今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

成人指定

田中登(1974)『(秘)色情めす市場』

製作国:日本
上映時間:83分
監督:田中登
出演:芹明香/花柳幻舟/高橋明/萩原朔美

久しぶりの日活ロマンポルノ。監督は『人妻集団暴行致死事件』(1978)なんかも撮っている田中登。主演は芹明香。一般映画では『仁義の墓場』(1975)なんかにも出演している女優さんですね。

大阪・釜ヶ崎で売春婦をしているトメ(芹明香)は知的障害者の弟・実夫(夢村四郎)と暮らしています。近所に住む母親のよね(花柳幻舟)も四十を過ぎているものの現役の売春婦。トメの近所に住む斉藤(萩原朔美)と文江(宮下順子)は夫婦ではないが二人で稼いで暮らしていました。

しかし、斉藤は会社の金を使い込んでしまい、トメが昔所属していた浅見(高橋明)の店で文江が客を取ることに。そのまま浅見の情婦となる文江。文江のことが諦められない斉藤は、浅見から押し付けられたダッチワイフにガスを詰め、文江もろとも浅見を爆殺するのでした。

一方、トメの母親のよねは妊娠してしまい、堕胎のお金をトメにせびります。しかし、トメが金を出さなかったことから、よねはこそ泥を働き、取り押さえられる騒動の中、流産してしまうのでした。ショックを受けたトメは実夫と関係を持つのでしたが……というお話。

ストーリーはあってないような印象。それよりも、BGMをなるべく排し、生活音だけで釜ヶ崎の情景を捕えようとしている印象を強く受けます。モノクロの映像(クライマックスのみカラー)と手持ちカメラを中心とした撮影は、どことなくドキュメンタリータッチ。

だらだらとなりそうなストーリーですが、中盤の斉藤による浅見爆殺によって、少しは全体が締まって見える感じもしています。浅見を演じている高橋明は、以前紹介した『濡れた荒野を走れ』(1973)なんかにも出演している俳優です。

小沼勝(1978)『さすらいの恋人 -眩暈-』

製作国:日本
上映時間:74分
監督:小沼勝
出演:北見俊之/小川恵/高橋明/飛鳥裕子

ということで(?)大作を見たあとはこんな映画を。『時には娼婦のように』(1978)などの日活ロマンポルノを手掛けた小沼勝監督のロマンポルノです。我ながら無節操な映画チョイスな気はしますが……

冬の公園、凍りついた噴水の溜め池に入り、呆然と佇む京子(小川恵)。そこに通りかかった徹(北見俊之)は彼女を助けようとしますが、自らも池に落ちてずぶ濡れに。徹のアパートで濡れた服を乾かすうちに、惹かれ合うものを感じた二人は結ばれます。ある夜、京子はパートの帰りに徹の家にやって来ます。暗闇で抱き合う二人でしたが、徹は隣室の男が覗いているのに気が付きます。隣に怒鳴りこむ徹でしたが、それが奇妙な男・諸田(高橋明)との出会いでした。

大学生だと言いながら、一向に大学に行く気配のない徹。事情があると察した諸田は、彼に金儲けの話を持ちかけます。それは徹と京子のふたりでシロクロショーをすること。最初は怒る徹でしたが、金が必要ということもあり、渋々引き受けます。徹は実はヨット好きの大学生だったのですが、ヨット購入のために、仲間と貯めていた200万を使い込み、挙句仲間の一人をレイプして、逃げまわっていたのでした。ふたりのシロクロショーは好評で、金も溜まってきたころ、当時のヨット仲間が徹の家を突き止め、徹の留守に京子を襲います。

それでも自分を庇う京子の健気さに感じ入った徹は、昔の仲間に金を返し、すべてを清算して京子の故郷・四国に渡る決心をしますが……というお話

都会の吹き溜まりで繰り広げられるボーイ・ミーツ・ガールと言いますか、青春物語と言いますか。映画自体がぼやーっとしたゆるーい雰囲気の中進行してゆくので、あまり強い印象は残りません。かと言って、面白くないわけではなく、個々の描写が可愛らしく、なかなか面白いんですよね。

印象に残ったシーンを幾つか上げてみると、まず、二人が覗きをしていた諸田から金を巻き上げ、ホテルの最上階のレストランで食事をするシーン。これが、めちゃめちゃ美味しそうに食べるんですよ。徹はガツガツと作法も何もない感じで食べるし、京子も彼の真似をしてガツガツ食べる。何このバカップル(笑)。あと、仕事(シロクロショー)で北鎌倉を訪れるシーン。本当に二人が幸せそうなんですよね。やっぱりバカップル(笑)。

また、ヨット仲間側のシーンでは、彼らはもともと徹を含め男4人女1人の仲間だったようなのですが、3人の男たちが京子を襲うシーン。2人は積極的に襲うのですが、残り一人は頭を抱え「なぁ、俺達はこんなはずじゃなかっただろ」と嘆きます。最後、彼らが捕まえた徹をリンチするシーンでも、彼だけは「ばらばらだ! ばらばらだ!」と呻きながら徹を殴打します。何かこう、物悲しいシーンです。

クライマックス、徹と京子はきっともう会えないのだろうな、という余韻を持たせて映画は終わります。ただまぁ、徹も死んだわけじゃないんですよね。そう考えると、あながちバッドエンドではない。むしろ、彼らふたりが四国に逃れても、上手くやっていけるとは限らないわけで。そう考えると、恋の最高潮で強制的にストップが掛けられた、という意味では、幸せなラストだったのかもしれないなぁ、などと感じるのでした。

高橋明は昨日見た『濡れた荒野を走れ』(1973)にも出ていましたが、なかなか演技の幅が広い俳優さんですね。主演の小川恵は美人という訳ではないのですが、非常に可愛らしく、ぼくはかなり好きなタイプでした。挿入歌である中島みゆきの「わかれうた」も印象に残ります。

沢田幸弘(1973)『濡れた荒野を走れ』

製作国:日本
上映時間:73分
監督:沢田幸弘
出演:地井武男/山科ゆり/川村真樹/井上博一

後にTVシリーズ「西部警察 PART II」や「西部警察 PART III」などの演出にも携わることになる澤田幸弘監督の手になる日活ロマンポルノ。主演はぼくが最近見る映画にちょこちょこ出てくる地井武男。近年では人の良いおじさんのイメージが強い地井さんですが、当時はチンピラ役など癖のある役柄が多かったみたい。

ある夜、町の教会に強盗が入りました。彼らは牧師(久松洪介)の娘を犯し、ベトナム戦争復興のための募金で集めた資金を奪い逃走します。牧師は警察に通報しますが、なんと、現場に駆けつけた刑事・原田(地井武男)こそが強盗団の親玉でした。しかも、この副業は所轄署長のお墨付き、という警察の腐敗ぶり。

ちょうどその頃、市内の精神病院が火事になり、入院していた中村(井上博一)が脱走します。中村は元原田らの同僚の公安部の刑事でしたが、ある出来事(劇中で詳しくは語られません)を切欠に精神を病み、悪事の暴露を恐れた警察の力によって病院に押し込められていたのでした。

中村は長野行きの列車に乗り込み、行きずりの女子高生・まりこ(山科ゆり)を人質に逃走します。それを追う原田と加藤(高橋明)。少しずつ中村に惹かれていったまりこは、中村と結ばれます。二人は従兄弟の主催する旅の一座に潜り込むのでしたが、そこに原田と加藤、そして中村の妻・添子(川村真樹)もやってきました……

「反権力」というキーワードで評されることが多い本作。確かに警察の腐敗を描こうとしている雰囲気は感じられます。地井武男と高橋明が演じる刑事コンビなんて、チンピラそのものですし。ただ、いろいろ盛り込み過ぎたせいで、焦点が合わず、散漫になってしまった感は否めず。

そもそもこれをポルノにする必然性が(ポルノじゃないと制作にゴーが出なかったという以外には)あまり認められません。警察の腐敗を描こうとしてみたり、アングラ劇団の陽気さを描こうとしてみたり、まりこの天真爛漫さを描こうとしてみたり、彼女の成長を描こうとしてみたり。はたまた地井武男演じる原田をハードボイルドに演出してみたり。いまいち一貫性が感じられないんですよね。というか、1時間ちょっとの枠に収めるには脚本・演出の力不足感は否めません。

かと言って、まったく面白く無いか、というとそんなこともなく。地井武男のギラギラした演技は非常に見ものでした。殆どのシーン、サングラスを掛けての演技なのですが、ラストシーン、サングラスを外した地井武男の目の力強さはものすごい。あと、どジャズ・ファンクの風味の強い音楽も印象に残ります。

石井輝男(1968)『徳川女刑罰史』

製作国:日本
上映時間:96分
監督:石井輝男
出演:吉田輝雄/渡辺文雄/小池朝雄/賀川ゆき絵

胃が痛い……。いや、こういうエログロものって本来かなり苦手だったはずなんですよ。最近だいぶ馴らされてはきましたが、本作はかなりお腹いっぱいな感じです。視聴の幅がこの方向に広がることは果たして良いことなのかどうなのか……。そんなことを考えながらも、石井輝男監督の手による、いわゆる「異常性愛シリーズ」の一作『徳川女刑罰史』のご紹介です。

本作は残酷な刑罰に疑問を感じる奉行・吉岡頼母(吉田輝雄)とサディスティックな拷問に喜びを感じる奉行・南原一之進(渡辺文雄)の目を通して3つのストーリーが展開される、という緩やかな連作短編の形式を取った映画になっています。

一つ目のエピソードは貧しい長屋の兄妹が主人公。兄・新三(吉田輝雄の二役)は腕のよい大工でしたが、不慮の事故で大怪我を負ってしまいます。彼の治療代を世話したのは妹・みつ(橘ますみ)を妾にしようと企む豪商・巳之助(上田吉二郎)でした。目の前でみつを犯された新三は、みつへの隠してきた想いを打ち明け、二人は結ばれます。思い悩んだ新三は自殺を図りますが、病身のため死にきれません。そこへ帰って来たみつは新三の首に刺さったノミを引き抜き、彼を殺します。その咎によって捕らえられたみつは、吉岡に近親相姦を自白し、刑に処されるのでした。

二つ目のエピソードは尼寺が舞台。ある尼寺に高貴な血を引く尼僧・玲宝(賀川ゆき絵)がやって来ました。この尼寺の隣には寺があり、その寺の僧・春海(林真一郎)と尼僧・妙心(尾花ミキ)の秘められた仲に気づいた玲宝は、それを利用して春海に迫ります。玲宝をも同罪に陥れるため、彼女を抱く春海。春海の心が得られないと知った玲宝は嫉妬の炎に燃え、その嫉妬の矛先は妙心に向かうのでした……

最後のエピソードは江戸、そして長崎が舞台。江戸一の彫物師を自認する彫丁(小池朝雄)は、ある時、自慢の彫り物を南原一之進に馬鹿にされます。曰く、本当の女の苦悶の表情はそんなものではない、と。図星を指摘されて非常に悔しがった彫丁は、本当の責というものを見せてほしいと南原に頼み込み、長崎のキリシタンに対する責めの現場を覗き見させてもらうことになったのですが……

という3つのエピソードが、ゆるやかな繋がりをもって語られます。物語の最初と最後に、吉岡が「残酷な刑罰は、本当に世の中のためになるのだろうか……」と疑問を呈するようなシーンはありますが、まぁ、これは、いわゆるモンドものとか、セクスプロイテーション映画によくあるようなポーズと考えていいでしょう。実態はエロとグロ(この映画では特にグロですね)を見せつける映画です。

オープニング、出演者やスタッフの紹介の字幕の後ろで女囚に対する首切り、胴切り、火焙り、股裂きのシーンが繰り広げられ、すでにお腹いっぱいという感じですが、見ているうちに少しずつ馴らされていくのが恐ろしいところ。最後まで見てしまうと、最初のエピソードがソフトなものに感じられてしまうのが自分でも驚きでした。

鈴木則文(1972)『徳川セックス禁止令 色情大名』

製作国:日本
上映時間:89分
監督:鈴木則文
出演:名和宏/杉本美樹/サンドラ・ジュリアン/成瀬正孝

東京都の「青少年の健全な育成に関する条例」改定が一部界隈で話題になっていますが、鈴木則文監督がこの一連の流れをどういうふうにご覧になっているのか、非常に興味がありますね。ということで、今回は鈴木則文監督のポルノの中では最高傑作との声もある『徳川セックス禁止令 色情大名』です。

九州唐津の大名・小倉忠輝(名和宏)は女嫌いの武骨者。そこへ徳川家茂の息女・清姫(杉本美樹)が降嫁することが決定されます。家老を始めとする重臣たちは何とか殿の女嫌いを治そうと、出入り商人である博多屋伝右ヱ門(渡辺文雄)に相談します。伝右ヱ門は秘蔵の美妓・サンドラ(サンドラ・ジュリアン)によって忠輝に性の手ほどきをさせます。そこで性の喜びに目覚めた忠輝は、下賤の者にこの楽しみを味わわせるのは勿体無いとばかり、交合禁止令を発令するのでしたが……というお話。

そもそもこの映画が制作されるきっかけの一つとなった出来事が当時現実社会でありました。それは1972年、『愛のぬくもり』、『恋の狩人・ラブハンター』、『OL日記 牝猫の情事』、『女高生芸者』の4本の映画が警視庁によって摘発された事件、通称日活ロマンポルノ摘発事件と呼ばれている事件の発生でした。この映画で「禁令175号」という数字がよく登場しますが、これも実際の刑法175条「わいせつ物頒布等の罪」を揶揄したものです。

と、まぁ、背景を長々と書きましたが、そういうことを抜きにしても、この映画は非常に面白い。一見ばかばかしい主題を大真面目に取り上げ、しかもその裏には現実社会の権力者に対する辛辣な批判が隠されている。その上でそれを笑いに包んだ鋭い脚本と鈴木則文監督のカラッとした演出と反骨精神がブレンドされれば面白くないはずがありません。

この映画の最後では禁令175号は廃止されるのですが、その切欠となるのが愛妾であるサンドラが自らの定めた法によって処刑されてしまったこと。要は、最後まで権力者である忠輝は自分の都合しか考えていなかったのです。結局権力者なんてそんなものだ、という鈴木監督の乾いた視線が見えるような気がしました。

映画の最後に表示される監督からのメッセージを引用して、この項は閉めさせていただきます。

あらゆる生命の根源たる性を支配し管理検閲する事は 何人にも許されない
例え 神の名においてもー

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ