Walking with the Dead
製作国: アメリカ
監督: スコット・ダウ
出演: ティム・オグレトゥリー/ジャクイ・ホーランド/デイヴ・シェリダン/トロイ・オグレトゥリー

【あらすじ】

息子のファウルボールを頭に食らい昏倒していた保安官リンカーン(デイヴ・シェリダン)が病院で目をさますと、そこはゾンビ・アポカリプス後の世界だった。妻バービー(ナタリー・マッケンナ)、息子クリス(メイソン・ダコタ・ギャリオン)と、彼女の勤め先だったストリップ・バーで再会したリンカーンだったが、その直後、バービーはゾンビに胸を噛まれてしまう。躊躇なくバービーを撃ち殺すクリス。

リンカーンはクリスを連れ、病院で出会ったシカゴ(ジョーイ・オーグルズビー)とグリーンベイ(ティム・オグレトゥリー)が立て籠もっているというモールに向かう。モールには彼らの他に、おもちゃのボーガンを使うドーネル(アンドリュー・ポッツァ)に、ブルックリン(ソフィア・テイラー・アリ)とハーレム(ダニエレ・ガルシア)の姉妹もいた。その夜、モールはゾンビの襲撃を受けるが、そのゾンビの中にいたロミオ(トロイ・オグレトゥリー)はブルックリンを守る。リンカーンは彼らを連れて平和だという噂を聞いた農場を目指すことに。

農場にはアブラハム(リチャード・ルーケンス)とサラ(マーサ・プレンティス)の老夫婦と、彼らの娘であるアイザック(ジャクイ・ホーランド)がいた。アイザックは彼らの年齢を心配し、ゾンビ・アポカリプスのことを伏せていた。歓待を受ける一行。だが翌日、アイザックと共にマリファナ・パーティーを開いたグリーンベイがラリって花火を打ち上げてしまったことで、ゾンビを呼び寄せてしまう。

必死にゾンビを撃退する一行だったが、そこにラジオを通して政府からの発表が届く。解毒薬を水道に混ぜたので、ゾンビを見つけ次第水をかけろというのだ。襲い来るゾンビを水で正気に返して行く一行。その夜、正気に戻った生存者達と共にパーティーを行う。しかし、ラジオが今度はテキサス大の小惑星が地球に墜落しつつあることを告げるのだった……

【感想】

真面目にあらすじを書く意味はあるのだろうか、というタイプの映画ですね。最後の小惑星云々はいわゆる「オチ」の部分。ベースとしてあるのはTVドラマ「ウォーキング・デッド」のパロディ。直接的なシーンやシチュエーションのパロディはほぼ全てこの作品からのものなので、少なくともシーズン2あたりまで見てないとパロディ的な面白さはほとんど味わえない気がします。そして、パロディネタが分からないと、はっきり言ってあまり面白くない作品です。

シカゴ、ブルックリン、ハーレムあたりのキャラクターは『ゾンビランド』(2009)のパロディ。その他『28日後…』(2002)や『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)からのパロディもあるようなのですが、ぼくはこの2本は未見なのでなんとも言えないところ。

バカバカしいところの多い、気楽なパロディ・コメディ映画ですね。