今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

東映映画

深作欣二(1976)『暴走パニック 大激突』

製作国:日本
上映時間:85分
監督:深作欣二
出演:渡瀬恒彦/杉本美樹/室田日出男/川谷拓三

深作欣二監督によるアクション・エンタテインメント。公開された年代としては「仁義なき戦い」シリーズのあと、最後の実録ヤクザ映画と言われる『北陸代理戦争』(1977)の前という微妙な時期。深作監督が実録ヤクザものからアクションものに軸足を移していく過渡期の映画と言えます。深作監督は、まぁヤクザものと銀行強盗ものだから、ほとんど似た感じで撮れるよね……と思っていたぼくの予想を裏切ってくれました。もちろんいい意味で。

山中高志(渡瀬恒彦)と関光男(小林稔侍)はコンビを組んで銀行強盗を繰り返していました。名古屋、大津、京都と強盗を繰り返し、最後に神戸の銀行で奪った金を持って、ブラジルに高飛びする積もりです。銀行を襲い首尾よく大金を奪い取った二人。そこまでは良かったのですが、逃走中に光男がトラックに轢かれ、死んでしまいます。山中は何とか逃げ切ったものの、彼の自宅に光男の兄・勝男(室田日出男)がやって来て、金を強請り取ろうとします。

何とか逃げた山中は、バーテンダーをやっていた頃に知り合った女・ミチ(杉本美樹)を連れて逃走します。途中、山中は何度かミチを捨てようとするものの、その度に健気についてくるミチを見捨てることができません。ですが、結局ミチを置いて空港に逃れようとする山中。しかし、そこには勝男が待ち受けていました。揉み合いとなり、警察に駆けつけられ、何とか逃げ延びたものの、大金を失ってしまった山中は、結局ミチの元に戻ってきます。一度はミチを見捨てた罪悪感から、山中は最後の銀行強盗を決意します。狙いは住友銀行。銀行の外には畠野(川谷拓三)の乗ったパトカーが控えているという最悪の状況のもと、彼は銀行強盗を決行するのでした……

序盤は銀行強盗もの、中盤は2人の男女の逃走もの、という、今までの深作監督の映画でもよく見られたようなジャンル。山中とミチの逃走劇を描く傍ら、あまり真面目とは言えない警官・畠野のエピソードや、少年院あがりの整備工・益夫(風戸佑介)が殺人を犯してしまうエピソードなどを織り込んでテンポ良く展開しています。しかし、この時点では彼らのエピソードは直接は交わらず、少々散漫な印象もあります。

しかし、物語が一気に収束に向かうラスト20分以上に渡るカーチェイスシーン。あれよあれよと今まで登場したキャラクターたちが大暴走に巻き込まれていきます。てっきり「暴走パニック 大激突」というのは何か比喩的なタイトルなのかと思っていましたが、文字通り乗用車が、軽トラが、パトカーが、そしてMHK(笑)の報道車までもが暴走してパニックになって大激突してくれました。このパートは比較的コミカルな演出となっており、声を上げて笑ってしまうシーンも多数。

今までぼくが見た深作作品では、こういったタイプの主人公には悲劇的な結末が待っていたものですが、本作では希望の残る明るい終わり方になっています。山中という男は、銀行強盗犯という反社会的なキャラクターなのですが、どこか憎めないキャラなんですよね。また、映画を振り返ってみると、警官の畠野ですら人を跳ね飛ばしているこの映画において、彼は実はひとりも人を殺しては居ないわけです。そういった意味でも、ああいうハッピーな終わり方がぴったりですね。

警官役の川谷拓三は『玉割り人ゆき』(1975)でイチモツを切られてしまう男の役がとても印象的でしたが、本作でもなかなか味のある演技を見せてくれています。また、ミチのホステス時代の客で、彼女に一方的に惚れ込んでいる男を三谷昇が演じ、例によって怪演と言える演技を見せてくれています。

佐伯清(1956)『大地の侍』

製作国:日本
上映時間:106分
監督:佐伯清
出演:大友柳太朗/伊藤久哉/加東大介/三条美紀

昨日に引き続きフィルムセンターの「フィルムセンター開館40周年記念③ よみがえる日本映画―映画保存のための特別事業費による」で鑑賞。戊辰戦争に敗れた東北の小藩の侍たちが、北海道の大地を苦労しながら開拓する姿を描く映画です。監督は時代劇を数多く手掛け、後年はヤクザ映画も手がけることになる佐伯清。

明治元年、仙台藩の支藩である岩手山藩は新政府軍と交戦するが敗れ、降伏を余儀なくされます。岩手山藩はお取り潰しとなり、藩士たちは路頭に迷う事に。家老である阿賀妻(大友柳太朗)は、生き延びるため、蝦夷地へ開拓民として移住することを決意します。まだ若く聡明な藩主・伊達邦夷(伊藤久哉)も阿賀妻の意見に賛成し、賛同する藩士やその家族160名と共に開拓民として石狩平野の聚富に向かいます。その中には、戦争前夜に祝言を挙げたばかりの玉目三郎(加東大介)とトキ(高千穂ひづる)の姿もありました。

聚富を開拓する藩士たちでしたが、そこは不毛の土地であり、まったく作物は取れません。窮状を見かねた阿賀妻は、開拓使に当別への配置換えを願い出ることにします。玉目らの犠牲を払いながらも当別への配置換えを成し遂げた阿賀妻は、更に藩士を連れてくるべく、藩主・伊達を始め3名で一度岩手山へと帰還したのでした。

一面の原野、そして冬は雪の降り積もる極寒の地となる蝦夷を部隊に、新政府軍の不当な取り扱いにも屈せず、支えあって逞しく生きる藩士たちの姿が、堅実な脚本と演出によって描かれます。脚本・演出ともに目新しさはないながら、北海道の大地を舞台を繰り広げられる群像劇はなかなか面白い。

藩主、家老ともに聡明で藩士思い、誠実であるというある意味で出来過ぎたとも言える環境のため、どろどろした展開は少なく、さっぱりとした人情劇に仕上がっていました。ラスト、雪の積もる原野で、先行の移民団と藩主たちが連れてきた第二陣の移民団が再会するシーンは感動的です。

IMDbのジャンル分けではActionと登録されている本作ですが、間違いなくアクション映画ではありません。

マキノ雅弘(1957)『純情部隊』

製作国:日本
監督:85分
監督:マキノ雅弘
出演:力道山/進藤英太郎/杉狂児/堺俊二/東千代之介

大人気プロレスラー力道山を主演に、「次郎長三国志」などの娯楽映画で有名になるマキノ雅弘監督がメガホンを取った喜劇映画でもあり、プロレス映画でもある作品。京橋にあるフィルムセンターの、「フィルムセンター開館40周年記念③ よみがえる日本映画―映画保存のための特別事業費による」という上映会で観てきました。

ときは終戦間際、場所は東京の駐屯地。関取の力道山こと光田二等兵(力道山)は、二等兵として徴収され、新兵としてしごきを受けていました。兵隊仲間は会社社長をしていた安永二等兵(進藤英太郎)、漫才師をしていた小島二等兵(堺俊二)、歌手だった谷村二等兵(ディック・ミネ)、そして会社時代は安永二等兵の部下だった、ラッパ手の塩見一等兵(杉狂児)。そんな新兵たちに宇野見習士官(東千代之介)は優しく接しますが、直接の上官である山添伍長、岩本軍曹(駿河海)はきつく当たります。

ある日、外出許可が出た新兵たちはそれぞれ思い思いの場所へ羽休めに繰り出します。光田は、焼夷弾にやられた親方(斎藤紫香)の見舞いに病院に向かいます。病室に着くと面会謝絶の文字。娘の春江(星美智子)から親方の病状を聞いた光田は、親方を救うため、輸血に名乗り出ます。光田のお陰で一命を取り留めた親方。光田は急いで部隊に戻ります。が、血を抜きすぎていたために思うように歩けず、結局遅刻。連帯責任として新兵たちは上官のビンタを食らうことに。

やがて、前線への出撃命令が下され、覚悟を決めた光田は仲間たちに頼んで髷を落としてもらいます。しかし、翌8月15日、日本は敗戦を迎えてしまいました。軍隊から解放された新兵たちは、そのまま別れるのも忍びがたく、5年後のクリスマスの日、日本橋で再会することを誓って別れたのでした。

5年がすぎ、元新兵たちはそれぞれの生活を背負い、日本橋に集まります。安永は社長に戻り、塩見は安永の下で部長として働いていました。小島は漫才師から俳優となっていました。塩見と安永に会わせたい人がいるという小島。なんとそれは、人気俳優・千代之介となった宇野元見習士官でした。谷村はキャバレーで歌手として働いていると知った4人は、ひとりだけ消息のない光田を心配しつつ、谷村のキャバレーへ。

ひょんなことから千代之介とキャバレーの店主はいざこざを起こし、千代之介たちはキャバレーから追い出されそうになってしまいます。そのとき、店主の前に一人のサンタの服装をした店員が立ちはだかります。なんとそれは、キャバレーの従業員に身をやつしていた光田だったのでした。

光田の境遇に同情した仲間たちは、彼をプロレスラー・力道山として再起させようと考えます。恵まれた体格と、トレーニングによってみるみる勝利を積み重ね人気レスラーとなる力道山。そんな彼に、かつての上官であり、柔道七段の岩本軍曹が対戦相手として立ちはだかったのでした……

とても明朗な娯楽映画。人気絶頂の力道山はそのまま力道山役だし、東千代之介もそのまま千代之介。歌手のディック・ミネは映画でも歌手役を演じ、社長役で人気を博した進藤英太郎は社長役、と良く言えばサービス精神に溢れる、悪く言えばベタな配役。肩の力を抜いて見られる面白い娯楽映画です。

また、撮影当時の日本橋界隈の景色や、会社などの様子、また、人々の暮らしなども垣間見られる、そういった意味でもなかなか興味深い映画でした。

鈴木則文(1975)『少林寺拳法』

製作国:日本
上映時間:87分
監督:鈴木則文
出演:千葉真一/誠直也/佐藤允/小池朝雄

昨日15時頃発生した東北地方太平洋沖地震について、亡くなられた方のご冥福と、行方不明の方の一刻も早い発見、また負傷された方のご回復をお祈り致します。発生当時、ぼくは都内のオフィスビルに居たのですが、非常に強い揺れ、壁の剥離なども発生していました。また、電車の運航停止にも巻き込まれ、ようやく動き始めた地下鉄と、徒歩で深夜3時過ぎ、何とか帰宅することができました。

今日も朝からテレビを見ていたのですが、さすがに心が辛くなってきてしまい、現実逃避的に映画に。というわけで、前置きが長くなりましたが、本日は鈴木則文監督が実在する少林寺拳法の発祥を題材に制作した『少林寺拳法』のご紹介です。

第二次世界大戦末期、後に少林寺拳法を創始することとなる宗道臣(千葉真一)は、中国大陸で特殊工作員として活動していました。敗戦後、復員した道臣は、大阪で子供たちを集め、彼らを教育するとともに雑炊屋を経営しほそぼそと暮らしていました。そこへ、満州で助けた娘・きく(中島ゆたか)もやって来ます。

しかし、道臣は無法を働く地元やくざと諍いを起こし、さらに傲慢な占領軍と喧嘩をしたことから、大阪には居られなくなり、刑務所長(丹波哲郎)の計らいにより、香川県多度津に渡ります。そして、そこで若者たちを集め、少林寺拳法の道場を開いたのでした。特攻くずれの友田(誠直也)や、生き別れた妻を探す小滝(佐藤允)なども仲間となり、少林寺拳法は地元の良質な若者集団して、着々と大きくなっていきました。しかしそこへ、大阪の赤松組(組長を演じるのは小池朝雄)が勢力を拡大しようと食指を伸ばしてきました……

ぼくも学生時代に少林寺拳法を稽古していたので(黒帯二段です)、とても興味深く見てみました。開祖・宗道臣の経歴や何やらにはいろいろ不透明な点はあるものの、非常に拳法が強かった、というのは事実だと思っているので、そこまで違和感はなかったかな。ただ、髭達磨の開祖を千葉真一が演じているのには、何というか……似ていませんよね(笑)

少林寺拳法の宣伝映画という側面もあるとは思いますが、アクション俳優の千葉真一主演ということで、かなりしっかりしたアクション映画になっています。また、権力を傘にきて無法を通すヤクザと警察という描写は反権力思想の強い鈴木則文監督ならでは。なかなかしっかりと見どころのあるドラマに仕上がっていました。

また、アクションシーンにしっかりと少林寺拳法の技法を組み込んでいるところも見どころ。当身をして逆小手からの裏拳など、あぁ、そんな技あったなぁ、と懐かしく見ることができました。オープニングからして拳士たちの天地拳第一系ですし。注意深く観ていると、道場の黒板に龍王拳などの文字も見ることが出来ます。

志穂美悦子も『直撃地獄拳 大逆転』(1974)につづいて、なかなかしっかりとしたアクションを披露しています。

石井輝男(1974)『直撃地獄拳 大逆転』

製作国:日本
上映時間:86分
監督:石井輝男
出演:千葉真一/郷鍈治/佐藤允/中島ゆたか

昨日ご紹介した『直撃!地獄拳』(1974)の続編に当たる作品。製作年を見ても分かるように、この2本の映画、かなり短期間に公開されています。普通、1作目が当たったら2作目を制作ってなると思うんですが、これだけスパン短いとどうなんでしょう。

 甲賀忍法の使い手・甲賀、金庫破りの達人・桜、元刑事の隼の三人組がマフィア組織に乗り込み、奪われた六億円の宝石を奪い返すという内容の空手映画のふりをしたコメディ作品。

うーん、Allcinema Onlineの解説はたまにちょっといい加減だったりして残念。今回の獲物の宝石は六億円ではありません、時価十億円です。

何というか、某マカロニウエスタンといい、何とかコメディとか、コメディ何とかとかいうジャンルの映画は、続編になればなるほどコメディ色がどんどん強くなる印象があるのですが、本作もその通り。前作ではまだ二枚目だった佐藤允も千葉真一も三枚目状態。当然郷鍈治に至っては三枚目っぷりに磨きがかかっています。

前作の相手はニューヨークマフィアでしたが本作の相手はシカゴマフィア。宝石盗難事件に見せかけた、壮大な盗難詐欺に3人組が挑みます。もともと石井監督はカラテ映画にあまり興味がなかったらしく、本作でも格闘よりも、むしろコメディ描写に力が入っています。コメディといっても、小粋な感じのものではなく、本当に下らない、泥臭い感じのコメディ。大好きです(笑)

キャストも前作よりもパワーアップ。前作のキャストに加え、丹波哲郎、山城新吾などお馴染みの役者さんが贅沢な使われ方で出演しています。更にラストには『網走番外地』(1965)のあの人も……(残念ながらぼくは未見でした。見なくては)

前作よりも(アクション以外は)(主にバカ方面で)格段にグレードアップした本作。前作を楽しめた方にはきっとおすすめ……なのかな?

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ