今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

2010s

スコット・ダウ(2015)『ウォーキング・ゾンビランド』

Walking with the Dead
製作国: アメリカ
監督: スコット・ダウ
出演: ティム・オグレトゥリー/ジャクイ・ホーランド/デイヴ・シェリダン/トロイ・オグレトゥリー

【あらすじ】

息子のファウルボールを頭に食らい昏倒していた保安官リンカーン(デイヴ・シェリダン)が病院で目をさますと、そこはゾンビ・アポカリプス後の世界だった。妻バービー(ナタリー・マッケンナ)、息子クリス(メイソン・ダコタ・ギャリオン)と、彼女の勤め先だったストリップ・バーで再会したリンカーンだったが、その直後、バービーはゾンビに胸を噛まれてしまう。躊躇なくバービーを撃ち殺すクリス。

リンカーンはクリスを連れ、病院で出会ったシカゴ(ジョーイ・オーグルズビー)とグリーンベイ(ティム・オグレトゥリー)が立て籠もっているというモールに向かう。モールには彼らの他に、おもちゃのボーガンを使うドーネル(アンドリュー・ポッツァ)に、ブルックリン(ソフィア・テイラー・アリ)とハーレム(ダニエレ・ガルシア)の姉妹もいた。その夜、モールはゾンビの襲撃を受けるが、そのゾンビの中にいたロミオ(トロイ・オグレトゥリー)はブルックリンを守る。リンカーンは彼らを連れて平和だという噂を聞いた農場を目指すことに。

農場にはアブラハム(リチャード・ルーケンス)とサラ(マーサ・プレンティス)の老夫婦と、彼らの娘であるアイザック(ジャクイ・ホーランド)がいた。アイザックは彼らの年齢を心配し、ゾンビ・アポカリプスのことを伏せていた。歓待を受ける一行。だが翌日、アイザックと共にマリファナ・パーティーを開いたグリーンベイがラリって花火を打ち上げてしまったことで、ゾンビを呼び寄せてしまう。

必死にゾンビを撃退する一行だったが、そこにラジオを通して政府からの発表が届く。解毒薬を水道に混ぜたので、ゾンビを見つけ次第水をかけろというのだ。襲い来るゾンビを水で正気に返して行く一行。その夜、正気に戻った生存者達と共にパーティーを行う。しかし、ラジオが今度はテキサス大の小惑星が地球に墜落しつつあることを告げるのだった……

【感想】

真面目にあらすじを書く意味はあるのだろうか、というタイプの映画ですね。最後の小惑星云々はいわゆる「オチ」の部分。ベースとしてあるのはTVドラマ「ウォーキング・デッド」のパロディ。直接的なシーンやシチュエーションのパロディはほぼ全てこの作品からのものなので、少なくともシーズン2あたりまで見てないとパロディ的な面白さはほとんど味わえない気がします。そして、パロディネタが分からないと、はっきり言ってあまり面白くない作品です。

シカゴ、ブルックリン、ハーレムあたりのキャラクターは『ゾンビランド』(2009)のパロディ。その他『28日後…』(2002)や『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)からのパロディもあるようなのですが、ぼくはこの2本は未見なのでなんとも言えないところ。

バカバカしいところの多い、気楽なパロディ・コメディ映画ですね。

天願大介(2011)『デンデラ』

製作国: 日本
監督: 天願大介
出演: 浅丘ルリ子/草笛光子/倍賞美津子/山本洋子

【あらすじ】

東北地方の寒村、その村では70歳になった老人はお山送りといって山へ捨てられるしきたりがあった。カユ(浅丘ルリ子)もある冬の日に掟に従って山に捨てられ、寒さに気を失う。しかし、彼女は謎の老婆たちによって助けられ、デンデラと呼ばれる村に運ばれる。そこは30年前に捨てられ、100歳になる老婆、メイ(草笛光子)が作り上げた、老婆だけの村だった。

状況が飲み込めないカユに向かい、共に村に復讐しようと語るメイ。一方、デンデラに暮らす老婆の一人であるマサリ(倍賞美津子)は、村より豊かになることこそが村への復讐になる、と説く。カユがデンデラに来たことで、デンデラの住民は50人になった。ついに時は来たとして、メイは次の満月に村を襲うと宣言する。

カユはデンデラで1年前にお山送りとなった親友クラ(赤座美代子)に再会する。デンデラはいいところだ、と語るクラ。その夜、30年で初めて熊がデンデラを襲った。多くの死傷者を出し、クラも足を失う重傷を追う。メイたちは熊を仕留めるため、クラを囮にして熊を誘き寄せることにする。反対し、怒るカユだったが、クラも納得している以上、どうしようもなかった。熊がクラを襲撃した際、老婆たちは総出で反撃に出るが、親熊はメイの一撃によって目を負傷するものの逃げてゆき、結局子熊を一頭殺すだけに終わってしまう。

しかし、親熊の再襲撃がなかったことで、メイは熊に勝ったと判断。デンデラでは祭りが行われる。翌日、メイとカユを始めとする一行は村を襲撃するため山を降りるが、その途中、雪崩にあってメイやマクラ(角替和枝)を始めとする多くが死んでしまう。なんとかデンデラに戻ったカユたちは、マサリの指導のもと、デンデラを建て直そうとするが、その矢先、再び負傷した熊がデンデラを襲う。マサリの犠牲もあって、熊を家に閉じ込め、家ごと焼き殺そうとしたカユたちだったが、熊は家を突き破って逃げていってしまう。

翌日、カユとヒカリ(山本洋子)の二人は、熊を殺し、新しい土地を見つけるために出発する。二人は熊と遭遇するが、ヒカリは熊に食い殺されてしまう。無我夢中で逃げるカユは、いつしか麓の村に出てしまっていた。カユを追いかけてきた熊は、一頭の雄熊も呼び寄せており、二頭の熊は村の人々に襲い掛かるのだった……

【感想】

宣伝文句やあらすじを見て、姥捨山に捨てられた老婆たちが、その知識を活かして自分を捨てた人々に復讐する、的なストーリーかと思いきや、まさかの老婆と熊のバトルものというのが本作。しかも基本的には一方的に蹂躙される。熊の襲撃シーンでは70年代の日本映画のようなスプラッターシーンも多用されており、そういった点もなかなか面白い。

また、本作は浅丘ルリ子、倍賞美津子、草笛光子、山本洋子といった、戦後日本映画を支えてきた名女優のオールスター映画という側面もあり、そういった意味でものすごく豪華な女優陣が見られる映画でもあります。日活ロマンポルノで一斉を風靡した白川和子や、同じくロマンポルノ出身女優である山口美也子などが出ているのも嬉しい。

実際に過酷な環境の雪山で撮影が敢行されており、そこで実年齢70を越えたりそれに迫る女優さんたちが出演しているわけで、そういった迫力も物凄いものがあります。

ストーリーは、特に結末にぶん投げ感はあるものの、撮りたいものを撮った、みたいな勢いのある映画で、ぼくは結構好きです。監督を勤めた天願大介監督は『楢山節考』(1983)の今村昌平監督の息子、というのも面白い。

クリス・ルノー/ピエール・コフィン(2010)『怪盗グルーの月泥棒 3D』

Despicable Me
製作国:アメリカ
上映時間:95分
監督:クリス・ルノー/ピエール・コフィン
出演(声):スティーヴ・カレル/ミランダ・コスグローヴ/デイナ・ゲイアー/エルシー・フィッシャージェイソン・シーゲル

第3作にあたる『ミニオンズ』(2015)の公開を間近に控えているクリス・ルノー、ピエール・コフィン両監督によるCGアニメーション映画。2人ともフランス人のようで、本作のスタッフにも多くのフランス人の名前が見られますが、映画自体はアメリカ映画のようです。

 世紀の大泥棒を目指す男が、ある悪だくみから孤児の三姉妹を利用しようとするものの、思いがけず愛情が芽生えてしまうさまをユーモラスに綴るハートウォーミング・アドベンチャー・コメディ。監督は、共にこれが長編デビューのクリス・ルノーとピエール・コフィン。
 大泥棒グルーの生きがいは、世界をあっと驚かせる物を盗むこと。そのために、バナナから作られた怪盗軍団“ミニオン”を従え、涙ぐましい努力を続けていた。そんなある日、ピラミッドが盗まれ大ニュースに。悔しがるグルーは、負けてなるものかと、月を盗むことを決意する。ところが、宿敵ベクターの横やりで作戦失敗の危機に。そこで、ベクターを陥れるため、養護施設で暮らす三姉妹、マーゴ、イディアス、アグネスを利用することを思いつく。こうして三人を養女に迎え入れたグルーだったが…。

ミニオンってバナナから作られた怪盗軍団だったのかー。特に映画内でそれについて言及されてはいませんでしたが。以前『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)を見に映画館に出かけた際、予告編で流れていたミニオンたちのコミカルな動きに魅了されたのが本作を見てみたきっかけです。

怪盗グルー(スティーヴ・カレル)が、利用するために引き取った3人の子供たちに感化されて、優しい心を取り戻していく、というストーリーは王道ですが、王道だけに心地よく、面白い。そこにコメディアンとしてのミニオンのキャラクターが入ってくるので、常に大笑いしながら見ていられます。

それにしても、この何の説明もなく登場するミニオンというキャラクターが本当に面白い。これは彼らを主人公にした作品(『ミニオンズ』)が作られるのも納得で、公開が非常に楽しみです。

 Despicable Me
(2010) on IMDb

ジョージ・ミラー(2015)『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

Mad Max: Fury Road
製作国:オーストラリア/アメリカ
監督:ジョージ・ミラー
出演:トム・ハーディ/シャーリーズ・セロン/ニコラス・ホルト/ヒュー・キース=バーン

あの『マッドマックス』(1979)シリーズの最新作、という認識でいいんでしょうか。前作『マッドマックス/サンダードーム』(1985)からなんと30年ぶりにシリーズ作品が作られました。

 これまでにメル・ギブソン主演で3本が製作された傑作アクション・シリーズの30年ぶりとなる第4弾。ジョージ・ミラー監督が2代目マックスにトム・ハーディを迎え、満を持して贈るハイテンション・バトル・アクション大作。資源も水も尽きかけ荒廃した未来を舞台に、独裁者ジョー率いる殺戮暴走軍団と、マックスが助太刀する反逆の女戦士フュリオサのノンストップ・チェイスが、3Dによるアドレナリン全開のド迫力アクション&バイオレンスで描かれていく。共演はシャーリーズ・セロン、ヒュー・キース=バーン、ニコラス・ホルト、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー。
 石油も水も尽きかけ荒廃した世界。愛する家族を守れなかったトラウマを抱え、本能だけで生き長らえている元警官、マックス。ある日、資源を独占し、一帯を支配する独裁者イモータン・ジョー率いるカルト的戦闘軍団に捕まり、彼らの“輸血袋”として利用される。そんな中、ジョーの右腕だった女戦士フュリオサが反旗を翻し、ジョーに囚われていた5人の妻を助け出すと、彼女たちを引き連れ逃亡を企てたのだった。裏切りに怒り狂うジョーは、大量の車両と武器を従え、容赦ない追跡を開始する。いまだ囚われの身のマックスもまた、この狂気の追跡劇に否応なく巻き込まれていくのだったが…。

マックス役こそメル・ギブソンからトム・ハーディに交代したものの、監督は引き続きジョージ・ミラーが務めています。この人、『マッドマックス』のあと何やってたんだろう、と思って調べてみたら、『ベイブ』(1995)の製作なんかも務めていたんですね。また、第1作でトーカッターを演じたヒュー・キース=バーンが本作にも出演しているところもファンには嬉しい配役でしょう。

内容は、ただただひたすらカーチェイスしながら爆発したりぶつかったりバーンってなったりという、なんというかもう非常に頭悪い感じでとても楽しい。

前提としてどんな映画でも映画館で見たほうが面白い、ということはあるのですが、とりわけ本作については、ちょっとでも見ようかな、と思っている方は映画館で見たほうが絶対に数十倍くらい面白いです。

Mad Max: Fury Road (2015) on IMDb

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(2014)『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
製作国:アメリカ
上映時間:119分
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:マイケル・キートン/エドワード・ノートン/エマ・ストーン/ザック・ガリフィナーキス

『アモーレス・ペロス』(2000)で一躍有名になったメキシコ出身の映画監督アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の最新作で、2014年の米アカデミー賞作品賞と監督賞、脚本賞などを受賞したことでも話題になったのが本作。公開前にはアメリカ版ポスターと日本版ポスターの構成の違いについてもネット上の一部界隈で話題になったりもしていました。主演は『バットマン』(1989)で主演を演じたマイケル・キートンであり、本人のその経歴もあって、「バードマン」というアクション映画スターだった主人公が再起を目指す物語、という構成にかなりの説得力を与えています。

 「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、かつてバットマン役で一世を風靡したマイケル・キートンを主演に迎え、公私ともにどん底状態の中年俳優が繰り広げる切なくも滑稽な悪戦苦闘の日々を、全編1カットという驚異の撮影スタイルで描き出すシニカル・コメディ。共演はエドワード・ノートン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ。アカデミー賞では、みごと作品賞をはじめ最多4部門を受賞。
 かつて主演した大人気スーパーヒーロー映画「バードマン」のイメージが払拭できずに、その後は鳴かず飛ばずの俳優人生を送るリーガン。私生活でも離婚に娘サムの薬物中毒と、すっかりどん底に。そこで再起を期してレイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』を原作とする舞台を自ら脚色・演出・主演で製作し、ブロードウェイに打って出ることに。ところが、大ケガをした共演者の代役に起用した実力派俳優マイクの横暴に振り回され、アシスタントに付けた娘サムとの溝も深まるばかり。本番を目前にいよいよ追い詰められていくリーガンだったが…。

以前『マカロニ・ウエスタン 800発の銃弾』(2002)について、監督のアレックス・デ・ラ・イグレシアが「本作のラストにイーストウッドが出演してくれたら、もうそれで映画は成功したも同然だ」と言ったとか言わかったとかいう話がありますが(そして出演はならず)、本作はそういった意味でマイケル・キートンのキャスティングに成功した時点で、映画としてはまず成功したも同然、というような部分もある気がします。さらに、本作では劇中で何人ものハリウッド俳優(ライアン・ゴズリングとかメグ・ライアンとか)が実名で挙げられており、そういった点も映画のリアリティを高めることに一役買っているという印象があります。

ワンカットに見えつつも、一体どうやって撮ったのか非常に不思議な長回しなど、斬新な映像が話題になる本作ですが、そういった技巧的な部分を取り除いてみると、本作は「かつて栄光を掴んだ落ち目の男が、再起を賭けるストーリー」という、それこそキング・ヴィダー監督の『チャンプ』(1931)ではないですが、昔から繰り返し描かれてきたストーリーであり、そういった部分も観客に訴えかける要素でしょう。また、アカデミー賞受賞については、本作が「劇の映画」というアカデミー会員好みの題材であることも一因かもしれません。映画の映画とか好きですしね、あの人たちは。

才能はありながら、舞台をかき回すトリックスター的役回りを演じたエドワード・ノートンはさすがの上手さ。たまに若い頃のエド・バーンズみたいに見えたのは髪型のせいかなぁ……? 主人公リーガンの娘サムを演じたエマ・ストーンは、ぼくは『ゾンビランド』(2009)以来5年ぶりくらいに見たのですが、当時からチャーミングな女優さんという印象はありましたが、なんかかなりいい役者さんになったなぁ、という印象。特に中盤の長台詞のシーンの迫力はすごかった。

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) (2014) on IMDb

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ