今日こんな映画観た

日本未公開・未ソフト化の超マイナー映画から、誰もが知っている超大作まで、映画についての鑑賞メモ。
基本的にストーリーは結末まで記しているため、ご注意ください。

イギリス

バート・ケネディ(1971)『女ガンマン・皆殺しのメロディ』

Hannie Caulder
製作国: イギリス
監督: バート・ケネディ
出演: ラクエル・ウェルチ/アーネスト・ボーグナイン/ロバート・カルプ/ストローザー・マーティン

【あらすじ】

無法者のエメット(アーネスト・ボーグナイン)、フランク(ジャック・イーラム)、ルーファス(ストローザー・マーティン)のクレメンス兄弟は、ある町の銀行を襲い、その逃走中にコールダー氏の牧場から馬を盗もうとする。ルーファスは止めに入ったコールダー氏を射殺。家の中にいた妻ハニー(ラクエル・ウェルチ)を見つけると、3人で代わる代わる犯し、家に放火して馬を奪って去って行くのだった。

翌日、ハニーは通りかかったバウンティ・キラーのトーマス(ロバート・カルプ)に対し、自分に銃を教えてくれるよう頼む。初めは断ったトーマスだったが、ハニーの動機を知ると気を変えて協力することにする。町で服装を整えたハニーは、腕のいい鉄砲鍛冶のベイリー(クリストファー・リー)に自分用の銃を作ってもらうため、トーマスと共にメキシコに向かう。ベイリーの家でトーマスから銃の手ほどきを受けるハニーだったが、そこに一人の牧師(スティーヴン・ボイド)が現れ、ベイリーに弾倉の修理を依頼する。

ハニーはベイリーから引鉄が2つある特製の銃を受け取る。下の引鉄を引くと、撃鉄が起きて、上の引鉄を引いて撃つことができる、という変わった銃だ。ハニーの特訓が終わったころ、ベイリーの家を無法者たちが襲う。ベイリー、トーマスと共に立ち向かうハニーだったが、怪我を負わせた無法者に留めを刺すことを躊躇しているところをトーマスに助けられるのだった。

アメリカの街に戻るトーマスとハニー。トーマスはフランクを見つけ、保安官事務所に連行しようとするが、それを見たエメットが放った投げナイフを腹に受けてしまう。ホテルに運ばれたトーマスは、ハニーの前で事切れるのだった。ハニーはサルーンにいたフランクを決闘の末殺し、ルーファスも始末する。そして、旧刑務所で待つと、エメットに言付けるのだった。

旧刑務所で対決するハニーとエメット。エメットは物陰から投げナイフでハニーを刺そうとするが、そこに居合わせた牧師によって防がれる。そして決闘の末、ついにエメットは斃れるのだった。

【感想】

ラクエル・ウェルチを起用したお色気系西部劇、と思いきや、意外にも(?)内容は真っ当な復讐劇です。夫を殺された(ガンマンではないという意味で)一般人が、銃の達人の手ほどきを受け、自らの手で仇を打っていく、という筋書きは意外なほどに真っ当というか、スタンダード。一方で、多少コミカルなシーンも入っているのですが、その辺が全体のテイストとうまく合っているかと言われると、ちょっと判断が分かれるところ。

上半身は裸にポンチョを羽織っているだけ、というウェルチのスタイルは、西部劇基準では割と露出度高め。彼女が銃を抜こうとするたびに、ちらっちらっと見える脇腹が、チラリズム的な意味で逆に色っぽい。

ハニーがベイリーに作ってもらう銃をはじめ、なんか面白かったり、あまり見たことがない銃がちらほら登場しているのも見所の一つといえば一つですかね。ハニーの特製銃は、あまりストーリーの上で活かされていた気はしないのですが。

本作はイギリス映画なので、マカロニウエスタンの範疇には含まれないのですが、ほとんどのシーンのロケ地がマカロニウエスタンでお馴染みのアルメリア、タベルナスの荒野ということもあって、非常にマカロニウエスタン感が強いです。最序盤のコールダー家の牧場はフォート・ブラボー付近の荒野、序盤に出てくる街はフォート・ブラボーで撮影されていますし、後半の街はレオーネが建てたミニ・ハリウッドのセットで撮影されています。『夕陽のガンマン』(1965)ではエル・パソ銀行として使われていた建物が、本作ではホテルとして使われているのですが、この建物がホテルとして使われているケースってかなり珍しい気がします。だいたい、銀行とか、あとカジノとか。最後の旧刑務所のセットは、あれはどこだろう。

ロケ地がスペインの割には、マカロニ俳優はそんなに目につかないのですが、謎の牧師役で『増える賞金、死体の山』(1973)にも出ているスティーヴン・ボイドが出ていたり、ベイリーを襲うメキシコのならず者役でアルド・サンブレルが顔を出していたりはします。ボイドはスペイン人ではないですが。

デブス・ガードナー・パターソン(2010)『アフリカ・ユナイテッド』

Africa United
製作国:イギリス/南アフリカ/ルワンダ
上映時間:88分
監督:デブス・カードナー・パターソン
出演:Eriya Ndayambaje/Roger Jean Nsengiyumva/Sanyu Joanita Kintu/Yves Dusenge/Sherrie Silver

2013年5月17日から23日までオーディトリウム渋谷でCinema Africa 2013という、アフリカ映画の特集上映が行われました。開催を知ったのが最終日の2日前だったので、見たい映画をすべて見るというわけにはいきませんでしたが(『アフリカ・パラダイス』(2006)が見られなかったのが非常に残念)、3本の映画を見てきました。本作、『アフリカ・ユナイテッド』はそのうちの一本です。IMDbでは2010年制作となっていますが、Cinema Africa 2013パンフレットには2008年制作と記載されており、そちらを採用しました。

ルワンダに住むサッカー少年ファブリズ (Roger Jean Nsengiyumva) は、たまたま村を通りかかったW杯南アフリカ大会の開会式に出演する子供たちの取りまとめをしているバクの目に留まり、キガリで行われる選考会に出るように勧められます。教育ママの目を盗み、友人であり「監督」であるドゥドゥ (Eriya Ndayambaje)、ドゥドゥの妹ベアトリス (Sherrie Silver) と共にキガリ行きのバスにこっそりと無賃乗車をします。

しかし、そのバスの行き先はキガリではなく、何と隣国のコンゴ民主共和国。路頭に迷った3人は難民キャンプに連れて行かれてしまいます。そこで出会った元少年兵のフォアマン・ジョージ (Yves Dusenge) の手助けによって難民キャンプからの脱走に成功した4人は、開会式に出るため、コンゴからはるばる南アフリカのヨハネスブルグを目指すことに。

途中ブルンジで売春婦のセレステ (Sanyu Joanita Kintu) も仲間に加わり、トラックやフェリーに乗せて貰ったり忍び込んだりして、南アを目指す彼らでしたが、ジョージを追う民兵やサバンナの野生生物に追い回され、様々な困難に巻き込まれてしまいます。さらにドゥドゥにはある秘密が……。果たして「チーム」は無事にヨハネスブルグにたどり着けるのでしょうか、というお話。

本作はルワンダ、コンゴ、タンザニア、ジンバブエ、南アフリカなど、アフリカ中南部の様々な国を舞台にしたロードムービー。どこまで各地域で実際のロケをしたのか分かりませんが、ルワンダの村、タンガニーカ湖、タンザニアのジャングル、サバンナ、ヨハネスブルグの都会などが登場し、アフリカにも様々な景色がある、という当然のことを思い出させてくれます。

オープニング、ドゥドゥがいきなりコンドームを使ったサッカーボールの作り方を説明しながら、エイズ防止の啓発を始めるのには面食らいましたが、少々無理やりながらもそれが映画の導入につながっており、映画的にも無理のない構成。少年兵の存在、未だに社会の上の階層として存在する白人、エイズ検査、貧困など「いわゆるアフリカ的な」問題にも触れながらも、基本的にはファンタジーテイスト溢れるエンターテインメント映画になっています。

南アフリカを目指すドゥドゥたち一行の物語と、その中でドゥドゥが仲間たちに話す自作の神話(なんと人形芝居で表現される)がシンクロする構造の映画なのですが、何となくエイモス・チュツオーラの小説を連想する部分もありました。人形芝居に出て来た太陽の神様は何とも言えない味があったなぁ……

監督がイギリス人女性監督ということもあり、今回Cinema Africa 2013で見た他の映画とは異なり、いわゆる外から見たアフリカという視点になっていると感じる部分もあります。また、啓蒙的な映画という側面も感じられます。その一方で、アフリカ初のW杯が行われるという盛り上がりや、恐らく実際のW杯で撮影されたのであろうクライマックスは迫力に溢れています。

映画中、恐らくスワヒリ語と思われる歌をみんなで口ずさむシーン以外は彼らはほとんど英語を話すのですが、部族言語が入り乱れているアフリカで、さらに彼らが通る国はルワンダから南アまで、コンゴ以外はすべて英語を公用語としている国家ということを考えると、映画内での設定というより、実際にそういう言語環境なのだろうなぁ、と思わされます。

ジャック・カーディフ(1968)『戦争プロフェッショナル』

The Mercenaries
製作国:イギリス
上映時間:103分
監督:ジャック・カーディフ
出演:ロッド・テイラー/イヴェット・ミミュー/ジム・ブラウン/ペーター・カルステン

数々の映画で撮影監督としても活躍したジャック・カーディフの監督作品。この他にも長編劇映画では13本ほど監督しているようです。主演はオーストラリア出身の二枚目俳優ロッド・テイラー。

 アフリカの某国政府軍に、4人の戦争のプロが雇われた。任務は、反乱軍に襲われつつある町から住民を脱出させること。彼らは早速、現地へ飛ぶが、反乱軍も時を同じくして町へ襲いかかってきた……。傭兵の活躍を描いた冒険アクション。

上の解説にある4人の戦争のプロ、はおそらくアメリカ人傭兵カリー大尉(ロッド・テイラー)、ドイツ人のヘンライン大尉(ペーター・カルステン)、医師のドク・リード(ケネス・ムーア)、コンゴ人兵士のルーホー軍曹(ジム・ブラウン)だと思われます。ただ、ストーリー上明確に雇われ兵なのはカリーだけで、他の人々はもともと現地に駐在しているような描写もあります。

本作はジャック・カーディフ監督の代表作と推す人もいるようなのですが、ぼくには少々合わない部分もある映画でした。ヘンライン大尉はナチス支持者の悪役という設定なので共感できないキャラ設定なのはともかく、ドク、カリーともにいまいち感情移入できないキャラクターなのが、ぼくにとっては少々難点でした。

Allcinemaの解説では「反乱軍に襲われつつある町から住民を脱出させること」とありますが、実際の主眼はその街に置いてあるダイアモンドを無事に政府のもとに持ってゆくこと。そのため、避難民の脱出が遅れ、結局反乱軍に追いつかれ、避難民の半数以上は結局殺されてしまいます。この辺り、戦争プロの傭兵としては正しい判断なのでしょうが、どうにも後味がよくありません。

その他にも、自分が無理やり連れて行ったドクへの報酬を勝手に捨てたり、無理やり妊婦のもとに連れて行った上、手術に時間がかかるとなると彼を置いてゆくなど、どうにもカリーのキャラクターが……

ただ、ダイアモンドが反乱軍に奪われてからの展開はなかなか面白いです。ルーホー軍曹と協力し、カリーが敵中に潜入してゆく作戦などもなかなか見所です。この調子で全編やってくれれば、かなり面白い映画になったのですが……

というより、B級活劇タイプの筋書きの中に、植民地支配に対するメッセージを過剰に盛り込んでしまったため、少々バランスの悪い映画になってしまったように感じられました。はじめからメッセージ性の高い映画なのだと思っていていたら、また違う楽しみ方ができたのかもしれません。

マイケル・ドライハースト(1980)『ハイパー・ウェポン/最終狙撃者』

The Hard Way
製作国:イギリス
上映時間:88分
監督:マイケル・ドライハースト
出演:パトリック・マクグーハン/リー・ヴァン・クリーフ/エドナ・オブライエン/ドナル・マッキャン

マカロニ・ウエスタン後のリー・ヴァン・クリーフ出演作品のひとつ。アイルランドの荒涼とした大地を舞台にした骨太のクライム・スリラーです。監督のマイケル・ドライハーストは主にプロデューサーを務めていた人物のようで、監督作はこの一本のようですね。主演のパトリック・マクグーハンはTVドラマ「刑事コロンボ」や「プリズナーNO.6」で有名になった俳優のようです。ぼくは恐らく今回初めて接しました。

腕のいいスナイパーだったジョン・コナー(パトリック・マクグーハン)は引退し、荒涼たるアイルランドの片田舎でひっそりと暮らしていました。しかし、そんな彼の腕を必要としたマクニール(リー・ヴァン・クリーフ)によって、妻のキャサリーン(エドナ・オブライエン)を人質に、半ば無理やり引きずり出されてしまいます。暗殺のターゲットはダブリンからパリへ飛行機で向かう黒人神父。

着々と暗殺の準備を整える一味でしたが、ジョンは土壇場で裏切り、マクニールの手下を殺して逃走します。彼を殺すため、マクニールはライアン(ドナル・マッキャン)を始めとする腕利きを雇いますが、地の利を得たジョンには敵いません。ジョンを自らの屋敷におびき寄せ、決着をつけようとするマクニールでしたが……というお話。

地味です。全編非常に地味。登場人物も主人公であるマクグーハンや敵役であるクリーフを始めおっさんだらけ。しかし、面白くないかというとそんなことは全くなく、緊迫感あふれるカット割りや間など、緊張感を高める工夫がいろいろと凝らされています。アイルランドの荒涼とした山地も映画の雰囲気作りに非常に役立っていました。

クライマックスの決闘も、配電盤(ブレーカー)を使ってジョンを翻弄するマクニールと彼の居所を必死に探すジョン、というなかなか工夫の凝らされたもの。ただ、まぁ、最終的にどうなるかは終盤には完全に読めてしまうのが欠点といえば欠点か。

また、ところどころに妻であるキャサリーンのモノローグが挿入されるのですが、(特に序盤は)本編との繋がりが分かりづらく、テンポを悪くしてしまっていた感じがあるのが残念です。

しかし、クリーフは当然として、マクグーハンも渋い燻し銀のスナイパーを好演していました。スナイパーものというと、『殺しのテクニック』(1966)や『狙撃』(1968)が思い出されます。本作はそれらに勝る……とは言えませんが、銃器の描写も非常に丁寧であり、見応えのあるスナイパー映画の一本と言えるでしょう。

本作はallcinemaでは劇場映画として紹介されているのですが、IMDbではTV映画として登録されているようです。どちらが正しいんだろう……?

ルイス・ギルバート(1967)『007は二度死ぬ』

You Only Live Twice
製作国:イギリス
上映時間:117分
監督:ルイス・ギルバート
出演:ショーン・コネリー/若林映子/浜美枝/丹波哲郎

007シリーズ5作目。このブログでは3作目の『007/ゴールドフィンガー』(1964)と4作目の『007/サンダーボール作戦』(1965)が未紹介になっていますが、先にこちらの作品をご紹介します。本作の監督はルイス・ギルバート。本作と合わせて全部で3作の007シリーズを演出しています。

 米ソの宇宙ロケットが、次々と行方不明になるという事件が発生した。事件の背後にスペクターの影を見いだした英国情報部は、真相究明のため、ジェームズ・ボンドを日本に派遣する。日本の情報部局長、タナカの助けを得て、ボンドはスペクターの秘密基地に潜入するが……。ボンドの宿敵、ブロフェルドをD・プレザンスが演じたシリーズ第5作。大掛かりな日本ロケと、宇宙にまで舞台を広げたストーリーのミス・マッチが何ともユニーク。一部では007の“裏ベスト1”とも言われている。ナンシー・シナトラの歌う主題歌と、蛇の目傘がバックに映るタイトルバックもチグハグだが、印象深い。

日本が舞台、ということで今でもしばしば話題になる本作ですが、ヘンなオリエンタリズムに注力しすぎることなく、荒唐無稽ながらしっかりしたジェームズ・ボンド作品になっているのは、さすがにシリーズ5作目の貫禄でしょうか。米ソ冷戦にスペクターが絡む、という当時の007お馴染みの展開ですが、冷戦も遠ざかった今の目で見ると、少々滑稽に思えてしまうのは、仕方がない面もあります(特にソ連の陰謀だと頑なに信じこむアメリカ首脳が間抜けに見えてしまう)。

Qの創りだす秘密兵器は本作でも大活躍しますが、それよりも活躍するのが丹波哲郎演じる田中が開発した煙草に仕込める弾丸と、彼の忍者軍団というのが、また何とも。

当時の東京都内でロケが行われているので、そういった1960年代の日本の様子が垣間見られるのも面白い点です。他には姫路城や坊津でもロケをおこなっているようです。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
【PR】
このサイト経由でDVDを買ったりするとポイントが貯められる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
タグクラウド
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ