今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

1970s

バート・ケネディ(1971)『女ガンマン・皆殺しのメロディ』

Hannie Caulder
製作国: イギリス
監督: バート・ケネディ
出演: ラクエル・ウェルチ/アーネスト・ボーグナイン/ロバート・カルプ/ストローザー・マーティン

【あらすじ】

無法者のエメット(アーネスト・ボーグナイン)、フランク(ジャック・イーラム)、ルーファス(ストローザー・マーティン)のクレメンス兄弟は、ある町の銀行を襲い、その逃走中にコールダー氏の牧場から馬を盗もうとする。ルーファスは止めに入ったコールダー氏を射殺。家の中にいた妻ハニー(ラクエル・ウェルチ)を見つけると、3人で代わる代わる犯し、家に放火して馬を奪って去って行くのだった。

翌日、ハニーは通りかかったバウンティ・キラーのトーマス(ロバート・カルプ)に対し、自分に銃を教えてくれるよう頼む。初めは断ったトーマスだったが、ハニーの動機を知ると気を変えて協力することにする。町で服装を整えたハニーは、腕のいい鉄砲鍛冶のベイリー(クリストファー・リー)に自分用の銃を作ってもらうため、トーマスと共にメキシコに向かう。ベイリーの家でトーマスから銃の手ほどきを受けるハニーだったが、そこに一人の牧師(スティーヴン・ボイド)が現れ、ベイリーに弾倉の修理を依頼する。

ハニーはベイリーから引鉄が2つある特製の銃を受け取る。下の引鉄を引くと、撃鉄が起きて、上の引鉄を引いて撃つことができる、という変わった銃だ。ハニーの特訓が終わったころ、ベイリーの家を無法者たちが襲う。ベイリー、トーマスと共に立ち向かうハニーだったが、怪我を負わせた無法者に留めを刺すことを躊躇しているところをトーマスに助けられるのだった。

アメリカの街に戻るトーマスとハニー。トーマスはフランクを見つけ、保安官事務所に連行しようとするが、それを見たエメットが放った投げナイフを腹に受けてしまう。ホテルに運ばれたトーマスは、ハニーの前で事切れるのだった。ハニーはサルーンにいたフランクを決闘の末殺し、ルーファスも始末する。そして、旧刑務所で待つと、エメットに言付けるのだった。

旧刑務所で対決するハニーとエメット。エメットは物陰から投げナイフでハニーを刺そうとするが、そこに居合わせた牧師によって防がれる。そして決闘の末、ついにエメットは斃れるのだった。

【感想】

ラクエル・ウェルチを起用したお色気系西部劇、と思いきや、意外にも(?)内容は真っ当な復讐劇です。夫を殺された(ガンマンではないという意味で)一般人が、銃の達人の手ほどきを受け、自らの手で仇を打っていく、という筋書きは意外なほどに真っ当というか、スタンダード。一方で、多少コミカルなシーンも入っているのですが、その辺が全体のテイストとうまく合っているかと言われると、ちょっと判断が分かれるところ。

上半身は裸にポンチョを羽織っているだけ、というウェルチのスタイルは、西部劇基準では割と露出度高め。彼女が銃を抜こうとするたびに、ちらっちらっと見える脇腹が、チラリズム的な意味で逆に色っぽい。

ハニーがベイリーに作ってもらう銃をはじめ、なんか面白かったり、あまり見たことがない銃がちらほら登場しているのも見所の一つといえば一つですかね。ハニーの特製銃は、あまりストーリーの上で活かされていた気はしないのですが。

本作はイギリス映画なので、マカロニウエスタンの範疇には含まれないのですが、ほとんどのシーンのロケ地がマカロニウエスタンでお馴染みのアルメリア、タベルナスの荒野ということもあって、非常にマカロニウエスタン感が強いです。最序盤のコールダー家の牧場はフォート・ブラボー付近の荒野、序盤に出てくる街はフォート・ブラボーで撮影されていますし、後半の街はレオーネが建てたミニ・ハリウッドのセットで撮影されています。『夕陽のガンマン』(1965)ではエル・パソ銀行として使われていた建物が、本作ではホテルとして使われているのですが、この建物がホテルとして使われているケースってかなり珍しい気がします。だいたい、銀行とか、あとカジノとか。最後の旧刑務所のセットは、あれはどこだろう。

ロケ地がスペインの割には、マカロニ俳優はそんなに目につかないのですが、謎の牧師役で『増える賞金、死体の山』(1973)にも出ているスティーヴン・ボイドが出ていたり、ベイリーを襲うメキシコのならず者役でアルド・サンブレルが顔を出していたりはします。ボイドはスペイン人ではないですが。

ジョン・フランケンハイマー(1977)『ブラック・サンデー』

Black Sunday
製作国: アメリカ
監督: ジョン・フランケンハイマー
出演: ロバート・ショウ/ブルース・ダーン/マルト・ケラー/フリッツ・ウィーヴァー

【あらすじ】

過激派組織「黒い九月」のベイルートのアジトではダーリア(マルト・ケラー)が飛行船パイロットのアメリカ人ベトナム帰還兵マイケル・ランダー(ブルース・ダーン)を使ったテロ計画について仲間に提案していた。その夜、カバコフ少佐(ロバート・ショウ)率いるイスラエル軍部隊がアジトを急襲する。辛くも難を逃れたダーリアだったが、犯行声明テープをカバコフに奪われてしまう。

アメリカに渡ったカバコフはテロの危険をFBIのコーリー(フリッツ・ウィーヴァー)に知らせ、協力して調査に当たることとする。一方、アメリカに渡ったダーリアは、ランダーと共にスーパーボウルでの爆弾テロ計画を進めていた。日本船を使いプラスチック爆弾を密輸入した二人だったが、カバコフと相棒のロバートがそれに気付き、調査を進める。ランダーは電話爆弾で日本人船長を爆殺し、その際近くにいたカバコフは負傷する。ダーリアは看護婦に化け、カバコフの入院している病院に潜入する。それに気づいたロバートだったが、ダーリアに毒殺される。

爆弾の準備をし、マイアミのホテルに到着したダーリアだったが、そこに組織の上司であるファジル(ベキム・フェーミュ)が現れる。ダーリアの素性が当局にバレたことを告げ、計画の中止を命じるファジル。しかし、ダーリアは計画の実行を主張する。コーリーとカバコフはホテルを襲撃し、多くの犠牲を出した末、ファジルを射殺する。しかし、すでにダーリアは逃げたあとだった。

ランダーの家に戻ったダーリアだったが、そこでランダーから驚くべき事実を知らされる。スーパーボウルでの報道用飛行船のパイロットから外されたというのだ。しかし、諦めないダーリアは、ランダーを説得し、二人はマイアミに。そしてダーリアが新しい飛行船パイロットを射殺し、ランダーが飛行船に乗組むことになるのだった。

厳重な警戒を固めるコーリーとカバコフ。一方、飛行船で飛び立ったランダーは、故障を装い、再び飛行場へと飛行船を向かわせる。その頃、ホテルで本来のパイロットが殺されているとの知らせがカバコフに入る。飛行場へと急ぐカバコフ。しかし、カバコフが到着する直前、ダーリアと爆弾を乗せた飛行船は再び飛び立ってしまう。ヘリコプターで追いかけるカバコフ。カバコフはダーリアを撃ち殺し、ランダーに重傷を負わせる。しかし飛行船はスタジアムに向けて飛び続ける。導火線に点火するランダー。カバコフは必死に飛行船とヘリコプターをフックで繋ぎ、飛行船をスタジアムから離そうとする。やがて爆弾に点火。爆薬によって数多のダーツの矢が飛び出していくが、その頃には飛行船は誰もいない海上へと運ばれていたのだった。

【感想】

当時のアメリカ映画ではテロ組織といえばアラブとか、パレスチナが定番でしたが、本作もそんな一本。一応パレスチナの過激派は君たちイスラエルが作ったんだ、みたいな批判も作中では登場するものの、基本的にはアクション・エンターテインメントといったところです。しかし、FBIやCIAではなく、イスラエル特殊部隊の軍人が主人公のアメリカ映画、っていうのはそこそこ珍しいのではないか、という気はします。また、プラスチック爆弾を密輸するのが、リビア船籍の日本船、というのが日本人としては色々と興味深い。当時の貿易摩擦とか、なんか、そういうあれがあったんですかね。

映画自体は当時よくあった刑事ものというか、アメリカのTVドラマっぽいノリで、そこまでの迫力はない印象。ただ、爆発シーンはなかなか迫力があり、特に最後、飛行船とヘリコプターのチェイスシーンから、飛行船がスタジアムに突入してくシーンは、合成と実写をうまく組み合わせて緊迫感のある映像に仕上がっていました。

オープニング、映画内ではレバノンのベイルートだとされているシーンがありますが、映画内に思いっきりモロッコの人の民族衣装であるジュラバを着たおっさんが映り込んだりしており、見ていてものすごく違和感を覚えていたのですが、やはりモロッコのタンジェなどで撮影されていた模様。そのへん、もうちょっと気を使えばいいのに、という気がしますが、当時のアメリカの一般大衆にとってはモロッコもレバノンもそんなに区別なかったのかもしれません。

ヴェルナー・ヘルツォーク(1972)『アギーレ/神の怒り』

Aguirre, der Zorn Gottes
製作国: 西ドイツ
監督: ヴェルナー・ヘルツォーク
出演: クラウス・キンスキー/デル・ネグロ/ペーター・ベルリング/ルイ・グエッラ

【あらすじ】

1560年末、南アメリカに進出したコンキスタドーレスの一人、ゴンサロ・ピサロ(アレハンドロ・レプエス)は幻のエル・ドラドを求めてアンデス山脈を越え、山中を彷徨っていた。前進は困難と見たピサロは、ドン・ペドロ・デ・ウルスラ(ルイ・グエッラ)率いる分遣隊に周囲の調査を命じ、本隊には引き上げの命令を出す。

ウルスラ率いる分遣隊は筏で河を下るが、途中渦に巻き込まれた筏が先住民の襲撃を受ける。ウルスラたちは対岸に退避するものの、河の増水で筏を流されてしまう。ウルスラは本隊に戻ることを決定するが、副官のアギーレ(クラウス・キンスキー)が叛逆を起こす。ウルスラを撃って負傷させた彼は、高位の貴族であるドン・フェルナンド・デ・グスマン(ペーター・ベルリング)をエル・ドラド皇帝に即位させる。宣教師カルバハル(デル・ネグロ)を裁判長に据えた法廷はウルスラに死刑を宣告するが、グスマンは減刑してエル・ドラド市民権の剥奪に止める。

筏を作りなおしたグスマン皇帝一行はさらに河を下る。先住民の襲撃を受けたり、人食いの村に辿り着いたりしながらもエル・ドラドを求めて河を下ってゆく。途中、グスマン皇帝は死に、それを契機として護送されていたウルスラも殺される。黄金と権力に取り憑かれたアギーレは「神の怒り」を自称してエル・ドラドを目指すが、ついには腹心のペルーチョ(ダニエル・アデス)もカルバハルも、さらには娘のフローレス(セシリア・リヴェーラ)も先住民の放った毒矢に倒れるのだった。アギーレはそれでもなお、諦めずに南アメリカ、メキシコ征服の野望を語りながら、筏と共に消えてゆくのだった。

【感想】

クラウス・キンスキーの代表作の一つ。ペルーのワイナ・ピチュで撮影された本作は、実際のアンデスの険峻な山並みをとらえたショットや、増水する河を筏で下っていくショットなど、過酷な撮影が窺い知れる場面の連続で、なんかほんとに物凄い映画です。過度な演出もなく、淡々とドキュメンタリー・タッチで描かれる物語の中で、やはりクラウス・キンスキーの存在感というか、一人で不穏な気配を出し続ける佇まいはさすが。

いわゆる文明人であるウルスラやグスマンたちが、ほとんど手付かずの自然や正体を表さない原住民たちに悩まされるうちに、次第に正気を失ってゆく様が丁寧に描かれています。キンスキー演じるアギーレについては、もともと比較的狂気に近い人物造形なのであれですが、皇帝就任以降だんだんと壊れてゆくグスマンの描写は興味深い。

本作では最後に矢に倒れる宣教師のカルバハルですが、実在の彼はアマゾン川を下りきり、生還している模様です。

野田幸男(1974)『0課の女 赤い手錠(ワッパ)』

製作国: 日本
監督: 野田幸男
出演: 杉本美樹/郷鍈治/室田日出男/丹波哲郎

【あらすじ】

女刑事の零(杉本美樹)は友人エミイ(柿沢エミ)を殺した大使館職員リチャードを殺し、留置所に入れられる。一方そのころ神奈川刑務所から出所した仲原(郷鍈治)は仲間たちとともにカップルを襲い、男は殺し、女をさらう。馴染みのスナック、マンハッタンの加律子(三原葉子)の元に女を連れてきた仲原たちは、その女が大物政治家、南雲善悟(丹波哲郎)の娘、杏子(岸ひろみ)だと気づく。彼女を人質に南雲に3千万円を要求する仲原。

要求を受けた南雲は、警察の日下(室田日出男)に事件を内々に処理するよう依頼する。日下は留置所の零を訪れ、釈放と職務復帰と引き換えに、誘拐犯を始末し、杏子を救出するように命じるのだった。

新宿駅での身代金受渡に現れた仲原は、刑事たちに追跡されるが、零によって助けられる。仲間たちは警察の犬ではないかと零を疑うが、零は自分の正体を知っている加律子を殺すことで、逆に彼らから信頼される。零は南雲に再び身代金を要求するよう仲原を促す。身代金を受け取りに現れた野呂(菅原直行)は日下によって殺される。

日下たちはマンハッタンを囲むが、それに気づいた仲原、関(荒木一郎)、稲葉(遠藤征慈)の3人は杏子と零を連れて逃走を図るが、仲原の弟、アキ(小原秀明)が杏子を逃がそうとする。怒りに駆られて仲原はアキを撲殺する。半ば狂気に陥りつつも仲間たちとともに逃走する仲原。彼らは横浜のアメリカ人の家に立て籠もる。仲原に怯えて逃げ出す稲葉だったが、日下たちに捕まり、拷問を受ける。零への連絡係として仲原の元に戻された稲葉だったが、それが仲原にばれ、稲葉は殺される。

家に火を付け、零と杏子を人質に再び逃走する仲原と関。麻薬を打たれて朦朧とした娘の姿を見た南雲は、娘もろとも全員を始末するよう、日下に指示を出すのだった。カーチェイスと銃撃戦の末、生まれ故郷のドヤに逃げ込んだ仲原と関だったが、日下との銃撃戦によって関は死に、仲原も隙を突かれて零に殺される。重傷を負いながらも零と杏子を殺そうとする日下も、逆に零によってとどめを刺されるのだった。

零は杏子を無事に東京に連れ戻し、マスコミにリークの末、警察署に駆け込ませる。政治生命を絶たれた南雲をよそに、零はタクシーに乗って去っていくのだった。

【感想】

東映が製作した女性アクション映画の傑作と言われる作品です。序盤から杉本美樹の裸が登場したり、三原葉子や岸ひろみもヌードがあったりと、セクスプロイテーション映画の側面も非常に強い作品。というか、この映画に登場した女性ほとんど全員脱いでる気がする。男も割と脱いでますが。

中盤で弟を殺して以降、どんどん狂気に陥っていく仲原を演じる郷鍈治がとても良い。常に何を考えているのかわからない荒木一郎もいい感じ。そして権力欲に突き動かされて零すらも始末しようとする室田日出男もぎとぎととしていてやっぱりいいです。杉本美樹については演技力はいまいちわかりませんが、この辺、マカロニウエスタンの主役と同じで、アクションが良くて雰囲気があればそレデ十分な感じです。

アメリカ人の邸宅を襲撃して以降、仲原は水平二連の散弾銃を持ち歩くのですが、ファッションも微妙にマカロニウエスタン感があって、マカロニファンとしてはその辺も面白い。クライマックスの銃撃戦シーンも、エンツォ・G・カステラッリばりの高低差を活かした銃撃戦があったり、ナイフと銃の対決があったりと、スタイリッシュなアクションが堪能できます。

反面、あんまり血が吹き出しすぎというか、スプラッターよりの演出は本作には必要だったのだろうか、という思いもあります。が、まあ、この時代の東映映画なのでその辺は仕方ないですか。

ダミアーノ・ダミアーニ(1975)『ミスター・ノーボディ2』

Un genio, due compari, un pollo
製作国: イタリア/フランス/西ドイツ
監督: ダミアーノ・ダミアーニ
出演: テレンス・ヒル/ロベール・シャルルボア/ミュウ=ミュウ/パトリック・マッグーハン

【あらすじ】

白人によるインディアンの迫害が続いていた西部開拓時代、ジョー・サンクス(テレンス・ヒル)という凄腕だが怠け者のガンマンがトゥーカムケアリの町にやって来る。町の顔役であるドク・フォスター(クラウス・キンスキー)をからかって小金をせしめていた彼だったが、アメリカ軍のペンブロック大佐(ジャン・マルタン)がクリストバル砦に向かっているという話を聞き、儲け話を思い付く。

旧知の相棒ビル(ロベール・シャルルボア)とルーシー(ミュウ=ミュウ)と再開したジョーは、ビルを大佐に変装させてクリストバル砦に送り込む。狙いは砦にある30万ドル。しかし、カボット少佐(パトリック・マッグーハン)はすぐにビルの正体に気づく。牢屋に入れられるビルとルーシー。砦に忍び込んだジョーはカボットと面会し、訳の分からないことを言って捕らえられるが、その際、わざと椅子に金粉をつけておくのだった。その後ジョーは砦の牢から脱出する。

金粉に気づいたカボットは、山に金鉱があると思い、インディアンに対し、豊かな狩場と金鉱のある荒れ野を交換することを提案する。交換は成立するが、そこにあるのは金鉱ではなく黄鉄鉱だと教えられたカボットは、騙されていたことに気づく。

依然30万ドルを狙っているジョーの裏をかこうと、ジョーに騙されたと怒っているビルを巻き込み、カボットは偽の紙幣と本物の紙幣を入れ替え、護送中にジョーに襲撃させる。しかし、ビルはその隙をついて30万ドルを持ち逃げする。それに気づいて追いかけるジョー。彼らは30万ドルの入った鞄を奪い合ううち、発破中の岩山に入り込んでしまう。爆発によって、彼ら二人もろとも30万ドルは塵となったのだった……と思いきや、実は発破すらジョーの仕込んでいた仕掛けだった。30万ドルを手にしたジョーは、それをインディアンの酋長に渡し、アメリカと戦うための資金にするのだった。

【感想】

この映画、明らかにタイトルで損しているところありますよね。普通のマカロニウエスタンとか、風来坊系統のタイトルだったら、ああ、テレンス・ヒル主演の後期コメディ・マカロニウエスタンの一作か。でもなんでモニュメント・バレーで撮影なんて豪華なことを……くらいの感じなんですが、『ミスター・ノーボディ』(1973)の続編か何かだと思って、期待して見るとハードルが上がっている分残念な気持ちに。

本作のオープニングシーンはセルジオ・レオーネが演出していることが知られていますが、明らかに他の部分とテイストが違うのが面白い。もちろん、ほかのパートが面白くないということではないのですが、カラーがだいぶ異なっています。そして、このオープニングはあまりストーリーとは直接的な関係はなさそうな感じ。

ストーリーは筋金入りの左派であるダミアーノ・ダミアーニらしい骨格があると言えばあるのですが、彼のスタイルとこういったタイプのコメディはしっくり来ているとは言いづらく、『群盗荒野を裂く』(1966)ほどの冴えは感じられません。

例によってクラウス・キンスキーはなんか一人でキンスキーっぽさというか異彩を放っているのですが、序盤に顔見せで登場して以降、一切登場しません。おそらくアメリカロケには同行していないと思われます。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ