今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

劇場未公開映画

ロベール・オッセン(1968)『傷だらけの用心棒』

Une corde, un Colt...
製作国:フランス/イタリア
上映時間:89分
監督:ロベール・オッセン
出演:ロベール・オッセン/ミシェール・メルシェ/リー・バートン(グイド・ロロブリジーダ)/ダニエル・ヴァルガス

『殺られる』(1959)で知られるフランスのスターであり、『殺人者に墓はない』(1963)でも主演を務める一方で自らメガホンもとったロベール・オッセンが監督・主演した唯一のマカロニウエスタン。一応仏伊合作映画なのですが、スタッフからキャストまでフランス色が非常に濃い映画になっています。

 シェークスピアの悲劇を思わせるフランスとイタリア合作の異色ウエスタン。町を牛耳る一家に夫を殺された女。彼女は、古い知り合いのガンマンに仇討ちを依頼する。彼は一家の一人娘を誘拐し、殺された男の葬式を出させる。だが、一人娘が戻ると、一家は女をリンチして殺害。失意のガンマンは、一家と対決して皆殺しにする。しかし、彼も生き残った一人娘の銃弾に倒れるのだった。ラストの一家との対決は、超早撃ちで、ウエスタン史上に残る屈指の名シーン。

劇場未公開映画にしては珍しくallcinemaの解説が長めでしっかりしています。シェイクスピアの悲劇を思わせる、というより、フランスのフィルム・ノワール映画の延長線上に位置する西部劇、と捉えたほうがしっくりときます。普段このブログでは映画の結末には触れないのですが、本作はallcinemaの解説で触れられているので触れてしまうと、結局誰も彼も死んでしまって誰も幸せにならない、という結末はかなりフィルム・ノワール的。『殺しが静かにやって来る』(1968)のカタストロフィとも異なる、やるせない後味が印象に残ります。

オープニングとエンディングは褪色したようなザラザラした画面になっていますが、これは意図したものなのか、フィルムが褪色してしまったのかどちらなんでしょうね。何となく、古い話であるという演出で褪色させたような気もしますが、よくわかりません。

主演のロベール・オッセンの西部劇姿もなかなか様になっています。銃を抜く前に必ず右手に黒い革の手袋をはめ、右腰に付けたホルスターから左手で早撃ちする姿は、様式美的ながら非常に恰好良い。相手役のダニエル・ヴァルガスも堂々たる悪党にして良い家長ぶりが様になっています。結局本作があまりマカロニウエスタン的でないのは、登場人物が誰しもリアリティのある悪人なところなんですよね。その辺りがクライマックスの悲劇へと繋がっています。

スキャットが印象に残る音楽を担当したアンドレ・オッセンは、監督・主演のロベール・オッセンの実父であるようです。

J・R・マーチェント(1963)『墓標には墓標を』

El sabor de la venganza
製作国:イタリア
上映時間:80分
監督:J・R・マーチェント(ホアキン・ルイス・ロメロ・マルチェント)
出演:リチャート・ハリソン/クラウディオ・アンダリ/ミゲル・パレンスエラ/グロリア・ミランド

先日亡くなられたスペインのホアキン・ルイス・ロメロ・マルチェント監督がメガホンをとったマカロニウエスタン。イタリア、スペイン合作の初期の西部劇です。主演は『赤い砂の決闘』(1963)でも主演していたリチャード・ハリソン。この時期の伊=西西部劇界では引っ張りだこだったようです。

ブラッド(ミゲル・パレンスエラ)、チェット(クラウディオ・アンダリ)そしてジェフ(リチャード・ハリソン)の3兄弟は幼い頃無法者に父親を殺され、母親・ルイザ(グロリア・ミランド)からその仇を討ってもらいたいと言われながら育ちました。長兄のブラッドは落ち着いた牧場主に、次兄のチェットは血の気の多いガンマンに、そして三男のジェフは法によって街に秩序をもたらそうという理想主義者に育ちます。チェットはそんなジェフが気に入らず、喧嘩を繰り返していました。

そんなある日、酒場での諍いからチェットが殺人を犯してしまいます。兄弟たちはチェットを逃し、チェットはさすらいの旅に出るのでした。時が経ち、ブラッドは結婚して農場を管理し、ジェフは警察に入り署長にまで昇進していました。ジェフは父親の仇がメキシコ国境の街に隠れていると、保安官からの知らせを受け、街に向かいます。しかし、彼が街に着く前に保安官は殺されてしまっていたのでした。

一方、独自に父親の仇を狙っていたジェフも、仇の片割れを見つけ、拷問の末もう一人の行方を吐かせます。彼はブラッドを誘って仇のいる街へと向かうのでした……というお話です。

『赤い砂の決闘』と同時期の西部劇ですが、こちらは劇場未公開。しかし、映画の完成度としてはこの『墓標には墓標を』が優っているように思えます。今回CSのスター・チャンネルで放送されたので、字幕付きで見ることができました。

ハリソンは『赤い砂の決闘』同様法の力を信じる男を演じていますが、『赤い砂の決闘』では最後には力に訴えていたのにたいし、本作はチェットがその役割を担っているため、役柄が一貫している印象。まぁ、そのせいで特に終盤、クラウディオ・アンダリが全てを持っていった感がありますが。

基本的にアメリカ西部劇の模倣色が強かった時代の作品ではありますが、三兄弟の反目と協力、そして深いところでの信頼関係をしっかりと描いており、好感がもてます(イタリア語タイトルは「容赦のない3人」)。

また、本作にはフェルナンド・サンチョも顔を出しており、料理に惹かれて三兄弟と母親の家に転がり込み、そのまま下男として住み込む気のいい男をコミカルに演じています。こういうサンチョはマカロニウエスタンでは珍しいのですが、ぼくは冷酷な山賊よりもこういったコミカルなサンチョのほうが好きです。

フアン・ロペス・モクテズマ(1973)『ター博士の拷問地下牢』

The Mansion of Madness
製作国:メキシコ
上映時間:82分
監督:フアン・ロペス・モクテズマ
出演:アーサー・ハンセル/クラウディオ・ブルック/エレン・シャーマン/マーティン・ラサール

放送業界出身で『エル・トポ』(1969)をはじめとする異端作を生み出し続けたアレハンドロ・ホドロフスキー監督とも交友のあったフアン・ロペス・モクテズマ監督の初監督作。ジャンルはホラーとはなっているものの、ホドロフスキー同様前衛的な演出が多々見られ、非常にジャンルの枠にはめづらい作品となっています。このモクテズマ監督、日本では劇場公開作品は1本もないのですが、ビデオバブルの波の乗ったのか、本作意外にも3作品がVHS化されています。

アメリカでジャーナリストの修行を積んだガストン(アーサー・ハンセル)は故郷フランスの村に帰ってきます。彼は高名な精神医メイヤール博士(アーサー・ハンセル)の独特の治療院を取材しに来たのでした。同行するのは幼少時代の級友であるジュリアン(マーティン・ラサール)と共に治療院を訪れますが、そこには昔の面影はなく、メイヤール博士の唱える治療法もおかしなものばかり。ガストンと別れ先に帰ったジュリアンも狂人たちに馬車を襲われてしまいます。

一方、ガストンはメイヤールの姪という美しい少女・ユージェニー(エレン・シャーマン)に紹介されます。ユージェニーに惹かれるガストン。しかし深夜、ガストンが寝ているとユージェニーの叫び声が。メイヤールの正体は一体何なのか、そして彼の目的は……というお話。

WHDジャパン制作の日本版で視聴したのですが、VHS起こしではないかという感じで画質は非常にあ悪いです。また、アメリカ公開版からのDVD化のようで、セリフはすべて英語吹き替えになっています。『ター博士の拷問地下牢』というタイトルも、アメリカ公開時の「DR. TARR'S TORTURE DUNGEON」の直訳でしょう。

筋書きは上に書いたとおりなのですが、映画には様々な狂人が次々に登場し、観客は困惑させられます。そして意外なクライマックス……意外というかもう何が何やら。不思議な魅力があるのは確かなんですが、中盤あたりから少々辛くなってくることも確かです。ただ、トリップしたような映像世界は保証できますので、一度くらいはご覧になっても損はしないのではないかと。

また、ところどころにコミカルな音楽が入るのですが、そこだけあまりにコミカルで、他のシーンとの乖離がものすごいです。恐らく意図的だとは思うのですが、ここまでジャンルがぐちゃぐちゃなのも凄いなぁ、と。

ヒロインの名前がユージェニーとなっており、ジェス・フランコの『悪徳の快楽』(1969)をはじめとする一連のユージェニーものを連想させますが、おそらくはどちらもマルキ・ド・サドからの引用でしょうね。

デモフィーロ・フィターニ(1967)『Straniero... fatti il segno della croce!』

製作国:イタリア
上映時間:87分
監督:デモフィーロ・フィターニ
出演:チャールズ・サウスウッド/エットレ・マンニ/カリスト・カリスチ/クリスティーナ・ペンツ

何作ものマカロニウエスタン(ただしその全てが低予算のB級作品)を手がけたデモフィーロ・フィターニ監督の監督第一作となるマカロニウエスタン。主演のチャールズ・サウスウッドもこの作品が初出演のようです。

西部のとある町ではドノヴァン(メル・ゲインズ)率いる盗賊団が猛威を振るっていました。その手口は銀行を襲い、女子供ですら容赦なく虐殺するという苛烈なものでした。時を同じくして、バウンティ・キラー(チャールズ・サウスウッド)がホワイト・シティにやって来ます。この街はドノヴァンの兄弟であるカールソン(カリスト・カリスチ)によって牛耳られていました。街に入ってそうそう、カールソンの息子・ルーカス(ジェフ・キャメロン)と揉め事を起こすバウンティ・キラー。

一方、ドノヴァンは強盗の際に負傷し、カールソンを通して医者に視てもらおうとします。そんなドノヴァン一味の賞金を狙うバウンティ・キラーと、彼らを父(?)の仇として恨みを持つ足の悪い男・ブレイク(エットレ・マンニ)は協力して彼ら兄弟を迎え撃とうとしますが……というお話、だと思われます。イタリア語音声イタリア語字幕で視聴したため、少々自身がありません。

ストーリーはシンプルながら、撮影時のアングルがなかなか凝っいたりと丁寧に撮られている作品だと思います。主演のサウスウッドも、後年の『荒野の無頼漢』(1970)などと異なり、いたって普通のマカロニウエスタンの登場人物を演じています。その分、彼独特の味というのは少々薄まっている嫌いもありますが。

基本的にはシリアスなマカロニウエスタンなのですが、水筒を改造した水筒ガンや、松葉杖を改造した松葉杖ライフルが出てくるのは、まるでジャンフランコ・パロリーニやジュリアーノ・カルニメーオの作品を彷彿とさせます。本作の場合、しっかりと拳銃やライフルが中に仕込まれている、という正統派ではあるのですがね。

ドゥッチオ・テッサリ(1965)『夕陽の用心棒』

Una pistola per Ringo
製作国:イタリア
上映時間:98分
監督:ドゥッチオ・テッサリ
出演:ジュリアーノ・ジェンマ/フェルナンド・サンチョ/ロレッラ・デ・ルーカ/アントニオ・カザス

サンダル史劇の時代にジュリアーノ・ジェンマと組んで『タイタンの逆襲』(1962)を作ったドゥッチオ・テッサリ監督が、再びジェンマをモンゴメリー・ウッド名義で起用して放ったマカロニウエスタン。ジェンマのマカロニウエスタン第一作でもあります。日本ではなぜか劇場未公開。面白い映画だし、ジェンマも出ているのに。謎です。

 「荒野の1ドル銀貨」で知られるウェスタン・ヒーロー、ジュリアーノ・ジェンマがモンゴメリー・ウッドのクレジットで出演。彼の出世作となった記念すべきマカロニ・ウェスタン。人質を取り農園に立てこもった銀行強盗たちに挑む早討ちガンマン、リンゴーの活躍を描く。

ジュリアーノ・ジェンマ演じるリンゴが、人質を取って立てこもる盗賊の親玉・サンチョ(フェルナンド・サンチョ)のアジトに保安官(ジョージ・マーティン)の依頼で潜り込みます。人質には保安官の許嫁であるルビー(ロレッラ・デ・ルーカ)も含まれていたのでした、という筋でリンゴの活躍が軽妙なタッチで描かれます。初期のマカロニウエスタンにしてはコミカルな描写が多めで、ジェンマのキャラクターに合った洒脱なマカロニウエスタンです。

本作で盗賊の親玉を演じていたサンチョについてですが、本作のサンチョのキャラクターはマカロニウエスタンにおいてサンチョが演じているキャラクターの典型的な一例(メキシコ人、粗野、単純、人はいい、残酷)となっており、サンチョがマカロニウエスタンにおいてどういう役割を果たしたのかは、本作を見ると一目瞭然になっています。また、サンチョのパートナーでありながら、人質であるブラウン(アントニオ・カザス)に惹かれてゆくドロレスを演じたニエヴェス・ナヴァロも印象に残ります。

本作の続編となるのが同じドゥッチオ・テッサリ監督の『続・荒野の1ドル銀貨』(1965)です。日本ではまるで『荒野の1ドル銀貨』(1965)の続編のようなタイトルが付けられてしまっているので非常にややこしい。ただまぁ、どちらにしろキャラクターが同一であるくらいの関連性しかないので、大した問題ではないのかもしれません。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ