今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

劇場未公開

バート・ケネディ(1971)『女ガンマン・皆殺しのメロディ』

Hannie Caulder
製作国: イギリス
監督: バート・ケネディ
出演: ラクエル・ウェルチ/アーネスト・ボーグナイン/ロバート・カルプ/ストローザー・マーティン

【あらすじ】

無法者のエメット(アーネスト・ボーグナイン)、フランク(ジャック・イーラム)、ルーファス(ストローザー・マーティン)のクレメンス兄弟は、ある町の銀行を襲い、その逃走中にコールダー氏の牧場から馬を盗もうとする。ルーファスは止めに入ったコールダー氏を射殺。家の中にいた妻ハニー(ラクエル・ウェルチ)を見つけると、3人で代わる代わる犯し、家に放火して馬を奪って去って行くのだった。

翌日、ハニーは通りかかったバウンティ・キラーのトーマス(ロバート・カルプ)に対し、自分に銃を教えてくれるよう頼む。初めは断ったトーマスだったが、ハニーの動機を知ると気を変えて協力することにする。町で服装を整えたハニーは、腕のいい鉄砲鍛冶のベイリー(クリストファー・リー)に自分用の銃を作ってもらうため、トーマスと共にメキシコに向かう。ベイリーの家でトーマスから銃の手ほどきを受けるハニーだったが、そこに一人の牧師(スティーヴン・ボイド)が現れ、ベイリーに弾倉の修理を依頼する。

ハニーはベイリーから引鉄が2つある特製の銃を受け取る。下の引鉄を引くと、撃鉄が起きて、上の引鉄を引いて撃つことができる、という変わった銃だ。ハニーの特訓が終わったころ、ベイリーの家を無法者たちが襲う。ベイリー、トーマスと共に立ち向かうハニーだったが、怪我を負わせた無法者に留めを刺すことを躊躇しているところをトーマスに助けられるのだった。

アメリカの街に戻るトーマスとハニー。トーマスはフランクを見つけ、保安官事務所に連行しようとするが、それを見たエメットが放った投げナイフを腹に受けてしまう。ホテルに運ばれたトーマスは、ハニーの前で事切れるのだった。ハニーはサルーンにいたフランクを決闘の末殺し、ルーファスも始末する。そして、旧刑務所で待つと、エメットに言付けるのだった。

旧刑務所で対決するハニーとエメット。エメットは物陰から投げナイフでハニーを刺そうとするが、そこに居合わせた牧師によって防がれる。そして決闘の末、ついにエメットは斃れるのだった。

【感想】

ラクエル・ウェルチを起用したお色気系西部劇、と思いきや、意外にも(?)内容は真っ当な復讐劇です。夫を殺された(ガンマンではないという意味で)一般人が、銃の達人の手ほどきを受け、自らの手で仇を打っていく、という筋書きは意外なほどに真っ当というか、スタンダード。一方で、多少コミカルなシーンも入っているのですが、その辺が全体のテイストとうまく合っているかと言われると、ちょっと判断が分かれるところ。

上半身は裸にポンチョを羽織っているだけ、というウェルチのスタイルは、西部劇基準では割と露出度高め。彼女が銃を抜こうとするたびに、ちらっちらっと見える脇腹が、チラリズム的な意味で逆に色っぽい。

ハニーがベイリーに作ってもらう銃をはじめ、なんか面白かったり、あまり見たことがない銃がちらほら登場しているのも見所の一つといえば一つですかね。ハニーの特製銃は、あまりストーリーの上で活かされていた気はしないのですが。

本作はイギリス映画なので、マカロニウエスタンの範疇には含まれないのですが、ほとんどのシーンのロケ地がマカロニウエスタンでお馴染みのアルメリア、タベルナスの荒野ということもあって、非常にマカロニウエスタン感が強いです。最序盤のコールダー家の牧場はフォート・ブラボー付近の荒野、序盤に出てくる街はフォート・ブラボーで撮影されていますし、後半の街はレオーネが建てたミニ・ハリウッドのセットで撮影されています。『夕陽のガンマン』(1965)ではエル・パソ銀行として使われていた建物が、本作ではホテルとして使われているのですが、この建物がホテルとして使われているケースってかなり珍しい気がします。だいたい、銀行とか、あとカジノとか。最後の旧刑務所のセットは、あれはどこだろう。

ロケ地がスペインの割には、マカロニ俳優はそんなに目につかないのですが、謎の牧師役で『増える賞金、死体の山』(1973)にも出ているスティーヴン・ボイドが出ていたり、ベイリーを襲うメキシコのならず者役でアルド・サンブレルが顔を出していたりはします。ボイドはスペイン人ではないですが。

ジョン・フランケンハイマー(1977)『ブラック・サンデー』

Black Sunday
製作国: アメリカ
監督: ジョン・フランケンハイマー
出演: ロバート・ショウ/ブルース・ダーン/マルト・ケラー/フリッツ・ウィーヴァー

【あらすじ】

過激派組織「黒い九月」のベイルートのアジトではダーリア(マルト・ケラー)が飛行船パイロットのアメリカ人ベトナム帰還兵マイケル・ランダー(ブルース・ダーン)を使ったテロ計画について仲間に提案していた。その夜、カバコフ少佐(ロバート・ショウ)率いるイスラエル軍部隊がアジトを急襲する。辛くも難を逃れたダーリアだったが、犯行声明テープをカバコフに奪われてしまう。

アメリカに渡ったカバコフはテロの危険をFBIのコーリー(フリッツ・ウィーヴァー)に知らせ、協力して調査に当たることとする。一方、アメリカに渡ったダーリアは、ランダーと共にスーパーボウルでの爆弾テロ計画を進めていた。日本船を使いプラスチック爆弾を密輸入した二人だったが、カバコフと相棒のロバートがそれに気付き、調査を進める。ランダーは電話爆弾で日本人船長を爆殺し、その際近くにいたカバコフは負傷する。ダーリアは看護婦に化け、カバコフの入院している病院に潜入する。それに気づいたロバートだったが、ダーリアに毒殺される。

爆弾の準備をし、マイアミのホテルに到着したダーリアだったが、そこに組織の上司であるファジル(ベキム・フェーミュ)が現れる。ダーリアの素性が当局にバレたことを告げ、計画の中止を命じるファジル。しかし、ダーリアは計画の実行を主張する。コーリーとカバコフはホテルを襲撃し、多くの犠牲を出した末、ファジルを射殺する。しかし、すでにダーリアは逃げたあとだった。

ランダーの家に戻ったダーリアだったが、そこでランダーから驚くべき事実を知らされる。スーパーボウルでの報道用飛行船のパイロットから外されたというのだ。しかし、諦めないダーリアは、ランダーを説得し、二人はマイアミに。そしてダーリアが新しい飛行船パイロットを射殺し、ランダーが飛行船に乗組むことになるのだった。

厳重な警戒を固めるコーリーとカバコフ。一方、飛行船で飛び立ったランダーは、故障を装い、再び飛行場へと飛行船を向かわせる。その頃、ホテルで本来のパイロットが殺されているとの知らせがカバコフに入る。飛行場へと急ぐカバコフ。しかし、カバコフが到着する直前、ダーリアと爆弾を乗せた飛行船は再び飛び立ってしまう。ヘリコプターで追いかけるカバコフ。カバコフはダーリアを撃ち殺し、ランダーに重傷を負わせる。しかし飛行船はスタジアムに向けて飛び続ける。導火線に点火するランダー。カバコフは必死に飛行船とヘリコプターをフックで繋ぎ、飛行船をスタジアムから離そうとする。やがて爆弾に点火。爆薬によって数多のダーツの矢が飛び出していくが、その頃には飛行船は誰もいない海上へと運ばれていたのだった。

【感想】

当時のアメリカ映画ではテロ組織といえばアラブとか、パレスチナが定番でしたが、本作もそんな一本。一応パレスチナの過激派は君たちイスラエルが作ったんだ、みたいな批判も作中では登場するものの、基本的にはアクション・エンターテインメントといったところです。しかし、FBIやCIAではなく、イスラエル特殊部隊の軍人が主人公のアメリカ映画、っていうのはそこそこ珍しいのではないか、という気はします。また、プラスチック爆弾を密輸するのが、リビア船籍の日本船、というのが日本人としては色々と興味深い。当時の貿易摩擦とか、なんか、そういうあれがあったんですかね。

映画自体は当時よくあった刑事ものというか、アメリカのTVドラマっぽいノリで、そこまでの迫力はない印象。ただ、爆発シーンはなかなか迫力があり、特に最後、飛行船とヘリコプターのチェイスシーンから、飛行船がスタジアムに突入してくシーンは、合成と実写をうまく組み合わせて緊迫感のある映像に仕上がっていました。

オープニング、映画内ではレバノンのベイルートだとされているシーンがありますが、映画内に思いっきりモロッコの人の民族衣装であるジュラバを着たおっさんが映り込んだりしており、見ていてものすごく違和感を覚えていたのですが、やはりモロッコのタンジェなどで撮影されていた模様。そのへん、もうちょっと気を使えばいいのに、という気がしますが、当時のアメリカの一般大衆にとってはモロッコもレバノンもそんなに区別なかったのかもしれません。

スコット・ダウ(2015)『ウォーキング・ゾンビランド』

Walking with the Dead
製作国: アメリカ
監督: スコット・ダウ
出演: ティム・オグレトゥリー/ジャクイ・ホーランド/デイヴ・シェリダン/トロイ・オグレトゥリー

【あらすじ】

息子のファウルボールを頭に食らい昏倒していた保安官リンカーン(デイヴ・シェリダン)が病院で目をさますと、そこはゾンビ・アポカリプス後の世界だった。妻バービー(ナタリー・マッケンナ)、息子クリス(メイソン・ダコタ・ギャリオン)と、彼女の勤め先だったストリップ・バーで再会したリンカーンだったが、その直後、バービーはゾンビに胸を噛まれてしまう。躊躇なくバービーを撃ち殺すクリス。

リンカーンはクリスを連れ、病院で出会ったシカゴ(ジョーイ・オーグルズビー)とグリーンベイ(ティム・オグレトゥリー)が立て籠もっているというモールに向かう。モールには彼らの他に、おもちゃのボーガンを使うドーネル(アンドリュー・ポッツァ)に、ブルックリン(ソフィア・テイラー・アリ)とハーレム(ダニエレ・ガルシア)の姉妹もいた。その夜、モールはゾンビの襲撃を受けるが、そのゾンビの中にいたロミオ(トロイ・オグレトゥリー)はブルックリンを守る。リンカーンは彼らを連れて平和だという噂を聞いた農場を目指すことに。

農場にはアブラハム(リチャード・ルーケンス)とサラ(マーサ・プレンティス)の老夫婦と、彼らの娘であるアイザック(ジャクイ・ホーランド)がいた。アイザックは彼らの年齢を心配し、ゾンビ・アポカリプスのことを伏せていた。歓待を受ける一行。だが翌日、アイザックと共にマリファナ・パーティーを開いたグリーンベイがラリって花火を打ち上げてしまったことで、ゾンビを呼び寄せてしまう。

必死にゾンビを撃退する一行だったが、そこにラジオを通して政府からの発表が届く。解毒薬を水道に混ぜたので、ゾンビを見つけ次第水をかけろというのだ。襲い来るゾンビを水で正気に返して行く一行。その夜、正気に戻った生存者達と共にパーティーを行う。しかし、ラジオが今度はテキサス大の小惑星が地球に墜落しつつあることを告げるのだった……

【感想】

真面目にあらすじを書く意味はあるのだろうか、というタイプの映画ですね。最後の小惑星云々はいわゆる「オチ」の部分。ベースとしてあるのはTVドラマ「ウォーキング・デッド」のパロディ。直接的なシーンやシチュエーションのパロディはほぼ全てこの作品からのものなので、少なくともシーズン2あたりまで見てないとパロディ的な面白さはほとんど味わえない気がします。そして、パロディネタが分からないと、はっきり言ってあまり面白くない作品です。

シカゴ、ブルックリン、ハーレムあたりのキャラクターは『ゾンビランド』(2009)のパロディ。その他『28日後…』(2002)や『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)からのパロディもあるようなのですが、ぼくはこの2本は未見なのでなんとも言えないところ。

バカバカしいところの多い、気楽なパロディ・コメディ映画ですね。

ジュリオ・ペトローニ(1969)「La notte dei serpenti」

製作国: イタリア
監督: ジュリオ・ペトローニ
出演: ルーク・アスキュー/ルイジ・ピスティッリ/ルシアノ・カサモニカ/マグダ・コノプカ

【あらすじ】

メキシコの寒村、親戚同士である村長のベヌスティアーノ、宿屋の主人イグナシオ(ジャンカルロ・バデッシ)、娼婦のドローレス(チェロ・アロンゾ)、教会の管理人ヘススマリア(フランコ・ヴァロブラ)は、孤児のマヌエル(ルシアノ・カサモニカ)に残された遺産である1万ドルを横取りしようと狙っている。しかし、軍のエルナンデス中尉(ルイジ・ピスティッリ)に計画を嗅ぎつけられ、無理やり仲間に加えさせられる。

彼らはマヌエルの殺害を盗賊の首領パンカルド(ググリエルモ・スポレティーニ)に依頼する。パンカルドは、自分が助けたアル中のアメリカ人、ルーク(ルーク・アスキュー)にその仕事を命じるのだった。誰を殺すのかも知らされず、ルークは村にやってくる。彼は酒場で下働きをしているマヌエルに懐かれ、彼の家に招かれる。彼は、父親が行方不明になったのち、呪術師のマリア(マグダ・コノプカ)に引き取られていた。

翌朝、殺す相手がいると告げられた場所に向かうルーク。何とそこに現れたのはマヌエルだった。ルークは躊躇するが、エルナンデス中尉がマヌエルを狙う。ルークはマヌエルを助けて逃げるのだった。マヌエルを助けるため、ルークは酒を断ち、銃の腕を取り戻す。ルークは以前、酒に酔い、誤って息子を撃ち殺してしまったという過去があり、その後酒に溺れてアル中になっていたのだった。

一方、マヌエルを狙う親戚たちにも動揺が見られた。弱音を吐いたベヌスティアーノは自殺に見せかけてエルナンデス中尉に殺された。そんな折、パンカルドの手下がマリアを人質に、ルークを詰問しにやって来る。ルークは彼らの隙を突いて銃で片付けるのだった。しかし、その間にマヌエルの姿が見えなくなる。彼はイグナシオの酒場に戻っており、イグナシオに騙されて溺死させられかかっていた。そこに駆けつけたルークがイグナシオを射殺、マヌエルを助ける。

しかし、イグナシオの妻(モニカ・ミゲル)にイグナシオを殺すところを見られてしまい、エルナンデスを呼ばれてしまう。軍を出動させるエルナンデス。ルークはマヌエルとマリアをイグナシオの酒場の床下に隠し、ヘススマリアを探しに向かう。ルークがドローレスの家に向かうと、そこではヘススマリアがドローレスを殺してしまったところだった。ルークは証人としてヘススマリアを連れて行こうとするが、銃撃戦の最中でヘススマリアは撃ち殺され、ルークは捕まってしまう。

拷問されたルークは、イグナシオに対してマヌエルの隠れ場所について嘘を付く。マヌエルを探しに行くイグナシオ。残されたルークは隙を突いて牢から脱出するが、まさにその時、兵士に見つかったマヌエルとマリアが連行されるところだった。銃撃戦の末、マリアとマヌエルを逃すルーク。しかし、それを見たエルナンデスは二人を追う。さらにそれを追いかけるルーク。

ルークはエルナンデスに追いつくが、エルナンデスはマヌエルを人質にルークに対し銃を捨てるよう迫る。言われたとおりに銃を捨てるルーク。絶体絶命かと思われた瞬間、二人の間にパンカルド一味が割って入る。何故約束を守らない、とルークに詰め寄るパンカルドだったが、ルークから実は殺害対象が子供だと知らされ激怒。子供を守ったルークを讃え、彼に銃を持たせるのだった。エルナンデスはルークを撃ち殺そうとするが、逆にルークに撃たれて息絶える。自らの副官にならないか、というパンカルドの誘いも、一緒に暮らそうというマヌエルの誘いも断ったルークは、馬でどこかへと去ってゆくのだった。

【感想】

『新・夕陽のガンマン/復讐の旅』(1967)や『復讐無頼・狼たちの荒野』(1968)のジュリオ・ペトローニ監督の日本未公開、テレビ未放送、ソフト未発売のマカロニウエスタン。アル中のガンマン、という他のマカロニウエスタンには登場しない異色のキャラクターが登場する作品です。主演のルーク・アスキューもマカロニウエスタンには本作のみの出演だと思われます。

割とストーリーが錯綜しており、今まで海外版ソフトで見ていても、いまいち話が分からず、辛いものがあったのですが、今回マカロニ大会で有志による字幕付きバージョンが上映され、やっと話が理解できました。話が理解できると、思った以上に面白い作品です。

特に前半は主人公がグダグダの単なるアル中だわ、ルーク・アスキューもあんまりヒーロー然とした容貌ではないわ、といった感じで、非常に暗いシーンが多く、マカロニウエスタンとして見ると少々盛り上がりに欠けるきらいがありますが、その前半が後半の展開に効いてきています。

一方、パンカルドに助けられるクライマックスの展開は、少々唐突というか、パンカルドのキャラクターが妙に善人善人しているのがちょっと不思議な感じというか、どうなんだこれ、という感じもあり。

リズ・オルトラーニの音楽は雄大でのんびりした印象で、マカロニウエスタンというより、ハリウッド西部劇っぽい感じがあります。

ダミアーノ・ダミアーニ(1975)『ミスター・ノーボディ2』

Un genio, due compari, un pollo
製作国: イタリア/フランス/西ドイツ
監督: ダミアーノ・ダミアーニ
出演: テレンス・ヒル/ロベール・シャルルボア/ミュウ=ミュウ/パトリック・マッグーハン

【あらすじ】

白人によるインディアンの迫害が続いていた西部開拓時代、ジョー・サンクス(テレンス・ヒル)という凄腕だが怠け者のガンマンがトゥーカムケアリの町にやって来る。町の顔役であるドク・フォスター(クラウス・キンスキー)をからかって小金をせしめていた彼だったが、アメリカ軍のペンブロック大佐(ジャン・マルタン)がクリストバル砦に向かっているという話を聞き、儲け話を思い付く。

旧知の相棒ビル(ロベール・シャルルボア)とルーシー(ミュウ=ミュウ)と再開したジョーは、ビルを大佐に変装させてクリストバル砦に送り込む。狙いは砦にある30万ドル。しかし、カボット少佐(パトリック・マッグーハン)はすぐにビルの正体に気づく。牢屋に入れられるビルとルーシー。砦に忍び込んだジョーはカボットと面会し、訳の分からないことを言って捕らえられるが、その際、わざと椅子に金粉をつけておくのだった。その後ジョーは砦の牢から脱出する。

金粉に気づいたカボットは、山に金鉱があると思い、インディアンに対し、豊かな狩場と金鉱のある荒れ野を交換することを提案する。交換は成立するが、そこにあるのは金鉱ではなく黄鉄鉱だと教えられたカボットは、騙されていたことに気づく。

依然30万ドルを狙っているジョーの裏をかこうと、ジョーに騙されたと怒っているビルを巻き込み、カボットは偽の紙幣と本物の紙幣を入れ替え、護送中にジョーに襲撃させる。しかし、ビルはその隙をついて30万ドルを持ち逃げする。それに気づいて追いかけるジョー。彼らは30万ドルの入った鞄を奪い合ううち、発破中の岩山に入り込んでしまう。爆発によって、彼ら二人もろとも30万ドルは塵となったのだった……と思いきや、実は発破すらジョーの仕込んでいた仕掛けだった。30万ドルを手にしたジョーは、それをインディアンの酋長に渡し、アメリカと戦うための資金にするのだった。

【感想】

この映画、明らかにタイトルで損しているところありますよね。普通のマカロニウエスタンとか、風来坊系統のタイトルだったら、ああ、テレンス・ヒル主演の後期コメディ・マカロニウエスタンの一作か。でもなんでモニュメント・バレーで撮影なんて豪華なことを……くらいの感じなんですが、『ミスター・ノーボディ』(1973)の続編か何かだと思って、期待して見るとハードルが上がっている分残念な気持ちに。

本作のオープニングシーンはセルジオ・レオーネが演出していることが知られていますが、明らかに他の部分とテイストが違うのが面白い。もちろん、ほかのパートが面白くないということではないのですが、カラーがだいぶ異なっています。そして、このオープニングはあまりストーリーとは直接的な関係はなさそうな感じ。

ストーリーは筋金入りの左派であるダミアーノ・ダミアーニらしい骨格があると言えばあるのですが、彼のスタイルとこういったタイプのコメディはしっくり来ているとは言いづらく、『群盗荒野を裂く』(1966)ほどの冴えは感じられません。

例によってクラウス・キンスキーはなんか一人でキンスキーっぽさというか異彩を放っているのですが、序盤に顔見せで登場して以降、一切登場しません。おそらくアメリカロケには同行していないと思われます。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ