今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

日活映画

野村孝(1967)『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

製作国:日本
上映時間:84分
監督:野村孝
出演:宍戸錠/小林千登勢/ジェリー藤尾/嵐寛寿郎

野村孝監督、宍戸錠主演の日活アクション。長らくDVDソフト化されず、なかなか見ることができなかったのですが、日活100周年を記念した日活GREAT SERIESでついにDVD化されました。

殺し屋の上村(宍戸錠)は大田原組から依頼され、島津組組長(嵐寛寿郎)の暗殺を請け負う。相棒の塩崎(ジェリー藤尾)と共に首尾よく組長の狙撃に成功した上村でしたが、空港から脱出する直前、島津組に捕われてしまいます。塩崎が車に施しておいた改造のおかげで脱出した2人は、大田原の秘書・金子(本郷淳)の指示で津川組組長(内田朝雄)の息のかかったモーテル・渚館に逃げ込みます。

脱出する機会を伺っていた2人は、渚館のウェイトレスである美奈(小林千登勢)と知り合い、彼女が育ったダルマ船を利用した脱出を思いつきます。しかしそのころ、津川の斡旋で大田原組と島津組は手打ち。邪魔になった上村と塩崎を協力して消そうとするのでした。上村と美奈がダルマ船の船長(山田禅二)に脱出の手助けを依頼しに行っている間に島津組幹部・千崎(江角英明)が渚館を襲撃。塩崎を誘拐し、上村を脅します。塩崎の解放を条件に、上村はたった一人で敵の待つ、埋め立て地へと赴くのでした……というお話。

おそらくそこまでの予算は掛かっていない映画だと思われます(その割に車は派手に破壊したりしていますが)。映像も60年代後半という時期にも関わらず白黒です。しかし、このモノトーンの落ち着いた映像が、宍戸錠の醸し出す殺しのプロフェッショナルの落ち着いた風情にマッチしてなかなか趣があります。

映画としては、前半と終盤の宍戸の殺しのプロフェッショナルぶりを見せるシークエンスと、中盤の、小林千登勢の辛い生い立ち、そして宍戸と小林千登勢の不器用な交流を描くシークエンスに大きく別れます。音楽も、前半と終盤はマカロニウエスタンを思わせるハイテンポで勇壮な音楽が、中盤では哀調を帯びた音楽が使われています。ジェリー藤尾の歌う挿入歌も哀調を帯びて聞かせます。

そして、何と言ってもクライマックスの決闘シーン。たった1人で組員たちに立ち向かう宍戸の姿は非常に西部劇的でリリシズムに溢れています。ただ、組員の人数がちょっと少なかったり、組長たちは秘密兵器の防弾カーに頼り切りだったりと、少々物足りない部分があったのも確かです。

西河克己(1960)『俺の故郷は大西部(ウェスタン)』

製作国:日本語
上映時間:65分
監督:西河克己
出演:和田浩治/清水まゆみ/東野英治郎/E・H・エリック/殿山泰司

日活のダイヤモンドラインの4番手、やんちゃガイ和田浩治を主演に据えた和製パロディ・ウエスタン。監督は『竜巻小僧』(1960)などの西河克己。フィルムセンターでの特集上映で観てきました。

1890年代、保安官、ワイアット・アープは世に名高いOK牧場の決斗でクライトン一味を斃しました。時は流れ、彼の子孫・ジョージ三原(和田浩治)は母の故郷、日本に渡り、10万ドルの小切手を恩人である松山に渡すよう、父トム(シェーブ・ワイアット)から申し付けられます。日本に渡るジョージでしたが、それを待ち受けていたのが遠藤(殿山泰司)をボスとするヤクザ者集団。ジョージの持っている10万ドルに目をつけ、横取りを狙っていたのでした。

そうとは気づかないジョージでしたが、孤児の少女・マリ(清水まゆみ)に衣装を奪われ、ヤクザ者たちはマリをジョージと思い込み誘拐していってしまいました。マリを追って大立ち回りを演じるジョージ。マリに事情を聞くと、生き別れた兄を探しており、話題になりたかった、とのこと。いろいろとあり、マリが育った孤児院・大川牧場にマリと一緒に訪れるジョージ。しかし、そこに大川(東野英治郎)に金を貸していたヤクザ者たちが現れます。撃退するジョージでしたが、彼の正体をジョージだとヤクザ者たちに知られてしまいます。

そして、ヤクザ者集団の中には、なんとあの、クライトンの子孫(E・H・エリック)が潜んでいたのでした。先祖の復讐のため、マリを誘拐し、ジョージに決闘を申し込むクライトン。場所はOK牧場ならぬOKawa牧場(ほんとにそう書いてある)。富士裾野の荒野を舞台にジョージとクライトンの決闘が始まるのでした……という(非常にたわいない)お話。

細かいつじつまとか、設定とかはもうどうでもいい、徹頭徹尾愉快なパロディ映画でした。導入部分こそ、ワイアット・アープとクライトンの因縁を描いた正統派西部劇シーンですが、あとは日本を舞台にしたどたばた喜劇。そもそも主演の和田浩治がどう見ても日米ハーフには見えないという(笑)。また、歌謡映画の側面もあり、かまやつひろしやら、平尾昌晃やらが出てきてそれぞれワンコーラス歌いきります。

大川牧場にしても、看板にしっかりと「OKawa牧場」と白ペンキで書かれており、そんな書き方するヤツがあるかい、という愉快な状態。クライトンがジョージに自分の正体を明かすシーンでも、折れた葉巻を取り出して、「これは、俺の先祖がお前に打ち落とされた葉巻だ」(オープニングでクライトンがアープに葉巻を打ち落とされるシーンがある)って、誰がそんなの拾って保管してたんだよ、という(笑)。そもそもアープの子孫とクライトンの子孫が両方日本にいるという前提からしてもう何とも(ほめてる)。

クライマックスの銃撃戦シーンは和田浩治の動きが少々もたもたしている感じもありましたが、なかなか楽しく見ることができます。ただ、結局一人も死なない(あ、殿山泰司)のは明朗快活なコメディ映画という感じで好感が持てますね。

内田吐夢(1939)『土』

製作国:日本
上映時間:117分
監督:内田吐夢
出演:小杉勇/風見章子/ドングリ坊や/山本嘉一

先日『限りなき前進』(1937)を紹介した内田吐夢監督の戦前の代表作のひとつ。主演も『限りなき前進』と同じく小杉勇が務めています。本作も完全なバージョン(142分)は残されておらず、今回フィルムセンターで上映されたのは、1968年に東独で発見された93分の短縮版と、1999年にロシアで発見された115分の不完全版を元に、修復が行われた117分の「最長版」。残念なことに、ラストシーンのフィルムはまるまる失われてしまっています。

 長塚節の代表作である同名長編小説を、八木隆一郎と北村勉が脚色し、内田吐夢がメガホンをとった。農村に生きる人々を徹底したリアリズムで描き、内田作品の中でも最高傑作と称される。しかし戦災により内容が欠落しており、現在見ることができるのはドイツで見つかった93分版と、ロシアで発見された115分版のみとされている。
 明治時代。父親が作った多額の借金のため、勘次は娘のおつぎと息子の与吉とともに貧しい生活を送っていた。父親の卯平とは借金が原因で折り合いが悪く、一緒に暮らしていた卯平は、ひとり納屋で暮らすことに。おつぎは亡くなった母親の代わりに農作業を手伝い、勘次にも卯平にも優しく接していた。ところがある日、卯平と与吉が囲炉裏に火をつけようとして、家が炎に包まれてしまう。

非常にリアリズムに徹した描写で、貧しい小作農の生活が描かれます。上の解説では「父親の卯平」となっていますが、実際には「妻の父親の卯平」という非常に距離の取りづらい関係。勘次も悪い人間ではないのですが、精神的にあまり強くなく、無愛想なため、なかなか家族関係がうまく行きません。

中盤までは貧しい農村の生活描写が基本的に淡々と描写されます。田畑を耕し、苗を植え、旱魃には雨乞いをし、村の婚礼があり、刈り入れ、地主への年貢の支払いなどの描写が丁寧に描かれます。登場人物たちの訛りも非常に強いため、はじめは少々聞き取りづらいのですが、この丁寧な描写を観ているうちに、彼らに非常に親近感が沸いてきます。そこから火事、卯平の失踪というショッキングな出来事が畳み掛けるように繰り広げられるので、かなり緊迫感のあるストーリーに仕上がっています。

東独で発見された版もロシアで発見された版もドイツ語字幕入りのフィルムだったらしく、タイトル、キャストもドイツ語で紹介され、台詞にもすべてドイツ語で字幕が入っていました。雨乞いや結婚の風俗など、ドイツでは馴染みが薄いと思われるシーンにも、いちいちドイツ語のインタータイトルが入っているのは興味深かったです。

内田吐夢(1937)『限りなき前進』

製作国:日本
上映時間:78分
監督:内田吐夢
出演:小杉勇/滝花久子/轟夕起子/片山明彦

当時松竹に所属していた小津安二郎が脚本を書き、それを日活の内田吐夢が監督をしたという、所属会社の枠を越えて製作された作品。Allcinema Onlineによると、元々は99分あった作品のようなのですが、戦後、内田吐夢監督が中国に抑留されている間に、悲劇的な結末が改変されてしまい、ハッピーエンド版が作られてしまったようです。現存するのは、ハッピーエンド版に残されていたフィルムを、内田吐夢監督が元々の映画の意図に合わせて再編集し、足りない部分は字幕で補った版となっています。

 小津安二郎の原作「愉しき哉保吉君」を、八木保太郎が脚色し内田吐夢が監督した。小津は当初この作品を喜劇として撮ろうとしたが、内田は深刻かつ不条理にとらえた。作品は内田の抑留中に改変され、本人が帰国後に手を入れた改編版のみが残っているという。
 52歳のサラリーマン野々宮保吉は、建築中の新居が物価高騰のあおりを受けて工事が進まず、大工から追加の費用が必要と言われる。野々宮は65歳の定年までの出費計画を立てていたが、勤務先の定年が55歳に変更となってしまった。大量の酒を飲み倒れ込んだ野々宮は、自分が定年と無関係の部長に昇進し、新居が完成し、娘が無事に結婚する夢を見た。目を覚ました野々宮はいつもどおり出勤するが、部長の席に座り仕事を始めてしまう…。

前半、会社の定年制が発表されるまでの部分はほとんど残っていたらしく、無理矢理な編集の跡はみられません。しかし、その後のシーンはかなり失われてしまっているらしく、定年制の話を聞いた野々宮(小杉勇)がショックを受けて酒を浴びるように飲むシーン、夢から覚めた野々宮が重役室に出勤して執務をとりはじめてしまうシーン、気が狂ってしまった野々宮が娘たちに連れられて家に帰ろうとするシーンなどが、字幕による解説に差し替えられてしまっています。

前半で一男一女をもうけ、それなりに順当に暮らしてきた野々宮家の描写がされ、それが会社の定年制によって一気に壊されてしまう、という不条理劇となっているのですが、壊されたあとの気の狂ってしまった野々宮の描写がほとんどカットされてしまっている(ただし、部長昇進する夢のシーンはほぼ残っている)ため、映画としてはバランスが悪いものになってしまっているのが残念。

ストーリーや演出は非常に面白いものになっていたため、完全なフィルムがどこかに眠っていることを祈るばかりです。

春原政久(1941)『愛の一家』

製作国:日本
上映時間:61分
監督:春原政久
出演:小杉勇/村田智栄子/菊地義夫/大泉滉

フィルムセンターの「日活映画の100年 日本映画の100年」で内田吐夢監督の『人生劇場』(1936)と同時上映されていた作品。以前このブログでも『うちのおばあちゃん』(1955)という家庭喜劇を紹介したことのある春原政久の、やはり上質な家庭喜劇です。

東北のある小都市に住む音楽教師の小田(小杉勇)には妻・千枝子(村田智栄子)との間に長男良一(菊地義夫)を筆頭に、4男3女の7人の子供たちがいます。四男の輝男(豊田耕路)は音楽が大好きで、アコーディオンの練習をし出すと学校へ行くのも忘れてしまうほど。映画は、そんな7人の子供たちの賑やかな生活を描き出します。話しが進むにつれて、小田が東京の音楽学校の校長に就任する話しが持ち上がったり、住み込みのねえや(竹久夢子)がお嫁に行くことになったり。そしてある日、千枝子の兄弟である伯父(北龍二)が、子供たちの一人を養子にしたいと相談に来るのですが……というお話。

『うちのおばあちゃん』もそうなのですが、本作も大して大きな事件が起こるわけでもなく、子供たちの賑やかな他愛もない日常が描写される家庭喜劇です。本作は『うちのおばあちゃん』と比べても、あまり筋の通ったストーリーがあるわけではないので、少々散漫な印象は受ける部分はあります。ただ、春原監督は子供たちの演出がうまいのか、比較的まとまった画面を作ることに成功しています。

いろんな事件が起こるものの、結局うまくまとまり、明るい結末に終わる、という筋書きは『うちのおばあちゃん』同様のもの。

フィルムセンターの解説では無声短縮版となっているため、本作もオリジナルよりは短縮されている模様。しかし、『人生劇場』ほどの短縮はされていないのか、そこまで違和感は感じませんでした。また、無声版ということはトーキー版もあったということなのでしょうか。音楽一家が題材になっていることもあり、トーキー版があるとすると、かなり印象の違う、賑やかな映画になっているような気がしますね。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ