今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

監督:ドゥッチオ・テッサリ

ドゥッチオ・テッサリ(1969)『荒野の大活劇』

Vivi o, preferibilmente, morti
製作国:イタリア/スペイン
上映時間:102分
監督:ドゥッチオ・テッサリ
出演:ジュリアーノ・ジェンマ/ニーノ・ベンヴェヌーティ/シドニー・ローム/アントニオ・カザス

さて、今日はクリスマスイヴ。ということで、クリスマスイヴの場面から始まるこの映画をご紹介します。マカロニウエスタンでは『夕陽の用心棒』(1965)から、それ以外の映画も含めればそれ以前からジュリアーノ・ジェンマとタッグを組んで快作を送り出してきたドゥッチオ・テッサリ監督と、ジュリアーノ・ジェンマによる軽快なコメディ・マカロニウエスタン。ジェンマのマカロニウエスタンとしては、本作が最後の日本劇場公開作でもあります。

 東部に暮らす伊達男が、遺産相続のため、西部の町にやってくる。ただし、相続の条件として、弟と6ヶ月間暮らさなければならないと言われ……。ジェンマ主演、テッサリ演出のコミカルな冒険活劇。

トーマス・ミリアンとジャン・マリア・ヴォロンテが共演した『血斗のジャンゴ』(1967)でも東部の人間と西部の人間の出会いが描かれましたが、本作では『血斗のジャンゴ』とは逆に、東部に暮らすモンティ(ジュリアーノ・ジェンマ)のほうがはちゃめちゃで、西部の男・テッド(ニーノ・ベンヴェヌーティ)のほうが純朴、という取り合わせがなかなか面白いところ。

ジェンマの弟役を演じたベンヴェヌーティは当時現役の世界ミドル級チャンピオンのボクサー。ジェンマと兵役で知り合い、それがきっかけで本作に出演したとか。本作の他にも2作ほど映画には出演しているようですが、残念ながらマカロニウエスタンはこれ1本です。

脇を固めるクリス・ウエルタやアントニオ・カサスなどはマカロニウエスタンでもよく見かける、お馴染みの顔ぶれですね。

本作は『風来坊/花と夕日とライフルと…』(1970)を思わせる、でこぼこ兄弟によるコミカルな西部劇なのですが、ジェンマの軽快な身のこなしが本作のような軽快な物語に合っているところや、またベンヴェヌーティのさすがに切れのあるアクションなど、非常にメリハリがきいており、100分を越える、マカロニウエスタンとしては長尺に属する上映時間ですが、途中まったく飽きることなく見続けることができます。

銀行強盗、馬車強盗、列車強盗といろいろな悪事に手を出すものの、結局うまくいかない2人を翻弄する馬車強盗の人質であり、銀行家の令嬢、じゃじゃ馬娘を演じたシドニー・ロームも大きな目とコロコロ変わる非常が非常に魅力的で、映画に華やかさを添えています。

ドゥッチオ・テッサリ(1965)『夕陽の用心棒』

Una pistola per Ringo
製作国:イタリア
上映時間:98分
監督:ドゥッチオ・テッサリ
出演:ジュリアーノ・ジェンマ/フェルナンド・サンチョ/ロレッラ・デ・ルーカ/アントニオ・カザス

サンダル史劇の時代にジュリアーノ・ジェンマと組んで『タイタンの逆襲』(1962)を作ったドゥッチオ・テッサリ監督が、再びジェンマをモンゴメリー・ウッド名義で起用して放ったマカロニウエスタン。ジェンマのマカロニウエスタン第一作でもあります。日本ではなぜか劇場未公開。面白い映画だし、ジェンマも出ているのに。謎です。

 「荒野の1ドル銀貨」で知られるウェスタン・ヒーロー、ジュリアーノ・ジェンマがモンゴメリー・ウッドのクレジットで出演。彼の出世作となった記念すべきマカロニ・ウェスタン。人質を取り農園に立てこもった銀行強盗たちに挑む早討ちガンマン、リンゴーの活躍を描く。

ジュリアーノ・ジェンマ演じるリンゴが、人質を取って立てこもる盗賊の親玉・サンチョ(フェルナンド・サンチョ)のアジトに保安官(ジョージ・マーティン)の依頼で潜り込みます。人質には保安官の許嫁であるルビー(ロレッラ・デ・ルーカ)も含まれていたのでした、という筋でリンゴの活躍が軽妙なタッチで描かれます。初期のマカロニウエスタンにしてはコミカルな描写が多めで、ジェンマのキャラクターに合った洒脱なマカロニウエスタンです。

本作で盗賊の親玉を演じていたサンチョについてですが、本作のサンチョのキャラクターはマカロニウエスタンにおいてサンチョが演じているキャラクターの典型的な一例(メキシコ人、粗野、単純、人はいい、残酷)となっており、サンチョがマカロニウエスタンにおいてどういう役割を果たしたのかは、本作を見ると一目瞭然になっています。また、サンチョのパートナーでありながら、人質であるブラウン(アントニオ・カザス)に惹かれてゆくドロレスを演じたニエヴェス・ナヴァロも印象に残ります。

本作の続編となるのが同じドゥッチオ・テッサリ監督の『続・荒野の1ドル銀貨』(1965)です。日本ではまるで『荒野の1ドル銀貨』(1965)の続編のようなタイトルが付けられてしまっているので非常にややこしい。ただまぁ、どちらにしろキャラクターが同一であるくらいの関連性しかないので、大した問題ではないのかもしれません。

ドゥッチオ・テッサリ(1985)『魔境のガン・ファイター』

TEX E IL SIGNORE DEGLI ABISSI
製作国:イタリア
上映時間:94分
監督:ドゥッチオ・テッサリ
出演:ジュリアーノ・ジェンマ/ウィリアム・バーガー/カルロ・ムカーリ

ドゥッチオ・テッサリとジュリアーノ・ジェンマのコンビは『夕陽の用心棒』(1965)を皮切りに、数々のマカロニウエスタンを送り出してきましたが、本作がその最後を飾る作品になります。1985年というと、もうマカロニウエスタンブームは完全に収束しているころ。そのせいもあり、ジェンマ主演ですが日本では劇場公開されていません。また、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の公開が1981年、そのヒットにあやかろうとしたのか、アステカの秘宝とか、インディオに伝わる秘術とか、今までのマカロニウエスタンには見られなかった要素が加えられています。

 西部の荒野で、陸軍の輸送部隊が何者かに襲われた。テックスというガン・ファイターは仲間と共に調査を開始する。やがて彼らの前に石化した死体が現われ、事件の背後に、古代アステカ族の秘法を伝える謎の部族が存在していることが明らかになる……。凄腕のガンファイター、テックスと、邪悪なインディアンとの壮絶な闘いを描くSFXマカロニ・ウェスタン・アドベンチャー。

主人公のテックス役にジュリアーノ・ジェンマ。このころになると、さすがにマカロニ初期のニヤけた感じは薄れ、だいぶ落ち着いた演技を見せてくれています。相変わらず年をとっても爽やかは爽やかですが。20年たってこれっていうのはすごい。

一方、主人公の相棒キッド役はウィリアム・バーガー。彼は役者人生の多くをマカロニウエスタンと共に歩んでくれた俳優。基本的に主役は張りませんが、常に2番手の位置でなかなか印象深い演技を見せてくれます。

石化した死体のスペシャル・エフェクトや、インディアナ・ジョーンズばりに洞窟を探索するシーンの溶岩のエフェクトなど、なかなか見ごたえのあるF/Xが満載で、予想以上に見所がありました。また、マカロニではなかなか見られない、アステカ遺跡のセットをバックにしたインディオたちとの大銃撃シーンなど、異色ではありつつも、しっかりとした正統派マカロニウエスタンでもありました。

また、アルド・サンブレルがメキシコ系のならず者のボス、エル・ドラド役で出演しているのも、マカロニファンには嬉しいところです。

ドゥッチオ・テッサリ(1965)『続・荒野の1ドル銀貨』

IL RITORNO DI RINGO
製作国:イタリア/スペイン
上映時間:100分
監督:ドゥッチオ・テッサリ
出演:モンゴメリー・ウッド(ジュリアーノ・ジェンマ)/ジョージ・マーティン/ロレッラ・デ・ルーカ

『続・荒野の1ドル銀貨』というタイトルが付いていますが、『荒野の1ドル銀貨』の続編ではありません。『荒野の1ドル銀貨』との共通点と言えば、
1. 主演がジュリアーノ・ジェンマ
2. 彼が演じるキャラクターが南北戦争の帰還兵(ただし、『荒野の1ドル銀貨』では南軍、『続・荒野の1ドル銀貨』では北軍
3. 変装して町に帰ってくる
4. 悪者に奪われた妻を奪い返そうとする
5. 傍若無人な悪者に対し、クライマックスで虐げられていた町の人々が立ち上がる
くらいです。あれ、結構似てるな。

まぁ、上のように似ている点はありますが、続編関係はありません。むしろ、この映画は『夕陽の用心棒』の続編にあたる映画です。しかし、どっちにしろトンデモな邦題だよなぁ。ストーリーをAllcinema Onlineよりご紹介。

南北戦争が終わり、主人公のリンゴは故郷に帰ってきた。そこで彼は、町が一人の男に蹂躙されている事を知る。さらに、その男の一味によってリンチを受け、右手に傷を負ってしまった。リンゴは復讐のため、左手による射撃を練習する……。

この映画では、ジェンマはなかなか暗い、押さえた演技を見せてくれています。また、共演陣もいい味を出しています。まずはロジータ役のニエヴェス・ナヴァロ。『復讐のガンマン』でも女牧場主役で出ていましたが、今回もフェロモン過多な演技を見せてくれます。ジェンマの妻役はロレッラ・デ・ルーカで、こちらも清楚な演技を見せていましたが、どうにもナヴァロのほうが印象に残ります。

また、「朝顔」(DVDでは「忘れな草」)役のマニュエル・ムニスも甲高い声とちょこまか歩きで忘れられない印象を残します。なんとなく、『皆殺しのガンファイター』の床屋とキャラが被ります。こっちの方が突き抜けている気もしますが。また、アル中の保安官を演じたアントニオ・カザスも渋い演技を見せてくれました。最後の意地を見せるシーンは思わず熱いものがこみ上げてきます。

そんな感じで、そこまで演技が上手いとは言いがたいジェンマを、個性的な共演陣がうまく盛り立て、なかなかの良作に仕上がっている本作でした。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
プロフィール

todaysmovie

  • ライブドアブログ