製作国:日本
上映時間:96分
監督:石井輝男
出演:吉田輝雄/渡辺文雄/小池朝雄/賀川ゆき絵

胃が痛い……。いや、こういうエログロものって本来かなり苦手だったはずなんですよ。最近だいぶ馴らされてはきましたが、本作はかなりお腹いっぱいな感じです。視聴の幅がこの方向に広がることは果たして良いことなのかどうなのか……。そんなことを考えながらも、石井輝男監督の手による、いわゆる「異常性愛シリーズ」の一作『徳川女刑罰史』のご紹介です。

本作は残酷な刑罰に疑問を感じる奉行・吉岡頼母(吉田輝雄)とサディスティックな拷問に喜びを感じる奉行・南原一之進(渡辺文雄)の目を通して3つのストーリーが展開される、という緩やかな連作短編の形式を取った映画になっています。

一つ目のエピソードは貧しい長屋の兄妹が主人公。兄・新三(吉田輝雄の二役)は腕のよい大工でしたが、不慮の事故で大怪我を負ってしまいます。彼の治療代を世話したのは妹・みつ(橘ますみ)を妾にしようと企む豪商・巳之助(上田吉二郎)でした。目の前でみつを犯された新三は、みつへの隠してきた想いを打ち明け、二人は結ばれます。思い悩んだ新三は自殺を図りますが、病身のため死にきれません。そこへ帰って来たみつは新三の首に刺さったノミを引き抜き、彼を殺します。その咎によって捕らえられたみつは、吉岡に近親相姦を自白し、刑に処されるのでした。

二つ目のエピソードは尼寺が舞台。ある尼寺に高貴な血を引く尼僧・玲宝(賀川ゆき絵)がやって来ました。この尼寺の隣には寺があり、その寺の僧・春海(林真一郎)と尼僧・妙心(尾花ミキ)の秘められた仲に気づいた玲宝は、それを利用して春海に迫ります。玲宝をも同罪に陥れるため、彼女を抱く春海。春海の心が得られないと知った玲宝は嫉妬の炎に燃え、その嫉妬の矛先は妙心に向かうのでした……

最後のエピソードは江戸、そして長崎が舞台。江戸一の彫物師を自認する彫丁(小池朝雄)は、ある時、自慢の彫り物を南原一之進に馬鹿にされます。曰く、本当の女の苦悶の表情はそんなものではない、と。図星を指摘されて非常に悔しがった彫丁は、本当の責というものを見せてほしいと南原に頼み込み、長崎のキリシタンに対する責めの現場を覗き見させてもらうことになったのですが……

という3つのエピソードが、ゆるやかな繋がりをもって語られます。物語の最初と最後に、吉岡が「残酷な刑罰は、本当に世の中のためになるのだろうか……」と疑問を呈するようなシーンはありますが、まぁ、これは、いわゆるモンドものとか、セクスプロイテーション映画によくあるようなポーズと考えていいでしょう。実態はエロとグロ(この映画では特にグロですね)を見せつける映画です。

オープニング、出演者やスタッフの紹介の字幕の後ろで女囚に対する首切り、胴切り、火焙り、股裂きのシーンが繰り広げられ、すでにお腹いっぱいという感じですが、見ているうちに少しずつ馴らされていくのが恐ろしいところ。最後まで見てしまうと、最初のエピソードがソフトなものに感じられてしまうのが自分でも驚きでした。