Hannie Caulder
製作国: イギリス
監督: バート・ケネディ
出演: ラクエル・ウェルチ/アーネスト・ボーグナイン/ロバート・カルプ/ストローザー・マーティン

【あらすじ】

無法者のエメット(アーネスト・ボーグナイン)、フランク(ジャック・イーラム)、ルーファス(ストローザー・マーティン)のクレメンス兄弟は、ある町の銀行を襲い、その逃走中にコールダー氏の牧場から馬を盗もうとする。ルーファスは止めに入ったコールダー氏を射殺。家の中にいた妻ハニー(ラクエル・ウェルチ)を見つけると、3人で代わる代わる犯し、家に放火して馬を奪って去って行くのだった。

翌日、ハニーは通りかかったバウンティ・キラーのトーマス(ロバート・カルプ)に対し、自分に銃を教えてくれるよう頼む。初めは断ったトーマスだったが、ハニーの動機を知ると気を変えて協力することにする。町で服装を整えたハニーは、腕のいい鉄砲鍛冶のベイリー(クリストファー・リー)に自分用の銃を作ってもらうため、トーマスと共にメキシコに向かう。ベイリーの家でトーマスから銃の手ほどきを受けるハニーだったが、そこに一人の牧師(スティーヴン・ボイド)が現れ、ベイリーに弾倉の修理を依頼する。

ハニーはベイリーから引鉄が2つある特製の銃を受け取る。下の引鉄を引くと、撃鉄が起きて、上の引鉄を引いて撃つことができる、という変わった銃だ。ハニーの特訓が終わったころ、ベイリーの家を無法者たちが襲う。ベイリー、トーマスと共に立ち向かうハニーだったが、怪我を負わせた無法者に留めを刺すことを躊躇しているところをトーマスに助けられるのだった。

アメリカの街に戻るトーマスとハニー。トーマスはフランクを見つけ、保安官事務所に連行しようとするが、それを見たエメットが放った投げナイフを腹に受けてしまう。ホテルに運ばれたトーマスは、ハニーの前で事切れるのだった。ハニーはサルーンにいたフランクを決闘の末殺し、ルーファスも始末する。そして、旧刑務所で待つと、エメットに言付けるのだった。

旧刑務所で対決するハニーとエメット。エメットは物陰から投げナイフでハニーを刺そうとするが、そこに居合わせた牧師によって防がれる。そして決闘の末、ついにエメットは斃れるのだった。

【感想】

ラクエル・ウェルチを起用したお色気系西部劇、と思いきや、意外にも(?)内容は真っ当な復讐劇です。夫を殺された(ガンマンではないという意味で)一般人が、銃の達人の手ほどきを受け、自らの手で仇を打っていく、という筋書きは意外なほどに真っ当というか、スタンダード。一方で、多少コミカルなシーンも入っているのですが、その辺が全体のテイストとうまく合っているかと言われると、ちょっと判断が分かれるところ。

上半身は裸にポンチョを羽織っているだけ、というウェルチのスタイルは、西部劇基準では割と露出度高め。彼女が銃を抜こうとするたびに、ちらっちらっと見える脇腹が、チラリズム的な意味で逆に色っぽい。

ハニーがベイリーに作ってもらう銃をはじめ、なんか面白かったり、あまり見たことがない銃がちらほら登場しているのも見所の一つといえば一つですかね。ハニーの特製銃は、あまりストーリーの上で活かされていた気はしないのですが。

本作はイギリス映画なので、マカロニウエスタンの範疇には含まれないのですが、ほとんどのシーンのロケ地がマカロニウエスタンでお馴染みのアルメリア、タベルナスの荒野ということもあって、非常にマカロニウエスタン感が強いです。最序盤のコールダー家の牧場はフォート・ブラボー付近の荒野、序盤に出てくる街はフォート・ブラボーで撮影されていますし、後半の街はレオーネが建てたミニ・ハリウッドのセットで撮影されています。『夕陽のガンマン』(1965)ではエル・パソ銀行として使われていた建物が、本作ではホテルとして使われているのですが、この建物がホテルとして使われているケースってかなり珍しい気がします。だいたい、銀行とか、あとカジノとか。最後の旧刑務所のセットは、あれはどこだろう。

ロケ地がスペインの割には、マカロニ俳優はそんなに目につかないのですが、謎の牧師役で『増える賞金、死体の山』(1973)にも出ているスティーヴン・ボイドが出ていたり、ベイリーを襲うメキシコのならず者役でアルド・サンブレルが顔を出していたりはします。ボイドはスペイン人ではないですが。