今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

2000s

M・ナイト・シャマラン(2002)『サイン』

Sign
製作国:アメリカ
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:メル・ギブソン/ホアキン・フェニックス/ロリー・カルキン/アビゲイル・ブレスリン

【あらすじ】

フィラデルフィア近郊に住むヘス一家。父親のグラハム(メル・ギブソン)は事故で妻を失ったあと牧師の仕事をやめ、今では自宅近くの農場でトウモロコシを育てながら息子モーガン(ロリー・カルキン)、娘ボー(アビゲイル・ブレスリン)、そして離れに住む弟メリル(ホアキン・フェニックス)と共に暮らしていた。

ある日、不思議な出来事が一家を襲う。早朝、子供たちの姿が見えないのを探しに出たグラハムとメリルは、トウモロコシ畑の一部がまるでミステリー・サークルのように折り倒されているのを見つける。それと同じころ、2匹の飼い犬もまるで何かに怯えるように凶暴になり始める。その夜、不審者に気づいた2人は外に出るが、それはものすごい跳躍力を発揮して2人から逃げていった。

TVをつけた彼らは、インドを始めとする世界中で、同じような現象が起きていることを知る。旧知の警察官の勧めで気晴らしに街に出た一家だったが、街は宇宙人の話で持ちきりだった。家に戻った彼らは、モーガンの持つおもちゃの無線機に、なにやら不思議な更新音が入っていることに気づく。

グラハムはある男から電話を受ける。その男レイ(M・ナイト・シャマラン)こそ、グラハムの妻コリーン(パトリシア・カレンバー)の死の原因となった自動車事故において、車を運転していた男だった。レイの家に向かうグラハム。彼はグラハムに改めて謝罪し、食料庫に宇宙人を捕まえているから、決して開けないように、と言い残し、湖に向かう。彼らは水を恐れているらしい、との言葉を残して。レイの家に入ったグラハムは、食料庫の扉の隙間から出る宇宙人の手、らしきものを目撃し、動転のあまり手に持っていたナイフでその指を切断し、家へと逃げ帰るのだった。

窓に板を打ち付け、立て篭りの準備をするグラハムとメリル。しかし、板を打ち付けるのを忘れていた屋根裏から彼らの侵入を許してしまう。彼らは地下室に逃げ込む。疲れから眠ってしまったグラハムは、妻を失った自動車事故の夢を見る。

翌日、目を覚ました彼は、ラジオ放送で宇宙人が撤退しつつあることを知る。発作を起こしたモーガンの喘息の薬を手に入れるため、1階に上がった彼らだったが、逃げ遅れたと思われる宇宙人にモーガンが捕まってしまう。メリルはバットで宇宙人に打ちかかり、モーガンを取り返す。そして、コップの水がかかった宇宙人はあっけなく倒されるのだった。

死に際の妻の言葉、そして喘息で気管が閉じていたことにより、モーガンが宇宙人の毒ガスから助かったことなどを思い出したグラハムは、妻の死以来失っていた信仰を取り戻した。

【感想】

監督のM・ナイト・シャマランは日本で初めて劇場公開された作品『シックス・センス』(1999)の印象があまりに強すぎて、どうもそのあとパッとしない印象もある(とはいえ、ぼくはその後の作品を追っているわけではないので、あまり偉そうなことは言えない)のだけれど、本作も悪くないし、なかなか面白いんだけどなあ……という感じはあります。まあ、単に彼に『シックス・センス』っぽさを求めすぎなだけなのかも知れません。

大規模な特撮を使用した作品になりがちな宇宙戦争ものを、ほとんどいち家族、一つの家の中での密室劇として描こうという試みはなかなか面白く、また、グラハムが失った信仰を取り戻す物語と、それによる家族の再生の物語としても描こうとしている意欲は分かるのですが、どうにもちょっと中途半端な印象は受けます。また、メリルが元マイナーリーグのホームラン記録保持者、という伏線や、ボーの水に潔癖な癖を描くことで観客の意識に水を印象付ける手法なども、まあ、B級SFとしてはアリなんですが、この人の場合、サスペンス性を盛り上げる演出がやたら上手いので、逆にチグハグになっている印象もあります。まあ、この辺は好みでしょうけれど。

最後の、水。それでもって雪が降り始めるから撤退した、ってのはなあ。なんか釈然としない気はします。こんな大作(?)で、そんな『エル・ゾンビ II 死霊復活祭』(1973)みたいなオチを持ってきてしまっていいものなのか。

Signs (2002) on IMDb

ショーン・ペン(2007)『イントゥ・ザ・ワイルド』

Into the Wild
製作国:アメリカ
上映時間:148分
監督:ショーン・ペン
出演:エミール・ハーシュ/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ブライアン・ディアカー/ハル・ホルブルック

ジョン・クラカワーのノンフィクション『荒野へ』を原作にして、俳優としても著名なショーン・ペンが監督を務めた作品。主人公のクリス・マッカンドレスをTV俳優出身のエミール・ハーシュが演じています。

 若さゆえの生真面目さで自らの心と向き合い、過酷なアラスカの大自然に立ち向かっていった一人の青年の姿を追ったジョン・クラカワーのベストセラー・ノンフィクション『荒野へ』を、オスカー俳優ショーン・ペンがメガフォンをとり映画化。恵まれた境遇にありながらも繊細な感受性ゆえに満たされずにいた青年が、突然すべてを捨て、ヒッチハイクでアメリカを縦断しながら様々な人々との出会いを経て、最後は徒歩でアラスカの荒野へと分け入り、その4ヵ月後に餓死した死体となって発見されるまでの心の軌跡を静かに見つめていく。主演は「ロード・オブ・ドッグタウン」のエミール・ハーシュ。
1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業した22歳の青年、クリス・マッカンドレス。卒業祝いに新車を買ってあげるという両親の申し出をあっさり断った彼は、通帳にあった預金全額を慈善団体に寄付し、家族に何も告げることなく、文字どおり無一文でアラスカへ向けて旅に出る。道中、様々な出会いと経験を重ねるクリス。サウスダコタでは彼の無鉄砲を諫めてくれる陽気な兄貴分ウェインと親交を深め、スラブスではヒッピーなどアウトサイダーたちが集うコミューンに身を寄せ、そこで美しい少女トレイシーと出会う。彼女はクリスに好意を抱き、クリスにも恋心が芽生えたかに思われたが…。一方その頃、残された家族は音信不通の息子の身を案じ、祈る思いで彼の帰りを待つのだったが…。

クラカワーの「荒野へ」を読んだのはもう3年以上前になるので、細かな内容は忘れてしまったのですが、本作のマッカンドレス(エミール・ハーシュ)がアラスカに行ってからの荒野での生活と、彼のそれまでの旅の軌跡が交互に描かれる展開は、原作を踏襲しており、それがアクセントとしていい構成になっています。一方で、マッカンドレスの心の声を妹であるビリー(マーシャ・ゲイ・ハーデン)の声でナレーションすることにより、単調になりがちな部分をカバーしているのはうまい。

多少風景を美しく撮りすぎているんじゃないか、という部分があったり、音楽に頼りすぎではと感じる部分もあったものの、画面分割など(少々古くさくもある)手法を効果的に使うことにより、彼が生きた80年代から90年代頭の雰囲気をうまく出しているように感じました。

原作を読んだ際にはまだ感じなかったのですが、その後、狩猟の真似事に参加させて頂いたり、野草採りの真似事をするようになった経験を踏まえて言うと、やはり彼の狩猟・解体技術はまだまだ稚拙だったんだなぁ、ということと、野草ってやっぱり怖いよねぇ、ということを、強く感じます。

エミール・ハーシュの役作り、特にクライマックスの鬼気迫る痩せっぷりはすごい。また、最後に羆と遭遇するシーンはいったいどのようにして撮ったんだろう。

 Into the Wild
(2007) on IMDb

アスガー・ファルハディ(2009)『彼女が消えた浜辺』

درباره الی
製作国:イラン
上映時間:116分
監督:アスガー・ファルハディ
出演:ゴルシフテ・ファラハニ/タラネ・アリシュスティ/シャハブ・ホセイニ/ペイマン・モアディ

日本ではすでに『別離』(2011)、『ある過去の行方』(2013)と順調に新作が紹介されているアスガー・ファルハディ監督の本邦初紹介作品。監督作自体は本作の前に何本か撮っているようです。

 2009年のベルリン国際映画祭で監督賞に輝いたイラン映画。カスピ海沿岸の避暑地にバカンスにやって来たイランの中産階級の男女が、その中の一人の女性の突然の失踪をきっかけに、彼女の行方と原因を巡って混乱を来す中で、次第にさまざまな謎や問題が浮き彫りとなっていくさまを、イランならではの社会的事情を背景にミステリアスかつサスペンスフルに綴る。監督は、これが日本初登場のアスガー・ファルハディ。
 テヘランからほど近いカスピ海沿岸のリゾート地に週末旅行へとやって来たセピデーたち3組の家族。そこに、セピデーに誘われ、たった一人で参加した若い女性、エリがいた。セピデーには、エリに離婚したばかりの友人アーマドを紹介するという思惑があったのだ。しかし翌日、エリは海岸で忽然と姿を消してしまう。事故か、それとも何も言わず帰ってしまったのか。必死の捜索が進む中、唯一彼女と面識のあったセピデーさえ彼女の本名を知らず、誰もエリのことを何一つ知らなかったことが明らかとなってくるのだが…。

群像劇で、登場人物がそれぞれの思惑を持って、少しずつ嘘を付いてしまったために、本来そこまでややこしくないはずの話がどんどんこじれにこじれていく、というタイプの作品。お互い親族関係にある3家族が海辺にバカンスにやってくるのですが、そこにセピデー(ゴルシフテ・ファラハニ)に連れられて、彼女の子どもの保育園の先生をしているエリ(タラネ・アリシュスティ)も参加します。セピデーの思惑としては、ドイツに住んでいて久々に里帰りしたアーマド(シャハブ・ホセイニ)の奥さん候補として、彼女を紹介しようとしていました。

しかし、ペイマン(ペイマン・モアディ)の息子が海で溺れてしまい、皆でそれを助けたあと、エリが忽然と姿を消してしまっていることに気づきます。助けようとして溺れたのか、それとも帰ってしまったのか。登場人物が疑心暗鬼になるなか、エリを誘ったセピデーを始めとして、誰も彼女の本名(エリはイラン人の名前としては一般的ではなく、本名をもじった愛称)すら知らなかったことが判明します。

主要な登場人物がなかなか多く、さらに女性陣はヘジャブを被っているため、油断をすると誰が誰だかわからなくなりそうなところですが、性格がしっかり描き分けられており、混乱せずに見ていることができます。といっても、前半は誰と誰が夫婦なのかとか、誰が誰の子どもなのかいまいち分からないまま見ていましたが…… まぁ、それでもそこまで問題はない感じでした。

なかなかサスペンスフルな展開で、誰が本当のことを言っているのかとか、いったいエリはどうなってしまったのかとか、先が気になる展開が続き、中だるみもせずにラストまで話が展開していきます。

原題の「درباره الی」は「エリーについて」とか「エリーに関係すること」くらいの意味ですね。

allcinemaの解説では、イランならではの社会的事情、とありますが、確かに本作の重要な要素となる問題については、イランの現行法にはいろいろ不備はあるものの、イスラム法の原理に基づく国家としては、サウジアラビアなんかと比べると、女性国会議員の努力により、かなり改善(敬虔なムスリムから見ると堕落なのかもしれませんが)されてきている、ということを付言しておきます。本作のネタバレに関わるため、奥歯に物が挟まったような言い方しかできませんが。

 Kanojo ga kieta hamabe
(2009) on IMDb

ラーチェン・リムタラクーン(2009)『チョコレート・ソルジャー』

จ้า ดื้อ สวย ดุ / Raging Phoenix
製作国:タイ
上映時間:112分
監督:ラーチェン・リムタラクーン
出演:ヤーニン・ウィサミタナン/カズ=パトリック・タン/Sompong Leartvimolkasame/Boonprasert Salangam

ジージャーことヤーニン・ウィサミタナンが『チョコレート・ファイター』(2008)に続いて主演したアクション映画。『チョコレート・ファイター』では主人公がチョコレートに執着している描写がありましたが、本作にはチョコレートは一切出てきません。『チョコレート・バトラー THE KICK』(2011)という映画にもジージャーは出演していることから、日本ではどうやら「チョコレート」がジージャーを指す言葉のようになっているようです。

 ムエタイとヒップホップを組み合わせた独特のマーシャルアーツを使いこなす少女とギャング団との対立を描く。主演は「チョコレート・ファイター」の“ジージャー”ことヤーニン・ウィサミタナン。監督は「マッハ!」のプラッチャヤー・ピングー。
 ドラマーのデューは、バンドの演奏中に彼氏の浮気現場を目撃、騒動を起こしバンドをクビになってしまう。ヤケ酒を飲んでいたデューは、女性を誘拐する軍団“ジャガー団”のターゲットとなるが、そんな彼女を助けてくれたのは“泥酔拳(メイライユット)”の担い手・サニムだった。サニムからメイライユットを学ぶデューは、囮りとなってジャガー団のアジトに乗り込もうとするのだが…。

Allcinemaには監督は「マッハ!」のプラッチャヤー・ピングーと書かれていますが、これは明らかに間違い。プラッチャヤー・ピンゲーオは本作にはプロデューサーとして関わっていますが、監督は上にもあるようにラーチェン・リムタラクーンが勤めています。彼は『チョコレート・ファイター』では編集担当を務めていました。

『チョコレート・ファイター』同様本作の一番の見所はジージャーのアクションにあるのですが、ジャガー団を潰すために集まったサニム(カズ=パトリック・タン)、ドッグ(Sompong Leartvimolkasame)、ブル(Boonprasert Salangam)といった面々のアクションやキャラクターもなかなか面白い。

「泥酔拳」というと、どうしても成龍主演の『ドランク・モンキー/酔拳』(1978)を連想しますが、特に関連性はありません。本作の「泥酔拳」も酔っ払ったようなふらふらした動きがキモなのですが、アクションとしてはムエタイにヒップホップやブレイクダンスの動きを取り入れたような動きで、新鮮で面白かったです。

完成度は『チョコレート・ファイター』と比べると少々落ちる(特にアクションはワイヤーも使っていると思われる)こともあってか、本作は大阪アジアン映画祭で上映されたのみで、日本では一般劇場公開はされなかったようです。タイミングの問題もあるかもしれません。また『チョコレート・ファイター』には阿部寛がかなり大きな役で出演していましたが、本作では最初のジャガー団に誘拐された女性たちを救う場面で、一人日本人と思われる女性(タケシタ・アイノ)が登場しています。こちらはほとんどストーリーには関わってこないのですけれどね。

ジャン=フランソワ・プリオ(2003)『大いなる休暇』

La grande séduction
製作国:カナダ
上映時間:110分
監督:ジャン=フランソワ・プリオ
出演:レイモン・ブシャール/デヴィッド・ブータン/ブノワ・ブリエール/ピエール・コラン/リュシー・ロリエ

日本ではあまり馴染みのないカナダの映画。カナダの映画ですが、全編フランス語です。ケベックの映画なんでしょうね。監督のジャン=フランソワ・プリオは日本で公開された作品は劇場映画デビュー作の本作のみですが、本作をふくめ、現在までに3作の映画を作っているようです。

 カナダの小さな島を舞台に、島にやってきた青年医師と島の人々とのユーモラスな交流を描いたハートフル・コメディ。工場誘致の条件である医者を島に留まらせるため、島ぐるみで大芝居を打つさまを、切実な社会問題を盛り込みつつほのぼのとしたタッチで綴る。監督はこれまで数々のCMを手掛け、本作で劇場長編デビューのジャン=フランソワ・プリオ。
 カナダ、ケベック州のサントマリ・ラモデルヌ島。人口125人のこの島は、かつて漁業で栄えていたが、今では島民のほとんどが失業手当に頼る生活を余儀なくされていた。そんなある日、この島に大規模なプラスチック工場誘致の話が舞い込んでくる。建設には、“島に定住する医師がいること”が絶対条件。しかし、この島は長らく無医島になっていた。そこで、折良く島に1ヵ月滞在だけすることになった青年医師クリストファーがそのまま定住したくなるよう、島民が一致団結してクリストファーをダマそうとういうことに。そして、そんな島民の魂胆などまるで知らないクリストファーがいよいよ島へとやって来るのだが…。

日本にいると、なかなかカナダの情報って、積極的に集めていないと入ってきません。まず、カナダにフランス語映画のマーケットがあって、フランス語でしっかりした映画を作り、それを公開するという仕組みがある、というのが驚きでした。いま、調べてみたところ、ケベック州には700万人以上の住民がいるらしく、それだけいればそれなりのマーケットもあるよな、という新たな発見をしました。

本作は寂れかけた島の漁村が、工場誘致という一発逆転を目指し、一致団結してがんばる、という、どことなく『ブラス!』(1996)なんかを連想させる部分のある映画です。やってきた医師に気に入ってもらえるよう、必死に嘘に嘘を重ねる、というのは、よく考えると目的も行為も純粋とは言えない気もしますが、そういった完全に善人とは言えない登場人物がドタバタする様は少々三谷幸喜的とも言えるかもしれません。

医師のクリストファー(デヴィッド・ブータン)が33歳と若め、また島の郵便局に勤めているイヴ(リュシー・ロリエ)も若い設定ですが、主人公の新町長ジェルマン(レイモン・ブシャール)をはじめ、その他の主要登場人物は無精髭のうらぶれたおっさんばかり。そんなおっさんたちが必死に走り回ったり、演説したり、喧嘩したりしながら、一生懸命動き回る姿は本当にほのぼのと微笑ましい。

クリストファーがクリケット狂だと知れば、島全員でにわかクリケットチームを作ってみたり、電話を盗聴までして、ストロガノフが食べたいと聞けばレストランのメニューにストロガノフを追加してみたり。また、一方で、工場を建設する企業の社長の視察に対応するために、島民の数を必死に多く見せようと、島民総出で夜の島を走り回ったり。

しかし、友人の嘘を知りショックを受けているクリストファーの姿を見て、改めて自分のやっていることを見つめたジェルマンは思い悩むことになります。どういう結末にするのかとハラハラしながら見ていましたが、しっかりとしたけじめもありつつ、暖かな余韻の残る終わり方で、非常に幸せな映画でした。

原題の"La grande séduction"は、直訳すると「大いなる誘惑」となります。「休暇」はla vacationですが、なかなかうまい邦題だと思います。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ