今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

監督:ジャンフランコ・パロリーニ

ジャンフランコ・パロリーニ(1968)『SE INCONTRI SARTANA PREGA PER LA TUA MORTE』

IF YOU MEET SARTANA PRAY FOR YOUR DEATH
製作国:イタリア/フランス/西ドイツ
上映時間:95分
監督:ジャンフランコ・パロリーニ
出演:ジャンニ・ガルコ/ウィリアム・バーガー/ジャンニ・リッツォ/フェルナンド・サンチョ/クラウス・キンスキー

砂塵に血を吐け』(1967)でジャンニ・ガルコが演じたキャラクター・サルタナ。彼はその黒ずくめの風貌と洗練された立ち振る舞いで人気を博し、スピンオフ的な映画が4本作られました。本作はその1作目。アルバート・カーディフ監督がメガホンを取った『砂塵に血を吐け』はなかなかシリアスな映画でした(そもそもサルタナは悪役であり、その作品の最後で死んでいます)が、『西部悪人伝』(1970)などを手がけるマカロニ界のエンターテイナー、ジャンフランコ・パロリーニ監督の手になる本作は、痛快なエンターテインメント・ウエスタンに仕上がっています。

西部のある街からグリーンヒルに向けて馬車が出発します。その馬車には銀行の金庫が載せられていました。メンドーサ将軍(フェルナンド・サンチョ)の部下たちが馬車の護衛に付きます。しかし、馬車が街から離れたとき、ラスキー(ウィリアム・バーガー)率いる無法者が馬車を襲い、護衛、乗客を皆殺しにして金庫を強奪してしまいます。部下たちをも皆殺しにし、金庫を一人占めするラスキー。しかし、金庫に入っていたのは石屑だけだったのでした。一方、そのころサルタナ(ジャンニ・ガルコ)が襲われた馬車を通りがかります。金の匂いを嗅ぎつけた彼も街にやってきたのでした。

少しして、ラスキーが銀行家アルマン(ジャンニ・リッツォ)の元を訪れます。実は、彼らはグル。狂言強盗によって預金者の金塊を我が物にしようと企んでいたのでした。そこから、アルマン、ラスキー、サルタナ、そして企みに気付いたメンドーサ将軍の金を巡る4つ巴の争いがはじまるのでした……

本作は日本では劇場未公開な上に、ソフトも発売されていません。そこで以前『砂塵に血を吐け』を見たときと同様、「SARTANA THE COMPLETE SAGA」というサルタナシリーズをまとめて収録した輸入盤DVDセットに収録されている版を視聴しました。『砂塵に血を吐け』同様英語音声字幕なしだったので、込み入った内容に誤解があるかもしれません。あと、やはり画質はいまいちでした。

さて、本作で登場するサルタナですが、初登場の『砂塵に血を吐け』との共通点は黒ずくめの衣装と演者がジャンニ・ガルコだという点くらいです。人物の性格などは非常に明るくなっており、エンターテインメント寄り。パロリーニ監督お得意のおもしろ銃器を操って戦います(とは言え、本作はまだ真面目なほうか)。

砂金を巡る二転三転するストーリーはなかなか面白い。まぁ、マカロニウエスタンでは奪った金がおとりだった場合、たいてい銀行家が黒幕なのは定石ですし、その上銀行家を演じているのがあのジャンニ・リッツォとなると、おおよその筋書きは簡単に読めてはしまうのですが。銀行家、事業家など、善良な市民の皮を被った悪人役でマカロニに良く出てくるリッツォですが、本作は彼の出演作の中でもかなり出番が多いほうの映画かもしれません。最後までストーリーに絡んできます。

逆の意味で驚きだったのがクラウス・キンスキー。オープニングのスタッフロールでも大きく名前が扱われる割に、中盤であっさりサルタナにやられて退場してしまいます。てっきりキンスキーがラスボスになるのかと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。

そして準主演のウィリアム・バーガー。彼は昨日見た『血斗のジャンゴ』(1967)にも出演していました。比較的寡黙な役が多い印象のある彼ですが、本作と言い『西部悪人伝』(1970)といい、ジャンフランコ・パロリーニ監督の映画ではよく笑う、最後まで敵なのか味方なのかよく分からない役を演じていますね。本作の彼もかなり良かったです。

そしてフェルナンド・サンチョは……やっぱりフェルナンド・サンチョです(笑)。でも、本作では比較的善人寄りの人物だったような気がしないでもありません。

フランク・クレイマー(1968)『戦場のガンマン』

5 PER L'INFERNO
製作国:イタリア
上映時間:80分
監督:フランク・クレイマー(ジャンフランコ・パロリーニ)
出演:ジョン・ガルコ(ジャンニ・ガルコ)/クラウス・キンスキー/マーガレット・リー/ニック・ジョーダン(アルド・サンティ)

『西部悪人伝』(1970)を始めとする「サバタ」シリーズや、『DIAMTANTE LOBO』(1976)などの娯楽色の強いマカロニウエスタンでメガホンを取ったフランク・クレイマーことジャンフランコ・パロリーニ監督が演出を手がけたマカロニ戦争アクション。マカロニ戦争アクションは、マカロニウエスタンとスタッフ、キャストがかなり共通しているということもあり、個人的に非常に興味深いジャンル。このブログでは以前『地獄の戦場コマンドス』(1968)を紹介しましたが、あの映画にもマカロニウエスタンの名バイプレイヤー、リー・ヴァン・クリーフが出演していました。

さて、この『戦場のガンマン』で主演を務めるのはジョン・ガルコことジャンニ・ガルコ。日本ではほとんど知名度はありませんが、「サルタナ」シリーズや『増える賞金、死体の山』(1973)などの日本未公開マカロニウエスタンで活躍したマカロニスターです。この映画は「サルタナ」シリーズが作られ始めた同時期の映画出演のようです。

 主人公率いる5人の特殊工作員が、ドイツ軍司令部から機密書類を盗み出す、という指令を受けた。計画は成功したかに見えたが、あと一歩のところで発見されてしまう……。特務隊員の活躍を描いたスパイ・アクション。

ストーリーはそこまで複雑なところのない、潜入型の戦争アクションです。演出もそこまで見るものはない、という印象。ただ、小道具にこだわりがあるジャンフランコ・パロリーニ監督らしく、今回は野球ボールという、戦場にはおよそ似つかわしくない小道具がそれなりに上手く使われていました。

また、クラウス・キンスキーはドイツSSのミュラー大佐役という、ぴったりの役柄で相変わらず存在感のある演技を見せています。クレイマー組の俳優としては、『西部悪人伝』や『西部決闘史』にも出演しているアルド・サンティが得意の軽業を活かした演技を見せてくれていますし、『大西部無頼列伝』に出演していたサル・ボージェスが、特殊工作員役の一人として出演しています。しかし、最近ほんとこの人の顔をよく見ている気がします。

フランク・クレイマー(1971)『大西部無頼列伝』

ADIOS, SABATA
製作国:イタリア
上映時間:106分
監督:フランク・クレイマー
出演:ユル・ブリンナー/ディーン・リード/ペドロ・サンチェス/サル・ボージェス

『西部悪人伝』(1970)に続いてフランク・クレイマー監督がメガホンを取った「サバタ」(“バ”にアクセント)シリーズ第2作。この『大西部無頼列伝』のあと、『西部決闘史』(1972)で「サバタ」シリーズは終わりを迎えます。『西部悪人伝』と『西部決闘史』では我らがリー・ヴァン・クリーフ師匠がサバタを演じていますが、この『大西部無頼列伝』だけはユル・ブリンナーがサバタを演じています。理由はよく分かりません。

完全な推測になりますが、このユル・ブリンナー演じるサバタだけ「インディオ・ブラック」という通称を持っています。また、母親のことを悪く言われると本気で怒るという特性を持っていることから、少なくともネイティヴ・アメリカンとのハーフなのではないか、と。そうすると、『西部悪人伝』および『西部決闘史』のサバタとは同一キャラクターとは思いがたい。もともと「サバタ」シリーズとしては企画されていなかったのが、製作中のどこかのタイミングで「サバタ」シリーズに組み込まれたのではないかなぁ、と。推測ですが。

ストーリーは例によってAllcinema Onlineを引用します。

「西部悪人伝」に続く“サバタ”サーガの第2弾は、革命騒動最中のメキシコを舞台に繰り広げられる大決戦を描く。主演は「荒野の七人」の名優ユル・ブリンナー。タフでニヒルな、全く新たなサバタ像を作り出している。監督・脚本は全作に引き続きジャンフランコ・パロリーニ。音楽はマカロニ・ファンにはお馴染みのブルーノ・ニコライ。
革命騒動最中のメキシコ。全身黒ずくめの賞金稼ぎ“インディオ・ブラック”、通称サバタは、腕を見込まれオーストリア軍のスキメル大佐に買収される。その一方で、サバタは革命軍に通じて軍資金の強奪を計画、スキメルの信用を得たペテン師バランタインが仲間に加わり軍資金の輸送計画を聞き出す。この情報をもとにサバタたちは強奪計画を成功させたが、中身はただの砂だった。スキメルたちが軍資金を砂に詰め替え横領したことを知ったサバタは、ニトロと改造銃を手に総攻撃を仕掛ける。

「サバタ」シリーズの魅力は大まかに言ってふたつあります。ひとつは、フランク・クレイマー監督こだわりのおもしろギミックの存在。『西部悪人伝』でのバンジョーに仕込んだライフルだとか、サバタが使う握りの部分からも発射できる銃とか。『西部決闘史』ではスポイトみたいな形状のよくわからん銃とか。本作でもニトログリセリンを日記に仕込んだり、不思議な弾込め方法のライフルが登場したり、おもしろギミックは健在。

もうひとつは、サバタを始め、それを取り巻く個性豊かな仲間たちの存在です。ユル・ブリンナーが演じた本作を除いた、クリーフ師匠が演じるサバタは、善か悪かよく分からない、むしろそれを超越したキャラクターをニヤニヤと楽しそうに演じています。その点、ブリンナー演じるサバタは少々真面目というか、悲壮感が勝つきらいがあります。そこがぼくの本作の最大の不満点。いや、ブリンナーもかっこいいのは確かなんですが。

また、3作品皆勤賞のペドロ・サンチェスは、毎回サバタに懐いて周りをちょこまか動く、愛嬌のある髭もじゃの太っちょを好演。非常に身軽で無口な軽業師兼ガンマン的キャラクターを演じるアルド・サンティ(『西部悪人伝』『西部決闘史』)やジョセフ・P・ベルスアド(『大西部無頼列伝』)、そしてセパタクローのような要領で敵に向かって鉄球を飛ばしてみたり、パチンコを使って敵を倒してみたりと、「必殺仕事人」のキャラのような活躍を見せるサル・ボージェス(『大西部無頼列伝』)やヴァシリ・カリス(『西部決闘史』)。また、忘れてはいけないのが、『西部悪人伝』ではウィリアム・バーガーが演じ、『大西部無頼列伝』ではディーン・リードが演じ、『西部決闘史』ではライナー・ショーンが演じた、何か敵なのか味方なのかよく分からないキャラ(バーガーと、他の二人は少し立ち位置が違いますが)。こういったキャラクターの魅力に支えられたシリーズです。

難点を上げるとすると、細かな点で辻褄が少しアレなのと、敵役のキャラがサバタ一味と比べると地味で、印象に残りづらいところですかね。

ジャンフランコ・パロリーニ(1976)『DIAMANTE LOBO』

GOD'S GUN
製作国:イタリア/イスラエル
上映時間:94分
監督:ジャンフランコ・パロリーニ
出演:リー・ヴァン・クリーフ/ジャック・パランス/レイフ・ギャレット

引きこもりDVD二作目は、日本未公開、かつ映像ソフトウェア日本未発売のマカロニウエスタン、『GOD'S GUN』です。日本では一切紹介されていない映画なので、当然邦題はありません。ぼくは「TEN THOUSAND WAYS TO DIE: SPAGHETTI WESTERN FILM COLLECTION」という、アメリカで発売された3枚組のDVDに収録されていた版を観ました(このDVDについては、そのうち紹介します)。米国版なので、当然字幕はなし。音声は英語だったので、細かいところは分からないながら、概ね理解して見ることができました……たぶん。

タイトルで検索してみましたが、日本語で紹介しているサイトには辿り着けなかったので、拙い文章ですがあらすじを簡単にご紹介。

映画はジャック・パランス率いる無法者集団がとある街の銀行を襲うところから始まります。保安官を殺し、女を拐かし、無法の限りを尽くすパランスたち。そして舞台は変わってあるメキシコにほど近いアメリカの街。少年ジョニー(レイフ・ギャレット)は、父親はいないものの、シビル・ダニング演じる母(姉と名乗っている?)や町の神父(リー・ヴァン・クリーフ)に見守られ、すこやかに育っていました。

そこへ、パランス率いる無法者集団がやって来ます。彼らは酒場で諍いを起こし、殺人を犯します。保安官を呼ぼうとするダニングですが、パランスたちは正当防衛を主張し、町を去ります。それを聞いた神父、犯人は法で裁かれるべきだと、しぶる保安官を説得し、犯人を引き渡すようパランスたちを説得(というより強引に連れてきたとも)します。一度は捕まった犯人ですが、翌日、パランスたちは彼を奪回、クリーフ演じる神父も、無法者一味によって殺されてしまいます。

そのまま町に居座るパランス一味。ジョニー少年は彼らの隙をついて馬を盗み、神父から聞いていた、メキシコにいるという男を探しに旅立ちます。ふらふらになりながら辿り着いたメキシコで彼を待っていたのは、神父と瓜二つの男(クリーフ二役)でした。彼は神父の弟。ジョニーの話を聞いた彼は、兄の仇を取るために町へとやって来ます。そのころ、ダニングはパランスにあることを話します。実は、ジョニーは以前パランスがダニングを襲ったときにできた子どもだったのでした。そこへやって来たクリーフ……さて、おはなしはどうなるか、と言ったところ。結末はここでは書きません。面倒になったとも言う。

監督が『西部悪人伝』『西部決闘史』など、「よく考えたら細部は破綻してるんだけど、とりあえず娯楽作としてかなり面白い映画」を撮ることに定評のあるフランク・クレイマーなので、この映画もなかなか面白い。冒頭に出てくる人形芝居の二人組(クライマックスでも印象に残ります)や、声が出せなくなったジョニーが神父の死を伝えるシーンの演出など、なかなか味な演出をしてくれています。

また、今回の作品、クリーフはほとんど銃を撃ちません。どうするかと言うと、基本、敵を驚かせて同士討ちをさせたり、戦闘能力のみ失わせたりします。どういう事かというと、クリーフ演じる神父の弟が、あまりに神父にそっくりなので、不意を付かれた無法者たちは、殺した神父が蘇ったのかとパニックに陥るんです。この演出が、なかなか新鮮で面白かった。

ジョニーを演じるレイフ・ギャレットも、なかなかの美少年で可愛らしい。日本ではソフトも一切出ていないので、なかなか観る機会はないかもしれませんが、マカロニウエスタン好き、特にリー・ヴァン・クリーフ好きにはお薦めの映画です。

あ、大事なことを忘れてました。リー・ヴァン・クリーフ、この映画ではかなりふさふさです。髪が。

フランク・クレイマー(1972)『西部決闘史』

E TORNATO SABATA...HAI CHIUSO UN'ALTRA VOLTA
製作国:イタリア/スペイン
上映時間:106分
監督:フランク・クレイマー
出演:リー・ヴァン・クリーフ/ライナー・ショーン/ペドロ・サンチェス

『西部悪人伝』につづき、リー・ヴァン・クリーフが主演したサバタシリーズ第3作。第2作は『大西部無頼列伝』という映画なのですが、サバタ役が何故かクリーフではなくユル・ブリンナー。いまいち食指が動かなくて、こちらはまだ観ていません。

 “サバタ”サーガ第3弾は、再びリー・ヴァン・クリーフを主演に迎えて描く「西部悪人伝」の正式な続編。今回は、サーカス団の人気スター・サバタが、銀行家と手を組み住民たちの金を偽札とすり替え私腹を肥やす町の有力者を退治する物語。監督・脚本は前2作と同じくマカロニ娯楽派監督のジャンフランコ・パロリーニ。
 アメリカ南西部の町ホブソンビルでは、町民からの信用の厚いマキントックが町の建設計画を進めていた。ある日、町にサーカスの一団が到着、目玉の早射ちショーで人気を博す。ショーの主役サバタは、一座の女が殺される事件をきっかけに、マキントックの悪事を嗅ぎつける。マキントックは町民から集めた金貨を偽札に換金しドロンを決め込む腹積もりだったのだ。サバタは、南北戦争時代の部下クライドと組んで、金貨のありかを突き止めようとするが、マキントックは容赦なく殺し屋をさしむける……。

♪サバ〜タ〜 オゥ サバ〜タ〜 ヒイズアファステスガンマンインザウェストッ♪

なんていう陽気な音楽に合わせて登場するのが我らがサバタことリー・ヴァン・クリーフ。『西部悪人伝』よりもこの『西部決闘史』はコミカルな仕上がり。前作では完全に正体不明の流れ者だったサバタですが、今作ではもともと南北戦争時に南軍で戦った兵士だったことが明かされます。

謎の人物、っていうところがサバタの魅力のひとつだったので、ここは少し残念な感じ。ですが、南北戦争時代の部下も登場してきて、彼がまたいい感じな小悪党なので、映画全体の魅力としてはプラスマイナスゼロっていうところでしょうか。

マカロニ最晩年の作品ということもあってか、単純なストーリーではなく、ちょっとしたミステリー色もある、ちょっと異色なマカロニウエスタンです。ただ、前作の陽気ですかっとする印象はしっかり引き継いでいるので、安心して楽しめる娯楽作品です。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ