今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

監督:セルジオ・ソリーマ

セルジオ・ソリーマ(1966)『見知らぬ追跡者』

Agente 3S3, massacro al sole
製作国:イタリア
上映時間:92分
監督:セルジオ・ソリーマ
出演:ジョージ・アーディソン/フランク・ウォルフ/エヴィ・マランディ/フェルナンド・サンチョ

007シリーズのヒット後、雨後の竹の子のようにポコポコと製作された一連のスパイアクションもののうちのひとつ。CIAの3S3ことウォルター・ロス(ジョージ・アーディソン)を主人公にした3S3シリーズの第2作。第一作は同じくセルジオ・ソリーマ監督の『地獄のパスポート』(1965)で、こちらは日本でも劇場公開されたようです。また、本作、前作ともにソリーマはサイモン・スターリングという変名でクレジットされています。

本シリーズについては現時点では日本でソフト化はされていません。ぼくが手に入れたのはドイツで2004年にMAGIC VIDEOから出されたものなのですが、ドイツ語音声、字幕なしというソフトのため、ストーリーの細かな内容がまったく把握できていません。ですので、内容については誤りがあるかと思いますが、ご容赦ください。

マッドサイエンティストであるカールトン教授(エドゥアルド・ファヤルド)は有毒ガスを搭載した小型のミサイルを発明し、カリブ海の小さな島の独裁者として君臨しようとしていました。CIAのエージェントである3S3ことウォルター・ロスは、現地工作員であるメンドーサ(フランク・ウォルフ)と共に内偵を進めますが、実はメンドーサは既に殺され、彼になりかわっていたのはKGBのエージェント・テレスコフだったのでした。

一進一退の攻防を続けるロスとテレスコフでしたが、やがてカールトン教授の狙いが世界征服にあることが明らかになります。そこにイギリスのエージェント・メリッサ(エヴィ・マランディ)や島のレジスタンスたちも加わり、最終的には全員が協力してカールトン教授の野望を阻止すべく戦いを挑むのでした……というお話……だと思います。多分。

お色気あり、謀略ありのなかなか洒落たスパイアクションです。ただ、上にも書いたようにぼくはセリフが全く理解できていないので、残念ながら恐らく内容の半分ほどしか楽しめていません。そんな中でも印象に残ったシーンをいくつか上げておきましょう。

まず、序盤のロスが飛行機に乗って島に向かうシーン。何者かの妨害で飛行機の落とし穴(?)が開けられ、エージェントたちがポコポコと飛行機から落ちていきます。あとは旧市街の階段道でのカー・チェイスや、その後のドラム缶を使った戦い、まるで西部劇の登場人物のようなレジスタンスたちとそのアジト(マカロニウエスタンで使われていたセットを流用したような感じです)。

また、主人公のロスは空手を習得している、という設定が前作からあるらしく、本作でも手刀で相手の首筋を打ち付けたりといったアクションを見ることができます。あと棒術がやたらと登場しましたね。

本作にはマカロニウエスタンでも馴染みの面々が顔を出しています。その筆頭がフェルナンド・サンチョなのですが、本作では善人というか、傀儡の将軍のような役どころで、登場シーンも2シーンほど。シャワールームでお姉ちゃんに迫っているところを、あっさりと殺されてしまいます。一方のフランク・ウォルフがKGBのエージェントを楽しげに演じているのが印象的ですね。結構登場シーンも多いです。黒幕であるカールトンを演じるファヤルドも、登場シーンは少ないものの、それなりに印象りました。

ソリーマの後年の作品のようなテーマ性はさほど感じられず、気軽なスパイアクションという印象の映画です。

セルジオ・ソリーマ(1972)『非情の標的』

REVOLVER
製作国:イタリア/フランス/西ドイツ/モナコ
上映時間:112分
監督:セルジオ・ソリーマ
出演:オリヴァー・リード/ファビオ・テスティ/ダニエル・ベレッタ/アゴスティーナ・ベリ

血斗のジャンゴ』(1967)、『復讐のガンマン』(1968)といったマカロニウエスタンでも知られるセルジオ・ソリーマ監督がメガホンを取ったマカロニ・クライム。主演はイギリス出身のオリヴァー・リードと、『荒野の処刑』(1975)のファビオ・テスティ。

 イタリア暗黒街を舞台に繰り広げられるアクション映画。刑務所の看守として働く主人公(O・リード)の下に、財界の大物を暗殺した男が送られてきた。そんなある日、彼の妻が誘拐され、男を引き渡せとギャングたちに脅されるのだが……。

Allcinema Onlineの解説は今回も比較的いい加減。ファビオ・テスティ演じるミロ・ルイズは財界の大物を暗殺した男、ではなく、財界の大物を暗殺したという濡れ衣を着せられたこそ泥ジャン・ダニエル(フランク・フォン・クーゲルゲン)の死の真相を知っている人物。そのため、フレンチ・マフィアのグラニエ(フレデリック・ド・パスカル)らに命を狙われ、殺害のために脱獄させられます。

まず、こそ泥に失敗し、ルイズとジャン・ダニエルが車で逃走。腹を撃たれて息を引き取ったジャン・ダニエルを、ルイズが河原に埋めるオープニング。それにかぶさるエンニオ・モリコーネの悲しげな音楽が本当に美しい。このシーンだけでも本作を見る価値はあります。もちろん、それだけの映画ではありませんけれど。

元刑事の看守を演じたオリヴァー・リードは、一見すると主役を張るには少々地味な印象があるのですが、こういった男ほどハード・ボイルド映画にはよく似合います。初めは大して格好良く見えないのですが、だんだんと格好良く見えてくるのです。それだけに、最後の彼の選択が(映画的に)活きてきます。

看守と脱走犯、初めは半目しあう彼らでしたが、共通の目的を追求すううちにだんだんと友情が芽生え初め……というのは、バディ・ムービーではよくある展開なのですが、そこから更に一捻りあるのがソリーマ監督らしいところ。映画の中で変化していく人格を描かせれば、特に善悪の境界で揺れるキャラクターを描かせれば、ソリーマ監督の右にである監督は早々いないのではないかと思います。

『血斗のジャンゴ』では悪に魅せられていく教授と、善に目覚めていく山賊を描いたソリーマ監督ですが、本作はちょうどその合わせ鏡のようになっている作品に感じられます。全編を覆うモリコーネの音楽と合わせ、非常におすすめの一本です。

セルジオ・ソリーマ(1967)『血斗のジャンゴ』

FACCIA A FACCIA
製作国:イタリア/スペイン
上映時間:100分
監督:セルジオ・ソリーマ
出演:ジャン・マリア・ヴォロンテ/トーマス・ミリアン/ウィリアム・バーガー/ヨランダ・モディオ

復讐のガンマン』(1968)などトーマス・ミリアンが出演する映画を続けて手がけることとなるセルジオ・ソリーマ監督がメガホンを取ったマカロニウエスタン。セルジオ・ソリーマ監督はレオーネ、コルブッチと並び三大セルジオと呼ばれることもある監督。そんな本作に出演するのは『夕陽のガンマン』(1965)、『群盗荒野を裂く』(1966)などでも知られるジャン・マリア・ヴォロンテ、『ガンマン大連合』(1970)など多くのマカロニウエスタンに出演したトーマス・ミリアン、そして『十字架の長い列』(1969)などの映画で脇役ながら印象に残る演技を見せるウィリアム・バーガーという、スター性には少々欠けるものの、マカロニ好きには嬉しい燻し銀の俳優が共演した映画です。

 「夕陽のガンマン」などの悪役ジャン・マリア・ヴォロンテが気弱な大学教授を演じるマカロニ・ウエスタン。大学教授のブレッドは、ニューイングランドで教鞭を取っていたが、不治の病に犯されテキサスに療養にやってきた。彼は、ジャンゴという無法者と知り合い、彼と行動をともにする。小心者だったブレッドは、ジャンゴの悪事を目の当たりにして次第に悪の心が芽生えてゆく。強盗、人殺しすら楽しむようになるブレッド。ジャンゴが逮捕されると、彼はグループのボスになる。だが、脱獄したジャンゴはブレッドと対決し、ブレッドは荒野に命を散らすのだった。

相変わらず微妙に的を外してくるAllcinema Onlineの解説。「ジャンゴという無法者」とありますが、トーマス・ミリアン演じる無法者の名前はボウレガード・ベネット。そう、邦題にはタイトルにジャンゴと付きながら、実際にはジャンゴという名の登場人物が出てこない不思議な映画。恐らく、ミリアンの前作が『情無用のジャンゴ』(1966) というタイトルで公開されたので、その流れでしょう。

また、「脱獄したジャンゴはブレッドと対決し」とありますが、対決はしていません。分かりやすく言うと、『群盗荒野を裂く』のクライマックスを彷彿とさせると言いますか……。『群盗荒野を裂く』では己の心に従ってルー・カステルを殺したジャン・マリア・ヴォロンテが、本作ではまるでその映し鏡のように「なぜ殺すんだ……」と言いながら事切れるラストには考えさせられるものがありました。……普段はここまでネタバレは書かないのですが、もう解説に書いてあるので、いいかな、と。あと、あそこ、荒野じゃなくて砂漠ですよね。

一気に話がクライマックスに飛んでしまいましたが、まず、本作はタイトルバックが面白い。色調や演出が『怒りの荒野』(1967)のタイトルバックに非常によく似ています。ただ、本作でモリコーネが手がけた音楽は、勇壮というより、少々不安感をあおるような音楽が中心。

オープニングでは謙虚で控えめだった東部のインテリ教授・ブレッドが、だんだんと西部の空気に感化され、ギラギラした眼の輝きを獲得していく様子をジャン・マリア・ヴォロンテが本当に上手く演じています。“悪に魅せられる”という筋書きから、最終的にはどうしようもない悪人になってしまい、正義に目覚めたミリアンに殺されるような展開なのかと思っていたら、最後までしっかりとまるで悪の美学のような信念を持ったある意味では魅力的な人物として描写されていて安心しました。

生き延びるために銃を持っていたボウレガードと、銃に魅せられ壮大な野心を持ったブレッド教授の対比がとても面白いマカロニウエスタンです。最後のブレッド教授の死に際のセリフも、本当に魅力的な悪役はこうでなくては、というキャラクターで素晴らしい。

本作ではウィリアム・バーガーはシリンゴという名のピンカートン探偵社所属のスパイを演じています。このシリンゴという人物、どうやらピンカートン社の凄腕覆面潜入員として実在した同名の人物からキャラクターを取っているようです。

セルジオ・ソリーマ(1968)『続・復讐のガンマン~走れ、男、走れ~』

CORRI UOMO CORRI
製作国:イタリア
上映時間:120分
監督:セルジオ・ソリーマ
出演:トーマス・ミリアン/ドナルド・オブライエン/チェロ・アロンゾ

セルジオ・レオーネ、セルジオ・コルブッチに続く、マカロニ界三大セルジオのひとりであるセルジオ・ソリーマ監督作品。他にも、セルジオ・ガローネとかもいたりしますが。本作の原題を英訳すると「RUN MAN RUN」。つまり、邦題のサブタイトルになっている「走れ、男、走れ」が原題になります。

この映画の前に、同じセルジオ・ソリーマ監督がメガホンをとった作品にこのブログでも紹介した『復讐のガンマン』(1968)という作品があります。『復讐のガンマン』は、リー・ヴァン・クリーフが主演、本作で主人公を演じているトーマス・ミリアンが本作と同じキャラクターであるクチーヨを演じていました。そのクチーヨが人気が出たのか何なのか。彼を主人公にした後日譚というか、スピンオフが本作『続・復讐のガンマン〜走れ、男、走れ〜』です。一応正当な続編ということになりますかね。

『復讐のガンマン』の感想を見ていただければわかると思いますが、ぼくはあまりこのクチーヨというキャラクターが好きではなかったんですよ。基本的には争いを嫌う善人なのですが、手癖が悪くて、ずる賢いキャラクター。前作では主役ではなかったため、あまり「善人」部分にスポットが当たらず、ずる賢い部分ばかりが目立ってしまっていて。

本作ではしっかりと時間を掛けて、クチーヨのキャラクターを描写しています。もちろん、無理に善人として改変している訳ではないのですが、彼の純粋な部分、人のよい部分もしっかりと描写されているので、憎めない愛すべきキャラクターとしてのクチーヨの魅力がしっかりと描けています。作品としては、ぼくはこちらの『続・復讐のガンマン〜走れ、男、走れ〜』のほうが好きですね。

粗筋を掻い摘んで紹介。メキシコ政府にふとしたことから捕まったクチーヨ(トーマス・ミリアン)。同じ牢屋には革命派の詩人、ラミレス(ホセ・トーレス)がいた。100ドルの報酬で彼の脱獄に力を貸すクチーヨ。脱獄に成功した二人は革命資金の黄金の隠し場所であるテキサスのある街を目指す。しかし、その途中、金を狙うリーザ(ネロ・パッツァフィーニ)率いる無法者たちにラミレスは殺されてしまう。クチーヨはラミレスの意思を継ぎ、革命資金をメキシコに運ぶため、テキサス目がけてひたすら走るのだった。

脇を固めるアメリカ人の元保安官、最後まで敵なのか味方なのか観ているものをハラハラさせるキャシディを演じるのはドナルド・オブライエン。また、テキサスの町の市長役で、ジャンニ・リッツォが出演しています。彼は『西部悪人伝』や『大西部無頼列伝』なんかにも出演していましたね。一見善良な市民なんだけれど、腹に一物ある男を演じさせるとぴったりきます。また、一途にクチーヨを慕うドロレス役のチェロ・アロンゾ、救世軍の女性士官でありながら、金に目が眩むお嬢様ペニー役をリンダ・ヴェラスが演じ華を添えます。

最後に、この映画の主題歌は主演のトーマス・ミリアンが歌っているのですが、ブルーノ・ニコライ作曲の陽気な音楽と、彼の歌声が予想以上にマッチしていて、いい雰囲気になっています。

セルジオ・ソリーマ(1968)『復讐のガンマン』

LA RESA DEI CONTI
製作国:イタリア/スペイン
上映時間:90分
監督:セルジオ・ソリーマ
出演:リー・ヴァン・クリーフ/トーマス・ミリアン/ルイザ・リヴェリ/フェルナンド・サンチョ

テキサスの腕利きガンマン、ジョナサンは、少女殺しの罪で逃亡中のメキシコ人コチョを追う。だが、コチョは無実の罪を着せられていることが判明。事件の黒幕は、ジョナサンを雇ったブロックストンという実業家だった。二人は協力してブロックストンを倒す。ナイフの使い手のコチョが、ラストで銃にナイフで対抗して勝つシーンが見どころのマカロニ・ウエスタン。今回L・V・クリーフは、コチョ役のT・ミリアンのサポートに回って出番は控えめ。

リー・ヴァン・クリーフが珍しく主演を張ったマカロニウエスタン。共演は『情無用のジャンゴ』にも出ていたトーマス・ミリアン。正直、この映画はいまいち。トーマス・ミリアンがいわゆる敵役として出て来るのですが、あまりに行動が情けなくて感情移入ができません。なんというか、面白いマカロニウエスタンに重要なのは、魅力的な主人公はもちろん、それ以上に魅力的な敵役なんだな、と再確認させてくれました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ