今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

製作国:スペイン

ドゥッチオ・テッサリ(1969)『荒野の大活劇』

Vivi o, preferibilmente, morti
製作国:イタリア/スペイン
上映時間:102分
監督:ドゥッチオ・テッサリ
出演:ジュリアーノ・ジェンマ/ニーノ・ベンヴェヌーティ/シドニー・ローム/アントニオ・カザス

さて、今日はクリスマスイヴ。ということで、クリスマスイヴの場面から始まるこの映画をご紹介します。マカロニウエスタンでは『夕陽の用心棒』(1965)から、それ以外の映画も含めればそれ以前からジュリアーノ・ジェンマとタッグを組んで快作を送り出してきたドゥッチオ・テッサリ監督と、ジュリアーノ・ジェンマによる軽快なコメディ・マカロニウエスタン。ジェンマのマカロニウエスタンとしては、本作が最後の日本劇場公開作でもあります。

 東部に暮らす伊達男が、遺産相続のため、西部の町にやってくる。ただし、相続の条件として、弟と6ヶ月間暮らさなければならないと言われ……。ジェンマ主演、テッサリ演出のコミカルな冒険活劇。

トーマス・ミリアンとジャン・マリア・ヴォロンテが共演した『血斗のジャンゴ』(1967)でも東部の人間と西部の人間の出会いが描かれましたが、本作では『血斗のジャンゴ』とは逆に、東部に暮らすモンティ(ジュリアーノ・ジェンマ)のほうがはちゃめちゃで、西部の男・テッド(ニーノ・ベンヴェヌーティ)のほうが純朴、という取り合わせがなかなか面白いところ。

ジェンマの弟役を演じたベンヴェヌーティは当時現役の世界ミドル級チャンピオンのボクサー。ジェンマと兵役で知り合い、それがきっかけで本作に出演したとか。本作の他にも2作ほど映画には出演しているようですが、残念ながらマカロニウエスタンはこれ1本です。

脇を固めるクリス・ウエルタやアントニオ・カサスなどはマカロニウエスタンでもよく見かける、お馴染みの顔ぶれですね。

本作は『風来坊/花と夕日とライフルと…』(1970)を思わせる、でこぼこ兄弟によるコミカルな西部劇なのですが、ジェンマの軽快な身のこなしが本作のような軽快な物語に合っているところや、またベンヴェヌーティのさすがに切れのあるアクションなど、非常にメリハリがきいており、100分を越える、マカロニウエスタンとしては長尺に属する上映時間ですが、途中まったく飽きることなく見続けることができます。

銀行強盗、馬車強盗、列車強盗といろいろな悪事に手を出すものの、結局うまくいかない2人を翻弄する馬車強盗の人質であり、銀行家の令嬢、じゃじゃ馬娘を演じたシドニー・ロームも大きな目とコロコロ変わる非常が非常に魅力的で、映画に華やかさを添えています。

J・R・マーチェント(1963)『墓標には墓標を』

El sabor de la venganza
製作国:イタリア
上映時間:80分
監督:J・R・マーチェント(ホアキン・ルイス・ロメロ・マルチェント)
出演:リチャート・ハリソン/クラウディオ・アンダリ/ミゲル・パレンスエラ/グロリア・ミランド

先日亡くなられたスペインのホアキン・ルイス・ロメロ・マルチェント監督がメガホンをとったマカロニウエスタン。イタリア、スペイン合作の初期の西部劇です。主演は『赤い砂の決闘』(1963)でも主演していたリチャード・ハリソン。この時期の伊=西西部劇界では引っ張りだこだったようです。

ブラッド(ミゲル・パレンスエラ)、チェット(クラウディオ・アンダリ)そしてジェフ(リチャード・ハリソン)の3兄弟は幼い頃無法者に父親を殺され、母親・ルイザ(グロリア・ミランド)からその仇を討ってもらいたいと言われながら育ちました。長兄のブラッドは落ち着いた牧場主に、次兄のチェットは血の気の多いガンマンに、そして三男のジェフは法によって街に秩序をもたらそうという理想主義者に育ちます。チェットはそんなジェフが気に入らず、喧嘩を繰り返していました。

そんなある日、酒場での諍いからチェットが殺人を犯してしまいます。兄弟たちはチェットを逃し、チェットはさすらいの旅に出るのでした。時が経ち、ブラッドは結婚して農場を管理し、ジェフは警察に入り署長にまで昇進していました。ジェフは父親の仇がメキシコ国境の街に隠れていると、保安官からの知らせを受け、街に向かいます。しかし、彼が街に着く前に保安官は殺されてしまっていたのでした。

一方、独自に父親の仇を狙っていたジェフも、仇の片割れを見つけ、拷問の末もう一人の行方を吐かせます。彼はブラッドを誘って仇のいる街へと向かうのでした……というお話です。

『赤い砂の決闘』と同時期の西部劇ですが、こちらは劇場未公開。しかし、映画の完成度としてはこの『墓標には墓標を』が優っているように思えます。今回CSのスター・チャンネルで放送されたので、字幕付きで見ることができました。

ハリソンは『赤い砂の決闘』同様法の力を信じる男を演じていますが、『赤い砂の決闘』では最後には力に訴えていたのにたいし、本作はチェットがその役割を担っているため、役柄が一貫している印象。まぁ、そのせいで特に終盤、クラウディオ・アンダリが全てを持っていった感がありますが。

基本的にアメリカ西部劇の模倣色が強かった時代の作品ではありますが、三兄弟の反目と協力、そして深いところでの信頼関係をしっかりと描いており、好感がもてます(イタリア語タイトルは「容赦のない3人」)。

また、本作にはフェルナンド・サンチョも顔を出しており、料理に惹かれて三兄弟と母親の家に転がり込み、そのまま下男として住み込む気のいい男をコミカルに演じています。こういうサンチョはマカロニウエスタンでは珍しいのですが、ぼくは冷酷な山賊よりもこういったコミカルなサンチョのほうが好きです。

ドゥッチオ・テッサリ(1965)『夕陽の用心棒』

Una pistola per Ringo
製作国:イタリア
上映時間:98分
監督:ドゥッチオ・テッサリ
出演:ジュリアーノ・ジェンマ/フェルナンド・サンチョ/ロレッラ・デ・ルーカ/アントニオ・カザス

サンダル史劇の時代にジュリアーノ・ジェンマと組んで『タイタンの逆襲』(1962)を作ったドゥッチオ・テッサリ監督が、再びジェンマをモンゴメリー・ウッド名義で起用して放ったマカロニウエスタン。ジェンマのマカロニウエスタン第一作でもあります。日本ではなぜか劇場未公開。面白い映画だし、ジェンマも出ているのに。謎です。

 「荒野の1ドル銀貨」で知られるウェスタン・ヒーロー、ジュリアーノ・ジェンマがモンゴメリー・ウッドのクレジットで出演。彼の出世作となった記念すべきマカロニ・ウェスタン。人質を取り農園に立てこもった銀行強盗たちに挑む早討ちガンマン、リンゴーの活躍を描く。

ジュリアーノ・ジェンマ演じるリンゴが、人質を取って立てこもる盗賊の親玉・サンチョ(フェルナンド・サンチョ)のアジトに保安官(ジョージ・マーティン)の依頼で潜り込みます。人質には保安官の許嫁であるルビー(ロレッラ・デ・ルーカ)も含まれていたのでした、という筋でリンゴの活躍が軽妙なタッチで描かれます。初期のマカロニウエスタンにしてはコミカルな描写が多めで、ジェンマのキャラクターに合った洒脱なマカロニウエスタンです。

本作で盗賊の親玉を演じていたサンチョについてですが、本作のサンチョのキャラクターはマカロニウエスタンにおいてサンチョが演じているキャラクターの典型的な一例(メキシコ人、粗野、単純、人はいい、残酷)となっており、サンチョがマカロニウエスタンにおいてどういう役割を果たしたのかは、本作を見ると一目瞭然になっています。また、サンチョのパートナーでありながら、人質であるブラウン(アントニオ・カザス)に惹かれてゆくドロレスを演じたニエヴェス・ナヴァロも印象に残ります。

本作の続編となるのが同じドゥッチオ・テッサリ監督の『続・荒野の1ドル銀貨』(1965)です。日本ではまるで『荒野の1ドル銀貨』(1965)の続編のようなタイトルが付けられてしまっているので非常にややこしい。ただまぁ、どちらにしろキャラクターが同一であるくらいの関連性しかないので、大した問題ではないのかもしれません。

アントニオ・ロマン(1965)『ネブラスカの一匹狼』

Ringo del Nebraska
製作国:イタリア/スペイン
上映時間:82分
監督:アントニオ・ロマン
出演:ケン・クラーク/ピエロ・ルリ/イヴォンヌ・バスタイン/アルフォンソ・ロハス

監督のアントニオ・ロマンはスペインではそれなりに有名な監督のようで、1940年代から60年代にかけて30本ほどの監督作があるようです。本作はそのアントニオ・ロマンと、ノンクレジットながら、『血ぬられた墓標』(1960)で有名なマリオ・バーヴァが共同監督として携わっているマカロニウエスタン。主演は『077/地獄のカクテル』(1965)からはじまる077シリーズで主演を務めたケン・クラーク。

テキサスのある街外れの牧場にリンゴ(ケン・クラーク)がやって来ます。彼は仕事を探しにやって来たのでした。彼の銃の腕を見た牧場主のマーティ(アルフォンソ・ロハス)は、用心棒としてリンゴを雇うことにします。マーティは彼の牧場と妻のケイ(イヴォンヌ・バスタイン)を狙う無法者・カーター(ピエロ・ルリ)を恐れていたのでした。

そんな時、マーティの部下が殺されているのが見つかります。犯人はカーターの部下たちでした。告発のため、マーティとリンゴは街に向かいます。街はカーターに牛耳られており、保安官のバート(リヴィオ・ロレンゾン)は酒浸りになっていました。はじめは逮捕を渋るバートでしたが、リンゴの説得でカーターの部下たちを逮捕します。

しかし、街からの帰り道、マーティはカーターに待ち伏せされ、重症を追ってしまいます。更に、バートも殺され、リンゴが犯人に仕立て上げられてしまうのでした……というお話。

1965年(資料によっては66年)というマカロニウエスタンとしてはかなり初期の作品であるため、まだまだアメリカの西部劇の影響が色濃く残っています。『シェーン』(1953)の焼き直しという評もネットで見かけますが、ストーリーの骨格は確かに似た部分がありますね。子どもは出て来ませんが。一方で、暴力的な描写は当時のアメリカ映画よりもストレートで、マカロニウエスタンの特徴の萌芽を見ることができます。全体としてはそこまで特筆すべきものはないけれど、そつなくまとまった西部劇、というところでしょうか。

本作の見所のひとつは、何と言っても悪役であるカーターを演じたピエロ・ルリ。彼、いまいち胡散臭い脇役とか、汚い敵役みたいな立ち位置でよくマカロニウエスタンに登場する印象があるんですが、ここまでストレートにスタンダードな悪役を演じているのって結構珍しいような気がします。また、カーターの手下のひとりとして、フランク・ブラナが出ているのもファンとしては見所。

マリオ・カイアーノ(1966)『荒野の棺桶』

Una bara per lo sceriffo
製作国:イタリア
上映時間:92分
監督:マリオ・カイアーノ
出演:アンソニー・ステファン/エドゥアルド・ファヤルド/アルマンド・カルボ/フルビア・フランコ

アンソニー・ステファンが主演したマカロニ・ウエスタン。監督はあの怪作『荒野のドラゴン』(1973)のマリオ・カイアーノ。カイアーノは本作の他にも『荒野のプロ・ファイター』(1966)でもステファン、ファヤルドのコンビを主要キャストに据えて製作しています。

 妻を殺された保安官が、復讐のためならず者の集団に入り込むという、アクション西部劇。

Allcinema Onlineの解説はすごくざっくりとしていますが、ストーリーとしてはこの解説以上でも以下でもありません。と、そう言うとそんなに面白くないように聞こえるかもしれませんが、テンポもよく、物語もメリハリがきいており、そして何よりデ・マージの音楽が非常に素晴らしいという、低予算マカロニ・ウエスタンながら非常に見所のある娯楽作に仕上がっています。

ステファンって、本作や『地獄から来たプロガンマン』(1966)みたいに、元々静かに暮らしていたのだけれど、無法者によって家族を奪われ、その復讐のためだけに生きる、という役柄が結構多い気がしますが、何となくさみしげな表情のおかげか、そういう役をやると非常に映えるんですよね。単に表情が乏しいという説もなきにしもあらずですが……。

娯楽作として非常によくできた、おすすめのマカロニ・ウエスタンです。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ