Earth vs. the Flying Saucers
製作国:アメリカ
上映時間:83分
監督:フレッド・F・シアーズ
出演:ヒュー・マーロウ/ジョーン・テイラー/ドナルド・カーティス/モリス・アンクラム

日本では西部劇映画の監督しても知られるフレッド・F・シアーズが監督したSF映画。UFOなどの特撮は『原子怪獣現わる』(1953)で一躍その名を知られるようになった巨匠レイ・ハリーハウゼン。主演のヒュー・マーロウは『地球の静止する日』(1951)にも出演しています。

 宇宙からの侵略者によって、人工衛星を搭載したロケットが撃墜された。科学者マーヴィン博士と妻のキャロルの前に現れたエイリアンは、地球の無条件降伏を要求するが……。レイ・ハリーハウゼンの特撮が見どころのSF映画。

当時のSF映画らしく、筋立てはシンプルであっさりしています。アメリカ(つまるところ世界)の宇宙開発の責任者であるマーヴィン博士(ヒュー・マーロウ)の元に宇宙人が現れ、研究所を壊滅させたあと、無条件降伏を迫ります。宇宙人の物証がないため、はじめは上層部に発言を採用されないマーヴィン博士でしたが、やがて宇宙人からの最後通告が来るに至り、協力して新兵器を開発、宇宙人との決戦に挑む……というもの。

この映画の大きな見所は2つ。ひとつはマーヴィン博士の妻キャロルを演じるジョーン・テイラーの美しさ。彼女は『荒野の待伏せ』(1955)など西部劇にも多く出演しているようです。もう一つは何と言ってもレイ・ハリーハウゼンの特撮。UFOが回転しながら移動するシーンなど、気の遠くなるような手間が掛けられています。CGもない時代にこの質感は本当にすごい。

また、クライマックスのアメリカ軍(つまるところ地球)対宇宙人の攻防戦もなかなか面白い。全世界に散らばっていたはずのUFOがいつの間にかワシントンに集結しているのはご愛嬌。国会議事堂やホワイトハウスにがんがん降ってくるUFOはなかなか迫力があり、面白い。ワシントンの観光名所を把握していたら、もっと楽しめたかもしれません。