりも少し真面目そうというか、根っから善人そうな感じですね。

今回、主演の文章は大陸出身の俳優ですが、段小姐役の舒淇は香港の女優です。また、空虛公子を演じた羅志祥は台湾で有名なポップ歌手でもあり、中香台の映画界の交流がますます盛んになっていることが伺えます。

ペマ・ツェテン(2011)『オールド・ドッグ』

ཁྱི་རྒན།/老狗
製作国:中国
上映時間:81分
監督:ペマ・ツェテン
出演:ロチ/ドルマキャプ/タムディンツォ

今のところは第12回東京フィルメックス映画祭で最優秀作品賞を受賞した本作がペマ・ツェテン監督の最新作です。『ティメー・クンデンを探して』(2009)にもほんの少し出演していたドルマキャプが、本作では準主演的役どころを演じています。

あるチベット族の男(ドルマキャプ)が町にマスチフ犬を売りに来ます。1990年代から中国人富裕層にマスチフ犬をペットとして飼う習慣が広まりはじめ、チベット高原のマスチフ犬は高値で取引されるようになっていたのでした。翌日、息子から犬を売ったと聞いた老人(ロチ)は、金を持って仲買人のところに出向き、犬を買い戻して来るのでした。そのうちどうせ犬泥棒に盗まれてしまうのだから、今のうちに売ってしまったほうがいい、という息子や仲買人の声にも「犬は牧人の宝だ」と言って耳を貸さない老人。しかし、ついには彼の周りに犬泥棒まで出没しはじめ、一時も心の休まるときがありません。そして、ついに老人はある決断を下すのでした……というお話。

静かなるマニ石』(2005)で描かれた村に比べると、本作で描かれている老人の住む家は、割合都会に近いところにあり、町には漢族も住んでいます(本作では漢族は漢語で喋るのですが、ものすごく訛がきつかった)。当然、漢族に代表される経済的価値観(拝金主義とも言う)は、老人の周りにも入り込んで来ており、若い世代のチベット族もその影響下にあります。そんな環境で生きる老人の孤独な闘いと絶望が本作では描かれています。

本作は他の2作と比べると画質も非常にざらざらしており、始めはフィルムとHDCAMの違いかとも思ったのですが、『静かなるマニ石』は確かにフィルムで撮られていますが、『ティメー・クンデンを探して』(2009)は本作同様HDCAMで撮られているようなので、上映時のメディアの問題でなければ、そういった現実に直面して揺れるチベット族の文化・習慣を、画質によっても表現しているのかもしれません。

本作で印象的だったのは煙草の使い方とテレビの使い方。若い世代のチベット族の青年たちは紙巻きタバコを吸うのですが、老人は常にパイプを手放さず、若者たちから紙巻きタバコを勧められても頑なに断り続けます。そんな彼が、息子にパイプを貸すシーンがあるのですが、不完全ながらも、父と子の絆を示しているようで、わずかに救いが感じられました。一方のテレビ。老人の家にあるテレビは常に大音量で漢語の番組を流し続けています。これが何を象徴しているのかは、言うまでもないでしょう。

ペマ・ツェテン(2009)『ティメー・クンデンを探して』

འཚོལ།/尋找智美更登
製作国:中国
上映時間:112分
監督:ペマ・ツェテン
出演:マンラキャプ/ツォンディ/ルムツォ/リクデン・ジャンツォ

ペマ・ツェテン監督が『静かなるマニ石』(2005)に続いて撮ったのが、『静かなるマニ石』の劇中でも登場した伝統劇「ティメー・クンデン」を映画化するためのキャストを探しまわる映画監督を描いた、いわば「映画の映画」とも言える本作です。

映画監督(マンラキャプ)、社長と呼ばれる男(ツォンディ)などの一行は、チベット高原に車を走らせながら、チベットの伝統劇「ティメー・クンデン」をモチーフにした次回作に出演させる役者を捜していました。村々や寺の田舎劇団を巡る一行は、ある村でティメー・クンデン王子の王妃役にぴったりの少女(ルムツォ)を見つけます。出演を承諾した彼女でしたが、条件として、昔の恋人であり、町へ行ってしまったその劇団のティメー・クンデン役の青年(カトゥプ・タシ)を王子役にキャスティングすることを挙げるのでした。

さらに村々を回りながら、ひとまず青年を捜すことにした一行に、少女も同行することを申し出ます。旅のつれづれに、社長の初恋話を挟みながら、車は青年の町に向けて寄り道をしながらゆっくりと進んで行くのでした。というお話。

本作は「映画の映画」であると同時にロードムービーでもあります。ロケ地である青海省の田舎をヤクや羊を掻き分けながら車が走っていく風景は長閑。一方で、チベット伝統劇が少し大きな町になると子供たちに伝えられていなかったりとか、町に出ていってしまう若者だとか、そういった今日日的な問題もさりげなく描かれています。

本作はティメー・クンデンという無償の愛を描いた古典劇のストーリーをベースに、その上に社長の過去の愛の話と、田舎役者の青年と少女の恋の物語という、時制の異なる物語が重なっているという重層的な構造になっています。それぞれが上手く調和しているか、というと少々首を傾げざるを得ない部分も感じられましたが、演出意図は面白く、また、前作に引き続いて「多くを語りすぎない」スタイルとはうまく調和して、不思議な読後感を残す映画になっていました。

ペマ・ツェテン(2005)『静かなるマニ石』

ལྷིང་འཇགས་ཀྱི་མ་ཎི་རྡོ་འབུམ།/靜靜的嘛呢石
製作国:中国
上映時間:102分
監督:ペマ・ツェテン
出演:ロブザン・テンペル/チョクセ/トゥルク・ジャホンツァン/プルワ

東外大AA研の主催で映画美学校試写室において開催されたペマ・ツェテン映画祭に参加して3作品を観てきました。映画祭告知によると、ペマ・ツェテン監督は西北民族学院在学中に小説家としてデビューし、その後北京電影学院に入学、中国で初めて「チベット語劇映画」を本格的に制作した監督として知られているようです。個人的にもチベット・ビルマ語派には深い関心があることもあり、見逃せない映画祭ということで楽しみにしていました。

やっと電気の引かれたチベットのアムド地方(青海省)の山村。ラマとして師(チョクセ)に付いて修行する少年僧(ロブザン・テンペル)のところに、新年を村で過ごさせるため、父(プルワ)が迎えに来ます。帰り道で父から「新しくテレビを買った」と聞いた少年僧は大喜び。兄(トゥプ・タシ)が主役を務める新年の伝統劇「ティメー・クンデン」そっちのけで、テレビと「西遊記」のVCDに夢中になります。三蔵法師を敬愛する師にも「西遊記」を見せてあげたいと思った少年僧は、父に頼みこんで、テレビとVCDデッキを馬に乗せ、父とともに寺院に戻るのでした。というお話です。

本作はペマ・ツェテン監督の初の長編劇映画なのですが、チベットの山村のお正月の風景を、控えめな演出で瑞々しくとらえています。主演のロブザン・テンペルは当時本当に少年僧であり、師を演じているチョクセも本当に彼の師、映画内に登場する化身ラマであるトゥルク・ジャホンツァンも本当の化身ラマ……といった感じで、基本的にプロの役者を使っておらず、そのせいもあってドキュメンタリー的な印象も強く受ける映画です(もちろん、明確な脚本を元に演じられているので「劇映画」なのは間違いないのですが)。

本人たちにとっては当たり前の日常が、他の土地の人(いわゆる都会人、異文化の人間)の目から見ると、それだけで物語として成立している、というそういうタイプの作品です。タイトルの「マニ石」というのは、チベット文化圏でよく見かける、石に仏教の真言を彫りつけた宗教的なもので、本作では寺院から村への行き帰りに、マニ石彫りの老人(ホワルジン)との再会と彼の死、という非常に印象深いエピソードが描かれています。

佐々木康(1942)『迎春花』

製作国:日本(満州)
上映時間:74分
監督:佐々木康
出演:李香蘭(山口淑子)/近衛敏明/木暮実千代/浦克/藤野秀夫

1937年に満州国において設立された、満州映画協会が制作した日=満合作映画。監督は戦後は東映で活躍した佐々木康。近衛敏明、木暮実千代などの日本人キャストの多くは松竹所属の俳優であり、制作にあたり松竹が協力しているようです。

建設会社に勤める村川(近衛敏明)は、おじの河島(藤野秀夫)が支社長を務める奉天の支社に日本から転勤してきます。会社での挨拶を済ませたあと、下宿を探す村川は、街で社員の白麗(李香蘭)と出会い、彼女の紹介で部屋を見つけます。

のんびりした性格の村川は、支社長の娘である八重(木暮実千代)に好かれているのですが、それに気づいているのかいないのか。一方で彼はだんだんと白に惹かれていき、白のほうも村川を憎からず思うようになるのでした。

ある日、村川はハルビンに出張を命じられますが、満語(中国語)の分からない彼のために、白が同行するように支社長に命じられます。八重が村川に好意を持っていると知っている白は、彼女も同行させるよう支社長に頼み、3人でハルビンに行くことになるのですが……というお話。

ストーリー自体は男性1人、女性2人の恋愛映画、といった感じでそこまで特筆すべき点はありませんが、割と手堅く、丁寧に演出されているという印象があります。また、満映というとプロパガンダ映画を多く作っていた、という印象がありますが、本作にも「日本芸術、満州芸術ということではなく、東アジアの芸術という風に考えるべきだ」というような、「日満親善」のスローガンを思い起こさせる部分はあるものの、全体としては上質な娯楽映画という印象を受けます。まぁ、映画が娯楽である以上、当然といえば当然なのですが。

また、村川が同僚の王(浦克)に月給の額を聞かれて驚いたり、市場の店先に豚の足や頭がぶら下がっているのに驚いたりといった、いわゆるカルチャーギャップに当惑する場面もあり、満州ならではの映画という趣もあります。奉天やハルビンでのロケ撮影と思われる場面も結構あり、当時の街並を楽しむこともできました。ハルビンではロシア正教会の祭祀のシーンもあり、満州の民族的複雑さをかいま見ることもできます。

現在日本で出ているDVDは、おそらくは満州で公開されたフィルムを元にしていると思われ、日本語の台詞には概ね満語(中国語)の字幕が入っているのですが、満語の台詞にはあまり字幕は入っていません。この辺りは、満州の言語使用の実際を想像する上で面白い点ですね。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ