製作国: 日本
監督: 安田公義
出演: 勝新太郎/高田美和/滝瑛子/平幹二朗/伊井友三郎

【あらすじ】

座頭市(勝新太郎)は幼い頃はぐれた父親の面影を追い求め、かつて初日の出を見に行った妙義山でご来光を拝もうと、笠間の宿に向かっていた。宿外れで一人の男から手紙を預かった市は、笠間宿の旅籠、武蔵屋で女中を勤めるお仙(滝瑛子)にそれを届ける。正月稼ぎを目当ての旅芸人たちでいっぱいの武蔵屋に宿をとった市は、行方知れずとなった名主の父を探し求める娘お咲(高田美和)と相部屋になる。

一方、土地の顔役である甚兵衛(上田吉二郎)は、旅芸人たちに高額の場所代を要求する。文句を言う芸人たちだったが、代官加島五郎太(河野秋武)の後ろ盾のある甚兵衛には逆らえない。そんな武蔵屋に、市に手紙を託した男、新助(千波丈太郎)が訪ねてくる。彼はお仙の兄で、江戸に強訴に向かった、お咲の父である名主を、甚兵衛たちにそそのかされて殺したが、甚兵衛たちに裏切られ、島流しになっていたが、復讐のため、島抜けして舞い戻ってきたのだった。二人の話を聞く市。

その夜、甚兵衛の賭場に出向いた市は、文無しの老人儀十(伊井友三郎)と、代官の用心棒をしている沖剛之助(平幹二朗)と出会う。儀十からは父の面影を感じ、一方で剛之助とは一瞬で互いの技量を認め合った。

ある夜、新助の隠れ家を尋ねるお仙について行った市だったが、甚兵衛の手下に後をつけられ、新助は殺されてしまう。今際の際に、名主殺しの経緯を聞いた市だったが、それをお先には話せなかった。しかし、父の死を知ったお咲は、知っていながらそれを告げなかった市を責める。市はお咲を村に送り返すため、儀十に道案内を頼む。しかし、儀十は酒代欲しさにお咲を甚兵衛に売ってしまう。関所に監禁されるお咲。市に懐いていた角兵衛獅子の兄弟からそのことを知らされた市は関所に向かう。

助け出したお咲を角兵衛獅子の兄弟に預けた市は、そのまま関所に殴り込みをかける。ついに対決することになった市と剛之助。数合の打ち合いの末、市の刀の前に剛之助は倒れる。市はそのまま加島、甚兵衛らを打ち滅ぼし、ご来光を拝むために妙義山に向かうのだった。

【感想】

昨日ご紹介した『座頭市血笑旅』(1964)に続く、シリーズ9作目が本作。監督の安田公義は本作の他には第5作『座頭市喧嘩旅』(1963)、第15作『座頭市鉄火旅』(1967)、第18作『座頭市果し状』(1968)、第22作『新座頭市 破れ!唐人剣』(1971)、第25作『新座頭市物語 笠間の血祭り』(1973)の、合わせて6作品で監督を務めています。

前作と比べると、流れ者の主人公が、旅先で権力者によって苦しめられている被害者を助ける、という、何というかTV時代劇のテンプレート感の強い作品なのですが、市が父の面影を見出す儀十や、市の好敵手として登場する剛之助など、なかなか魅力的なキャラクターが多数登場しており、そういった部分を見るのは非常に面白い。また、殺陣のシーンについては前作よりも力が入っており、迫力がある印象があります。

序盤、旅芸人たちの中に中田ダイマル・ラケットが混じっているのが賑やかで面白い。また、平幹二朗は出演当時30歳前後だったと思われますが、息子の平岳大と非常によく似ていて驚きました。