製作国: 日本
監督: 三隅研次
出演: 勝新太郎/高千穂ひづる/石黒達也/金子信雄

【あらすじ】

文珠の和平次(石黒達也)率いる追っ手に追われつつ甲州路を行く市(勝新太郎)。道中で籠を雇うが途中で、赤ん坊を抱えながら差し込みに苦しんでいるおとよ(川口のぶ)に気づいた市は、自分の駕籠を彼女に譲ってやる。しかし、おとよは待ち伏せしていた和平次たちに人違いで殺されてしまう。それを知った市は、駕籠かきの土平(沖時男)と馬助(越川一)と共に、信州宮本村のおとよの亭主宇之助(金子信雄)の元まで赤ん坊を連れてゆくことにする。

四人連れで旅を始めた市たちだったが、そんな市を和平次たちが襲う。一人を返り討ちにした市だったが、土平と馬助は和平次たちを恐れ、逃げ出してしまっていた。赤ん坊と二人で旅を続ける市。一方の和平次は、土地の顔役である半五郎(杉山昌三九)を抱き込み、市を付け狙う。

賭場で大立ち回りを演じた市は、その翌日、侍に追われる掏摸お香(高千穂ひづる)を助け、赤ん坊の世話をしてもらう為に彼女を雇う。和平次の襲撃をかわしながら三人は宮本村にたどり着く。市は宇之助のもとに向かうが、堅気だったはずの宇之助はやくざの頭になっていた。宇之助にはおとよも赤ん坊も知らないと言われ、市は屋敷から追い返される。

おとよの遺髪を弔うため、寺を訪れた市だったが、和尚(加藤嘉)から、赤ん坊は寺に置いていくよう諭される。赤ん坊に愛情を感じていた市は当初渋るが、彼のためを思い、和尚に託すことにする。そこに宇之助からの呼び出しが入る。和平次から市のことを聞いた彼は、自分の名を上げるため、市を騙し討ちにしようとしていたのだ。得意の聴力を封じる、松明を使った宇之助たちの作戦に苦戦する市だったが、結局は和平次も宇之助も市の仕込み杖の前に倒れた。和尚に別れの挨拶をすると、彼は子守唄を口ずさみながら、どこかへの去っていくのだった。

【感想】

本作は「座頭市」シリーズの第8作にあたる作品なのですが、実はこのシリーズを見るのは本作が初めてだったりします。勝新太郎の出演作は「座頭市」シリーズといい、「兵隊やくざ」シリーズといい、ものすごく長いシリーズ作品が多く、ちょっと手が出しづらい印象があったんですよね。なんか、見るならやっぱり第1作からじゃないとダメかなあ、とか。まあ、この時代のこういうシリーズ作品は、大抵そんなことはないんですが。本作も、市が基本的に善人で、仕込み杖を使った抜刀術がものすごい強い盲人、ということだけ把握しておけば、まあ、ほぼ問題はない感じ。

三隅研次監督は本作のほかには、第1作の『座頭市物語』(1862)、第12作『座頭市地獄旅』(1965)、第17作『座頭市血煙り街道』(1967)、第19作『座頭市喧嘩太鼓』(1968)、第21作『座頭市あばれ火祭り』(1970)と、全部で6作品で監督を務めている模様。74年のTV版でも監督に名を連ねているようです。

子連れの勝新ということで、ユーモラスな演出も比較的多く見られる本作ですが、殺陣は地味ながら、市の人間味が色濃くにじみ出ていたり、勝新のキャラクター性の明るい部分が印象に残ります。初めて見た「座頭市」が甲州路を舞台にしているというのも、山梨在住のぼくとしては何かの縁でしょうか。と言っても、韮崎から信州の方に抜ける部分が舞台になっているので、あまり生活圏とは重なっていませんが。

殺陣は全体的に地味なのですが、クライマックスの燃える裾を翻しながら戦うシーンは迫力があり、また絵的にも非常に鮮やかで印象的です。

しかし、以前たまたま観た『兵隊やくざ強奪』(1968)といい、なぜか勝新映画は彼が赤ん坊を拾う映画ばかり観ているような気がします。