今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

製作国:フランス

マリオ・バーヴァ(1967)『黄金の眼』

Diabolik
製作国:イタリア/フランス
上映時間:99分
監督:マリオ・バーヴァ
出演:ジョン・フィリップ・ロー/マリーザ・メル/ミシェル・ピッコリ/アドルフォ・チェリ

日本では『血ぬられた墓標』(1960)や『血みどろの入江』(1970)などのホラー、スプラッターで有名なマリオ・バーヴァが監督したピカレスク・ロマン。息子のランベルト・バーヴァも助監督としてクレジットされています。マリオ・バーヴァという人のフィルモグラフィーを見てみると、実はホラー意外にもSFやら史劇やら西部劇やら、非常に多くのジャンルに渡って映画を撮っているのですが、日本ではホラー以外の作品があまりソフト化されていません。本作も今回はイギリスで発売されたDVDで見ました。

 怪盗ディアボリックが活躍するアクション活劇。司法当局を向こうにまわし、鮮やかな手口で盗みまくる。イタリアの人気コミックの映画化。オリジナル105分。

映画冒頭、怪盗ディアボリック(ジョン・フィリップ・ロー)は輸送中の大金をまんまと盗み出します。その大金を使うでもなく、(あの、雑誌の裏表紙とかによくある広告みたいに)ベッドに敷き詰めてパートナーであり恋人でもあるエヴァ(マリーザ・メル)とお楽しみ、というそういう奇想天外な展開をさらっとやるのがバーヴァであり、また、コミックの映画化ならではの表現。

その後も、イギリス高官夫人のエメラルドのネックレスをエヴァの誕生日プレゼントのために盗み出すわ、アドルフォ・チェリ演じる組織のボス・ラルフに攫われたエヴァを救い出すために、彼もろともスカイダイビングするわ、ジンコ警部(ミシェル・ピッコリ)に捕まりそうになると、エメラルドを銃弾に込めてラルフの土手っ腹にぶっ放すわ、チベットの秘薬で仮死状態になり、まんまと警察のモルグから脱出するわとやりたい放題。最後の最後には20トンの金塊を盗み出し、それがもとでアジトをジンコ警部率いる警察隊に踏み込まれます。そして、金を溶かしていた装置が破裂、ディアボリックは、まるで『情無用のジャンゴ』(1966)のあの人みたいに、全身にどろどろに溶けた金をかぶってしまいますが……

と、全編にわたってさすがコミックが元となっているという感じの少々荒唐無稽な展開。まぁ、見ているほうはそういう映画だと分かって見ているわけで、ディアボリックが警官隊の裏を欠くさまをワクワク見ていることになります。

さすがにバーヴァは卒のない演出で画面をだらけさせません。また、ナイトクラブのシーンの照明や色彩の使い方にはバーヴァらしさを見て取ることができます。その他にも、ラルフがエヴァの似顔絵を描かせるシーンなどにもサイケでポップな画作りを見ることができます。

主演のジョン・フィリップ・ローはマカロニウエスタン『新・夕陽のガンマン/復讐の旅』(1967)ではリー・ヴァン・クリーフと共演していた俳優。あまり器用なタイプではありませんが、ハンサムで目力があり、基本的にいつも余裕そうな顔をしていればいいディアボリックはなかなかのはまり役と言えます。フランス出身のミシェル・ピッコリはブリジット・バルドーと共演した『軽蔑』(1963)あたりが有名ですが、本作では『軽蔑』と比べるとかなり老けたメイクで、ベテランの警部を演じています。アドルフォ・チェリは何と言っても『007/サンダーボール作戦』(1965)が有名でしょう。

そんな感じで意外と豪華な出演者がそろったなかなかの快作です。一言で言うならば、不二子ちゃんがルパンにべた惚れな、イタリア版ルパン三世って感じですかね。やってることは本家よりちょっとハードな気もしますが。いや、そんなこともないかな。

ロベール・オッセン(1968)『傷だらけの用心棒』

Une corde, un Colt...
製作国:フランス/イタリア
上映時間:89分
監督:ロベール・オッセン
出演:ロベール・オッセン/ミシェール・メルシェ/リー・バートン(グイド・ロロブリジーダ)/ダニエル・ヴァルガス

『殺られる』(1959)で知られるフランスのスターであり、『殺人者に墓はない』(1963)でも主演を務める一方で自らメガホンもとったロベール・オッセンが監督・主演した唯一のマカロニウエスタン。一応仏伊合作映画なのですが、スタッフからキャストまでフランス色が非常に濃い映画になっています。

 シェークスピアの悲劇を思わせるフランスとイタリア合作の異色ウエスタン。町を牛耳る一家に夫を殺された女。彼女は、古い知り合いのガンマンに仇討ちを依頼する。彼は一家の一人娘を誘拐し、殺された男の葬式を出させる。だが、一人娘が戻ると、一家は女をリンチして殺害。失意のガンマンは、一家と対決して皆殺しにする。しかし、彼も生き残った一人娘の銃弾に倒れるのだった。ラストの一家との対決は、超早撃ちで、ウエスタン史上に残る屈指の名シーン。

劇場未公開映画にしては珍しくallcinemaの解説が長めでしっかりしています。シェイクスピアの悲劇を思わせる、というより、フランスのフィルム・ノワール映画の延長線上に位置する西部劇、と捉えたほうがしっくりときます。普段このブログでは映画の結末には触れないのですが、本作はallcinemaの解説で触れられているので触れてしまうと、結局誰も彼も死んでしまって誰も幸せにならない、という結末はかなりフィルム・ノワール的。『殺しが静かにやって来る』(1968)のカタストロフィとも異なる、やるせない後味が印象に残ります。

オープニングとエンディングは褪色したようなザラザラした画面になっていますが、これは意図したものなのか、フィルムが褪色してしまったのかどちらなんでしょうね。何となく、古い話であるという演出で褪色させたような気もしますが、よくわかりません。

主演のロベール・オッセンの西部劇姿もなかなか様になっています。銃を抜く前に必ず右手に黒い革の手袋をはめ、右腰に付けたホルスターから左手で早撃ちする姿は、様式美的ながら非常に恰好良い。相手役のダニエル・ヴァルガスも堂々たる悪党にして良い家長ぶりが様になっています。結局本作があまりマカロニウエスタン的でないのは、登場人物が誰しもリアリティのある悪人なところなんですよね。その辺りがクライマックスの悲劇へと繋がっています。

スキャットが印象に残る音楽を担当したアンドレ・オッセンは、監督・主演のロベール・オッセンの実父であるようです。

アントニオ・マルゲリーティ(1973)『ジェーン・バーキン in ヴェルヴェットの森』

La morte negli occhi del gatto
製作国:イタリア/フランス/西ドイツ
上映時間:87分
監督:アンソニー・M・ドーソン
出演:ジェーン・バーキン/ハイラム・ケラー/ヴェナンチーノ・ヴェナンチーニ/セルジュ・ゲンズブール

多作な職人監督であるアンソニー・M・ドーソンことアントニオ・マルゲリーティが監督したサスペンス・ホラー映画。おそらくジャッロ映画の一本として分類されるのだと思います。主演はジェーン・バーキン、そして脇役ながらセルジュ・ゲンズブールも出演しているなど、配役に商業監督らしいソツのなさが感じられます。それにしても、「ヴェルヴェットの森」という邦題はなんなんでしょうね。原題は「猫の目の中の死」で、こちらは話の内容に合っています。

寄宿学校を退学になったコリンガ(ジェーン・バーキン)は、伯母マリー(フランソワーズ・クリストフ)の暮らす古城を訪れます。そこには彼女の母アリーシャ(ダナ・ギア)も来ており、彼女たちは城で夏を過ごすつもりでした。夕食時、3人の女性のほかに、城付き司祭のロバートソン(ヴェナンチーノ・ヴェナンチーニ)や、住み込みでマリーの息子、ジェームズの治療をしている医師のフランツ(アントン・ディフリング)、ジェームズにフランス語を教えているというスザンヌ(ドリス・クンシュトマン)も一同に会し、和やかに会食が始まります。と、思いきや、そこにジェームズ(ハイラム・ケラー)が現れ、アリーシャとコリンガに暴言を吐きます。怒って席を立つアリーシャ、それを追うコリンガ。

二人は翌日には城を立とうと考えていましたが、その夜、アリーシャは寝室で何者かに殺害されてしまいます。そして、地下道に迷い込んだコリンガは、腐乱し、ネズミに食い荒らされた男の死体を発見するのでした……というのが物語のはじまり。

登場人物も少なく、いかにも低予算な映画なのですが、そこはマルゲリーティ。それなりに卒なく、破綻のない作品にまとめあげています。一方で、面白いかと言われると、まぁ、それなりに……という感じなのがまたマルゲリーティらしい。

一応フーダニット的要素はあるものの、ヒントは少なく、これで犯人を当てるのは至難の業。どちらかというと、ジャッロらしくハウダニットに焦点が当てられている映画だと言えるかもしれません。クライマックスは少々唐突な感もありましたが、どうやら日本版のDVDはオリジナルと比べるとところどころカットされているようです。オリジナルを見ると、そこまで唐突な感じはしないのかもしれません。

マカロニウエスタン俳優陣としては、ヴェナンチーノ・ヴェナンチーニが結構重要な役柄で出演している他に、『西部悪人伝』(1970)などのフランコ・レッセルも出演しています。ただし、彼の方はほんの少しのみの出演でした。

エンツォ・G・カステラッリ(1997)『デザート・オブ・ファイアー』

Deserto di fuoco
製作国:イタリア/フランス/ドイツ
上映時間:113分
監督:エンツォ・G・カステラッリ
出演:アントニー・ドロン/ジュリアーノ・ジェンマ/クラウディア・カルディナーレ/ステファーヌ・フレス

アラン・ドロンの息子であるアントニー・ドロンを主演に迎え、エンツォ・G・カステラッリ監督がメガホンを取ったアラブの砂漠とモナコを舞台にしたTV映画。もともとは270分の映画だったものを、日本では113分にまとめてDVDが発売されました。

鉱石会社の技師マルセル(フランコ・ネロ)は、アラブの砂漠で見つかった鉱石を調査するため、息子のルネを連れてヘリコプターで調査に向かったのですが、そのヘリコプターには細工がされており、砂漠で墜落。ルネ一人を残し、全員が死んでしまいます。

20数年後アラブの首長・タフー(ジュリアーノ・ジェンマ)に拾われたルネ(アントニー・ドロン)は王子として立派に成長していました。しかし、彼にはある悩みがありました。それは、妹であるアミナ(マンダラ・タイド)に恋をしてしまったこと。アミナもまた彼を愛していました。そんなルネに育ての母であるレイラ(クラウディア・カルディナーレ)は出生の秘密を告げます。それを聞いたルネは自分の正体を知るため、旅に出ることにします。

旅先で知り合った詐欺師ジャコ(ステファーヌ・フレス)と協力し、自らの母親がその鉱石会社の社長であるクリスティーヌ(ヴィルナ・リージ)であることを突き止め、親子の再会を果たす2人。しかし、時期社長の座を狙うフランソワ(マチュー・カリエール)は、ルネの命を狙います。そして、彼の父が見つけた鉱石の在り処を巡り、アラブをも巻き込んだ一大紛争が繰り広げられるのでした……というお話。

ストーリーも非常にまとまっており、あまり意外性はないものの楽しめる映画です。しかし、それ以上にマカロニ・ウエスタン・ファンならばこの映画を楽しめるはずです。まず、監督のエンツォ・G・カステラッリ。彼は『荒野のお尋ね者』(1966)、『ジョニー・ハムレット』(1968)、『ケオマ・ザ・リベンジャー』(1977)と、数多くのマカロニ・ウエスタンを送り出してきた名監督。そんな彼の演出でジュリアーノ・ジェンマとフランコ・ネロが共演しているのです(DVD版では直接同じ画面にいるシーンはありませんでしたが……)。そして、上には書いていませんが、ファビオ・テスティ。彼はクリスティーヌの忠実な秘書役で登場しています。彼についてはDVD版ではかなり登場シーンがカットされてしまっているようで、わずか3シーンほどの登場なのですが、ジェンマとの共演シーンもあります。更に更に、脚本の一人としてマカロニ・ウエスタンに出演していたり、脚本を書いていたりしたジョージ・イーストマンの名前もクレジットされています。そういった視点からも非常に楽しめる映画でした。

もちろん、マカロニ・ウエスタン陣だけではなく、ルネの友人になる詐欺師を演じたステファーヌ・フレスや、フランソワの愛人を演じていたアリエル・ドンバールも印象に残ります。全長版だと彼らの演技ももっと楽しめるわけで。全長版も見てみたい気がします。

ジュリオ・クエスティ(1968)『殺しを呼ぶ卵』

La morte ha fatto l'uovo
製作国:イタリア
上映時間:100分
監督:ジュリオ・クエスティ
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン/ジーナ・ロロブリジーダ/エヴァ・オーリン/レナート・ロマーノ

養鶏場を営む仮面夫婦を中心とした愛憎劇を描くサスペンス・スリラー。監督は『情無用のジャンゴ』(1966)のジュリオ・クエスティ。主演は『男と女』(1966)、『殺しが静かにやって来る』(1968)のジャン=ルイ・トランティニャンとその美貌で知られたジーナ・ロロブリジーダという、意外にも(?)豪華な組み合わせ。

 主人公の男は、妻に満たされぬ思いを娼婦相手に発散する変態的な嗜好を持っていた。そして、妻の姪とも通じ妻を殺す計画を立てるが……。妻に劣等感を抱く男を描いたサスペンス・スリラー。

ストーリー的には『デボラの甘い肉体』(1968)と通じるところのある本作ですが、『情無用のジャンゴ』同様、クエスティ監督はストーリーなどには興味はないと言わんばかりに悪夢的な映像美や、動画編集、そしてそれぞれの人間のエゴイスティックな部分を暴き出す演出に精を出しています。『情無用のジャンゴ』では、はっきり言って彼の嗜好・志向とジャンルとしての特性があまり合っておらず、首を傾げざるを得ない部分もありましたが、サスペンス・スリラーという本作には意外にも合っており、なかなか見所のある映画に仕上がっていました。

一方で、『情無用のジャンゴ』に比べると、直接的なスプラッター描写は少なめ。オープニングの『サイコ』(1960)を思わせるカットバックは些か失笑ものではありますが、必要以上には血を出さず、前作よりも少しは落ち着いた雰囲気の作品に仕上がっています。

ただ、まぁ、ストーリーそっちのけの悪夢的な世界観はクエスティ監督の持ち味なのか、あまり変わってはいませんね。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ