今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

監督:ジュリアーノ・カルニメーオ

ジュリアーノ・カルニメーオ(1970)『C'È SARTANA... VENDI LA PISTOLA E COMPRATI LA BARA』

製作国:イタリア
上映時間:93分
監督:ジュリアーノ・カルニメーオ
出演:ジョージ・ヒルトン/チャールズ・サウスウッド/エリカ・ブラン/ネッロ・パザフィーニ

ジャンフランコ・パロリーニと並び娯楽色の強いマカロニウエスタン作りに定評のあるジュリアーノ・カルニメーオ監督が、アントニー・アスコット名義で手がけた作品。主演はジャンニ・ガルコからジョージ・ヒルトンに変わりましたが、『サルタナがやって来る~虐殺の一匹狼~』(1970)に続く「サルタナ・シリーズ」の正式な第5作です。

賞金首を追っていたサルタナ(ジョージ・ヒルトン)は、その賞金首が護衛を務めていた馬車が盗賊たちに襲われるのを目にします。盗賊たちは護衛を皆殺しにしたものの、金を奪うことなく、馬車にダイナマイトを仕掛け去っていきました。不審に思ったサルタナが馬車を調べると、そこには金ではなく、砂が積まれていました。

不審に思ったサルタナはメキシコ人に変装し、盗賊の首領マンタス(ネッロ・パザフィーニ)が牛耳る村に潜入します。サルタナはマンタスに捕えられていた親子を救い出し、母親からマンタスがある街の金取引に関与しているとの情報を得、街に向います。

街の銀行家スペンサー(ピエロ・ルリ)に護衛として雇われたサルタナは、スペンサーとマンタスが裏で共謀し、金を横領していることを突き止めます。サルタナはマンタスと共謀し、スペンサーから金を奪い取ろうとする一方、金を狙ってやってきたサバス(チャールズ・サウスウッド)も巻き込み、彼らを共倒れにさせて漁夫の理を狙うのですが……というお話。

主人公のサルタナを演じる俳優はジャンニ・ガルコからジョージ・ヒルトンに変わったものの、第1作を除きシリーズを通してメガホンを取っているジュリアーノ・カルニメーオが監督しているため、サルタナ・テイストはしっかりと保たれています。これでもう何作かサルタナ・シリーズが作られれば、007のジェームズ・ボンドのような存在になったのかもしれませんが、残念ながら本作でサルタナ・シリーズは終わりとなりました。

前作『サルタナがやって来る~虐殺の一匹狼~』では「皆殺しオルGUN」に代表される荒唐無稽な兵器が次々に飛び出しましたが、本作では少々おとなしめとなり、サルタナ・シリーズの原点に帰ったような印象を受けます。それでも地面から人が飛び出して馬車を襲撃したり、パンにピストルを挟み込んだ「サンドイッチ・ガン」などと言う代物を登場させたりと、カルニメーオ監督らしい遊び心は随所に見られ、非常に愉快な作品に仕上がっています。

また、本作で監督をつとめたカルニメーオ、主演のヒルトン、そしてもう一人の中心人物と言えるチャールズ・サウスウッドのトリオは、この後『荒野の無頼漢』(1970)正続篇を作り上げます。そう言った意味で、本作はサルタナ・シリーズと無頼漢シリーズの橋渡し的な作品とも言えるでしょう。むしろ、内容的には無頼漢シリーズと言ってもいいかもしれません(逆に言えば、無頼漢シリーズは名前を変えたサルタナ・シリーズとも言える)。

これは『荒野の無頼漢』にも通じる特徴なのですが、少々ご都合主義というか、辻褄合わせが乱暴な部分が目立ち、これを許容出来るかどうかが、本作を楽しめるかどうかの重要な点の一つである気がします。いや、面白いエンターテインメントなんですよ。

エリカ・ブラン、ピエロ・ルリ、ネッロ・パザフィーニなどマカロニウエスタンでよく見かける面々が脇を固めているのも、見所のひとつです。

ジュリアーノ・カルニメーオ(1970)『サルタナがやって来る~虐殺の一匹狼~』

UNA NUVOLA DI POLVERE... UN GRIDO DI MORTE... ARRIVA SARTANA
製作国:イタリア/スペイン
上映時間:99分
監督:ジュリアーノ・カルニメーオ
出演:ジャンニ・ガルコ/ニエヴェス・ナヴァロ/ピエロ・ルリ

SE INCONTRI SARTANA PREGA PER LA TUA MORTE(サルタナに逢ったらお前の死を祈れ )』(1968)、『SONO SARTANA, IL VOSTRO BECCHINO(俺はサルタナ、お前らの墓堀人だ)』(1969)、『BUON FUNERALE, AMIGOS!...PAGA SARTANA(友よ、良い葬式を...サルタナが支払う)』(1971)と紹介してきましたサルタナシリーズですが、4作目である本作を持って一応終了となります。一応、というのは、実は第5作として『C'È SARTANA... VENDI LA PISTOLA E COMPRATI LA BARA(俺はサルタナ、貴様の拳銃と棺桶を交換だ)』(1970)という作品が存在するためです。しかし、この作品では主人公のサルタナを演じるのはジャンニ・ガルコからジョージ・ヒルトンに交代しています。そのため、ガルコがサルタナを演じた作品としては、本作が最終作となります。

友人であるグランド・フル(ピエロ・ルリ)が強盗殺人の疑いを掛けられて捕まった。サルタナ(ジャンニ・ガルコ)は監獄へと潜入し、フルを脱獄させます。無実を訴えるフルの話によると、フルと共に賭博場を経営していたジョンソンが、偽札と金塊の取引を仲介する振りをして、50万ドルをだまし取ったということのようです。しかし、ジョンソンも取引の現場にいた3人も何者かによって殺されてしまっていたのでした。サルタナは町を訪れ、消えた50万ドルの行方を追います。

町では保安官(マッシモ・セラート)、モンク将軍(ホセ・ハスペ)、ジョンソンの未亡人(ニエヴェス・ナヴァロ)など、様々な人物が50万ドルの行方を追っていました。サルタナは彼らを出し抜いて、50万ドルの黄金の行方を追うのでした……というお話。

サルタナシリーズの原題はどれもなかなか面白いのですが、本作についても「塵の雲、死の嘆き……サルタナ参上」というなかなか洒落た原題が付けられています。サルタナシリーズの特徴として、マカロニウエスタンとしてはなかなか凝った筋書き、それに関わる登場人物の多さ、そして、サルタナの時代考証を無視した兵器が挙げられます。

本作でも消えた50万ドルの隠し場所と真犯人捜しというミステリー要素を加味し、なかなか面白いストーリーに仕上がっています。一方で、金を狙う人物の数が少々多く、それぞれのキャラクターがあまり印象に残らなかったのは残念なところです。

そして、何より本作での一番の見所は時代考証を無視した兵器でしょう。サルタナシリーズの中でもこれについては本作が一番突き抜けています。まず、プロンじいさんが作ったアルフィーという名前の絡繰り人形。カラカラと移動して、敵の元にダイナマイトを運びます。このプロンじいさん、007で言うとQのような役回りなのかしら。

何よりの見所は脱力系秘密兵器の極北、通称「皆殺しオルGUN」! 読んで字のごとく、敵を「皆殺し」にする「オルガン」型の「GUN」です。うん、意味が分かりません(笑)ジュリアーノ・カルニメーオ監督は『荒野の無頼漢』(1970)にも「ミシンガン」なる珍妙な兵器を登場させていましたが、珍妙さではこちらの方が数段上。一見の価値ありです。

ジュリアーノ・カルニメーオ(1971)『BUON FUNERALE, AMIGOS!...PAGA SARTANA』

HAVE A GOOD FUNERAL, MY FRIEND...SARTANA WILL PAY
製作国:イタリア/スペイン
上映時間:91分
監督:ジュリアーノ・カルニメーオ
出演:ジャンニ・ガルコ/ダニエラ・ジョルダーノ/ジョージ・ワン/アントニオ・ヴィラ—

SE INCONTRI SARTANA PREGA PER LA TUA MORTE』(1968)、『SONO SARTANA, IL VOSTRO BECCHINO』(1969)と続けてご紹介してきたジャンニ・ガルコに人気シリーズ、サルタナシリーズの第3作が本作です。監督は第2作同様ジュリアーノ・カルニメーオ。イタリア語タイトルも英語タイトルも意味は同じ。「友よ良い葬式を、サルタナが支払う」となっています。

鉱山で働くベンソン(アッティリオ・ドッテシオ)の元を訪れるサルタナ(ジャンニ・ガルコ)でしたが、彼がベンソンに会う前に鉱山の小屋が何者かに襲われ、ベンソン以下の労働者が皆殺しに。犯人を殺したサルタナは、真相を探るため、インディアン・クリークの町を訪れます。

町ではベンソンが発見した金鉱を巡り、銀行家のホフマン(アントニオ・ヴィラ—)と保安官(ルイス・インドゥーニ)が謀を巡らせていました。一方、町でいかさま賭博を行う酒場を開いている中国人リー(ジョージ・ワン)も、金鉱の権利を得ようと画策しています。そこにやってきたサルタナ。酒場で一騒動起こし、命を狙われるものの敵を返り討ちにします。

その頃、町にベンソンの姪であるアビゲイル(ダニエラ・ジョルダーノ)がやってきます。サルタナに惹かれるアビゲイル。一方、邪魔者であるサルタナを消そうとするホフマンは、次々と刺客を送り込みますが、サルタナに返り討ちに遭ってしまいます。

そもそも騒動の元となった金鉱ですが、実は金など取れないただの穴でした。アビゲイルとサルタナは、それを隠して中国人リーに金鉱の権利を売りつけることにするのですが……というストーリー

前作に比べるとキャストは少々地味になってはいるものの、ストーリーがなかなか面白いマカロニウエスタンです。冒頭、登場するサルタナですが、何と口髭が生えています。シリーズのキャラクターの外見が変わるのは珍しい気がします。

ガンファイトシーンが充実しているのも、前作同様。花火を使った陽動作戦など、なかなか面白い趣向のシーンも見られました。秘密兵器的な銃器はあまり出てきていませんが、ホフマンの使う本に仕込まれた銃(本を開くと自動で弾が発射される)などは、なかなか珍しアイディアかもしれません。

勇壮な音楽はブルーノ・ニコライによるもの。実は『荒野のドラゴン』(1973)でも本作の音楽が流用されています。共通点はストーリーに中国人が絡んでくる、くらいなのですが。とても素敵なテーマ曲です。

ジュリアーノ・カルニメーオ(1969)『SONO SARTANA, IL VOSTRO BECCHINO』

SARTANA: ANGEL OF DEATH
製作国:イタリア
上映時間:102分
監督:ジュリアーノ・カルニメーオ
出演:ジャンニ・ガルコ/フランク・ウォルフ/エットレ・マンニ/クラウス・キンスキー

昨日ご紹介した『SE INCONTRI SARTANA PREGA PER LA TUA MORTE』(1968)に引き続きサルタナシリーズのご紹介。本作は第2作にあたる作品です。監督は第1作のジャンフランコ・パロリーニから『荒野の無頼漢』(1970)などのジュリアーノ・カルニメーオに交代、エンターテインメント性が強まっています。

イタリア語タイトルをを邦訳すると「俺はサルタナ、お前らの墓堀人だ」となります。英語タイトルは何種類かあるようなのですが、ぼくが見た「SARTANA THE COMPLETE SAGA」というDVDでは「SARTANA: ANGEL OF DEATH」と紹介されていました。相変わらず英語字幕なしの上、本作は少々音声が割れており、英語が聞き取りづらく、前作に輪をかけてストーリーの細部が把握できていません……

オープニング、黒ずくめの服装の男が殺した賞金首を引きずって銀行にやって来ます。銀行で賞金を受け取る男……と思いきや、実は死んでいると思われた賞金首を男はグル。銀行を襲い、大金を奪って逃走します。姿かたちからサルタナ(ジャンニ・ガルコ)の犯行とされ、彼には多額の懸賞金が掛けられるのでした。

一方、まったく身に覚えがないサルタナ。ホット・デッド(クラウス・キンスキー)を始めとするバウンティ・キラーの襲撃を撃退しつつ、友であるバディ・ベン(フランク・ウォルフ)と共に自らの濡れ衣を晴らすために奮闘するのでした……というお話……だと思います。

あまりキャストに派手さはないものの、フランク・ウォルフ、サル・ボージェスなど、色々なマカロニウエスタンで見かける顔ぶれが顔を出しています。そして前作に引き続き登場するのがクラウス・キンスキー。前作では登場したと思ったら退場していましたが、本作では登場シーンは多くはないものの、序盤から終盤まで印象に残る役柄で登場しています。彼の役柄、ギャンブルが弱いのにギャンブル好きのバウンティ・キラーというのが非常に可愛らしい。本作でキンスキーを可愛らしいと初めて思いました。

初めてと言えば、フランク・ウォルフが最後まで死なない映画も初めて見たような気がします(笑)

銃撃戦もなかなか工夫されており、ナイフ投げ、ダイナマイトによる爆発、そして短銃とライフルを使い分けての銃撃など、見ていて飽きない工夫がなされていました。ただ、クライマックスの教会(?)での戦いの場面は全体的に暗くて何が起こっているのかよく分からなかった部分があったのが残念。

あと、途中で英語を聞き取るのに力尽きたこともあり、サル・ボージェス演じる保安官の立ち位置がいまいち把握できず。善人ではなく、せこい悪党なのは何となくわかりましたが。

ジュリアーノ・カルニメーオ(1970)『荒野の無頼漢』

TESTA T'AMMAZZO, CROCE...SEI MORTO...MI CHIAMANO A'LLELUJA
製作国:イタリア
上映時間:96分
監督:アンソニー・スコット(ジュリアーノ・カルニメーオ)
出演:ジョージ・ヒルトン/チャールズ・サウスウッド/アガタ・フローリ/ロベルト・カマルディエル

本邦未公開の人気シリーズものであるサルタナシリーズの監督もつとめたジュリアーノ・カルニメーオがアンソニー・スコット名義で撮影したマカロニウエスタン。主演は『真昼の用心棒』(1966)でフランコ・ネロの兄を演じたのが印象深いジョージ・ヒルトン。

 革命最中のメキシコを舞台に、政府軍の宝石を狙って繰り広げられる騒動を描いたマカロニ・ウエスタン。革命軍に雇われた主人公(ヒルトン)は、武器購入のために政府軍が輸送する宝石を強奪しようともくろむ。が、そこに同じ目的の奴等が現れた……。

ジュリアーノ・カルニメーオ監督とジャンフランコ・パロリーニ監督の共通の特徴として、やたらと小道具に凝る、という点が上げられます。その中でもジュリアーノ・カルニメーオ監督は、「訳の分からない銃器に凝る」という特徴がありまして……本作でアレルヤ(ジョージ・ヒルトン)が映画冒頭とクライマックスでぶちかますミシンガン(マシンガンではない。ミシンとマシンガンが合体した謎の兵器)が彼のスタンスを端的に表しています。その他にも、謎のロシア人アレクセイ・ワシーロビッチ(チャールズ・サウスウッド)が愛用するバラライカ型ライフルなど、面白い小道具が盛りだくさん。

更に、アレルヤ、アレクセイをはじめ、登場人物のキャラクターがなかなか面白い。この二人だけでも面白いのに、更に尼僧に化けたアメリカの諜報員(アガタ・フローリ)が加わり、更に武器商人クランツ(アンドレア・ボシック)、メキシコ革命軍のラミレズ将軍(ロベルト・カマルディエル)までも加わりメキシコ皇帝マキシミリアンの宝石を争奪する五つ巴のストーリーが繰り広げられます。

ストーリーの大筋はなかなかしっかりした作りなのですが、それぞれのエピソードは非常にコメディより。政府軍に捕まったアレルヤが、何故かよく分からないけれど脱出して敵を返り討ちにしているなど、ご都合的な展開もしばしば見られます。一方で、中国式洗濯場などのシチュエーションや小道具を活かしたアクションシーンはなかなか見応えがあります。

全体としてカラッと陽気な感じのコメディ・マカロニウエスタンの佳作です。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ