今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

製作国:(西)ドイツ

カール・ハインツ・マルティン(1920)『朝から夜中まで』

Von morgens bis Mitternacht
製作国:ドイツ
上映時間:69分
監督:カール・ハインツ・マルティン
出演:エルンスト・ドイッチュ/エルナ・モレナ/ローマ・バーン/アドルフ・エドガー・リホ

カール・ハインツ・マルティン監督の本作は、ロベルト・ウイーネ監督の『カリガリ博士』(1919)でも用いられたドイツ表現主義的な手法を更に徹底したスタイルで描いた作品です。悪夢的に傾いたセット、病的な扮装をした登場人物たちが一種の悪夢的な世界を演出します。

本作は製作後、本国ドイツでは上映されず、1922年に日本で上映されたのが、当時唯一の一般上映だったようです。また、フィルムも残っておらず、日本に唯一残っていた無声版のプリントに、ミュンヘン映画博物館がインタータイトル(字幕)を付けたバージョンを、今回見ることができました。今回の上映はフィルムセンターの「美術館と映画:フィルムセンター以前の上映事業」という特集上映の一環です。

銀行の窓口に勤めていた男(エルンスト・ドイッチュ)は、銀行に1万マルクの融資の依頼にきた女性(エルナ・モレナ)に一目惚れ。思い詰めた男は、ちょうどその時に50万マルクの振込依頼があったのをいいことに、その金をポケットに詰め込んで銀行を飛び出してしまいます。

女の滞在しているエレファント・ホテルに行き、50万マルクを見せて一緒に高飛びしてほしいと言う男でしたが、彼女にはもう息子(ハンス・ハインリヒ・フォン・トワルドウスキ)もおり、男は当然冷たく追い出されてしまいます。警察に追われる身となった男は、一旦は家族の元に戻るものの、すぐに街へと飛び出してゆくのでした。衣装を新調したり、娼婦を買おうとしたり、競輪に大金を賭けてみたりと放蕩の限りを尽くそうとする男でしたが、救世軍に助けられたことにより、金の空しさと、家族の大切さに目覚めるのでしたが……というお話。

オープニング、傾いた銀行のセットで、白と黒の奇抜な衣装を着たボサボサ髪の男が事務作業をしていますが、この男こそ主人公。目の回りを墨で円く塗ったりと、これこそ表現主義、といったような演出で始まります。

映画は上に書いた筋で進んでゆくのですが、主人公が絶望的な方向に進もうとするごとに、物乞い、娘、娼婦、救世軍の娘などの顔が骸骨と二重写しになる演出が面白い。また、一見奇麗なことを言っていた救世軍の人々が、主人公が金をばらまき出したとたん、奪い合ってけんかを始めるなど、皮肉のきいた描写も面白い。特に最後にすがった救世軍の娘の行動がまた面白い。

クライマックス、拳銃自殺した男の上にヨハネによる福音書の「ECCE HOMO(この人をみよ)」という文字を表示させるなど、最後まで皮肉が利いた演出になっていました。ただ、本作では傾いたセットや奇抜な演出などのドイツ表現主義的手法が、コメディカルなおかしみとスレスレになっているような部分もあり、ぼくは好きですけれど、そう言った点が残念に感じる向きもあるかもしれません。

アルフィオ・カルタビアーノ(1967)『拳銃のバラード』

Ballata per un pistolero
製作国:イタリア
上映時間:99分
監督:アルフィオ・カルタビアーノ
出演:アントニー・ギドラ/アンジェロ・インファンティ/アルフィオ・カルタビアーノ/マリオ・ノヴェリ

アルフィオ・カルタビアーノ監督の監督デビュー作となるマカロニウエスタン。どうやらスペインではなくイタリア本国や旧ユーゴでロケを行ったらしく、主演もユーゴ出身のアントニー・ギドラ(ドラゴミール・ボヤニッチ)。また、普段よく見るスペイン系俳優の顔も見えません。共演のアンジェロ・インファンティは『ゴッドファーザー』(1972)にも出演し、いまも活躍する俳優です。

 バウンティ・ハンターのニグロスが賞金首を仕留めたとき、加勢した謎の男がいた。ニグロスは彼の助けを得ながら、無法者の兄弟を追い詰めていくが……。正統派マカロニ・ウェスタン。

ニグロス(アンジェロ・インファンティ)とクッド(アントニー・ギドラ)はお互いの正体を知らないながら助け助けられしてゆきます……という筋書きは『新・夕陽のガンマン/復讐の旅』(1967)のリー・ヴァン・クリーフとジョン・フィリップ・ローの関係性に非常に似ており、また、お互いの正体がネックレスによって明らかになるという展開も同様。ただ、明かされる関係性は非常に異なっており、どちらがどちらの真似というより、たまたまアイディアが重なったのかなぁ、という感じですね。

前にも書きましたが、スペインロケでないマカロニウエスタンの場合、画面から少々寒々しい印象を受けることがあるのですが、本作も例外に漏れず。ただ、アントニー・ギドラの渋い演技と、アンジェロ・インファンティの黒尽くめで才気走った演技にはなかなかマッチしており、水準以上に楽しめるマカロニウエスタンです。

また、本作で敵役のベドージャを演じたアル・ノートンは監督でもあるアルフィオ・カルタビアーノの変名。初監督作でかなり張り切っていろいろやっていたのが目に見えるようです。ストーリー的には途中で挿入される酒場のシーンの必然性や、突如現れる女性キャラクターなど、いまいち整合性に欠ける部分もありますが、大筋がしっかりしているのでそこまで気にはなりません。

アントニオ・マルゲリーティ(1970)『E Dio disse a Caino』

製作国:イタリア/西ドイツ
上映時間:93分
監督:アンソニー・M・ドーソン
出演:クラウス・キンスキー/ペーター・カルステン/マルチェラ・ミケランジェリ/アントニオ・カンタフォラ

前回『ジェーン・バーキン in ヴェルヴェットの森』(1973)をご紹介したイタリアの職人監督アンソニー・M・ドーソンことアントニオ・マルゲリーティが監督した何本かのマカロニウエスタンの一本。主演は数多くのマカロニウエスタンに出演していますが、主演作品はほとんどないクラウス・キンスキー。

収容所で強制労働をさせられていたゲイリー・ハミルトン(クラウス・キンスキー)。ある日彼は釈放され、馬車に乗ってとある町を目指します。馬車で同席した青年ディック(アントニオ・カンタフォラ)が旧知のアコンバー(ペーター・カルステン)の息子だと知ると、彼に「ゲイリー・ハミルトンが帰ってきたと伝えてくれ」と言って馬車を途中下車するゲイリー。

実はアコンバーこそがゲイリーが10年間も服役していた原因でした。ゲイリーとアコンバーは北軍で同じ部隊にいたのですが、軍の金が横領されるという事件が起き、ゲイリーは犯人として捕まっていたのでした。しかし、真犯人はアコンバーであり、彼は金ばかりか、ゲイリーの恋人であったマリア(マルチェラ・ミケランジェリ)まで奪っていたのでした。

真相を知らないディックは、父にゲイリーの伝言を伝えます。顔を強ばらせる父と母(マリアはどうやらディックにとって継母のようです)。アコンバーは部下たちに、ゲイリーを町に入れずに始末するようにとの指示を出しますが、ゲイリーは地下道を巧みに使って町に侵入します。嵐の夜、ゲイリーは一人また一人とアコンバーの部下たちを葬ってゆくのでした……というお話。

ミルクリークから出ている廉価版DVDで見ました。英語音声なのはよいのですが、画質が悪く、しかも本作は夜間戦闘などのくらいシーンが非常に多いため、何をやっているのか分からないシーンがしばしば。もう少しいい画質の映像で見たかったところです。

タイトルを直訳すると「そして神はカインに語った」となります。恐らく旧約聖書のカインとアベルの逸話を指しているのだと思われますが、映画のストーリー自体は比較的単純な復讐劇であり、あまり聖書に馴染みのないぼくには関連性はいまいちわかりませんでした。

ストーリー自体は比較的ありきたりなものですが、本作はホラー映画も監督するマルゲリーティ監督らしい演出でなかなか楽しめます。地下道の水滴の音や、嵐の風の音、そして嵐で揺れる鐘の音といった自然音を上手く使った効果音。そして鐘を効果的な小道具にしたふたつのホラーチックなシーンなど。また、クライマックスのアコンバー家の悲劇の演出もなかなか魅せてくれます。鏡と炎を効果的に使ったラストの決闘シーンもいいですね。マルゲリーティ監督らしさが良い方に出た佳作です。

クラウス・キンスキーはもう説明不要なくらい様々なマカロニウエスタンに出演した名優です。一方のペーター・カルステンはマカロニウエスタンの出演作はあまりないようです。先日ご紹介した『戦争プロフェッショナル』(1968)でもドイツ人将校役で出演していました。

アントニオ・マルゲリーティ(1973)『ジェーン・バーキン in ヴェルヴェットの森』

La morte negli occhi del gatto
製作国:イタリア/フランス/西ドイツ
上映時間:87分
監督:アンソニー・M・ドーソン
出演:ジェーン・バーキン/ハイラム・ケラー/ヴェナンチーノ・ヴェナンチーニ/セルジュ・ゲンズブール

多作な職人監督であるアンソニー・M・ドーソンことアントニオ・マルゲリーティが監督したサスペンス・ホラー映画。おそらくジャッロ映画の一本として分類されるのだと思います。主演はジェーン・バーキン、そして脇役ながらセルジュ・ゲンズブールも出演しているなど、配役に商業監督らしいソツのなさが感じられます。それにしても、「ヴェルヴェットの森」という邦題はなんなんでしょうね。原題は「猫の目の中の死」で、こちらは話の内容に合っています。

寄宿学校を退学になったコリンガ(ジェーン・バーキン)は、伯母マリー(フランソワーズ・クリストフ)の暮らす古城を訪れます。そこには彼女の母アリーシャ(ダナ・ギア)も来ており、彼女たちは城で夏を過ごすつもりでした。夕食時、3人の女性のほかに、城付き司祭のロバートソン(ヴェナンチーノ・ヴェナンチーニ)や、住み込みでマリーの息子、ジェームズの治療をしている医師のフランツ(アントン・ディフリング)、ジェームズにフランス語を教えているというスザンヌ(ドリス・クンシュトマン)も一同に会し、和やかに会食が始まります。と、思いきや、そこにジェームズ(ハイラム・ケラー)が現れ、アリーシャとコリンガに暴言を吐きます。怒って席を立つアリーシャ、それを追うコリンガ。

二人は翌日には城を立とうと考えていましたが、その夜、アリーシャは寝室で何者かに殺害されてしまいます。そして、地下道に迷い込んだコリンガは、腐乱し、ネズミに食い荒らされた男の死体を発見するのでした……というのが物語のはじまり。

登場人物も少なく、いかにも低予算な映画なのですが、そこはマルゲリーティ。それなりに卒なく、破綻のない作品にまとめあげています。一方で、面白いかと言われると、まぁ、それなりに……という感じなのがまたマルゲリーティらしい。

一応フーダニット的要素はあるものの、ヒントは少なく、これで犯人を当てるのは至難の業。どちらかというと、ジャッロらしくハウダニットに焦点が当てられている映画だと言えるかもしれません。クライマックスは少々唐突な感もありましたが、どうやら日本版のDVDはオリジナルと比べるとところどころカットされているようです。オリジナルを見ると、そこまで唐突な感じはしないのかもしれません。

マカロニウエスタン俳優陣としては、ヴェナンチーノ・ヴェナンチーニが結構重要な役柄で出演している他に、『西部悪人伝』(1970)などのフランコ・レッセルも出演しています。ただし、彼の方はほんの少しのみの出演でした。

ジェス・フランコ(1977)『マリア 尼僧の匂ひ』

Die Liebesbriefe einer portugiesischen Nonne
製作国:西ドイツ/スイス
上映時間:82分
監督:ジェス・フランコ
出演:スーザン・ヘミングウェイ/ウィリアム・バーガー/アナ・ザナティ/ハーバート・フックス

ユーロ・トラッシュの王ジェス・フランコ監督作品。ジェス・フランコに手を出したらそろそろおしまいかな(後戻り出来ない的な意味で)、という意識があり、なかなか手を出せなかったのですが遂に手を出してしまいました。

ポルトガルの片田舎の少女マリア(スーザン・ヘミングウェイ)は恋人のクリストバルと戯れているところをヴィンセント神父(ウィリアム・バーガー)に見られてしまい、半ば強制的に彼の修道院に入れられてしまいます。しかし、その修道院はヴィンセント神父とアルマ院長(アナ・ザナティ)に支配された悪魔崇拝者の巣窟でした。

ヴィンセントとアルマはマリアを悪魔崇拝者に仕立てあげようと様々な拷問を課しますが、隙を見て逃げ出したアルマは村長(ヴィター・メンデス)に助けを求めますが、神父派の市長の手で修道院に戻されてしまうのでした。マリアを危険人物と認識したヴィンセントとアルマは、彼女を悪魔憑きとして火あぶりに掛けようとするのですが……というお話。

面白いかというとまぁ、そこまで面白くはないのですが、詰まらないかというと、そんなこともない、なんとも言えない作品。これを詰まらないと感じない程度にはぼくがもっとダメな映画を見てしまっているのか、そもそも巷で言われるほどこの時期のジェス・フランコの作品がダメなわけではないのかはぼくにはもはや判断できませんが。

ただ、もっとソフトな感じの作品かと思っていたのですが、拷問シーンなどで少々グロテスクなシーンもありました。最近あまりそういった作品(たとえば『徳川女刑罰史』(1968)とか)を見ていなかったので少々辛かったです。

ストーリーはあってなきが如し(クライマックスの取って付けたようなハッピーエンドとか)なのですが、幻想的な映像はなかなか美しい。特に引きで風景を映すショットはなかなか好きです。

主演のスーザン・ヘミングウェイは可憐な美しさがあって、こういう薄幸の役にはなかなかハマっている印象。そして『西部悪人伝』(1970)など数々のマカロニウエスタンで名演を見せていたウィリアム・バーガーが本作では悪魔崇拝者のセクハラ神父を演じています。何やってるのあなた、という感じもするのですが、『十字架の長い列』(1969)でも聖職者を演じていたように、宗教家が似合うんですよね、彼。

修道院長役のアナ・ザナティはポルトガルの女優さんのようです。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ