今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

1940s

佐々木康(1942)『迎春花』

製作国:日本(満州)
上映時間:74分
監督:佐々木康
出演:李香蘭(山口淑子)/近衛敏明/木暮実千代/浦克/藤野秀夫

1937年に満州国において設立された、満州映画協会が制作した日=満合作映画。監督は戦後は東映で活躍した佐々木康。近衛敏明、木暮実千代などの日本人キャストの多くは松竹所属の俳優であり、制作にあたり松竹が協力しているようです。

建設会社に勤める村川(近衛敏明)は、おじの河島(藤野秀夫)が支社長を務める奉天の支社に日本から転勤してきます。会社での挨拶を済ませたあと、下宿を探す村川は、街で社員の白麗(李香蘭)と出会い、彼女の紹介で部屋を見つけます。

のんびりした性格の村川は、支社長の娘である八重(木暮実千代)に好かれているのですが、それに気づいているのかいないのか。一方で彼はだんだんと白に惹かれていき、白のほうも村川を憎からず思うようになるのでした。

ある日、村川はハルビンに出張を命じられますが、満語(中国語)の分からない彼のために、白が同行するように支社長に命じられます。八重が村川に好意を持っていると知っている白は、彼女も同行させるよう支社長に頼み、3人でハルビンに行くことになるのですが……というお話。

ストーリー自体は男性1人、女性2人の恋愛映画、といった感じでそこまで特筆すべき点はありませんが、割と手堅く、丁寧に演出されているという印象があります。また、満映というとプロパガンダ映画を多く作っていた、という印象がありますが、本作にも「日本芸術、満州芸術ということではなく、東アジアの芸術という風に考えるべきだ」というような、「日満親善」のスローガンを思い起こさせる部分はあるものの、全体としては上質な娯楽映画という印象を受けます。まぁ、映画が娯楽である以上、当然といえば当然なのですが。

また、村川が同僚の王(浦克)に月給の額を聞かれて驚いたり、市場の店先に豚の足や頭がぶら下がっているのに驚いたりといった、いわゆるカルチャーギャップに当惑する場面もあり、満州ならではの映画という趣もあります。奉天やハルビンでのロケ撮影と思われる場面も結構あり、当時の街並を楽しむこともできました。ハルビンではロシア正教会の祭祀のシーンもあり、満州の民族的複雑さをかいま見ることもできます。

現在日本で出ているDVDは、おそらくは満州で公開されたフィルムを元にしていると思われ、日本語の台詞には概ね満語(中国語)の字幕が入っているのですが、満語の台詞にはあまり字幕は入っていません。この辺りは、満州の言語使用の実際を想像する上で面白い点ですね。

山本嘉次郎(1944)『雷撃隊出動』

製作国:日本
上映時間:95分
監督:山本嘉次郎
出演:藤田進/河野秋武/森雅之/大河内伝次郎

山本嘉次郎監督が太平洋戦争中に監督した航空映画三部作ともよばれる一連の国策映画の一本(ほかに『ハワイ・マレー沖海戦』(1942)、『加藤隼戦闘隊』(1944))。『ハワイ・マレー沖海戦』に比べると、ドキュメンタリー色の薄い劇映画に仕上がっています。

 戦時中の戦意高揚映画の一本で、魚雷を積んで敵空母へと突入する“雷撃隊”を描いた作品。

内南洋の海軍基地を舞台に、「サンカミ」と呼ばれる3人の雷撃の名人、三上(藤田進)、川上(森雅之)、村上(森雅之)を中心とした雷撃隊、およびその周囲の基地の隊員、また現地の民間人の生活が描かれます。

本作も『ハワイ・マレー沖海戦』同様、雷撃部隊が敵軍艦に攻撃を仕掛けるような戦闘シーンはクライマックスの1回のみ。一方で、本作では基地が敵機による空襲を受けるシーンも2度ほど描かれています。これらの特撮シーンは円谷英一が担当しています。

俳優陣もなかなか豪華であり、特に戦前からの大スターである藤田進を始めとする主演陣は見どころの一つと言えるでしょう。また、本作では実際の空母上でのロケを行っており、瑞鶴、鳳翔の実機や、多数の艦載機を見ることができます。

山本嘉次郎(1942)『ハワイ・マレー沖海戦』

製作国:日本
上映時間:117
監督:山本嘉次郎
出演:伊藤薫/中村影/原節子/英百合子

『綴方教室』(1938)、『馬』(1941)など、戦前の東宝映画を支えた山本嘉次郎監督ですが、太平洋戦争中には本作や『雷撃隊出動』(1944)など、いわゆる「国策映画」を何本か作っています。本作は、田舎の少年である友田義一(伊藤薫)が航空隊予科練に入り、数年を経ての真珠湾攻撃までが描かれます。また、その直後にあったマレー沖での英軍艦プリンス・オブ・ウェールズの撃沈も描かれています。

 真珠湾奇襲から始まるマレー沖での海戦を描いたドキュメンタリータッチの戦争映画。円谷英二(英一)による特撮シーンは、クライマックスにほんの少しあるだけだが、精緻なミニチュアワークが、まるで記録映画のような素晴らしい効果をあげている。

上で書いたように、内容としては友田義一が立派な海軍軍人になるまでの成長物語、といった趣が強い。戦争シーンは映画の後半40分程度であり、それまでの1時間以上は予科練や、その後の厳しい訓練の様子と、義一が休暇で故郷に戻った際の家族との交流が描かれます。基本的にたんたんとした描写で物語は進んで行きますが、食堂での練習生同士のモールス信号を利用したやりとりなど、ユーモラスな場面も印象に残ります。

出演シーンは少ないものの、義一の姉・きく子役で原節子が、佐竹艦長役で大河内伝次郎が出演しているのも見所。クライマックスなどの特撮を担当しているのは円谷英二。また、長門、陸奥といった戦艦の実物の映像も見所でしょうか。

春原政久(1941)『愛の一家』

製作国:日本
上映時間:61分
監督:春原政久
出演:小杉勇/村田智栄子/菊地義夫/大泉滉

フィルムセンターの「日活映画の100年 日本映画の100年」で内田吐夢監督の『人生劇場』(1936)と同時上映されていた作品。以前このブログでも『うちのおばあちゃん』(1955)という家庭喜劇を紹介したことのある春原政久の、やはり上質な家庭喜劇です。

東北のある小都市に住む音楽教師の小田(小杉勇)には妻・千枝子(村田智栄子)との間に長男良一(菊地義夫)を筆頭に、4男3女の7人の子供たちがいます。四男の輝男(豊田耕路)は音楽が大好きで、アコーディオンの練習をし出すと学校へ行くのも忘れてしまうほど。映画は、そんな7人の子供たちの賑やかな生活を描き出します。話しが進むにつれて、小田が東京の音楽学校の校長に就任する話しが持ち上がったり、住み込みのねえや(竹久夢子)がお嫁に行くことになったり。そしてある日、千枝子の兄弟である伯父(北龍二)が、子供たちの一人を養子にしたいと相談に来るのですが……というお話。

『うちのおばあちゃん』もそうなのですが、本作も大して大きな事件が起こるわけでもなく、子供たちの賑やかな他愛もない日常が描写される家庭喜劇です。本作は『うちのおばあちゃん』と比べても、あまり筋の通ったストーリーがあるわけではないので、少々散漫な印象は受ける部分はあります。ただ、春原監督は子供たちの演出がうまいのか、比較的まとまった画面を作ることに成功しています。

いろんな事件が起こるものの、結局うまくまとまり、明るい結末に終わる、という筋書きは『うちのおばあちゃん』同様のもの。

フィルムセンターの解説では無声短縮版となっているため、本作もオリジナルよりは短縮されている模様。しかし、『人生劇場』ほどの短縮はされていないのか、そこまで違和感は感じませんでした。また、無声版ということはトーキー版もあったということなのでしょうか。音楽一家が題材になっていることもあり、トーキー版があるとすると、かなり印象の違う、賑やかな映画になっているような気がしますね。

アルフレッド・ヒッチコック (1940)『海外特派員』

FOREIGN CORRESPONDENT
製作国:アメリカ
上映時間:120分
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:ジョエル・マクリー/ラレイン・デイ/ジョージ・サンダース/ハーバート・マーシャル

サスペンスの巨匠と称されるアルフレッド・ヒッチコックがハリウッドに渡って制作したサスペンス映画。アメリカ公開年が1940年、ドイツのポーランド侵攻が1939年であったことを考えると、まごう事なき反ナチスプロパガンダ映画だと言えるでしょう。しかし、だからと言って物語の面白さが失われるわけではなく、極上の娯楽映画として今なお楽しめる映画に仕上がっています。

 '39年初頭、戦争勃発の危機に揺らぐヨーロッパの取材に、一人の米国人記者ジョーンズ(J・マクリー)が派遣された。ロンドンに着いた彼は、戦争防止同盟の要、オランダの元老ヴァン・メアに会うが、メア老はアムステルダムの平和会議会場前で射殺されてしまう。しかし、犯人を追跡するうち迷い込んだ風車小屋で、彼はナチの手で誘拐されたメア老を発見、死んだのは替玉と知る。そして、警察へ知らせて戻ってくると、そこは既にもぬけの殻だった……。飛行機が海中に突っ込むまでのショットに注目。ヒット仕掛人、W・ウェンジャー製作の反ナチ宣伝映画だが、ハリウッドに渡って初めて本領発揮したヒッチコック演出が冴え渡る。

映画冒頭で鍵を握る人物と思われたヴァン・メア(アルバート・バッサーマン)が射殺されてびっくり。そしてその直後、画面一面に広がる蝙蝠傘を描き分け逃走する犯人を上から撮ったカットはとても美しい。犯人を追う主人公、そして捕まっていたのはヴァン・メアと、ここでまたびっくり。ただ、その後の黒幕などのストーリーはそこまで意外性はありませんでした。

しかし、風車のトリックでのサスペンス、暗殺者から逃げるジョーンズと、逃げた先でのジョーンズとキャロル(ラレイン・デイ)のちょっとしたコミカルな遣り取り、そしてジョーンズとキャロルの言ってしまえばベタなラブロマンスなど、少々散漫になりながらも、そこをぐっと上手くまとめた娯楽映画です。個人的にはラトビア語しか話せないおじさんのキャラクターと、本編にまったく絡まない主人公の偽名絡みのエピソードや同業の記者の名前のエピソードが印象に残ります。

クライマックスの飛行機のシーンは、まったく予想外の展開で、ただただびっくり。飛行機が海に墜落してから、脱出、救助を待つシーンは、いま見ても迫力たっぷりで、かなり楽しめます。その後のプロパガンダ的演出は、まぁ、当時三国同盟側の国家だった国の人間としては、少々鼻白まないと言えば嘘になりますが、プロパガンダ映画としての要素(これはプロデューサーの意向でしょう)を取り込みながら、本編はしっかりとした娯楽映画に仕上げているヒッチコックの技量を考えれば、本作の場合は小さな瑕疵と言えるでしょう。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ