今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

製作国:アメリカ

バスター・キートン/エドワード・F・クライン(1920)『キートンのマイホーム』

One Week
製作国:アメリカ
上映時間:25分
監督:バスター・キートン/エドワード・F・クライン
出演:バスター・キートン/シビル・シーリー/ジョー・ロバーツ

今回は予定だとD・W・グリフィスの『散り行く花』(1919)をご紹介するつもりだったのですが、ちょっと疲労がたまっていてヘビーな長編に体が耐えられなさそうだったので、代わりにバスター・キートンによる抱腹絶倒の短編喜劇をご紹介します。

 新婚のキートンは、新居建築を約束し求婚したため、低予算の組立住宅を購入。自力で組み立てようとするが、恋敵が建材の番号を3を8、1を4というように書き変えてしまい、妙ちきりんな多角形の家ができ上がってしまう。床は傾き、洗面台が外壁についた暮らしにくい家だが、とりあえず、新築祝いのパーティを開く。しかし、常軌を逸した家に客たちは大混乱。そのうち暴風雨が襲って家は回転しだし、哀れ遠くに吹き飛んでしまう。これを荷車で引いて元の場所に戻そうとしたキートンだが、線路で立ち往生して、突進してくる汽車に木っ端みじんにされてしまう。そのアナーキーな結末において永遠に記憶されるべき、キートン初期短編の傑作。

「文化生活一週間」という別タイトルのとおり、月曜日に結婚したバスター・キートンが、次の日曜日までに経験するドタバタが、日めくりカレンダーをめくるシーンを挟み込んで1日ごとに紹介される作りの映画です。

ストーリーとか見所はAllcinemaの解説にほぼ全部書かれているため、ぼくから付け加える内容は正直あまりありません。ただ、上の解説には事実誤認があり、家について哀れ遠くに吹き飛んでしまうとあるのは誤り。元々キートンは叔父から99番の土地を貰ったのですが、看板が上下逆さまになっていたために、間違って66番の土地に家を建ててしまっていました。それが土曜日に分かり、日曜日に一生懸命移動させようとした、というのが本当のところ。また、洗面台が外側についたとありますが、一応その後に壁を回転させているので洗面台は内側に移動してます。

キートンの体張りっぷりは相変わらずものすごく、見ていて腹を抱えて笑いながらもハラハラしてきます。本作ではキートンの他にも妻役のシビル・シーリーもなかなか体を張ったシーンがあり、その辺も見所のひとつ。

途中、シビル・シーリーの入浴シーンがあるのですが、彼女が浴槽の外に石鹸を落とし、それを取るためにあわやヌードが……というタイミングでどこからともなく手が出てきて、カメラのレンズを覆ってしまう……という展開もメタメタしくて愉快です。

アレックス・ステイプルトン(2011)『コーマン帝国』

Corman's World: Exploits of a Hollywood Rebel
製作国:アメリカ
上映時間:91分
監督:アレックス・ステイプルトン
出演:ロジャー・コーマン/ジャック・ニコルソン/マーティン・スコセッシ/ロン・ハワード

日本では(というか世界でも)B級映画の帝王として紹介されることの多いロジャー・コーマンの映画人としての半生を、当時彼の映画に参加し、今では押しも押されもせぬハリウッドの名優、名監督になっている人々に対するインタビューと、コーマンが製作した実際の映画のフィルムをパッチワークのように散りばめて紹介するドキュメンタリー映画。監督のアレックス・ステイプルトンは劇場公開映画としては本作が初監督のようです。

 メジャースタジオとは一線を画し、低予算のB級映画ばかりを量産する一方、後に巨匠や大物スターと呼ばれる若い才能を次々と輩出してきたことでも知られ、多くの映画人の尊敬を集めるハリウッドの異端児、ロジャー・コーマンの驚くべき映画人生を紐解いていく痛快ドキュメンタリー。ロジャー・コーマン本人のインタビューに加え、ロバート・デ・ニーロ、ジャック・ニコルソン、マーティン・スコセッシ、ロン・ハワード、ジョナサン・デミはじめ錚々たるコーマン門下生たちのインタビューと代表作のフッテージを基に、その映画製作の神髄と溢れる映画愛を明らかにしていく。監督はこれが初メガフォンのアレックス・ステイプルトン。

本作はステイプルトン監督の演出がどうのこうのというよりも、まず間に挟まれるコーマンの映画自体にインパクトがあります。そして、彼について語る映画人たち(特にジャック・ニコルソンがすごい。語って語って語り倒します)のコメントも非常に面白く、ハリウッドにおけるコーマンの立ち位置が良くわかります。もちろん、これらのコメントを引き出したのはステイプルトンだと思うので、そのあたりの采配は素晴らしい。

一方で、彼のキャリアの初期である60年代70年代が紹介の中心になっており、ビデオスルー作品が増え始めてしまった90年代以降についてはさらっとしか触れていないため、コーマンの映画人生の陽の面しか基本的には触れられていません。後半で本来B級映画のジャンルだったアクションやSFを、大手が金を掛けて作るようになってしまった、という描写はありますが。そういう点はティム・バートン監督の『エド・ウッド』(1994)的。いや、もちろんコーマンとウッドでは才能に大きな隔たりはあると思いますが。

しかし、ぼくはコーマンの映画は実はほとんど未見で、『金星人地球を征服』(1956)くらいしか見ていないので、ちょっとずつ見てゆきたいですね。

アダム・マッケイ(2010)『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』

The Other Guys
製作国:アメリカ
上映時間:110分
監督:アダム・マッケイ
出演:ウィル・フェレル/マーク・ウォールバーグ/スティーヴ・クーガン/エヴァ・メンデス

主にコメディを手がけ続けているアダム・マッケイ監督のポリス・コメディ。監督作が日本で劇場公開されたのって、意外にもこれが初めてなんですね。『俺たちニュースキャスター』(2004)など、ソフト化されている作品は何作かあるようです。主演はウィル・フェレルとマーク・ウォールバーグという少々地味ながら実力派のベテラン二人。

 「俺たちニュースキャスター」「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・フェレルと「ディパーテッド」「ザ・ファイター」のマーク・ウォールバーグという異色の顔合わせで贈る痛快アクション・コメディ。安全志向でデスクワーク好きの引きこもり刑事と熱血漢の空回り刑事の凸凹コンビが、ひょんなことから金融業界に巣くう巨悪に立ち向かっていく姿をコミカルに描く。共演はサミュエル・L・ジャクソンとドウェイン・ジョンソン。監督は「俺たちニュースキャスター」「俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-」のアダム・マッケイ。
 ニューヨーク市警のハイスミスとダンソンはド派手な逮捕劇で人々の注目を集めるヒーロー刑事。一方、そんな彼らの活躍に焦りを隠せないのが熱血刑事のテリー。しかし、危険な現場に出たがらず書類仕事ばかりしている相棒アレンのせいで、いつまでたってもその他大勢(アザー・ガイズ)のまま。ところがある日、ハイスミスとダンソンがあっけなく殉職してしまう。そんな中、ついに重い腰を上げたアレンが取りかかったのはビル建設の申請に関わる不正事件。銃撃戦など期待できない地味な事件にまるでテンションの上がらないテリーだったが…。

オープニング、サミュエル・L・ジャクソンとドウェイン・ジョンソンがいかにもハリウッド・バディ・ムービーのイケイケコップを熱演。街を破壊しながら犯人を追いつめるものの、逃げ出した犯人を追って二人して地上20階のビルの屋上からダイブ。当然死にます。

のこされたのはテリー(マーク・ウォールバーグ)とアレン(ウィル・フェレル)をはじめとするいまいちパッとしない奴ら。ハイスミスとダンソンの死で空いたヒーロー刑事の座を巡ってのドタバタ争いが繰り広げられます……

この金融不況に悪徳ディーラーと巨大企業という分かりやすい悪役を持ってきており、また、テリーのバレエやハープ(近所のゲイをいじめるために覚えた)だとか、一見真面目なアレンのポン引きでヒモという意外な過去など、一歩間違えると悪趣味になりそうなネタをこれでもかと突っ込みながらギリギリのところでカラッと流せるレベルに落ち着けているバランス感覚は見事。ただ、これ、人によってはたぶん不快だと思います。

てっきり低予算のアイディア映画だと思っていたのですが、後半のNYPDから大企業に雇われた犯罪組織からチェチェン独立派からナイジェリア・マフィアまで絡めた一連のカーチェイスからヘリ撃墜から何やらのシーンはしっかりと作られており、そういった点も見所たっぷり。更に現代の資本主義への風刺も入れつつ……と、少々盛り込みすぎて散漫になっている印象はあるものの、なかなか面白いアクション・コメディです。

マイク・ミルズ(2010)『人生はビギナーズ』

Beginners
製作国:アメリカ
上映時間:105分
監督 :マイク・ミルズ
出演:ユアン・マクレガー/クリストファー・プラマー/メラニー・ロラン/ゴラン・ヴィシュニック

『サムサッカー』(2005)のマイク・ミルズ監督の手になるハートフルなコメディ。75歳にしてゲイをカミングアウトした主人公(ユアン・マクレガー)の父・ハル役をクリストファー・プラマーが演じ、2011年のアカデミー助演男優賞、ゴールデン・グローブ助演男優賞などを総なめにしました。

 「サムサッカー」で監督デビューを飾った世界的アーティスト、マイク・ミルズ監督が、自身の父親との関係を基に脚本を書き上げ映画化したハートフル・ヒューマン・ストーリー。長年連れ添った母の死後、突然ゲイであることをカミングアウトし、新たな人生を謳歌しはじめた父の姿に戸惑いを抱きながらも、自分の気持ちに正直に生きることの大切さを学んでいく主人公の葛藤と新たな恋の行方を描く。主演は「ゴーストライター」のユアン・マクレガー、共演に「終着駅 トルストイ最後の旅」のクリストファー・プラマー、「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロラン。
 アートディレクターのオリヴァーは、愛に臆病な内向的で真面目な38歳独身男。ある日、44年連れ添った妻に先立たれ、自らもガンを宣告された父ハルから、ゲイであることを告白される。厳格だった父の突然のカミングアウトに戸惑いつつも、病に立ち向かいながら新たな人生を謳歌し始めた父と語り合い、少しずつ距離を縮めていくオリヴァー。やがて父との永遠の別れを経て、大いなる喪失感を抱えたままの彼の前に、フランス出身の女優アナが現われる。互いに人と距離を置きながら生きてきた似たもの同士の2人は、ほどなく恋に落ちるのだったが…。

オープニングから落ち着いた雰囲気の本作。何となく全体的にアメリカ映画っぽくないんですよね。主演ふたりがスコットランド(マクレガー)とフランス(ロラン)だからかとも思ったのですが、抑制された演出や、少々ブラックなユーモア、そしてピンポイントで挟まるショットがどこか非常にイギリス映画っぽい。

クリストファー・プラマーに期待して見たのですが、その点は大満足。思ったよりも登場しており、嬉しい驚きでした。70年代のゲイ・カルチャーについても、予想以上に詳しく触れていました。映画はそれら父親世代と、30代の息子世代を対比させて描いてはいるのですが、そのふたつの物語が噛み合っているかというと微妙なところ。ただ、この曖昧な感じは居心地のよいものでした。

ジャジーな音楽も本作の雰囲気にはぴったりとあっていました。ピアノを主体とした静かな音楽はどことはなくベルナール・ラップ監督の『私家版』(1996)を彷彿とさせます。そういえば、あちらの主演もイギリス出身のテレンス・スタンプでした。

ジャック・カーディフ(1968)『戦争プロフェッショナル』

The Mercenaries
製作国:イギリス
上映時間:103分
監督:ジャック・カーディフ
出演:ロッド・テイラー/イヴェット・ミミュー/ジム・ブラウン/ペーター・カルステン

数々の映画で撮影監督としても活躍したジャック・カーディフの監督作品。この他にも長編劇映画では13本ほど監督しているようです。主演はオーストラリア出身の二枚目俳優ロッド・テイラー。

 アフリカの某国政府軍に、4人の戦争のプロが雇われた。任務は、反乱軍に襲われつつある町から住民を脱出させること。彼らは早速、現地へ飛ぶが、反乱軍も時を同じくして町へ襲いかかってきた……。傭兵の活躍を描いた冒険アクション。

上の解説にある4人の戦争のプロ、はおそらくアメリカ人傭兵カリー大尉(ロッド・テイラー)、ドイツ人のヘンライン大尉(ペーター・カルステン)、医師のドク・リード(ケネス・ムーア)、コンゴ人兵士のルーホー軍曹(ジム・ブラウン)だと思われます。ただ、ストーリー上明確に雇われ兵なのはカリーだけで、他の人々はもともと現地に駐在しているような描写もあります。

本作はジャック・カーディフ監督の代表作と推す人もいるようなのですが、ぼくには少々合わない部分もある映画でした。ヘンライン大尉はナチス支持者の悪役という設定なので共感できないキャラ設定なのはともかく、ドク、カリーともにいまいち感情移入できないキャラクターなのが、ぼくにとっては少々難点でした。

Allcinemaの解説では「反乱軍に襲われつつある町から住民を脱出させること」とありますが、実際の主眼はその街に置いてあるダイアモンドを無事に政府のもとに持ってゆくこと。そのため、避難民の脱出が遅れ、結局反乱軍に追いつかれ、避難民の半数以上は結局殺されてしまいます。この辺り、戦争プロの傭兵としては正しい判断なのでしょうが、どうにも後味がよくありません。

その他にも、自分が無理やり連れて行ったドクへの報酬を勝手に捨てたり、無理やり妊婦のもとに連れて行った上、手術に時間がかかるとなると彼を置いてゆくなど、どうにもカリーのキャラクターが……

ただ、ダイアモンドが反乱軍に奪われてからの展開はなかなか面白いです。ルーホー軍曹と協力し、カリーが敵中に潜入してゆく作戦などもなかなか見所です。この調子で全編やってくれれば、かなり面白い映画になったのですが……

というより、B級活劇タイプの筋書きの中に、植民地支配に対するメッセージを過剰に盛り込んでしまったため、少々バランスの悪い映画になってしまったように感じられました。はじめからメッセージ性の高い映画なのだと思っていていたら、また違う楽しみ方ができたのかもしれません。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ