今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

製作国:イギリス

ジャック・カーディフ(1968)『戦争プロフェッショナル』

The Mercenaries
製作国:イギリス
上映時間:103分
監督:ジャック・カーディフ
出演:ロッド・テイラー/イヴェット・ミミュー/ジム・ブラウン/ペーター・カルステン

数々の映画で撮影監督としても活躍したジャック・カーディフの監督作品。この他にも長編劇映画では13本ほど監督しているようです。主演はオーストラリア出身の二枚目俳優ロッド・テイラー。

 アフリカの某国政府軍に、4人の戦争のプロが雇われた。任務は、反乱軍に襲われつつある町から住民を脱出させること。彼らは早速、現地へ飛ぶが、反乱軍も時を同じくして町へ襲いかかってきた……。傭兵の活躍を描いた冒険アクション。

上の解説にある4人の戦争のプロ、はおそらくアメリカ人傭兵カリー大尉(ロッド・テイラー)、ドイツ人のヘンライン大尉(ペーター・カルステン)、医師のドク・リード(ケネス・ムーア)、コンゴ人兵士のルーホー軍曹(ジム・ブラウン)だと思われます。ただ、ストーリー上明確に雇われ兵なのはカリーだけで、他の人々はもともと現地に駐在しているような描写もあります。

本作はジャック・カーディフ監督の代表作と推す人もいるようなのですが、ぼくには少々合わない部分もある映画でした。ヘンライン大尉はナチス支持者の悪役という設定なので共感できないキャラ設定なのはともかく、ドク、カリーともにいまいち感情移入できないキャラクターなのが、ぼくにとっては少々難点でした。

Allcinemaの解説では「反乱軍に襲われつつある町から住民を脱出させること」とありますが、実際の主眼はその街に置いてあるダイアモンドを無事に政府のもとに持ってゆくこと。そのため、避難民の脱出が遅れ、結局反乱軍に追いつかれ、避難民の半数以上は結局殺されてしまいます。この辺り、戦争プロの傭兵としては正しい判断なのでしょうが、どうにも後味がよくありません。

その他にも、自分が無理やり連れて行ったドクへの報酬を勝手に捨てたり、無理やり妊婦のもとに連れて行った上、手術に時間がかかるとなると彼を置いてゆくなど、どうにもカリーのキャラクターが……

ただ、ダイアモンドが反乱軍に奪われてからの展開はなかなか面白いです。ルーホー軍曹と協力し、カリーが敵中に潜入してゆく作戦などもなかなか見所です。この調子で全編やってくれれば、かなり面白い映画になったのですが……

というより、B級活劇タイプの筋書きの中に、植民地支配に対するメッセージを過剰に盛り込んでしまったため、少々バランスの悪い映画になってしまったように感じられました。はじめからメッセージ性の高い映画なのだと思っていていたら、また違う楽しみ方ができたのかもしれません。

マイケル・ドライハースト(1980)『ハイパー・ウェポン/最終狙撃者』

The Hard Way
製作国:イギリス
上映時間:88分
監督:マイケル・ドライハースト
出演:パトリック・マクグーハン/リー・ヴァン・クリーフ/エドナ・オブライエン/ドナル・マッキャン

マカロニ・ウエスタン後のリー・ヴァン・クリーフ出演作品のひとつ。アイルランドの荒涼とした大地を舞台にした骨太のクライム・スリラーです。監督のマイケル・ドライハーストは主にプロデューサーを務めていた人物のようで、監督作はこの一本のようですね。主演のパトリック・マクグーハンはTVドラマ「刑事コロンボ」や「プリズナーNO.6」で有名になった俳優のようです。ぼくは恐らく今回初めて接しました。

腕のいいスナイパーだったジョン・コナー(パトリック・マクグーハン)は引退し、荒涼たるアイルランドの片田舎でひっそりと暮らしていました。しかし、そんな彼の腕を必要としたマクニール(リー・ヴァン・クリーフ)によって、妻のキャサリーン(エドナ・オブライエン)を人質に、半ば無理やり引きずり出されてしまいます。暗殺のターゲットはダブリンからパリへ飛行機で向かう黒人神父。

着々と暗殺の準備を整える一味でしたが、ジョンは土壇場で裏切り、マクニールの手下を殺して逃走します。彼を殺すため、マクニールはライアン(ドナル・マッキャン)を始めとする腕利きを雇いますが、地の利を得たジョンには敵いません。ジョンを自らの屋敷におびき寄せ、決着をつけようとするマクニールでしたが……というお話。

地味です。全編非常に地味。登場人物も主人公であるマクグーハンや敵役であるクリーフを始めおっさんだらけ。しかし、面白くないかというとそんなことは全くなく、緊迫感あふれるカット割りや間など、緊張感を高める工夫がいろいろと凝らされています。アイルランドの荒涼とした山地も映画の雰囲気作りに非常に役立っていました。

クライマックスの決闘も、配電盤(ブレーカー)を使ってジョンを翻弄するマクニールと彼の居所を必死に探すジョン、というなかなか工夫の凝らされたもの。ただ、まぁ、最終的にどうなるかは終盤には完全に読めてしまうのが欠点といえば欠点か。

また、ところどころに妻であるキャサリーンのモノローグが挿入されるのですが、(特に序盤は)本編との繋がりが分かりづらく、テンポを悪くしてしまっていた感じがあるのが残念です。

しかし、クリーフは当然として、マクグーハンも渋い燻し銀のスナイパーを好演していました。スナイパーものというと、『殺しのテクニック』(1966)や『狙撃』(1968)が思い出されます。本作はそれらに勝る……とは言えませんが、銃器の描写も非常に丁寧であり、見応えのあるスナイパー映画の一本と言えるでしょう。

本作はallcinemaでは劇場映画として紹介されているのですが、IMDbではTV映画として登録されているようです。どちらが正しいんだろう……?

トーマス・アルフレッドソン(2011)『裏切りのサーカス』

TINKER TAILOR SOLDIER SPY
製作国:イギリス/フランス/ドイツ
上映時間:128分
監督:トーマス・アルフレッドソン
出演:ゲイリー・オールドマン/コリン・ファース/ベネディクト・カンバーバッチ/トム・ハーディ

ジョン・ル・カレのスパイ小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』(最近新訳が刊行されました)の映画化作品。原題は小説と同じですが、邦題はなぜか意訳されています。「裏切りの」はともかくとして、「サーカス」が英国諜報部を指す、というのは少々分かりづらいような。監督は『ぼくのエリ 200歳の少女』(2008)(これも邦題が少々残念)のトーマス・アルフレッドソン。

 1979年に英国BBCでドラマ化されたジョン・ル・カレの傑作スパイ小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン監督で映画化したサスペンス・ドラマ。東西冷戦下の英国諜報部<サーカス>を舞台に、ソ連の二重スパイをあぶり出すべく繰り広げられる緊迫の頭脳戦とスパイの世界に身を置く男たちの過酷な生き様を、ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、ジョン・ハートら英国が誇る実力派俳優陣の豪華競演とストイックな演出でスリリングかつ緊張感いっぱいに描き出す。
 英国のMI6とソ連のKGBが熾烈な情報戦を繰り広げていた東西冷戦時代。英国諜報部<サーカス>のリーダー、コントロールは、長年組織に潜んでいるソ連の二重スパイ“もぐら”の情報を掴むも独断で作戦を実行して失敗、責任をとってサーカスを去る。コントロールの右腕で彼とともに引退した老スパイ、スマイリー。ある日、英国政府のレイコン次官から“もぐら”を突き止めろという極秘の指令が下る。ターゲットとなるのは、コードネーム“ティンカー”、“テイラー”、“ソルジャー”、“プアマン”という4人の組織幹部。さっそく信頼を置くかつての部下ピーターらと組み、調査を開始するスマイリーだったが…。

ぼくは残念ながら原作は未読なのですが、2時間ちょっとという尺の中にあれだけの内容をよく納めたな、という印象。一方で、映画の尺に収めるために原作の内容をかなりそぎ落としているようで、少々説明不足に感じられるシーンも多々あります。

全体としては、地味ながら非常に緊迫したスパイ映画です。老いて諜報部「サーカス」を解雇された元諜報員スマイリー(ゲイリー・オールドマン)が、こちらも解雇された昔の上司コントロール(ジョン・ハート)の越した最後の事件を追うストーリーはとてもスリリング。時折挿入される古き良き時代のサーカスのシーンも味があります(特にラスト・シーンで流されるパーティのシーンは感傷的ながら美しい)。

しかし、ゲイリー・オールドマンももうこんな役を演じる年になっていたんですね。どうにも『レオン』(1994)の印象が強く、いつまでもあのころのイメージで見ていました。

サイモン・カーティス(2011)『マリリン 7日間の恋』

MY WEEK WITH MARILYN
製作国:イギリス/アメリカ
上映時間:100分
監督:サイモン・カーティス
出演:ミシェル・ウィリアムズ/エディ・レッドメイン/ケネス・ブラナー/エマ・ワトソン

マリリン・モンローを描いた映画といえば『ノーマ・ジーンとマリリン』(1996)が思い浮かびます。アカデミー賞の話題で本作でマリリンを演じたミシェル・ウィリアムズが主演女優賞候補になったと聞いて、相変わらずアメリカ人はマリリン・モンローが好きだなぁと思っていました。が、本作の背景となっているのがマリリンがイギリスに渡り、ローレンス・オリヴィエと共演した『王子と踊子』(1957)制作の舞台裏と聞いて、少々興味を持っていたところ、内幕ものとしての出来もなかなか良いと聞き、見てみることにしました。

 1956年、ハリウッドのスーパースター、マリリン・モンローは、単なるセックス・シンボルから演技派への脱皮を図るべくイギリスへと渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画「王子と踊り子」に出演した。本作は、当時駆け出しの助監督だった青年コリン・クラークが、これまで秘密にしてきた撮影の舞台裏を綴った2冊の回顧録を基に、ナーバスなモンローの世話役となったコリンが目の当たりにするモンローの実像と、次第に距離を縮めていく2人の儚いロマンスの行方を描き出す。主演は、本作の演技で数々の映画賞に輝いた「ブロークバック・マウンテン」「ブルーバレンタイン」のミシェル・ウィリアムズ、共演にケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、エマ・ワトソン、ジュディ・デンチ。監督はTV、舞台を中心に活躍し、本作で長編映画デビューを飾ったサイモン・カーティス。
 1956年、マリリン・モンローは、ローレンス・オリヴィエ監督・主演作「王子と踊り子」の撮影のためロンドンに降り立つ。演技派への飛躍を胸に、本作に並々ならぬ意欲を見せていたマリリンだったが、彼女の学んでいた演技法はオリヴィエによって否定されてしまい、様々なプレッシャーから遅刻も常習化していく。おまけに、結婚したばかりの夫アーサー・ミラーは、情緒不安定なマリリンを持て余し、さっさと帰国してしまう。そんな中、撮影がはかどらず苛立つオリヴィエからマリリンの見張り役を命じられる第3助監督のコリン・クラークだったが…。

結果から言うと、『ローマの休日』(1953)式のラヴロマンスものとしても、映画制作の内幕ものとしても、少々淡白ながらも、なかなか無駄のない構成にまとまっており、非常に楽しく見ることが出来ました。映画前半では不安定で自分勝手なマリリン(ミシェル・ウィリアムズ)という外側の描写が多いですが、コリン(エディ・レッドメイン)とマリリンの距離が近づくにつれ、彼女の人間としての葛藤が描かれ、それだけにカメラの前ではパーフェクトに振舞おうとする彼女の強い一面が立ち現れるような構成になっています。そう考えると、やはり少々演出は淡白かも。

マリリンを演じたミシェル・ウィリアムズには、少々細身で、映画冒頭ではあまりマリリン・モンローには似ていないという印象を受けたのですが、私生活面での不安定なマリリンを演じるには、彼女くらいのスタイルが意外と似あっており、だんだんとマリリン・モンローらしく見えてくるところは、さすが。

また、ローレンス・オリヴィエ役にはオリヴィエの再来とも呼ばれる名優ケネス・ブラナーがキャスティングされており、重厚ながら非常にチャーミングな演技を見せてくれています。

デヴィッド・フィンチャー(2011)『ドラゴン・タトゥーの女』

THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO
製作国:アメリカ
上映時間:158
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ダニエル・クレイグ/ルーニー・マーラ/クリストファー・プラマー/ステラン・スカルスガルド

ニールス・アルデン・オプレヴ監督のスウェーデン映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(2009)を『セブン』(1995)、『ゲーム』(1997)のデヴィッド・フィンチャー監督がリメイクしたのが本作です。前作、『ソーシャル・ネットワーク』(2010)に引き続いての劇場鑑賞ですが、特にフィンチャーのファンという訳ではありません。まぁ、結構好きな監督ですが。

 スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリー3部作の1作目『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』を、2009年のスウェーデン版に続き今度は「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャー監督で再映画化した衝撃のミステリー・サスペンス。40年前の少女失踪事件の調査を依頼された社会派ジャーナリストの主人公が、社会のほとんど全てに敵意を向ける孤独な天才ハッカーのパンク少女と奇妙な協力関係を築き、次第に明らかとなる巨大財閥一族の忌まわしき秘密に迫るさまを、ハードなバイオレンス描写を織り交ぜスリリングに描き出す。主演は「007/カジノ・ロワイヤル」のダニエル・クレイグ、注目のヒロイン、リスベット・サランデル役には大抜擢となる期待の若手ルーニー・マーラ。
 スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエルは、大物実業家の不正告発記事が原因の名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていた。そんな時、国内有数の企業グループの元会長ヘンリック・ヴァンゲルからある依頼が舞い込む。それは、40年前に彼が我が子のようにかわいがっていた一族の少女ハリエットが忽然と姿を消した迷宮入り事件の再調査というもの。やがて、調査が暗礁に乗り上げたミカエルは、ヘンリックの弁護士から社会性はないものの驚異的な情報収集能力を持つ小柄な女リサーチャー、リスベットを紹介される。実は、ミカエルがこの一件を任されるにあたり、信用に足る人物か、その身元調査を担当していたのが彼女だった。こうして、2人は手分けをしながら事件の真相を追っていくこととなるが…。

ぼくはスウェーデン版のほうは未見なので、どちらがどう……と言うことは言えないのですが、非常にフィンチャーらしい映画だと感じます。聖書からの引用による殺人というモチーフは、まるで『セブン』を彷彿とさせますし、後半の謎が解けていく快感はまるで『ゲーム』のよう。ミカエル(ダニエル・クエイグ)とリスベット(ルーニー・マーラー)という二人のキャラクターの動線が交わり、更に二人がそれぞれの手法で事件の真相に辿り着く様は非常にスリリング。

また、一連の事件の犯人については、観客にも相当な確率で目星が着く(登場人物の数がそもそも少ないため)のですが、そこからの更なるどんでん返しという展開は、(これは原作どおりのようですが)やはりフィンチャーの『ゲーム』を連想します。

これはスウェーデン版にあるシーンなのかは知らないのですが、クライマックス、犯人を追いつめたリスベットでしたが、結局自らの手ではとどめを刺せなかった点、エピローグでミカエルのために様々なことをするのですが、結局気付かれなかった点が印象にのこります。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ