今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

よみがえる日本映画

清水宏(1956)『霧の音』

製作国:日本
上映時間:84分
監督:清水宏
出演:上原謙/木暮実千代/藤田佳子/浦辺粂子

上高地の白樺林の美しい風景をバックに、『有りがたうさん』(1936)などても有名な清水宏監督が取り上げた物悲しいメロドラマです。

戦後間もないある中秋の名月の日、植物学者である大沼一彦(上原謙)は、助手でもあり、相思相愛の関係でもあるつる子(木暮実千代)と共に上高地の山小屋に滞在していました。そこに区議会議員選挙に出馬しようという大沼の妻が訪ねて来ます。苦悩する大沼の姿を見たつる子は、身を引く決意をして立ち去ってしまいます。

3年後の中秋の名月の日、既に妻を亡くしていた大沼は、娘と共に再び山小屋を訪れます。そこには芸者となったつる子も居たのでしたが、運命の悪戯か、出会うことができませんでした。そして、つる子は親切にしてくれた男と結婚してしまいます。

更に3年後、ついに大沼はつる子に再開するのでした。お互いの近況を報告し合い、後ろ髪引かれる思いで別れる二人。そしてまた3年。大沼は娘とその夫とともに、再び山小屋を訪れるのでしたが……

白黒映画で白樺林を美しく撮影した映画というと、ソビエトのアンドレイ・タルコフスキー監督の映画『僕の村は戦場だった』(1962)が思い浮かびますが、この映画の上高地の風景もとても美しい。

ストーリーは12年に渡る二人の男女のすれ違いを描いていますが、3年ごとのある1日の描写がされるのみ、そして舞台も上高地の山小屋とその付近のみ、というこじんまりとしたもので、テンポ良く進んで行きます。

12年の間に、ある者は出世し、ある者は去ってゆき、そしてある者は死んでゆく。霧深い上高地を舞台に、人生の無常さを感じさせるような映画にも仕上がっていました。

「パパ」と言う単語を聞いたことのなかったおはな婆さん(浦辺粂子)の誤解がきっかけとなる、最後のどんでん返しまで含め、ストーリーも面白く、また美しく、静かな印象が残る映画でした。

山村聰(1955)『沙羅の花の峠』

製作国:日本
上映時間:112分
監督:山村聰
出演:南田洋子/宍戸錠/利根はる恵/浜村純/山村聡

「フィルムセンター開館40周年記念③ よみがえる日本映画―映画保存のための特別事業費による」にて視聴。ある山奥の集落を舞台に、無医村の問題をユーモアたっぷりに描いた作品。監督は俳優としても活躍した山村聰。本作でも監督の傍出演もしています。

幼友達の若者たちが、ハイキングにやってきた。美しい山の景色や、山奥に見える素朴な集落に感動していると、どうやらその集落で急病人が出たらしい。

一行の中には病院でインターンをしている俊子(南田洋子)も混じっていたため、彼らは集落に様子を見に行った。すると、畳に寝かされていたのは太助(伊藤隆)という少年。腹痛で苦しんでいる様子。女性が診察してみるとどうやら盲腸らしい。彼らは医者を呼ぶべきだと主張するが、集落には医者はおらず、山向こうの医者も数年以上来ておらず、まだやっているかはわからないと言う。若者たちは二手に分かれ、一方は村人たちと太助を看病することにし、もう一方は山向こうにいるかもしれないという医者を呼びに行くことにするが……

ラストシーンの検事(滝沢修)の言葉「医者は営業じゃなきゃいけないんですかねぇ」という言葉が印象に残る、僻地の医師不足問題に切り込んだ佳作。映画の中では解決は描かれず、視聴者に問いかけを残したまま、幕は下ります。そのため、ラストシーンは少々唐突な印象も受けます。

無医村という深刻な問題を描きつつも、開明的な東京の若者たちと迷信深い村人たちのギャップがもたらすおかしみや、周辺で唯一の医者(山村聡)と彼を嫌う米屋の大将(平田未喜造)の関係など、随所にユーモアあふれるエピソードを挟み、軽やかに描かれています。

一方で、若者たちのみが登場する序盤のシーンは、あまりにも軽やかすぎて、爽やかさが逆にシュールになっている、という不思議なシーンも見られます。

と、欠点もありつつも、ラストシーンで明かされる医者の意外な正体をはじめ、娯楽作品としてもなかなか良くできた佳作です。

佐分利信(1952)『慟哭』

製作国:日本
上映時間:114分
監督:佐分利信
出演:佐分利信/木暮実千代/阿部寿美子/三橋達也

俳優として活躍した佐分利信が監督・主演を務めた映画。監督作としては5作目になるようです。「フィルムセンター開館40周年記念③ よみがえる日本映画ー映画保存のための特別事業費による」にて鑑賞。

劇作家の杉守(佐分利信)には長いこと病の床についていた妻・さと枝(丹阿彌谷津子)がいたのでしたが、ある日亡くなってしまいます。葬儀は所属する芸文座によって行われました。杉守はそこで女優の卵・夏川文子(阿部寿美子)と出会います。

文子の積極的なアプローチに戸惑う杉守でしたが、次第にその天真爛漫な魅力に惹かれていきます。一方、芸文座に所属する女優のひとりであり、以前さと枝と杉守を取り合った過去のある神近寿英子は、杉守を心配し、芸文座の新作を杉守に頼むのでした。

文子を主役にした新作を書くことを思いついた杉守は、彼女の女優としての稽古を寿英子へと依頼します。寿英子もそれを引き受け、真摯に指導してゆくのでしたが……

名優と呼ばれた佐分利信の監督作ということで、いわゆるスター映画というか、人気俳優が余技で作った映画かと思っていたのですが、なかなかどうして、どっしりとした重厚な映画に仕上がっています。

また、主演としての佐分利信も、はじめはこの役は別に彼じゃなくても……と思っていたのですが、さすがに名優、地味ながら説得力のある演技。天真爛漫な少女を演じる阿部寿美子も非常に魅力的。また、木暮実千代も、少々きつい表情ながら、誠実な女性をうまく演じていました。

映像を見ていると、ところどころ、特徴的なカットの繋ぎ方をしている部分が(特に二人の人物が会話するシーンにおいて)見られます。個々の繋ぎ方は多少の違和感を与えるくらいなのですが、それが総合的に見てひとつの特徴、味となっているように感じられました。

田中重雄(1953)『南十字星は偽らず』

製作国:日本
上映時間:92分
監督:田中重雄
出演:高橋三枝子/千田是也/若原雅夫/杉村誠一郎

京橋にあるフィルムセンターの「フィルムセンター開館40周年記念③ よみがえる日本映画ー映画保存のための特別事業費による」で鑑賞してきました。プログラムでは『南十字星は僞らず』と、「僞」の字体が異なっています。

本作は終戦後の1946年に、日本で代議士だった男が南方から現地妻のアインと子供を連れて帰国した、という「二人妻」事件というスキャンダルを、一方の当事者であった山崎アインの手記をもとに映画化したものだそうです。この事件は当時はかなり話題になったようです。

太平洋戦争中の南洋北ボルネオ。知事として赴任した矢崎(千田是也)のもとに、現地の女性アイン(高橋三枝子)が女中として奉公に入りました。その後、矢崎のもとに日本の妻が空襲により亡くなったとの情報がはいります。次第に惹かれ合う矢崎とアイン。

やがて二人の間には興南(杉村誠一郎)という子供もできました。そんな時、矢崎の妻が実は生きていたとの連絡が入ります。思い悩む矢崎とアイン。一方、戦況は刻一刻と不利になり、日本の敗戦が近づいてきていました……

日本映画なのに台詞の半分くらいがマレー語という不思議な映画。内容はべたべたのメロドラマです。率直に言って、ストーリー、演出ともにそこまで見るべきものはありません。まぁ、ストーリーについては関係者の殆どが存命だったため、あまり変な改変はできなかった、というのがあるとは思いますが。しかし、あのラストは「変な改変」ではないのだろうか……。それにしても内容はベタベタです。

ストーリーの粗さの典型的な例がアインの恋人だったワンテッキン(若原雅夫)の行動。アインのことを愛していると言いつつ、どうにも行動が場当たり的でよくわかりません。殿山泰司がアインの義兄アブトル・カリムに扮し、まるで現地人にしか見えない演技を披露していたのが、見どころと言えば見どころでしょうか。

鈴木清太郎(1957)『8時間の恐怖』

製作国:日本
上映時間:78分
監督:鈴木清太郎(鈴木清順)
出演:金子信雄/利根はる恵/深見泰三/植村謙二郎

「フィルムセンター開館40周年記念③ よみがえる日本映画―映画保存のための特別事業費による」本日の2本めの映画。鈴木清順監督が改名前、鈴木清太郎名義で監督した山道を走るバスを舞台にした、少々ブラックな群像劇のスパイスが効いたサスペンス。

山奥の駅、災害で鉄道が寸断され、夜行列車の運行が出来なくなっていました。駅長(織田政雄)に詰め寄る乗客たち。駅長は代行バスを運行することにし、株主総会へと急ぐ資産家の社長・中山泰造(深見泰三)とやす(三鈴恵以子)夫妻、学生運動へ向かう学生・青木(二谷英明)と女子学生(香月美奈子)、女性下着のセールスマン・花島(柳谷寛)、そして妻とその再婚相手を殺した元軍医の復員兵・森(金子信雄)と彼を護送する刑事・浅野など、いろいろな背景を持った人々を乗せ、バスは乗り換えの列車が到着する駅に向けて走りだそうとします。その時、駅長がある情報をもたらします。二人組の銀行強盗が逃走しており、付近の山道に潜んでいる可能性があるというのでした。一行は不安を感じながらも、バスを走らせるのでした。

途中、壊れかけた橋を渡ろうとした際、バスが停止した隙をついて乗客のひとりであった時枝(南寿美子)が赤ん坊を連れて自殺を図ります。乗客たちは何とか助けだすが、赤ん坊が息をしていません。元軍医の森が乞われて蘇生を試みます。走り続けるバスのなか、何とか赤ん坊の蘇生に成功したかと思われたその時、バスの前に二人組の男が立ちはだかります。彼らこそ逃走中の銀行強盗。二人はバスに乗り込み、闘争を図るのでした。

道中でバスは泥濘にタイヤを取られ、進まなくなります。乗客たちが車を降りて後ろから押すなか、乗客のひとり、夏子(利根はる恵)は銀行強盗のひとり・三郎(近藤宏)を誘い出し、足止めすることに成功。親分格の大井(植村謙二郎)が三郎の様子を見に行っている間に、バスは彼らを置いて走りだすことに成功します。ひとまず危機を脱したかのように思われた彼らでしたが、バスに銀行から奪った金を置いてきてしまった大井は、執拗にバスを追いかけるのでした……

もともとは密室とも言える山道のバスを舞台に、乗客たちとそれを狙う銀行強盗との戦いを描いたサスペンス……だったはずなのですが、鈴木清順(当時は清太郎)監督の手にかかった結果、極限状況の中で、それぞれの社会階級を代表するような登場人物たちのエゴとエゴがぶつかり合う、人間の醜さを浮き彫りにするような、一種異様な映画として仕上がってしまいました。言うなればブラック過ぎて笑えないブラックコメディ。こんな映画を撮ってしまったせいで、監督の鈴木清順は日活から半年間干されてしまったと言われています。

おそらく、鈴木監督が撮りたかったのは極限状況に置かれたときの醜い人間のエゴだったのでしょう。そのため、バス内部での仲間割れや言い争いに時間が割かれる一方で、夏子が三郎を罠に嵌める描写や、クライマックスの大井と乗客たちの戦いの場面は非常にあっさりしたもの。

一方、群像劇として見ればなかなか面白くはあるのですが、バスの乗客が14人+運転手と比較的多いため、影の濃いキャラクターと薄いキャラクターが出てきてしまい、いまいち描き分けのしきれていないような人物がいたのは残念な点ではありました。特に志摩桂子が演じた二号さんと、中原啓七が演じたその若いツバメは、クライマックスで重要な動きをするにも関わらず、それ以前でいまいち目立っていなかったのが残念。

殺人犯の元軍医を演じた金子信雄というと、ぼくにとっては「仁義なき戦い」シリーズの山守義雄のイメージが非常に強いのですが、本作では影のある男の役がぴったりとハマっていて驚きました。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ